ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  DMC3の思い出

DMC3の思い出

DMCHDコレクション、やっとトロコンしました。
(ダラダラやってたので結局3週間以上かかった)

で、随分遅れましたがDMC3の話です。


やはり面白すぎますねこのゲームは。
やっぱDMC3は超神ゲーです!


自分は「DMC1信者」ではあるけど、
では3の評価はどうなってるのかというと、
PS2時代で最高に遊べる超傑作ゲームだと思っています。
(でも、1と3のどちらが偉大かといえば、当然1になる)
(面白さと偉大さは、別)



というわけで、
これからDMC3の思い出とかについて延々と語るわけですが
多分3日くらいかけてこの記事に追記していくと思う。


理由はいくつか。

・ものすごい長文になるから。

・全部書き終えるまで待ってたら、いつになるか分からんから。

・あと、↓この絵の塗りがgdgdすぎて、完成しないから。

七つの大罪

※一応書き終えたつもりだけど
  もう推敲する気力も残っていない。



 

DMC3の思い出とか思い入れ


それにしても全く、
いったいDMC3のどこから語ればいいのやら。
ホントに面白すぎるゲームなんだから。



◆どのくらい遊んだゲームか

「自分がDMC3をどのくらい遊んだか」
コレを考えるだけで凄いことになる。

まず、無印を発売日に買って、
SEを買って、
PC版を買って、
今回、HDコレクションを買ったワケだ。

つまり自分は、「なんと4回」も、DMC3を買っている。
(バカなのか? バカです)
(でもさ、3回買っちゃった人は結構いるんじゃないかな 無印→SE→HD


それだけではない。
DMC3は、難易度やら、ミッション選択やら、バージル兄貴やらが絡んでくる。

自分は無印の時点で、DMDクリアまでやっていた。
(つまり、少なくともミッション数20×5難易度)

SEの時点で、それプラス、バージル兄貴まで、ALLSランク以上。
(ミッション20×5×2)

PC版で、同様のやりこみ。
(ミッション20×5×2)

そして、今回HD版でやったのは
ダンテ編を、ノーマル、ベリーハード、
バージル兄貴編で、ハード、DMD、HOH、
そして、バージル兄貴のインターナショナルモード。

トロコンするのに最低5周かかるゲームだけど
 自分はバージル兄貴でもゴールドモードで遊びたかったので
 6周になった、ということ)
(つまり、ミッション20×6)

よって、今までのを全部足すと、
合計620ミッションをクリアしてきたことになります。
31回は通しで全クリしてきたということ)

最低でも、これだけ遊んできたということです。
(これプラス、SS塗り替えのためのミッション選択が入る)
(だからもう、本当はどれくらい遊んだかなんてわからない)

少なくとも、それだけ遊べるゲームだということです。
凄すぎる。

自分がここまで長時間プレイしたゲームは、
多分他にないのではなかろうか。

31回も全クリしたゲームとか、マジ他に知らない)
(そして未だに、遊びつくせていないと感じる)



まぁそんな感じで
どんだけ自分が3を好きか説明した後は、
DMC3の何が神かを語っていこうと思う。


◆アクションが神

なんだろうね。
とにかくアクションのキレがシリーズ最高だと思う。

キレとはなんだろうか。自分でもよくわかっていない。

バカみたいに動き回れる。

ヒャッハー!ヒャッハー!

なんでこんなに激しいのだろうか。


◆回避が神

何が一番この「激しさ」を生んでいるかというと、
ジャンプやローリングによるキャンセル行動の強力さによる恩恵が
シリーズ最強だからだと思う。

ギリギリまで敵を攻撃しているその間でも、
敵の叫び声や敵の攻撃モーションを「感知したあとからでも」
ジャンプやローリングによって、十分回避が間に合う。

DMC3のアクションは、そのような印象がある。

だからこそ、プレイヤーは激しい攻撃を繰り出してくる敵に対しても物怖じせず、
「限界まで攻撃的になれるのだ」
(2とはエライ違いだ)

どんなに激しい攻撃をしてくる敵に対しても、
「攻撃こそが最大の防御」であることを学習することができる。

敵は、殴ってダウンさせるのが一番よろしいのだ。
更に武器弾きや、飛び道具弾き要素もあるからね。

とにかく、ボコれ。


◆敵を斬る感じからして神

3は、斬撃からして最高だと思う。
敵を切っている、あの感じ。

はお話にならないとして、
は4で、敵の中に「芯」のようなものがあるような感じがしてしまって、
「バッサリ感」というよりは「ショリショリ感」になっていた気がする。
(4があまり好きになれなかったのはこれが原因かもしれないレベル)

その点、1と3は斬撃によって敵を斬る感じは「バッサリ感」だ。
(勿論、敵の内部に「芯」みたいなモノは無いので、敵の体内を剣撃が貫通している)
(それをリアルじゃないとするか、気持ちよさとするか、だ)


なにより、ヘルズの死に方からして良いですね。

ヘルズの死に方は、
真っ二つになったり、粉々に飛び散ったり、砂のようにファサ~となったり、
同じ砂の敵なのに、色々バリエーションがある。

結局はヘルズとは何なのか。 ジョジョ3部のイギーだと思う。
(カプコンスタッフはジョジョ大好きだからね)

楽しい。


◆ミッションが神

自分は「DMC1の各ミッションが短すぎる」と前に言った。
対して、3のミッションはとても丁度いい感じだと思う。
1ミッション1ミッションに個性がある。
(移動メインになるミッションも、あるといえばあるのだが)


ちょっと各ミッションの特色とか、思い出、感じたことを羅列してこうと思う。


・Mission1
 「ダンテの事務所」という物凄く狭い場所での連続戦闘。
 なのだが、このミッションを体験版でSSランク取るのは本当に面白かったのだ。
 今回も、未成長一発でSS取ったときはホントに楽しかった。
 レイスが良い感じに緊張感を出しているんだろうな。

・Mission2
 これも、少し広いながらもステージ移動の一切無い中での連続戦闘。
 そして、最後にボス戦。
 やはり、非常に限定されたシチュの中でのやりこみは超楽しかった。
 へルバン大好き。

・Mission3
 ここからステージ移動がでてくる。
 シークレットミッション、ドM神像、紋章、隠しオーブ・・・
 DMCならではの要素がどんどん出てきます。
 1、2と抑圧されてきたからこそ、このミッションの探索ワクワク感は凄かった。

 そして何よりも、ケルベロス
 初見ではびっくりする手強さだったとおもいます。
 ボスについては、後に記述します。
 
 体験版はここまででしたが、
 やはり「ミッション1~3でSS出そうとするだけで無茶苦茶面白い」と、
 当時話題になっていた気がします。
 「評判の良いゲームの体験版」というと、自分はDMC3を思い出しますね。

・Mission4
 テメンニグル侵入ミッション。 内部を探索しよう回。
 初見はそうとう迷うと思う。 楽しかっただろうなぁ。
 色々アドベンチャーしつつ、落下しつつ、またボス戦。 

・Mission5
 実は自分はミッション5が妙に好きなのだ。
 このミッションは、ちょっと盛りだくさんな気がする。
 
 開始ブラッドゴイル、強制ジェスター、
 トランポリン、重さ制限移動リフト、シークレットミッションもありつつ、
 そして、最高に好きなボスの、アグにゃんルドラ

 初めてDMDでやったときは
 そのボリュームの多さと厳しさに心折れそうになった。
 だからこそ、初めてDMDアグルド倒したときは達成感が凄かった。

・Mission6
 ここらでちょっと小休止的な短いミッション。
 謎解き、アトラクション、DT付き戦闘、
 3つの道を選んでいくスタイル。
 こういう短いミッションでSS狙うのも、中々楽しいですね。
 (基本DT引いたままの敵をノーダメで倒して、謎解きをするだけ、か)

・Mission7
 で、ついにミッション7。
 このミッションは、ミッション5に負けず劣らず
 戦闘も多くて、ボリューあって楽しいですね。
 ヘルバンが雑魚で出てきてビックリしたでしょう。

 そしてついにテメンニグルの頂上で兄貴戦!
 ここで一旦ストーリーは最高の盛り上がりを見せる。
 もうエンディングになってもいいくらいの凄さですよ。
 この、「ミッション7の時点で最高潮の盛り上がりを見せちゃう」
 ってのが、DMC3の神なとこの一つだと思うのです。

・Mission8
 なんと、クジラの胎内ダンジョン。
 DMC1にも胎内ダンジョンはあったけど、
 自分はキングダムハーツの1を思い出した。

 おどろおどろしいミッションですが、
 ここでしかないようなシチュエーションも多く、楽しいと思う。
 でも心臓は、クソボス。

・Mission9
 テメンニグル再突入回。 移動系ミッションです。
 蜘蛛ちゃん登場。
 このあたりから、結構広大なフィールドを走り抜ける要素も出てくる。
 スパイラルが置いてある場所、なんか広い感じがして好きです。
 あとネヴァン戦。

・Mission10
 実はこれが一番何もないミッションなのではないか。
 デュラハンと女王グモだけです。

・Mission11
 盛りだくさんミッション。
 ヘルバンとソウルイーターの組み合わせは中々凶悪。
 DMDだと泣けます。
 トロッコ上での強制戦闘もまた楽し。

 そしてベオウルフ。
 ケルベロスの次に初見で苦労した強敵です。

・Mission12
 強制DT、強制ダメージ。
 かなり激しく、忙しいミッションです。 しかもジェスターまで入っている!
 ゲリュオンはダイッキライ!

・Mission13
 かなり短いミッション。
 開始早々チェスをTBで片付ければあっという間に兄貴2。
 物凄いSSを取りやすいミッションです。

・Mission14
 テメンニグル再々突入回。
 チェスまみれになってきますね。
 意外といろんな所に行けます。
 ダンテの事務所前とか。

・Mission15
 紋章回し回。
 地形自体が謎解きになっている、異色なミッションですね。
 初見時は訳わからんながらテキトーに進んでいましたが、
 今では2、2、1、2って感じで回して、敵全無視したりします。

・Mission16
 これもまた移動回といえば移動回なのですが
 今回地形に注目しながらプレイした所、色々新発見があります。

 このミッションは、過去に通った場所が意外な場所で出てくる。
 フォールンが出てくる場所は、M4で落下した場所です。
 エニグマがいる場所は、なんとM3のケルベロス戦。


 そんな風に、テメンニグル内の構造変化を楽しめるミッションです。
 レディと戦うのは、今でもイミフ。

・Mission17
 テメンニグルを再び頂上まで登り切る
 M7をリフレインさせるミッションです。

 だからこそ、必然的に緊張感が高まるわけですね。
 アビス初登場回。

・Mission18
 チェス戦、そしてカプコンお馴染みボスラッシュ。

・Mission19
 クソアーカム。
 後アビスの絡むウザい強制戦闘があります。
 でも兄弟共闘は最高に燃える。 くやしい。
 それにしてもアーカムはクソだ。

・Mission20
 神兄貴3。
 おしまいおしまい。


・・・
どないでしょうか。


シリーズ最高のボリュームだと思われる
ミッションが全部で20もありながら、
全てのミッションに「キャラが立って」おり、
完全に無駄な「捨てミッション」は無いと思います。

どのミッションにも、何かしら、新しい要素があります。


個人的に特に好きなミッションは、
M2、M3、M5、M7、M11、M13
ですかね。
どうも、「素数回」が面白いらしい。 (ドッペルアーカムが糞ボスじゃなけりゃ・・・)
ある程度の長さと、最後にボスが待ち構えているのが好きみたいです。



逆に、嫌いというか、どうでもいいミッションは
M10、M14、M15、M16って感じですね。
(14~16が連続で好きじゃないのが辛いかな、3は)



◆雑魚敵が神

「DMC1の敵が神」だということは前回延々と語りました。
それと比べちゃうと、DMC3の敵は、
そんなに行動が作りこまれているわけではない、と思う。
何か物凄い特殊な行動パターンを持ってたりするのは、少ない。

