ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系 >  好きな漫画家さんが、できました

好きな漫画家さんが、できました

最近の漫画消費事情でも語ろうかと思う。


主に、
諸星大二郎とか、
花輪和一とか、
九井諒子とか、

ななみちゃん


すごいどうでもいい、自分語りの延長です。



 

「ワンパンマン」の話とかしたから、
「お前あんなのが好きなのかよwww」的に思われたかもしれない。
(最近被害妄想が酷すぎるか?)


でもまぁ自分の場合、
「Web上でタダで読める作品」と、
「金払って単行本揃える作品」とでは、
読む基準も評価する基準も全然違うのだ。



簡単に言ってしまえば
タダで読める作品は基準が浅い。 (貶すわけじゃないが)
割とフツーなモノも読んでおく。
それは共通認識のツールだからだ。


そして特に批判をする気もない。


最近はワンパンマンも随分と有名になったのか、
単に有名作品を叩きたいだけの感じの人が増えてきたけど
そういうのは本当に不毛だと思う。


「Web上でタダで読める作品」に対して、
どうしてドヤ顔で批判をしなければならないのか。
合わないのなら読むのをやめればいいだけだ。


明らかに最近読み始めたような人に限って
コンセプトを理解せずに、アレな方向から批判をしたりする。
やれ村田作画の無駄遣いだの
ストーリー構成変えろだの
挙句の果てにサイタマの性格がおかしいだの


どうしてニワカに限って作品に野次を飛ばしたがるのか。


ちょっと考えれば相当ズレてるのが分かるぞ。


「自分が作品に合わなかった場合どうすればいい?」
「自分を曲げるか、作品を曲げるか」


「金を払ってない作品」に関しては、「自分を曲げる」しかないのだよ。



まぁいいやワンパンマンに関しては
そんなスタンス。


次の話。


この前言った通り、
最近の自分は「諸星大二郎ブーム」に入っている。

色々読み返しまくっている。
長編とかを除いて、短編は殆ど読んだのでは無いか、というレベル。


やっぱり諸星大二郎は天才だと感じる。
いや、そんじょそこらの天才ではないね。
現人神、唯一無二、天上天下唯我独尊、そのレベル。



その上でだ、
自分は別に諸星大二郎とか宮崎駿とか、
ああいうタイプの絵を描こうとは、全く思わないのだ。 (勿論無理なのもあるが)


(ところで諸星大二郎の絵で言うと、 
 自分は「ジュン子。恐喝」の時の絵が一番好きかもしれぬ。
 あれは、諸星本人の中でも描き方が定まってない頃の絵柄なんだけど、
 それが最強に良い)

「下手なのに描き方が妙にこなれてくる漫画家」というのは多いもので
 自分は大抵そういうのは好きでなくなる。
 ずっと、「本当に不器用なまま」でいてくれたらいいんだが)



そんな感じで変化していく自分の嗜好なのだが
単に「ジジ臭くなっているだけ」に見えるかもしれない。



だが、知識の触手というものは
そういうものではないか?


何かの作品を好きになったならば
まずはその作品の作者に興味を持ち、
その作者の代表作を一通り味わい尽くした後は、
その作り手のフォロワー元、フォロワー元へと遡っていくワケだ。



だから、知識は基本的に過去へ過去へと伸びていく。


例えば自分は

平成ガメラ

エヴァ (ここへ至るルートはあまりに多すぎるが)

宮崎駿 (これは上田文人ルートでも可) (ニーア→ナウシカルートも)

諸星大二郎 (これは静岡→SIRENルートでも可)


みたいな流れで、諸星信者へと舞い戻ってきたのだ。
だからこのルートは、自分にとってあまりにも必然といえる。


自分の愛するモノのルーツが大体ここに結集しているのだ。


樋口真嗣だって、庵野秀明だって、宮崎駿だって、
みな、自分が好きなモノの集大成的な作品を作って、成功してきた人達だ。


ガメラエヴァならば、
エヴァ巨神兵であり、
そして実は巨神兵もまた、
「影の街」に出てきた巨人なのではないか。

(そして巨神兵もまた、「鉄のハインリヒ」へと受け継がれていく・・・)


(にしてもまぁ、EVAは色々モチーフがありすぎる)
(エヴァ=ウルトラマンだし、
 庵野自身、ウルトラマンだったりする。
 エヴァ=巨神兵だし、
 庵野自身、巨神兵のモデルだったりする)
(つまりエヴァ=巨神兵=ウルトラマン=庵野なのだ)
(等号に突っ込んだら負け)



エヴァの人類補完計画は「生物都市」だし、
下手すりゃナウシカだって「生物都市」の影響があるかもしれない。
ナムリスの最期のセリフにすら、似ているものを感じる。

「ICO」「天空の城ラピュタ」
「ワンダと巨像」「もののけ姫」
そして
「もののけ姫」「マッドメン」
「ポニョ」「深海人魚姫」




全てにルーツがある。

そして原初に神が居る。

そこは集合的無意識や神話の領域。

諸星大二郎は、神。




根拠のない懐古主義

まぁそんなわけで自分はすぐに

諸星大二郎とか、
花輪和一とか、
西岸良平とか、
蛭子能収とか、
つげ義春とか、
内田春菊とか、
白土三平とか・・・


そういう「ガロ」っぽい方向に行ってしまう。


じゃあ最近の漫画家さんの漫画は読んでないのかというと
ちゃんと読んでいるものは読んでいるのだ。



ではどういうのがあるかというと、
最近ドツボにハマっているのが、「九井諒子さん」なワケです。



まぁハマっているといっても、
単行本が一冊しか出てないんだけどね。



この人すごい好き。




さらーっ、しゅらーっとした必要最低限の線で、
動きも、表情も、すごい豊か。

自分は、『こういう絵』が好きなのだ!!!!
(さっきの話でいえば、
 もし描けるのであればこういう絵が描きたいとは思っている)

高野文子とか、市川春子とか、そういう匂いがする。




そして、『こういう話』が好き。

この短編集には、
「RPGのエンディングのその後」みたいな話が幾つかと、
「現実の中にファンタジー設定があったらどうなる?」みたいな話が詰まっている。


なんというか、
やはりこれも
「嘘の中のリアリティ」を追求してる。

そういうのが「本物」なんだろう。


ケンタウロスとか、ドラゴンとか、翼人とか、
現実にそういう存在が、普通に居たら、どうなる? その世界はどうある?


そういう所でのリアルさを求めるから、面白いんだろう。



はぁ・・・、なんで一冊しかないのか。
こういう人の作品なら何億冊でも買うのに。





そして、作品以外でこの人の何にハマっているかというと
ブログとかだろうか。



そもそも自分が九井諒子さんを知ったのは、
なんか「ななみちゃんを誘拐する漫画」がキッカケだ。

ななみちゃん < ななみおうちかえりたい


今思えばあれは変な漫画だったけど、
誘拐犯側の咄嗟の気の迷いとか、良心の呵責とか、
あと、ななみちゃんの嗜虐心をくすぐるどうしようもない可愛さとか、
尋常じゃない描写力を感じたのだ。



そこからブログを知って、作者さんを知って、作品を知るようになった。



大体、ブログにしたって、
ああいうブログのあり方がカッコイイよなーとつくづく思うのだ。


なんかたまに素敵なイラスト1枚貼り付けてたり、
それ以外は多くを語らないような。


イラストにしたって、料理のイラストとかであったり、
生活感がある。 ストーリーがある。


ゲームも結構やる人なのはわかるけど、
自分みたいにグダグダ批評するんじゃなくって、
常人とは全く別の視点でイラストを描いて、それがプレイ日記になっている。


なんという素敵さだ。




それに対して、自分のブログはなんだ?という気分にもなる。
ベラベラと喋っている割にクッソ詰まらん。

はぁ・・・。





まぁなんというか、意味もなくあこがれの人。




関連記事
[ 2012/07/06 22:10 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -