ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  リバイバルバイオ4について

リバイバルバイオ4について

リバイバルバイオ4のトロコンをしてきたので(実質プロクリア)
「6年越しにバイオ4をプレイした感想」とかを書きます。

ヴェルデューゴさん

そしてこれはちゃんと塗ったヴェルデューゴさん



 


リバイバルコレクション
というか、ほぼバイオ4について



◆グラとかについて

自分はPS2版のバイオ4しか知らなかったので、
GC版に対してすでに劣化しているわけだから、
今回かなり綺麗になるだろうと期待していましたが、
実際の感覚としては「可もなく不可もなく」という感じでした。

まぁ、6年前のPS2の画面がどんなにヘボかったかなんて
なかなか覚えていないし。

思えば、当時としてはバイオ4のPS2版は
かなり無理して移植しただけあって
PS2のソフトとしてもかなり画面にはリッチ感がありましたから。

そして、今プレイするリバイバルバイオの4、
キャラ自体は敵キャラも自キャラも粗は気になりませんが
一方気になるのは背景のテクスチャの解像度ですね。
場所によっては、ドット絵を引き伸ばしたような
ブツブツ感がかなり目立ちます。

それより何よりも、この頃のゲームは
「テカリ」が無いと思う。
バイオ4はバンプマップはあるらしいけどノーマルマップはかかってない。
だからどうしても、壁にはハリボテ感がある。

とかなんとか。

結局気になりません。十分です。


◆バイオ4の面白さ:「結果オーライ感」について

6年越しにプレイしたバイオ4は、
やっぱり面白かったです。

(といっても、それは6年ぶりのノーマルに関してであって、
 またプロフェッショナルに挑戦する頃にはちょっと飽きてたりはする)


やはりバイオ4は
プレイヤーを如何に気持ちよくするかに全力振り切ってる気がする。

割とテキトーにプレイしていても、
プレイヤーに「自分ってうまいやん」と感じさせる機会が
あまりに多く用意されてることがわかる。

「結果オーライ感」のようなものを感じさせるようにできていると思う。


それは例えば「敵の歩き方」からしてそう。

このゲームの敵は、遠くにいるときは全速力で走ってくるけど
近くにいるときは歩くようになる。


全体を客観視すると馬鹿げているんだけど、
やはりそういうのは必要だと思う。

そういう行動パターンはどういうことになるかというと
敵が、主人公のほどよい手前位置に集まるようにできてる。

だから、立ち回りを余り考えずにテキトーにやってても、
ショットガンやグレネードで敵を一掃できる機会が
すぐ用意されやすい
ということ。

変に逃げまわったりすると、かえっていい感じに敵が集まったりする。
これも、結果オーライ感に繋がる。



ハンドガンをテキトーに撃ってても
割となんとかなるようにできていると思う。

このゲーム、基本は
ヘッドショットしてから、蹴り、そしてナイフでザクザク
だと思うけど、割と何処を撃ってもなんとかなる。

体を撃ったらかなりの硬直
手を撃てば武器を落としたりダイナマ伊藤は爆死する
足を撃てばベリィ・トゥ・ベリィ。
ホントに結果オーライでどうにでもなる。それが気持ち良い。


そしてなによりナイフが強すぎる。
「昔やってた頃はこんなに敵を止める効果無かっただろ」って
言いたくなるくらい。

たとえプロであっても、
一度倒れた敵に向かってナイフを振り続ければ、
もうその敵は死んだも同然になってた。
(倒れる→起きかける→ひるむor倒れる→しまいには死ぬ)


あとこのゲームで最も「結果オーライ感」にあふれるモノは
黄色いハーブだと思う。

これのおかげで、
ちょっとダメージくらっても即リトライしなくても良くなっていると思う。

そしてギリギリの体力で我慢してる時、
その状態から「緑+黄色+赤ハーブ」を食べる快感は
かなりのものがあると思う。



◆チラシの裏:自分のプレイスタイル

そんな感じで、バイオ4は
難しい局面を華麗に速やかに打破していくのが醍醐味のゲーム
だとは思うのですが、

それでも自分は結局、
物凄くチマチマした攻略をしてしまうのです。


敵は全部殺すし、
箱・タルは全部壊すし、
アイテム・宝は全部拾います。

それは何周してもそう。



ちょっと攻撃食らうと、
すぐにリトライします。
例え回復がどれだけ余っていたとしても。

というか、鶏や蛇が
金の卵を落とすまで何度もリトライしたりします。



ある程度「難所」っぽい場所では、
敵をちょっと倒すたびに部屋間を移動したりして
中間セーブを進めていきます。
(ロードするドアが近くにあればなおさら)


自分が使う武器は基本的に
初期ハンドガン、
初期ショットガン、
初期ライフル

これだけです。
(これら初期武器は、限定仕様まで育てるとすごく強いと思う)

だからこれ以外の武器は買いません。
マシピスもマグナムも使ったことがありません。

そのうえでマシピスの弾も全部拾って、全部売ります。


そして、かなり弾をケチるような
ケチケチプレイをしていきます。

場所によっては、はしごの上に陣取って、
はしごを登ってくる敵をチマチマとナイフで
落下させるチキンプレイを延々とします。
(村長に対してもこれに似た戦法をとる)



◆プロフェッショナルについて

そんな感じのかなり卑怯なチマチマプレイ
恥も外聞もなくしていく自分だけど、それでもなお、
昔やったバイオ4のプロフェッショナルモードは
かなりの難しさと歯ごたえだった思い出があったのです。
(むしろそんなことをしていかないとやってられないくらいの)

ですが、今回プレイしてみた感想は、
なんか拍子抜けする位簡単でした。


PS2版は一度に出現する敵が制限されてたりするわけです。
今回のリバイバルコレクションではそんなの無いだろうから、
難易度はむしろ上がるくらいかと身構えてたのですが
全然苦労しませんでした。


弾薬も爆弾も回復アイテムもあまりまくりました。
プロで弾薬や回復を売るのとか、考えられないようなことまでしました。
クリア時にペセタは普通に100万超えていました。


「バイオ4の難所」というと
序盤の村、
ルイスと籠城、
水の間

の3箇所だと思う。

この3つとも、
昔かなり苦労した記憶があったのですが、
今回物凄くあっさりクリアできました。



そして、各ボスもすごく弱く感じられました。

デルラゴはノーダメだったし、
村長は、昔はむちゃくちゃ苦労したのになんか知らんけど倒せたし、
エルヒガンテも、犬要らないレベルだった。
クラウザーさんは、相変わらずナイフハメでノーダメ安定。
サドラーも、限定仕様のライフルがあったら余裕。
(相変わらずサラザールヴェルデューゴ
 自分はロケランを使ってまともに相手したことないけど)



なんか、昔むちゃくちゃ苦労した思い出のボス達が
あっさり倒せてしまうのは、正直さびしかったです。


これはなんでだろうか。

画面が広くなって視界が広くなったからだろうか?

それとも「一度倒したことがある」というのは
そんなにも苦手意識を失わせるのだろうか。


とにかく、拍子抜けでした。





とかなんとか、
「プロ余裕だったわーアピール」もいい加減うざいだろうからやめるけど、

やっぱりバイオ4はメチャクチャ面白いゲームだと思う。(結論ありき)



とりあえずこれからは、
シカゴタイプライターでRTA的なことをちょっとしてから、
ダクソに備えようと思います。


関連記事
[ 2011/09/20 21:09 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)
No title
ですよね、主人公の手前に敵が集まりますよね。
以前、ちょっと変わった友人が酒の入った状態でプレイしているのを一晩眺めるという経験がありました。序盤の村人ラッシュで、チェーンソウが怖くてショットガン(でした?)も取っていないままあっという間に拳銃を使いきり、ナイフで頑張ってたんです。村人たちが目の前にぞろぞろ行列作って律儀に斬られるのを待ってるんですよ。本人はそれはもう必死なのを、爆笑しながら見てました。んでやられる直前に鐘が鳴り、セーフ。

その前にも、車運転してくれた警官を撃ちまくったり(アディオス、リオンとはならなかった)、どう見ても当たり判定のない高い空を飛んでるカラスを撃って手榴弾もらおうとしたり、犬が挟まってたトラップに自分で挟まれたり、とにかく笑えるプレイでした。

ゲーム内容よりもこればっかり思い出してしまいます、ごめんなさい。
[ 2011/09/20 23:55 ] [ 編集 ]
コメ返信
>YRU さん

> 本人はそれはもう必死なのを、爆笑しながら見てました。んでやられる直前に鐘が鳴り、セーフ。

プロですらそうですが
露骨にレオンさんの前に来ると歩き出しますからねw

それでも、やってる本人からすれば
本気でレオンさんを追いかけてるように感じるのでしょうねw



> その前にも、車運転してくれた警官を撃ちまくったり(アディオス、リオンとはならなかった)、どう見ても当たり判定のない高い空を飛んでるカラスを撃って手榴弾もらおうとしたり、犬が挟まってたトラップに自分で挟まれたり、とにかく笑えるプレイでした。


普段ゲームをやり慣れてない人のプレイの方が
見ていて一番楽しい物かもしれませんね。

「ゲームのお約束」のようなものを把握していないからこそ
通常あり得ないような行動をしてくれますw

実況動画でも、
全然ゲームをやりなれない人の初見プレイが
結構好きだったりします。


[ 2011/09/23 11:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -