ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  イラスト >  ドラゴン尽くし

ドラゴン尽くし

長文を書いてて途中でどうでも良くなるのをなんとかしたい。

ところで、「いい加減に自分も絵を頑張らんとなぁ~」ということを感じる出来事があった。
(どういう出来事かは説明しない) (オワリ)



そしてまた別の出来事。

こんな木っ端存在な自分でも、pixivである程度ボケーッとウジ虫のように蠢いていたりすると、
いかがわしげなイラスト仕事の依頼とかが舞い込んできたりする。 
そんな、猫の手も借りたいような時代らしい。


こないだも、「携帯ゲーの企画。ドラゴンとかのクリーチャーの絵を描いたら1セット3万円です」
・・・みたいな依頼が来た。

(こういうのはなんか無視してたんだけど、流石に待遇がいいように思えた)
(もともと単価1000円とかで買い叩かれる事もあるような、ブラックな世界ではないか?)
(そこを、背景アリナシだけど実質絵を1枚描いて3万円くれるとは、相当良い条件なのではないか?)
(しかも題材が「ドラゴン」とは、キャラとか武器とかを依頼されるより、よっぽど食指が動く)
(一応自分の絵を見た上で言ってくれているらしい。スカイリムやドラゴンズドグマをやっていて本当に良かった)

というワケで、なんとこのドラゴンの依頼に自分は返信してしまったのだ。

(ニートがついに働いてしまうのか!?)



・・・と思っていたら
ずーっと返信が来なくなって、
最終的に「なんか企画の仕様が変わったのであの話は無かったことでサーセン」的なメッセージが来て、終わった。


やっぱり色々とブラックな業界らしい。



そんなこんなで、喜び勇んで描いていたドラゴンのラフが全部無駄になったので、並べてみます。
本当にラクガキだけど。


ところで最近よく疑問に思う。
「オリジナリティ」なんてモノは、本当にこの世にあるのかと。


結局、「どっかのゲームか何かで自分が触れてきたようなドラゴンの絵」しか描けないではないか。
(そもそも仕事なのでそんなにドラゴンの常識から大きく外れたようなモノを描こうとしたわけではないんだけど)


ミームとか、ジーンとかと同様、
実は「周囲の情報の寄せ集め」でしかないんじゃないか?という気がする。
「自分の人生、環境、入力された情報の代謝の結果」でしかないのではないかと。



だがそれでも、「自分の嗜好」というモノだけは、ここに確かに存在する気がする。

ドラゴンラクガキ
↑例えば自分はこういう、腕が生えてるマッシブなドラゴンは、あまり好きじゃない。


ドラゴンラクガキ
それでも↑こんな風に地面に這いつくばるようになると、途端にアリになる。


ドラゴンラクガキ
で、自分が本当に好きなドラゴンはどういうのかというと、こういうの↑

腕が翼に変形してるタイプね。
そういうのは、亜竜・ワイバーン扱いになってるゲームもあるけど。


ドラゴンラクガキ
んで、今回いろいろとラクガキを描いてて一番マシだなと思える絵が、コレ↑
この足の感じね。


ドラゴンラクガキ
ところで「ワイバーン」といえば、
なぜか真っ先に思い出してしまうのが「ベイグラントストーリー」のワイバーン。
「ディートッ!!!」

↑これは今回のとは関係ないけど描いてたラクガキ。
ベイグラについても、いつか長文を書きたい。


ドラゴンラクガキ
あと、自分のドラゴンの絵を見てて思うんだけど
主に首にこだわりがある気がする。


こういう感じ、になってなきゃいけない、とぞ思う。
根元が一番細くって、後頭部にかけて太くなっていく。
絶対、こうなってないといけないのだ。

関連記事
[ 2012/10/13 14:25 ] イラスト | TB(0) | CM(4)
オリジナリティ+α
本当の意味のオリジナリティは無いと思うのです。
それはこの宇宙の法則に従わないモノでないとならない(そんなもの見つかってない)
でも人類が把握している範疇でのオリジナリティは思考プロセスだと思うのですよ。

その思考プロセスは生まれたときの脳の構成と育つ環境による、のですが、
話がそっちにそれるとそもそもは宇宙の始まりから全て決まっていたとなる訳で
でも人類の知能はそこまで把握できていないからその辺りのお話は未来に取っておきたい。

よって、自分の思考プロセスが左右されるであろう環境は選ぶべきだと思うのです。
そして僕はあなたにとても興味を持ちました。(少なくともこのブログに)
この環境に会えて嬉しく思います。

「自殺」に関してはほぼドンピシャです。
「通り魔」「所有」はプロセス中です。
色々話がしたいです。是非。
[ 2013/02/25 20:32 ] [ 編集 ]
コメ返信
> SaruTech さん


> 本当の意味のオリジナリティは無いと思うのです。
> それはこの宇宙の法則に従わないモノでないとならない(そんなもの見つかってない)


なるほど、行き着く果てはそういうことになりますねw

そうでなければ、人間がやってることは全て、
周囲の環境から取り入れた情報に応じて機械的に動いてるだけの行動にすぎないワケですから、
やはりオリジナリティなどありはしません。



「この宇宙の法則に従わないモノ」となると、
かなり凄いことになりそうですね。

因果律を無視したり、作用反作用を無視したり、時間の不可逆性を無視したり・・・
そういうことができれば確かにオリジナルを主張できる気がします。


例えば因果律を無視できるということは
原因と結果を反転したりできるワケですから、
自分が影響を受けた元を、自分のフォロワーに書き換えることも出来てしまうわけですね。 凄まじいですね。
(なんかウリジナルみたいですがw)



・・・つまりまぁ、人の身では無理だということですね。


本当に、オリジナルなどこの世に存在しないような気分になってきます。


> よって、自分の思考プロセスが左右されるであろう環境は選ぶべきだと思うのです。
> そして僕はあなたにとても興味を持ちました。(少なくともこのブログに)
> この環境に会えて嬉しく思います。


「人生に選択肢などあるのだろうか」みたいなこともよく考えていますけどねw
選べる環境があるのも環境のおかげです。

でも実際、嬉しく思われて自分も嬉しいのです。

糞ブログですがどうもです。

[ 2013/03/01 17:47 ] [ 編集 ]
origin
私はこの世にオリジナルでないものなんて存在しないと思います。
例えば誰かが何かを参考に何かを作ったとしますよね。
その時点でもうそれはオリジナルなんですよ。
だって何かを見て、参考にしとしても、実際に既に存在するその参考物に干渉せず一から作っている以上、それは完全にオリジナルだと思うのです。
どんなにこれはあれに似せて作った、完全無欠の模造品だという人がいたとしてもそれが模造品という名のオリジナルであることは事実なんですよね。
だから私は、この世の全てはオリジナルのものだと捉えて世界を見ています。
この世界って本当はすごく新鮮ですよ。
新しいものに満ち満ちている。新しいものしかない。
同じものがないんですから。
そして私たち人間もまたオリジナルのものを作り出すことができる。
これほど素晴らしいことってないのではないのでしょうか。
なんて私は思ったりするのです。
では、通りがかりのものでした。
[ 2014/03/13 23:39 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無しのグルメ さん


なるほど。
オリジナルに干渉してないので模造品もオリジナルという考えはなんか新しい気がします。


なんというか、
全てのものがコピーであるといえるような気もしてくるし、
と同時に、
全てのものがオリジナルであると言えるような気もしてくるんですよね。


こうなってくると
言葉の使い方というか、定義のほうがよくわかんなくなってきます。

[ 2014/03/14 22:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30