ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  通り魔を認めよ

通り魔を認めよ

もともと特に興味のない事件だったんだけど、
今日の読売新聞のコラムを見てたらどうしようもない怒りが湧いてきた。


だから、今日は、例の通り魔殺人鬼さん擁護します。


当然、人によっては胸糞悪い文章です。


(ところで前回の糞記事についたコメントの応酬は全員に読んで欲しい)
糞ニートの糞ブログの糞記事を読むスタンス、というのが
 あまり分かってない人が結構いるらしいので)





 

とにかく自分としては、

死刑覚悟で殺人を犯す人の行動原理を、否定しようがない。

その人の行動を物理的にも止めようがないし、
その人の価値観を否定することも出来ない。


「死刑覚悟で犯罪を犯す」
これは完全無欠だ。



この事件に対して
読売新聞のコラムでは、
「普通の犯罪ならば備えの盲点を検証し再犯防止を誓う事ができるが
 怒り悲しむしか出来ない犯罪である」

~みたいなことを書いてあるのだ。


馬鹿なのか?



この事件は、犯人さんが言っていることをちょっと聞くだけで
ある程度は分かった気になれるぞ。

「自殺しようとしたが死に切れず、人を殺せば死刑になると思ってやった」

「家も仕事もなく、通帳にも20万円だけで、生きていくにはどうしたら良いのかと思い、自殺しようと考えた」


この2つだけでも、大体分かるではないか。



これだけで、
「犯罪者が出所した後のフォローがキチンと出来てないから起きた事件である」
くらいの認識が出来ても良いではないか。


出所後の人間の生活の保証をシッカリすればよい、というのが
見えてくるだけの事件だ。
(それだけの事件だから、大して興味がなかったのだ)
(それなのに、あんまりに酷いコラムを読んだから・・・)

「そう簡単には出来ねーよ」、というのなら、こういう事件は起きうるモノとして、受け入れるべきだ)



それなのに、「再犯防止が出来ない」とはどういうことか。
「悲しむしか出来ない」とは、どういうことか。


嘆くだけなら、猿にも出来る。



そうでなくても、自分は
自爆型の犯罪というのは
犯罪者個人を叩いても仕方がない問題だと思っている。



目的と行動が一致しているのだ。

本人の中に、何の矛盾もない。

「人を殺したくなかったのに殺してしまいました」
「死刑になりたくないのに殺してしまいました」
「殺したけどやっぱり死刑は嫌です、許してください」


・・・みたいな事を言っている馬鹿犯罪者とは圧倒的に違う。

そういう、「目的と行動がずれている犯罪者」とは、違うのだ。



「死刑になりたいから、人を殺し、やはり死刑を望んでいる」

完璧ではないか。
この人の中で何の矛盾もないし、何の落ち度もない。

そして、この人はこの人の中のプランを完遂したのだ。
成功した人に、後から何を言っても仕方がない。



「死にたいなら一人で死ね」とか、
「人に迷惑をかけるな」とか、そういう犯罪者叩きは、本当にズレてる。


とにかく
「目的と行動が一致している人」の為す行為を
止めることは出来ないし、後から叩くことは出来ない。



それでも、
本当にこういう自爆型の殺人事件を減らしたいと思っているのなら、
「犯人叩き」以前にやることがある。


犯罪者にとっての「前提を覆す」ことだ。


出所後の人間が死にたくならないような社会を目指せば良い。

自爆型の犯罪者が生まれないような社会を目指せば良い。

もしくは、自殺幇助施設を作る



そんな努力は出来ないというのなら、
この程度の犯罪は、「人間がある程度集まって生きているのなら
当然発生してしかるべき現象」として、受け入れるべきだ。


嫌なら、前提を覆す、
出来ないなら、受けいれる。


2つに1つだ。


人間にとって犯罪を起こすのが当たり前の環境でありながら
そこで発生した犯罪者を叩くだけのメディアに、何の価値がある?


犯人叩きをしたって、犯罪者が減るわけがない。



大体、なんで自分が自爆型の犯罪者を擁護するのかというと、
自殺者と殆ど同じだからだ。


自殺者は、将来に絶望して、自分を殺す。

自爆型の犯罪者は、将来に絶望して、人を殺して、死刑を望む。



人生に絶望した結果、
自分を殺すか、他人を殺すか、の差だ。


この人だって、ギリギリまで自殺をしたかったけど、
どうしても出来なかったから、通り魔になっただけの話だ。

だからその差は、本当にギリギリのところにあると思う。



人が自殺した時に
「死んでんじゃねーよ」
「死ぬ気になればなんでも出来たのに」
とかの精神論を言う人は、

そういう人がギリギリのラインで犯罪者にならなかったとは考えられないのだろうか。


逆に、そういう人に限って
こういう自爆型の犯罪者を見たら
「人に迷惑をかけるんじゃねーよ」
「死にたいなら一人で死ねよ」
とかの精神論を言ってそうだ。


一体どっちに転べばよかったというのだ。
自殺者も、自爆型の犯罪者も、本当に紙一重の境界にいるのだ。
(だからこそ、出来れば自殺者の方を評価してあげれば良い)

「死にたくなるな?」 それは一番ありえない)



とにかく
自殺者だろうが自爆型の犯罪者だろうが、
人がこれだけ生きていれば当然起きるべきモノとして捉えるべきだ。


それでもそれを減らしたいのなら、環境と前提を変える努力をするべきだし、
それが無理だとわかっているのなら、やはり全てを諦めるべきだ。





この事件に関して、
遺族の人が面白いことをコメントしている。

「交通事故なら諦めがつくのに、こんな事で殺されるなんて・・・」
などと言っているのだ。


本当に、交通事故と通り魔の間には大いなる違いがあるのか?


むしろ自分にとっては、
この程度の事件も、事故とか災害の一種レベルで受け入れるべきに思える。



自爆型犯罪者が持っているあの突き抜けてる感覚は、
逆に無自己で、一種の自然災害のような印象すら受けるのだ。




今の日本は、一応安全ということになっているかもしれないけど、
やはり本当は
誰もが一定の確率で、交通事故で死ぬリスクを背負いながら生きていると思うのだ。

さらに交通事故に限らず、ありとあらゆる災害、人災、病気・・・
日々、何にぶつかって死んでもおかしくない中で生きている。



そして、その中に
「ある日突然通り魔に刺されて死ぬ」というリスクを、入れてあげてもいいんじゃないかと思う。




「犬に噛まれたと思って忘れろ」
これね。




・・・やっぱ糞記事だわコレ。

でも、犯人叩きを見ると無性に腹が立って、こんな文章を書いてしまうのだ。

何故だろう。

やはり自分が犯罪者側の視点でしか事件を見られないからだろうか。


関連記事
[ 2012/06/12 10:24 ] 駄文 | TB(0) | CM(9)
No title
四つ、ありうる選択肢があるように思いますね

①何もしない
②死刑を廃止する
③無痛安楽死施設をつくる
④自爆犯罪者を生まないような、生きやすい社会に変える

下に行くほど経済的・あるいは倫理的に高コストなので、実現されがたい
②の方向に議論が進む気配もないですね

結局、後にも先にも、行われるのは①でしかない
①は経済的にも倫理的にも超低コストです
金はかからないし、年間で数人、せいぜい数十人が殺し・殺されるだけで済む
死刑制度をなくしたり、年間三万人以上を公的に安楽死処理するよりも
はるかに安価で現実的な対応です

なので、読売のコラムの「怒り悲しむしか出来ない」というのは、
ある意味で的を得ている表現かもしれませんね
「怒り悲しむしかする気がない」とか、「怒り悲しむのが一番安上がり」の方が、
より正確な気もしますけど

要は、自爆型犯罪者は死刑にしつつ、被害者には黙祷を捧げつつ、
そのような犯罪が起こらないような応急的措置も根本的措置も高コストだからやらない、という
経済的合理性の表現としての「怒り悲しむしか出来ない」なのでしょう
「キチガイの犯行」だとレッテルを貼っておけば、福祉的改善の必要はありませんから

犯人叩きをメディアが吹き上げることに意味があるとしたら、
社会にたまった不満のはけ口として、だと思います
吐きださせることで感情を慰撫して、高コストな措置は先送りにできる

被害者視点も加害者視点も取りにくい自分には、おおよそこんな風に映りました
でも、もし、こーいうことを実名で言ったりしたら、きっと死ぬほど叩かれるんだろうなぁ・・・
[ 2012/06/12 18:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/06/12 22:11 ] [ 編集 ]
アモク!
 この手の「通り魔殺人」というのは「アモク」(Amok あるいは Amuk)といって、広くアフリカから東南アジアにまで広がる一種の“文化”である。
 一般的には名詞形がランニング・アモク、「アモクする」という動詞形がラン・アモクである。
 数としては「刺し殺すアモク」が多いらしいが、「斬り殺すアモク」や「殴り殺すアモク」もそれなりに多いらしい。

 アモクが起きる原因は、社会構造の皺寄せということで結論が出てしまっており、個人を問題にしてもまったく意味がない。(茹でていない、一様な太さの)スパゲッティを曲げていってどこで折れるかが予測できないのと同じことであり、単に「その場所で折れた」というだけのことである。

 スパゲティの場合は「π法則」というものが成立し、そこで開放されたストレスの影響で、全体に蓄積されたエネルギーが伝達して、大きな塊が三つに小さな塊が一つ(計四本)に折れるということが経験的に知られている。
 そんなわけで、分析したら「通り魔事件は同じくらいの数だけ固まって起きる」という法則が見つかるかも知れない。

 対策は、ストレスを溜めない社会を作り、なおかつストレスが集中しにくい(応力集中を避ける)仕組みを作ることである。

 ああ、オチがない。くそ。
[ 2012/06/14 20:42 ] [ 編集 ]
コメ返信
> BOX さん


> ③無痛安楽死施設をつくる

前提を覆すくだりのところで③を書き忘れていたのは、自分としては痛恨のミスですね。
いつもいつも、これを言っていた筈なのにw


> ②の方向に議論が進む気配もないですね

そうですね。
実はこれも重要だと思うのです。

実際、死刑は「懲役ではない」ので「労働の義務が無い」らしいですね。

つまり、ある意味「一番楽に自分を養ってくれるシステム」でもあるのです。
(最終的に自殺の手伝いもしてくれますしねw 願ったりかなったりです)

そこんとこを分かっている人は、人生に絶望すると、一気に死刑まで突っ走るのでしょう。
(自分は人間はそうあるべき、だと思ってもいます)
(システムに疑問を唱えられるレベルになるまでしゃぶりつくすべき)

だから、死刑のあり方とか存続の是非については、こういう事件が起きたときこそ語られるべきですね。
(今まさに、こんな辺境の糞ブログで語られていますがw)
(そもそも死刑に限らず、衣食住のために犯罪を重ねる人もいますからね)



> 結局、後にも先にも、行われるのは①でしかない
> ①は経済的にも倫理的にも超低コストです


そういうことですね。


この記事のようなことを考えていて、最終的にいたるところは
「バランス感覚」ですね。



どれぐらいの人間が社会に反旗を翻すことができるか。

自分の命を盾にして、
どの程度のことを社会に対して「ゴネる」ことができるか、ということです。



仮にすべての自殺者が
『国は自殺幇助施設を作れ』
『さもなくば我々は他人を巻き込んで通り魔事件を起こし、死刑覚悟の自爆テロを行う』
みたいなことを主張し出したら・・・ ということを良く考えます。


そのくらいの規模の「反旗」でなければ、
社会に対して「ゴネる」ことはできない。 ということです。
そして社会もコストをかけてまで対応しようとはしません。



たまーに起きる
今事件のようなものは、この「妄想」の一端も一端ということですね。

まだ、全然足りません。


足りないからこそ、コスパを考える社会は動かないし、
これが「何の一端」なのかが見えてこないのですね。


「死刑になりたくて人を殺した」
こういう供述をする人達が、もっともっと増えてくれなければいけないのです。
(これ、マジで思っています)

そうでなければ、一体何が起きているのか、この「自爆」はなんなのか、
この「ゴネ」の本質はなんなのか、見えてこないでしょう。




> 犯人叩きをメディアが吹き上げることに意味があるとしたら、
> 社会にたまった不満のはけ口として、だと思います


そういうことですね。

そういうのが「ウケル」と思ってるんですよ。
実際、大多数の人は今回の事件を「胸糞悪い事件」だと思っているのだから、それであってるんですけどね。
そして、そういうコラムに自分みたいのがブチ切れるのも、当然の反応なのです。
そこで諦観する気はありません。


まぁ自分だって
こういう「糞記事」に限って、なぜかある程度の反応があることを
ある種、予想した上で書いてるようなところがありますからね。
(意外と喜んでくれる人がいる ブチ切れてくれる人もいる)


コラムや記事なんてものは
結局そういう打算でしかないのかもしれません。

[ 2012/06/15 19:27 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん


> 別に普通じゃないですか。犯罪者に近いという視点でなくとも。

「普通」ですか。
それはある意味、良いことなのですけどね。
そこまで極論を書くつもりはないのですw これでも。


> ネットでも新聞でもマジョリティが理論的に正しい事を言っている可能性って結構低いと思うので、もっと他の部分を見たほうがいいんじゃないかとわりと思うんですが。ネットでもフォローするものを変えるとか、本読むとか……。このブログ記事に書かれてあるような事を言ってる人は結構いますよ、多数派じゃないですけど。


「いまどき新聞読んでるアピ」であったり
「自分はこれだけのことでブチ切れるアピ」であったのですが、裏目ったかのような感想ですね。

やはり自分の文体がいかんのでしょうね。



それにしても
「普通」なのか、
「良くある意見」なのか、
「マジョリティ」なのか、
「マイノリティ」なのか。


「多数派」「少数派」 そのどっちが面白いのか。価値があるのか。
まぁどれでもいいんですけどね。


ただ自分としては
「自分が思っているようなことをみんなが思うようになれば良い」位の事は思っています。

でも実際、それを皆が思うようになった暁には、こんな主張は価値を失うのですね。


だから
「今は少数派」→「最終的に多数派」
という「流れ」にこそ、意味があるのだと思います。

[ 2012/06/15 20:01 ] [ 編集 ]
Re: アモク!
> MrMoto さん


死刑を望む通り魔も“文化”と呼べるようになるくらい多発すると良いのですがね。


>  アモクが起きる原因は、社会構造の皺寄せということで結論が出てしまっており、個人を問題にしてもまったく意味がない。

おおーこれは良いですね。
自分は犯罪事件を見ても、そんなテンションでしか眺められなくなってきています。
すべて皺寄せの結果でしかない、と。



> スパゲティの場合は「π法則」というものが成立し、そこで開放されたストレスの影響で、全体に蓄積されたエネルギーが伝達して、大きな塊が三つに小さな塊が一つ(計四本)に折れるということが経験的に知られている。

自分はスパゲティを本気で折ろうとした経験など無いので
そんなのまったく知りませんでしたよw

今度、スパゲティを食べる機会があったら、茹でる前に折り曲げて確認してみたいです。



>  対策は、ストレスを溜めない社会を作り、なおかつストレスが集中しにくい(応力集中を避ける)仕組みを作ることである。

スパゲティなら、まさに茹でれば折れなくなるんですけどねw


[ 2012/06/15 22:29 ] [ 編集 ]
なるほど、面白く読ましていただきました。

確かに「目的」と「行動」が一致した事件に関しては防ぎようがありませんね。

死刑を廃止することで「目的」を消す。
もしくは、犯罪という「行動」を犯さないように、
自殺をしやすくしてあげる。

これしかなさそうですね。
しかし、それができないのであれば、
もう「文化」として容認するしかない。

筋が通っていると思います。

私の意見としては、
「生きていて一度も自殺したいと思ったことが無い」
と言う人がいたとしたら
「女の裸を見ても全く興奮しない。」
と言う人ぐらい不感症で鈍感な人だなぁと思ってしまいます。

自殺願望は、当然の感覚なので、
まさに遺族の方には申し訳ないのですが、
事故と言わざるを得ないですね。
不謹慎極まりない発言をどうぞお許しください。
[ 2012/12/24 09:51 ] [ 編集 ]
コメ返信
> hige さん


> 死刑を廃止することで「目的」を消す。
> もしくは、犯罪という「行動」を犯さないように、
> 自殺をしやすくしてあげる。
> これしかなさそうですね。


しかし自分の考えも変わってくるものでして、
なんだかんだでその2択はキツイのかなぁ、なんてことも思うようになるのです。


この記事にもちょろっと書いてあることですが
「出所後の犯罪者のフォロー」ということについては本当によく考えます。


例えば、「一番再犯をしまくる犯罪者は何か」というと「お年寄り」です。

出所後、身寄りもない、金もない、仕事もない、そんなお年寄り犯罪者は、
捕まるため、刑務所で飯を食わしてもらう為に再犯を重ねるわけですね。
むしろ、そんな状態で出所をさせるということは
犯罪者を世に放っているのと何も変わらない。


これは、この記事で書いたこと。 死刑になるために犯罪をするひとにも繋がります。
生きるための犯罪もまた、完全に理にかなっているので、止めようがありません。


で、そういうのを見かねたのか、
ようやく出所後のお年寄り犯罪者のフォローをするようになってきているようです。
仕事を見繕って上げたり、何度もコンタクトを取るようにしたり、


まぁそういうことですね。
北風ではなく太陽であれ、と。


本当にこういう事件になくなってほしいのであれば、
社会側が努力をするべきだと、
それが出来ないのであれば諦めろと、そういう自分のスタンスは変わりませんね。


そしてこういう流れの変化というのは
「犯罪を重ねる」というお年寄りによるテロ行為が、社会的を動かし、認められたように感じられるのです。
(ゴリ押しが通った、とも言えますがw )


だからやっぱり、
自滅型の犯罪者も、どんどん凶悪な事件を起こして世に認められていくべきだ、とも思うのです。


犯罪者へのフォローが薄い状態で出所させると、またこういう事件が起こるぞ、と。
犯罪者に辛く当たるだけでは、なんの解決にもならないぞ、と。
犯罪者を叩いてもなんにもならないぞ、と。


社会側が変化することを迫られているのだ、という感じですね。



やはりこういう考えは不謹慎極まりないのでしょうかw
[ 2012/12/26 18:36 ] [ 編集 ]
実際ニートさんと同じことをマスコミも思ってるけど

ただ単に公の場では、通り魔を肯定できないから妙ちきりん
な結論になってるだけだと思う
[ 2017/02/16 20:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -