ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ニートメソッド >  自分、草いいすか?

自分、草いいすか?

今日はBW2の発売らしいですね。
知ったこっちゃないですね。

ちょっと 「草」 についていろいろ考えてみました。
(いつか本気で作るゲームのために)


X       ジャンプ
Z        吐血
方向キー    移動
ドラッグ   カメラ操作



草がもさもさと動きます。 それ自体はモーフィング。

「たなびく草」バージョンでは、
ピカチュウが左右に動くのに合わせて
草も左右にサラ~と傾くのを作りたかったけど、あまり上手くいってない。

グラデとか、半透明とか、
揺れるときに明度を変えるとか、
それプラス、一本一本の草毎の固有の明度を変えるとか、
そういうことが、情報量を高めるのだと知った。


全画面とか (クリックすると死にます)


ドラゴンズドグマの草の表現は結構面白いと思うんだけど、
それについて言及している人を見たことがない。

だから、それを説明するためにこんな糞フラを作ってみたのである。


ドグマの草(というか木)は、
その動きに注目しながらカメラを動かすと、変な動きをするのだ。


↑ちょうどこの駄フラのように
常にカメラに対して良い感じの向きを維持したまま、揺れ動く。

(そのかわり、カメラを極端に動かすと、違和感が出てくるけど)
(回転はせずに、常に上は向いてるらしい)


草とか木をゲームCGで実現する方法といえば、いつまで経っても
十字のハリボテを地面に突き刺したようなのが多いと思うけど、
逆にこのようにすることで、最小のポリゴンで最大の効果
(常に良い感じに草が揺れ動く) が得られるのでは無いか。


・・・とかなんとか、そういうのが見て取れますね、という話。



それとも、こんな技術はもはや当たり前なのだろうか?
(でも自分的には、こんなのをやってるのはカプコンくらいしか知らない)


例えば、大神の木


大神の木は、まさに2Dなのか3Dなのか、
いったいどんな表示方法で動いてるのか、マジで謎なレベルなんだけど
その秘密の一端がこういう動画で垣間見れるワケだ。


やはり大神の木も、常にこちら側を向くように
特殊な処理をしているらしい。


その処理が、何らかの手違いで起こらなくなってしまったから、
こういうペラ紙のような木が見えてしまったのだろう。


ところで大神といえば、いつも何度でもステマしていくけど
大神のHDリマスターが出るらしいですね。

まちがいなく全人類が買うべきゲーム。



この動画を見る限り、
懸念されていた大神降ろしも、リアルタイムレンダで見られるようですね。

(元々のPS2版では、大神降ろしはプリレンダムービーを差し込んで
 リアタイでやってるかのように見せかけていた)
(そのムービーの元データが無かったので、DMCHDでは
 ファントム死のムービーが糞っていたのだ)

素晴らしい。

(危惧があるとしたら、
 ロードが無くなって妖怪牙が取りにくくなることくらいか?)
(DMC3もロード画面のお遊び要素がカットされてたし)


草ピカチュウ
関連記事
[ 2012/06/23 19:32 ] ニートメソッド | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -