ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ドット絵/Web素材 >  エフェクトメーカー サンプル集

エフェクトメーカー サンプル集

エフェクトメーカーサンプルエフェクト
説明を詳しくしておきます。
作り方のコツが分かると思います。

これらはあくまで、「最も単純な典型パターン」です。
だから全て、使ってるエフェクトは「1種類だけ」です。

これらを「雛形」として工夫を凝らせば、更に様々なエフェクトが得られる、はず。

サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト サンプルエフェクト

ちなみにここに並んでるのは128*128の縮小版GIF素材です。




 

エフェクトメーカー サンプル集

こっから先は主に256*256の素材です。
 

◆デフォルト花火
サンプルエフェクト

デフォルトの花火です。
とりあえずこれで「横数」「縦数」について把握して欲しい。

ちなみに、一度終了して「デフォルト」を選ぶと
前の状態が保存されています。
だからこの花火は上書きされて消えることもあります。

◆花火1
サンプルエフェクト

火花っぽいエフェクト。

実際こういうエフェクトは数フレームで
もっと一瞬で消えるもんですね。
まぁそういうのは適宜フレームを削除してもらう感じで。

◆炎
サンプルエフェクト

「球状に打ち出されるエフェクト以外も作れる」ということを示すためのサンプルです。

角速度と角加速度をこんな感じに設定することで
ユラユラと揺れながら中心部分に収束するように動かすこともできるのです。

◆泡
サンプルエフェクト

まぁ泡っぽいサンプル。

「玉」自身に上方の加速度を持たせたりすることで浮力を表現してます。

◆羽根
サンプルエフェクト

何かオブジェクトを撒き散らすサンプル。

加速度と角加速度を上げて、
なにやらものすごい勢いで舞い散る羽根となっています。


切られて羽根だの花びらだのが舞い散るのは、
なんか「ダムハ」っぽいイメージ。

◆波紋
サンプルエフェクト

「大きさ変化モード」「横長」を生かしたサンプルです。
真上から見てください。

◆水しぶき
サンプルエフェクト

↑さっきの波紋も同様ですが
「縦角度」を小さく設定することで
ドーナツ状に広がるエフェクトが作れます。

それプラス、「打ち上げ」「重力加速度」を設定することで
このように地面に跳ね返る水しぶきのようなエフェクトも作れます。


◆煙
サンプルエフェクト サンプルエフェクト
サンプルエフェクト サンプルエフェクト

とりあえず上方に打ち上げ、
「大きさ変化モード」「回転」にします。
そして「反転設定」「反転回転」にします。

そうすることで、こんな感じの
モコモコと回転しながら消滅していく煙っぽいエフェクトが作れます。

◆爆発
サンプルエフェクト サンプルエフェクト
これは上からみて撮影しています。

なんだかんだで
この「エフェクトメーカー」というツールで一番作られうるのは、
こういうタイプのエフェクトかもしれない。


↑さっきの煙エフェクトのサンプルのように
上に打ち上がる様子まで全てアニメにしてしまってもいいんだけど、
それは見る角度が定まった2Dのゲームくらいでしか使えない。


実際、最近のゲームを見ていても、
例えば「主人公の足元に立ち上る煙のエフェクト」は、それ自体このように
「ただの円形で、アニメを伴って消滅するだけの2Dエフェクト」
だったりします。

爆発にせよなんにせよ
このような平面的なアニメエフェクトに留めておいて、
それを立体的に配置するのはゲーム側でやらせるということです。


◆粒子
サンプルエフェクト

まぁこれは「コジマ粒子的」なものを作りたかった
ただそれだけのことです。


◆キラキラ
サンプルエフェクト

エフェクトの打ち上げ方で「一括A」を利用すれば
このようにクルクル回りながら撃ち出すことも出来るというサンプルです。

「ランダム値」をマイナスにすると、
このような星型のエフェクトの角度を保ったまま
大きさをランダムにすることも出来ます。

サンプルエフェクト

これも似たようなエフェクトですが、
逆にこれは「玉」自体を移動回転させることで実現しているパターンです。

「角速度」30に設定されているので
12フレームで一回転するようになっています。


◆血しぶき
サンプルエフェクト

エフェクトの「横角度」「縦角度」を小さく設定すると、
このように一箇所に向けて血反吐をぶちまけるようなものも作れます。

動脈をスパッと切ったような良いぶちまけ方ですね。

サンプルエフェクト

これも自分にとって、とても重要なエフェクトです。


◆減算エフェクト
サンプルエフェクト
これは「加算モード」「減算」に変えた時の説明のためのサンプルでした。
(今はリストラ)

基本的にこのツールで作られるのは
今までのサンプルのように背景真っ黒の状態で撮影して、
最終的に得られた素材自体を「加算」にして使うエフェクトばかりです。


「ゲーム上で、エフェクト素材を加算で使うか減算で使うか」
というのもまた、ゲーム上で設定するモノだと思っています。

(そもそも、「減算のエフェクト」というモノ自体をあまりみないけど)

(でもあることはある)
ダークソウルで人間性を潰した時
 手に立ち上る黒い影なんかが、減算のエフェクトです)
(でもあれだって、背景黒で白いエフェクトを使っているはずなのです)


でもまぁこのサンプルのように
最初から減算にして背景を真っ白にして撮影することで
こういうエフェクトも作れるということです。

(多分出来たものは「乗算」にして使うと思う)



◆スペクトル
サンプルエフェクト

今となっては存在意義がよく分からないサンプルです。

でもまぁ、虹っぽい素材はいくつか用意したので
せっかくなので作った感じです。

◆衝撃波
サンプルエフェクト

これも使えるのか使えないのかよく分からないけど
まぁこういうのも作れるというエフェクトです。


ゲーム上で、ある程度大きい
このような土星のワッカのようなエフェクトは、
それ自体を「ポリゴンを持った構造」にすると思う。
FF8のメテオあたりから、もうそうなってる)


◆衝撃波
サンプルエフェクト

サガフロ2の連携のようなエフェクト。

サンプルエフェクト

このエフェクトメーカーでは、
「玉」を中心にして、そこから射出されたエフェクトしか作れません。

では「ある程度離れたところから集中していくエフェクト」などは
どのようにして作るのかというと、こういうことです。

「明暗モード」「暗明」にしたり「暗明暗」にした上で、
得られたエフェクトを逆再生すればよいのです。


◆雪の結晶
サンプルエフェクト

これも上から撮影しています。

「横数」「縦数」を小さくした上で一括で打ち出してみることで
こういう模様状のエフェクトも作れます。

6角形だの、8角形だの。


◆なんか走るエフェクト
サンプルエフェクト

まぁこれも。

◆四角
サンプルエフェクト

こういうのも作れると。




関連記事
[ 2011/12/04 14:29 ] ドット絵/Web素材 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30