基本的には、近づいて攻撃してくるだけの脳みそで、
あとはダンテにボコられるためのコンボの木偶人形ではあります。


ですが、DMC3の雑魚敵戦の面白さは、
彼らが複数で陣を組んだときのコンビネーションにあるのだと思う。


「この敵と、この敵が、こんな感じの地形に、居る」というのが、
否応なく戦略を考えさせる。

言ってしまえば
DMC1は、グレネードとスティンガー撃ってりゃどうにかなるからね。
(敵自体は作りこまれていても、そういうところでバランスが崩壊している)

DMC3の戦闘の本質は、
「自分は一体どの敵からボコるべきか?」を考える戦略性にある。


特にヘルズ

グリードはすぐ倒さないと敵を産んじゃうし、(でも硬いし)
レイスは爆発に巻き込んだり巻き込まれたりが楽しい。
かと言ってそれ以外のヘルズを放置していると、
赤ヘルの攻撃性は結構馬鹿に出来ないし、
白ヘルはワープして斬りかかってきます。(でも白ヘルの硬さは何故か好き)

更にここに、エニグマ、ブラッドゴイルなどの、放置してられない敵が加わり、
これが「どういう順に倒すべきか」という戦略性を産むわけです。

た、楽しい。

更に更に、これがDMDになると、
フィアー値時間制限によって、敵がDTを引いてきます。
これによって、また別ゲーのように「倒す順番」が重要になってくるのですね。


ホントに3のDMDは別ゲーです。
だからこそ、一度は体験するべき。



◆ボスが神

というワケで次はボス話。
実は自分は、DMC3のボスたちが一番好きかも知れん。

なんか、DMC3のボスたちは、
3Dアクションゲーのボスとして、お手本のような良ボスが多い、気がする。
(勿論クソボスもいくつか居るのだが)

明確に「チャンスタイム」が用意されている。
そういうボスは、やはり戦ってて気持ちがよいですね。
(自分がナイトメア好きなのも、結局はそういうことだろうよ)


順番に「ボスの思い出」とか語っていきます。


・ヘルバン
 まぁコイツはボスではないんだけど、
 やっぱり大好きな雑魚なので、個別に語りたい。

 自分はDMC3で何が好きかって、
 「武器はじき」のエフェクトが大好きなのです!!

 バチコーン!バチコーン!バチコーン!
 あの球状のエフェクトが一瞬で広がっていく感じが、
 ゲロ吐くほど好きです。


 その「武器はじき」が、コイツはアホほど楽しめます。
 まぁ、鎌を構えている時に叩けばいいだけなんですが、
 そのあとは、連続で武器はじきチャンス発生です。

 この連続武器はじきは、単に連打してるだけでもゴリ押せるんだけど、
 自分は、連続スティンガーとか、連続キラービーで、
 「バチコーン!バチコーン!」するのが好きですね。

 あとヘルバンは、声が可愛いのもポイントたかし。

 それと、ブラック★ロックシューターはヘルバンのパクリだと思っている。


・ケルベロス
 地獄の門番。 ワンちゃん。 まさに最初の鬼門ですね。
 正直、初見の時は「なんでこんなに強いの!?」と思った。

 だけどそれも、今となってはいい思い出です。 
 やっぱ、強すぎるくらいの初見殺しボスが良いよ。
 (ファントムもそうだけど)

 今では、右脚にクレイジーコンボ決めて、
 ダウンしたところをボコるのが趣味です。
 お手。 伏せ。 おかわり。


・ギガピート
 あ。ワリと糞ボスちゃんですね。
 背中に乗っていれば、丸い紫球以外、ダメージ喰らいようがありません。
 ケルベロスを使えば、ノーダメ安定でしょう。
 ・・・一体何なのだろう、コイツは。
 ナウシカがやりたかったのでしょうね。


・ジェスター
 ジェスターもあまり好きなボスではないかもしれない。
 チャンスタイムは分かりやすいけど、あまりに楽にボコれすぎる割には、
 妙に硬いイメージがある。 削れてる爽快感が、無い。
 あと、弾幕攻撃も好きじゃない。


・アグにゃん
 で、つ、ついに「アグにゃん」です。
 自分は、DMC3の全ボスの中でアグルドが一番好きかもしれない。

 「なぜ、アグルドが最高なのか?」
 それは、武器はじきが最高に気持ちいいからですね。
 「バチコーン!」
 アグルドのガード感、押し出し感、弾き返す感触は、最高です。
 ヘルバンのように単純ではなく、上手く連続で決めないと成功しません、
 そして、決まった後のチャンスタイム。 これは兄貴以上の気持ちよさです。

 あと、
 「初心者は合体させちゃって泣きを見る」
 「中級者は同時に撃破するように心がける」
 「上級者は あ え て 合体させてから倒す」

 みたいに、倒し方にレベルが見えるのも好きです。
 (この、一周してくる戦略性が好き)

 さらに、さらに、
 アグルドがDMC3で最高のボスであることは、
 カプコン自身が認めているようなものなのですよ!


 ちょっと、この画像を見て欲しい。
 これは、M18の例のアレですね。 (単に背景を参照したかっただけでした)

 このグラフで、各頂点に繋がっている線の数は、
 「そのボスの面白さ」に比例していると思うのですよ。


 実際、糞ボスドッペル、心臓、ゲリュオン、ヘルズ(そもそもボスじゃない)
 は、線が2本しか繋がっていませんね。 そんだけどうでもいいってことだ。
 ある程度の良ボスネヴァン、ベオウルフ、ケルベロスは、
 線が3本出ていますね。 それだけ重要だし、グラフの完成に貢献できるということです。
 
 そして!アグルド(緑色の頂点ね)だけが!4本も線が出ているのですよ!
 つまり、「このボスラッシュを抜けたければ、アグルドだけは制しろ!」ということです。
 
 だから、アグルドが一番重要で、面白くて、倒すべきボスなのです。(結論)

 しかも、アグにゃんは「キャラ」としても一番面白いしね。
 さらに、「武器」としても面白いしね。
 なんかもう、最高ですね。
 


・兄貴1
 で、実はもうアグルドについて熱く語った時点で、
 この「ボスについての欄」は、どうでもよかったりする。
 段々手抜きになっていくと思う。

 でもやはり、兄貴は別ですね。

 兄貴1は、BGMが最高神ですね。
 イベントシーンで最高に盛り上げた後の、この入り方。
 しびれる。

 戦闘面でいうと、兄貴1はもはや、隙だらけではありますね。
 次元斬にスティンガーからでボコり放題です。

 でも、自分が好きなのは、兄貴のカウンター斬り上げの2発目に合わせて、
 これまた武器はじきを狙うことですね。

 別にそんなことしなくてもチャンスタイムはあるんだけど、
 やっぱり「バチコーン!」して、兄貴を硬直させたいのです。

 
・リヴァイアサンの心臓
 得に語ること無し。 クソ雑魚ボスです。
 なんか言うことがあるとしたら、
 リヴァイアサンの右肺は、世界で一番エネステしやすい敵でしょうね。 
 (あ。向かって右ね)


・ネヴァン
 ネヴァン、結構好きです。
 雷ボスはいいですね。
 ネヴァンのまとっているコウモリを、
 ベオのマックス溜めストレート一発で剥がせると、なんか嬉しいですね。
 (バチバチバチバチコーン!!)

 あと、兄貴だとネヴァンのキス攻撃食らわないと思い込んでた。何故か


・ベオウルフ
 結構好きなボスです。
 初見では無茶苦茶殺されたけど。

 ベオはチャンスタイムのようなものが、珍しく少ないボスだと思う。
 だから殴ってくる間を縫って、こちらも頑張って殴るしかない。
 それが嫌いな人は嫌いなんだろう。

 上から落ちてくる分銅を、ソードピアスで弾き返すだけの簡単なお仕事です。


・ゲリュオン
 嫌いです。
 そもそも、お馬さんを殴るというのが嫌いです。
 
 でも兄貴を使っているときは、
 こいつと並走しながら□を連打するのが好きだったりします。
 幻影剣を着地点に置いていくようなイメージ。


・兄貴2
 この兄貴2は、兄貴3戦の中でも一番弱い気がする。
 流星脚が隙だらけすぎます。
 流星脚をジャンプで交わした後、兜割りからボコるだけ。
 そんな感じのボスになっちゃってると思います。
 (後半は、次元斬に合わせてスティンガーからボコるだけ)
 

・レディ
 レディも嫌いです。
 理由は、「入力を見られている気がするから」
 明らかにレディは、スティンガーの入力を見ています。
 そ、そういうのは、よくないとお、おもうんだな。
 (レディにスティンガーを撃つなというだけの話なんだが)


・ドッペル
 糞雑魚ボス。 作業。


・兄貴3
 言うことなし。 神ラスボス。



以上です。



◆評価システムが神

DMC3がここまで遊べるゲームになっている基盤というか、
全てを支えているのが、評価システムだと思う。

地のアクション自体がいくら面白くても、
それだけだったら一周して「あーおもしろかったー」で満足するだけである。
それだけでは、何週もしたり、難易度上げて挑戦するモチベには足りなかったかもしれない。
ここまで何百周もできるのは、DMC3の評価システムが完成されているからだろう。


の評価システムは、まだ未完成なんだよね。
スタイリッシュ評価とかテキトーだし。
SBSの区別もありゃしない。

は大前提となるゲームプレイ自体がつまらない。

は4で、orbs foundの仕様が糞だと思う。
覚えゲーの宝探しじゃないんだよ、DMCは。
オーブは、プレイヤーが好きに帳尻合わせ考えながら集めれば良いのだ。
(あの仕様考えた人出てこい!)



の評価システムは、それ自体は2と同じっちゃあ同じですね。
タイム、スタイリッシュ、ダメージ、オーブ、アイテム
この5本の柱で、SSを目指すのだ。


これがまぁ、いまさらですが、面白いわけですよ。

ノーダメに気を取られてチキンプレイしていると、
スタイリッシュも上がらないし、オーブも取れない、時間もかかる。

かといって急ぎすぎて雑になってもダメ。
テキトーにやってダメージ食らいまくってもダメ。
勿論アクションゲームでアイテムを使うのなんて、もってのほか。

つまりだ。
この5つの項目を同時にSにしようとすると、
プレイヤーは必然的に「スタイリッシュに戦わざるをえない」ワケだ。

(まぁ当たり前だけどね)

ホントに、今更なんだけどさ、コレがいいんだよね。
複数の項目を、同時に高めようとする。
その結果が、「スタイリッシュさ」に繋がってくる。

そして自分のスタイリッシュランクの結果を見て、
「自分に何が足りないか」を考えながら、
向上意識を持って、再び何度も挑戦できる。
DMC3の挑戦性・モチベーションは、ここから生まれるわけだ。



上でも言ったことだけど
体験版の時点でDMC3は面白い面白い言われてたのは、
そういうこと。 そこが既にゲームとして完成してたから。

どんな短いミッションでも、SSを目指すと、
途端に面白さが別次元に上昇するわけだ。




まぁこの欄では当たり前のことしか言ってないですね。
3の評価システムはDMCシリーズの中では最高。

自分的に4があんま遊べなかったのは、
Sの基準がヌルすぎるし、「オーブ発見率」が糞だから。


じゃあDMC3以上の評価システムの
スタイリッシュアクションゲーム
はないかというと、
「ベヨネッタ」なんかは、さらにこの先に行っていると思うのだ。


ここからちょっとだけベヨネッタの評価システムの話。

ベヨネッタのタイム規定は、
バース(戦闘中)だけに限定されている。

つまり、戦闘以外の場所では、無駄に急がなくていいのだ。
探索とか、観光とか、アイテムあさりとか、オブジェクト壊しとか、
イベントムービーとか、存分に楽しめばいい。

これは、どう考えてもこうあるべきだ。
(3は、謎解きとか道中の移動とか、タルいしね)
(ベヨは移動も快適と来たもんだ)


そして、ベヨネッタで重要なのは、
(意外なことだが)やり直しが効くということ。

バースの評価がプラチナじゃなかった場合、
一戦闘前からやり直すことができる。


DMC3の場合は、
DMDのダメージ規定が厳しすぎるからね。
(1ダメージでもアウト)
(デュラハンにかすって台無し)
(兄貴の円陣幻影剣にかすって台無し)
胃液踏んじゃって台無し)(それは馬鹿すぎるか)

数十分のプレイが、1ダメージでおしまいになってしまうのだ。
(まぁそういうやりこみをしているといえば、それだけの話なのだが)

ベヨの場合、複数のバースのプラチナを紡ぐにあたって、
それくらいの許容性はあるということ。


この、プラチナを一個一個積み上げていく楽しみは、
一発撮りしか許されない3とはちょっとベクトル違うけど、自分はアリだと思う。




◆ストーリーが神
うん。まぁこの文章も相当疲れてきた。


例えば自分が「DMC3はストーリーも神」と言うとするだろう。
幾人かの人たちは、「いや別にそんな事ないよ?」と思うかもしれない。

でも、やっぱり最高だと思うのだ。
少なくとも、シリーズ最高の出来だろう。


のストーリーは、
改めてやると、王道ではあるが、陳腐で、唐突で、ちょっと寒い。
そんな印象になった。

のストーリーは、個人的にどうでもいい。

で、だ。 
うむ。良いわ。相当良い。


もうみんな、DMC3をやりすぎて、
ストーリーラインに何も感じなくなってるかもしれないけど、
初見時の気持ちを思い出して、客観的に見てみて欲しい。
相当いいぞ、これは。


過去話。
バージルという弟がいたという、殆ど死んでる設定。
そのバージルとのタダの兄弟喧嘩の話。


それを、よくまぁここまで膨らませられたもんだ。


ジェスター周り、レディ周り
驚かせ方やら、収集の付け方やら、完璧ではないか。

キャラの正体でプレイヤーを驚かせるとか、
キャラの末路でプレイヤーを泣かせるとか、

そういうのは、実は相当難易度高いのだ。
それをちゃんとやってのけている。 
こういうの、他のシリーズじゃ達成出来てないでしょう。



で、言ってしまえば
3はバージル兄貴との兄弟喧嘩でしかない。

なぜ、兄弟で戦うのか?

力がどうとか、誇りがどうとか、最後に言い合うんだけど、
やっぱり分からない。
(なんで、バージル兄貴はそんなに力至上主義者になっちゃたの?)
(ダンテは、スパーダに対して、どの程度の思い入れを抱いているの?)
いや、でも、分かるでしょ?


この二人はやりあわなきゃいけない。
そういう凄みとか、必然性とか、説得力が、ヒシヒシと伝わってくる。

(それは、ストーリーというよりかは
 イベントムービーのキメ工合に寄るモノなのかもしれないが)

とにかく
プレイヤーに対して
「オレはこのバージル兄貴を打破してやるぜーーうおおおおお!!!!」と、
そんな気分にさせてくれるパワーが、DMC3にはあるわけだ。

そういうの、ものすごい重要。

1は? ムンドゥス? 母の仇? はぁそうですか。
2は? アリウス? サリーちゃんのパパ? はぁそうですか。
4は? サンクトゥス? おじいちゃん? はぁそうですか。


「こいつを倒すぜえええ」という燃えの必然性が、
他のDMCシリーズにはイマイチ足りなかった気がする。 


3は、それを十分過ぎるほど満たしてくれる。
だから、素晴らしいんだよ。


(この辺は、ちょっと、MGS3に通じる所もあるかな、と思っている)
スネークとザ・ボス
(何故この二人が戦い合う?)
(分からないが伝わる、そんな力ね)



◆バージル兄貴が神で、いつの間にか自動的にバージル兄貴を称える文章にシフトしているけど、
そのまま行きます。


要は、3が神なのは、バージル兄貴のおかげだよね。

うん。
このキャラだよ。
最高すぎるだろ。
誰だよ。こんなキャラ作ったの。


2のダンテが寡黙なのはアレなのに
バージル兄貴が寡黙なのはかっこ良すぎる。
何故だ? ダブスタ。



人々がかつて3SEを購入したのは、
バージル兄貴目当てでしょう。 (兄貴を前にすればターボなどおまけ)

自分は公式のブログかなんかで
兄貴の技モーションを作ってる報告とかを
ずーっと追いかけていましたよ。
フォースエッジの基本コンボのモーション細かすぎるでしょう!!
閻魔刀の柄で殴ったり、一瞬で翻って抜刀して斬りつけたり!)


それにしても、
追加キャラのワリに兄貴は完成度が高すぎる気がする。

元々ボスとして持っていたモーションが、
見事にプレイヤーとしての技としてフィットしているのは、どういうわけだ??


例えばベオウルフの技、
突進系の技 日輪脚
打上系の技 月輪脚
落下系の技 流星脚


これらの3つの柱は、兄貴2として持っていた技だ。
それが、プレイヤーとして使っても、何の違和感もなく、便利に使える。

しかも、Sun Moon Star、という
後付のネーミングとは思えないほどのエフェクトとマッチングした、綺麗な分類ぶり。


「無印を開発してた時点で、
 ルシアのように最初から別キャラとして兄貴を追加する
 用意はあったんじゃないか?」

「それが間に合わなかったから、
 完全版商法で、SEに兄貴を追加して出したんじゃないか?」


・・・
そんな邪推すらしてしまうほど、
兄貴は使いやすいのだ。



自分は、プレイヤーキャラとしても、
バージル派ですね。


バージル兄貴は強すぎる。

今回、ダンテでノーマルをクリアした後に
バージル兄貴でハードをクリアしたワケだけど、
どう考えてもバージル兄貴でクリアするハードのほうが、
ダンテのノーマルよりも簡単でした。

(勿論兄貴は無成長から始めるワケだから条件は同じだ)
(それでも、敵が柔らかいと感じるくらいだ)


バージル兄貴は火力がヤバイ。


バージル兄貴を使うとき、
自分は△と□を同時押しするようにしている。
(別に幻影剣を誰かに向かって連射するとかでなく、
 △で技を出すときのついでに同時に撃っていくだけのスタイル)

それだけで、強すぎるんだから。

威力は当然として、
幻影剣には敵を怯ませるポイントも十分過ぎる程あるし、
スタイリッシュポイントも上がる。

そんなモノを同時に連射出力出来るわけだから、
タイマンじゃボコり放題にも程がある。
バージル兄貴の前に、敵はずーっとへたばっていますよ。



自分がバージル兄貴を使うときは、
大抵フォースエッジで、
基本コンボ△△△△→ハイタイム→兜割り→スティンガー
このコンボをループでやってることが多いです。
(このセットを、△と□同時押しで、繰り返すだけ)


これを、ちょっと固めの敵に出してるだけで、
あっという間にSSStylish!!!です。

この戦法だけで、ベリーハードまでは楽勝ですよ。
強すぎてツマランかも知れんけどね。



◆DMDが神
3のDMDが別ゲーなのは既に言った。


ここでは、ちょっと関係ないけど

「DMC1のDMDとDMC3のDMDのどちらがムズカシイか?」
という永遠のテーマについて考えてみようと思う。

そもそも
人によって条件や難しさの定義が異なるから、ホントにムズカシイ問題だ。
だから、「せいぜい自分にとってどうか」くらいのことしか考えられないが。


まず、「アイテムを使用するかどうか」の価値観によって
かなり変わってくる。

それも、コンティニューアイテム

1でイエローオーブまで使用禁止にしたら、
途端に1DMD>>>3DMDとなるだろう。
3は、コンティニューに関しては、楽過ぎる。
ノーアイテムでも、コンティニューはし放題なのだ。

逆に1は、アンタッチャブル、ホーリーウォーターなど、アイテムも強力過ぎる。
そのかわり、バイタルスターは一個しか持っていけないが。


つまり、消費アイテムを使うことにためらいがないなら、
アイテムに関して言えば
1DMD>>>3DMD
ということになるが、
「イエローオーブとバイタルスター以外のアイテムは使わない」と
決めるだけで、
3DMD>>>1DMDになるとおもう。


そして、自分もDMC1ではイエローとバイタル以外使うつもりはありません。



次に、雑魚敵戦。

これは、どう考えても
3DMD>>>1DMDですね。

1のDT引いた敵というのも確かに脅威ではあるけど、
やはりグレネードが強力すぎる。

そして、敵の体力がそこまであるわけではないので、
こちらも思いっきり攻めればなんとかゴリ押せる。
DMDフロストだって、インフェルノで特攻すればなんとかなるのだ。


3は元々雑魚が硬いのに、DT引かれるともはや異常。
ゴリ押しでなんとかなるようなレベルではない。



最後にボス戦に関して。

1のDMDボス戦と3のDMDボス戦どっちがムズカシイか。
これもムズカシイ問題だ。

大体ボスの数からして違うからね。
そしてボスもピンきりである。

1のファントムは、DMDだろうがノーダメで倒せる。
3も心臓とかドッペルとかギガピードは凄い弱い。


逆に強敵で言えば、最終ナイトメアとか (これもコアによって変わってくるが)
シューティングムン様、風呂ムン様のことを考えると、
途端に恐ろしくなってくるよ。 兄貴3やグリフォンだって強いが。


そもそも、1のボス戦は被ダメがやばすぎる。
兄貴なんかと戦っててミスすると、
体力バー1本以上があっというまに吹き飛ぶ。

そして、1はバイタル一個しか持っていけないし、その場復活は無い。


ボス戦に関してだけは、
1DMD>3DMDということでいいんじゃなかろうか。



という感じで、
総合的に言えば、自分的には
3DMDが、シリーズで一番大変だと思う。


おわり。



◆深みが神

結局ね、
偉そうに御託を並べるけど、
こんだけ遊んだ自分だって
未だにDMC3を遊び尽くせたなんて思ってないよ。


本当に上手い人と、
自分とでは、楽しめてる次元が違う。

出てる脳汁の量だって、全然違う。

追求できる深みが違う。

このゲームには限界というものが無い。



↓こういう、スーパープレイと呼ぶのもはばかられるレベルの
超絶やりこみ動画を見返す度に、つくづくそういうことを感じるのだよ。




そして、これだけのことが、
一応「高められ得る可能性」として存在しているというのが、
こういうスタイリッシュアクションゲームの真の魅力なんだろうね。



関連記事
[ 2012/04/14 12:46 ] ゲームプレイ話 | TB(1) | CM(15)
お久しぶりです
同感です(笑)
個人的には3→1→4の順で好きです
え?2?
ありましたっけ?(笑)
[ 2012/04/17 07:56 ] [ 編集 ]
コメ返信
> SND さん

お久しぶりです~。
SNDさんもデビルメイクライやるんですねー。


今や、「DMC」といえば、MMD的な香りも
そこはかとなくしますねw
(ダンテのユーザーモデルも、あるみたいなのに)


> 個人的には3→1→4の順で好きです

まぁ本当は自分も、3と1は順不同でもいいくらいなんですけどね。

「1信者」みたいなことを言ってはいますが、
こんな記事書いてたら、書けば書くほど
3のこと好きになってきますし。



そして2なんて、なかったですね・・・

mに期待です。
[ 2012/04/18 13:39 ] [ 編集 ]
DMC3PC版について
DMC3愛がひしひしと伝わってきました。
私もPS2版SEを2回、PC版、HD版と合計4回購入してます。

そこでお聞きしたいんですが、PC版でフレーレートが落ちる問題の解決方法をご存知ないでしょうか?
[ 2013/03/29 12:56 ] [ 編集 ]
Re: DMC3PC版について
> ちょめ さん


> DMC3愛がひしひしと伝わってきました。
> 私もPS2版SEを2回、PC版、HD版と合計4回購入してます。


マジですかw 仲間ですね


> そこでお聞きしたいんですが、PC版でフレーレートが落ちる問題の解決方法をご存知ないでしょうか?


こういうのはどうにも分かってないですね。


自分はカクカクなのも気にせずに遊んでいました。
しかもキーボードでそのまま遊んでいるレベルです。 


自分はPS2がお蔵入りになっている間にもDMC3だけはやりたかったので
PC版をやっていたわけです。

1600*1200は、HD版よりもキレイですよね。 最高にクッキリです。
(アス比はおかしくなるけど)
(HD版は1280*720? 輪郭がぼやけています)


だから自分はそういうことだけでもう満足していて、
フレームレートが落ちてるのかスキップされてるのか、
そういう問題に関しては、「自分のPCのスペックの問題かな」として自分を納得させておりました。


でも
もしもマシンの性能に関係なく、デフォで落とされているのなら何とかしたいところですが
どうなんでしょうね。 やっぱりそういうことは自分には分からないのです。
(内部に入ってる撮りこみムービーファイルは、30fpsですね)



というわけで全然お役に立てなかったわけですスイマセン。


最後に全然関係ないですが
DMC3のPC版を、キーボードでプレイしている凄い方がおられます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17754814

こういう方を見ていると、
自分のキーボードプレイも下手の言い分けにならないなぁと痛感するのです。

[ 2013/04/01 20:29 ] [ 編集 ]
ご丁寧にご回答ありがとうございます。マシンスペックは問題無いんですがねー謎です。

その動画見ました。私はキーボードは全く出来ません。
ただより多くのボタンをホールド出来そうなので、可能性は広がるのかも?なんて思います。

[ 2013/04/06 10:59 ] [ 編集 ]
リヴァイアサンの右肺はエネステできないだろう
[ 2013/07/26 23:17 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん


> リヴァイアサンの右肺はエネステできないだろう


いや、出来ると思うのですが?


自分の勘違いかと思って、またDMCコレクションを起動してみたのですが、
やっぱり出来てると思います。


自分は、リヴァイアサンの右肺をベオウルフのキラービーで蹴り続けるのが、好きなのです。


キラービーを一度放って、それで地面に着地する前に再びジャンプが出来たら、
それは、エネステですよね?


他の雑魚をエネステしている可能性も考えたのですが、
やっぱり右肺単体だけで蹴れていると思います。


壁ジャンプをしている可能性もないと思います。
やっぱりキラービーは壁蹴りではキャンセル出来ないと思いますし。



それでも、やっぱり自分の勘違いなのでしょうか?
エネステの定義が違うのでしょうか?


もし、それでもこれがエネステでは無いとするなら、
たった一つ確実に言えることは、

「とにかく自分はリヴァイアサンの右肺をキラービーでずっと蹴り続けるのが好き」ということですね。


これは本当に出来ますよ。

[ 2013/08/01 15:27 ] [ 編集 ]
リヴァイアサンの右肺は瞬間的に地面に着地した状態になるので
すぐに空中判定になる→擬似的にエネステが出来ているように見えるだけだと思います。
実際ジャンプしなくても連続でできることがありますし。

まあ実際どっちが正しいかは置いといて右肺のキラービーとか兜割りは楽しいですね、自分もよくやります。

DMC3愛に溢れている素晴らしい記事を楽しませてもらいました、ありがとうございます。
DMC3面白いですが…難しい。
[ 2013/08/02 18:14 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん


> リヴァイアサンの右肺は瞬間的に地面に着地した状態になるので
> すぐに空中判定になる→擬似的にエネステが出来ているように見えるだけだと思います。
> 実際ジャンプしなくても連続でできることがありますし。


そうですね。
確かに△を連打してるだけでキラービーが連続で出ることがありますね。

ということはやはり
敵を踏んでいるというよりは地面にめり込んだような判定が出ているのですかね。

こんな特殊な現象が起こるのはリヴァイアサンくらいでしょうか。


> DMC3愛に溢れている素晴らしい記事を楽しませてもらいました、ありがとうございます。
> DMC3面白いですが…難しい。

どうもです。
難しくて面白い、難しいからこそ面白い。
そういうゲームが一番味わい深い気がしまする。
[ 2013/08/03 15:19 ] [ 編集 ]
偶然ここを訪れたのですが、思わず筆(?)を取ってしまいました。

他の方もおっしゃっていることですが、文章からこのゲームに関する愛を感じました。
そのこと自体ももちろんですが、それ以上に感嘆したのは、その愛と理由を「具体的に文章にしてある」ことですね。
私は「このゲーム面白いよ!」ということではできても、じゃあ何が楽しいのと返されると言葉に詰まってしまってました。
『ハマれば楽しい』『人を選ぶ』
ということは出来ても、具体的にどこが面白いか、何を受け入れられれば楽しめるのかということをいまいち形に出来なかったのです。

そんな中でこの記事に出会ったので、もう内容に頷きっぱなしでしたね。
『スタイリッシュに戦うことがなぜ苦にならないのか』
『ヘルズ戦はなぜ楽しいのか』
『ストーリーになぜ引き込まれるのか』
このあたりは同意するしかなかったです。
長年もやもやしてたものがようやく晴れました。ありがとうございました!

(あ、でもボス戦に関しては少し異論も。
 ギガピやドッペル、ゲリュオンは「楽に倒そう」と思うと本当につまらないんですけど、「魅せて倒そう」と思うとなかなか歯応えあるんですよー。
 弾き返しといったド派手な要素も、削減値といった細かい裏要素も、敵のパターン把握からの戦術組立といった構築要素もあるので。
 そのあたり含めると、3のボスはどれもやりごたえが半端なくて好きですね、私は。)

しかし本当3はやれることありすぎて困りますねー。
ニコニコで細々と動画投稿し続けていますが、『もうネタなんか浮かばない!』って思ってもやってみたら新しい発見があって…。
いつになったらやり尽くせることやら(笑)
[ 2013/10/10 16:16 ] [ 編集 ]
コメ返信
> R-KY さん


> 偶然ここを訪れたのですが、思わず筆(?)を取ってしまいました。

> 他の方もおっしゃっていることですが、文章からこのゲームに関する愛を感じました。
> そのこと自体ももちろんですが、それ以上に感嘆したのは、その愛と理由を「具体的に文章にしてある」ことですね。
> そんな中でこの記事に出会ったので、もう内容に頷きっぱなしでしたね。
> 長年もやもやしてたものがようやく晴れました。ありがとうございました!


どうもです。

そういっていただけるとホントに嬉しいですね。

「楽しさの言語化」というのは、ある意味で「野暮」であるのかも知れませんが、
この時の自分はそういう事がしたかったのでしょう。

こういうことは、まさに他人に面白さを説明・布教するためにもなりますし、
自分がゲームを作る時の糧にもなるかもしれませんし、
自分がゲームをプレイしている時に、何がどうして面白いのか自分で認識しているのは、
楽しさを増幅させるかも知れません。



> (あ、でもボス戦に関しては少し異論も。
>  ギガピやドッペル、ゲリュオンは「楽に倒そう」と思うと本当につまらないんですけど、「魅せて倒そう」と思うとなかなか歯応えあるんですよー。
>  弾き返しといったド派手な要素も、削減値といった細かい裏要素も、敵のパターン把握からの戦術組立といった構築要素もあるので。
>  そのあたり含めると、3のボスはどれもやりごたえが半端なくて好きですね、私は。)


確かにそうかも知れませんね。

こないだ見たDMC3のTAS動画でも、
「普段なら簡単に倒せるボス」でこそ、気合を入れて戦っていたように思えます。

(特にドッペルゲンガー戦の、各種「玉ハジキ」の趣向の凝らせっぷりはすごかったです)




> しかし本当3はやれることありすぎて困りますねー。
> ニコニコで細々と動画投稿し続けていますが、『もうネタなんか浮かばない!』って思ってもやってみたら新しい発見があって…。
> いつになったらやり尽くせることやら(笑)


最後の最後で凄いサプライズですね!
動画主さんだったのですか! (しかも凄い縛りをしておられるっぽい・・・)


動画を投稿されている方なら、
ボスの倒し方が「単に簡単に倒せるだけ」では済まないのも納得ですね。

ある意味、この世で最も「スタイリッシュに戦うこと」を考える必要がある方々なのではないでしょうかw


それにしても、プレイヤーがスタイリッシュに戦っている姿が、
それだけで動画コンテンツになるゲーム、というのは素晴らしいですね。


今はニコニコ動画やyoutubeが動画投稿のメインストリームで、
そういう場所では「実況動画」「解説実況」「gdgd動画」などの
「色々な形態のゲーム動画」が上がるようになりましたが、

まだそういうものが無かった時代の事を思い返すと、
(個人が自サイトやアプロダに動画を上げていたような時代)

最初期から動画のネタになっていたのは
やはりDMCのようなゲームの「スーパープレイ動画」だったような気がします。


つまり
そのようなスーパープレイ動画とは、
コメントによる相互作用や、実況や、gdりや、そういう要素を抜きにしても「通用する」ということですね。
本当にストイックに、凄い動画のネタになる。

まさに、
魅せプレイの
魅せプレイによる
魅せプレイのためのゲームだなぁと感じます。



という訳で、無成長バージルの動画見させていただきますねー。

[ 2013/10/12 16:53 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/05/22 08:56 ] [ 編集 ]
Re: ヤベェ!
> アインズ さん



> ところでアグルドの攻略法を教えていただきたい(^◇^;)


アグルドですか。 書いてないですかね。(自分は自分の文章読み返したくない)

アグルドは自分的にDMCの中でも相当上位の気持ちよさの敵なので
なんか楽しい内に倒せてると思うんですが

やっぱ武器ハジキですよね。

リベリオンでもなんでもバチコンバチコンやってゴリゴリやってれば倒せるんじゃないでしょうか。

自分はかぶと割りを合わせるのが好きですね。

あのバチコンのエフェクトより気持ちいいバチコンなんて 他のゲームじゃ中々味わえません。

それだけでアグルド戦はご褒美みたいなもんです。


[ 2016/05/24 18:32 ] [ 編集 ]
ByNEETさんのDMCの記事は、非常に共感出来ることが多く、思い出が蘇ってくるような素晴らしい文章でした。
またやりたくなってきました。
本当にDMCはアクションゲームのお手本というようなイメージですね。個人的には敵が攻撃時に何らかの形で合図のようなものを用意しているのが素晴らしいです。攻撃直前のボイスやSEなどが十分に聞き取れるおかげで、予備動作が短くても超反応できる爽快感があります。画面外の敵や攻撃に集中してる時も明確にタイミングが分かり、回避キャンセルギリギリまで攻め続ける事ができる。まるで背中に目があるようなダンテの超人的な動きを再現できる。これ地味にアクションの面白さに滅茶苦茶関わってるんだなあと最近になって気づきました。すみません当たり前な事かも知れないですが…でも他のアクションだとあまり見ないんですよね。

あとDMCは設定もいろいろ繋がりがあってワクワク感ハンパないですね。リバイアサンはナイトメア同様にムンドゥスが創造した人界侵攻用の生物兵器だった事を今更思い出して、心臓の外殻がナイトメアっぽかったのはこれが理由だったのかと、最近になって改めて感動しました。
[ 2017/11/15 17:28 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 給湯室 さん


> 本当にDMCはアクションゲームのお手本というようなイメージですね。個人的には敵が攻撃時に何らかの形で合図のようなものを用意しているのが素晴らしいです。


赤ヘルのウヒャヒャヒャー!って声で反応できますからねw
あの声聞いたら何時でも避けられる気がします

ほんと親切な敵さんです



> あとDMCは設定もいろいろ繋がりがあってワクワク感ハンパないですね。リバイアサンはナイトメア同様にムンドゥスが創造した人界侵攻用の生物兵器だった事を今更思い出して、心臓の外殻がナイトメアっぽかったのはこれが理由だったのかと、最近になって改めて感動しました。


おおーなるほど、自分は今感動しましたよ。
それであんなに似てたんですね。



DMCシリーズにはもっと頑張って続いてほしいもんです。

それこそスパーダでムンドゥスと戦えるDMC0とか、やってほしいですね。

噂ではDMC5の発表がそろそろ来るとか来ないとか・・・

[ 2017/11/20 14:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【DMC3の思い出】
DMCHDコレクション、やっとトロコンしました。(ダラダラやってたので結局3週間以上かかった)で、随分ぱDMC3は超神ゲーです!自分は「DMC1信者」ではあるけど、では3の評価はどうなって...
[2012/04/14 13:12] まとめwoネタ速suru
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -