ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  リスト系記事 >  ジョジョファン度

ジョジョファン度

あまりに今更すぎるけど。
ジョジョのアニメがとても面白い。  誠に目出度い事である。

放送前はキャラデザのアレな感じに不安になったり、
一話前半の放送中に一瞬でも「あれこれ、ひょっとして微妙なんじゃ・・・」と感じてしまった自分を恥じる。

途中から、ドツボにハマっている自分に気づく。
今回のジョジョアニメ、名言のラッシュが心地よすぎる。


ジョジョをアニメ化すれば、素材がいいから、どうやったって面白くなるだろうか? 

否。

実際残念なアニメ化は行われているし、
一部を題材にしたPS2ゲーム「ファントム・ブラッド」は
名シーンをほぼカットせずに提示している筈なのに
ビックリするほどつまらないのだ。


だから、今回のジョジョアニメが面白いのは
この「ダイジェスト感、疾走感、名言網羅感」だけが理由では無いだろう。

実際「ジョジョ力」が高いから面白いのだ、としか説明できない。

そして、この高いジョジョ力によって命を吹き込まれたことにより、
改めてネット上で、ジョジョの面白さにスポットが当てられ始めていることが嬉しい。


(まぁ、メインとしてはディオの小物っぷりがもてはやされている感じもするが) (ぐえー)
(あと何故か、スピードワゴンさんが┌(┌ ^o^)┐ホモォの餌食になっているが)



しかし逆に、こうまでやたらと
どこかしらでジョジョがフィーチャーされているのを見ると、まるでネット黎明期のようですらある。


ジョジョのセリフコラが今更のように行われたり、
今更~な昔のページが貼られ、今更~なジョジョ談義に花を咲かせる。

本当に、今は一体何年だ?という気分になったりもする。


まぁあれだよ。 今回どういう方向の話に持ち込んでいきたいかというと
「ファン度」とは何か ということについて考えていきたいのだ。


こうまでジョジョ熱がネット全体で高まっている風潮である。
誰もがジョジョを肴に語りだすようになっている風潮である。

実際、ジョジョや刃牙やカイジは日本でインターネッツをやる際には義務教育だから何の問題もないのだが、
やはり「ニワカ感」というのはどうしても出てしまう。

そしてそういう中で、
自分自身に向かう「ニワカに見られたくない」という意識や、
他人に向かう「こいつは一体どの程度のジョジョオタなのだ?」という疑念は、
どうしようもなく発生してしまうのだ。



よくあるではないか。
ジョジョ芸人とかやってても、
擬音とかジョジョ立ちとか、そういう「ネタでしかジョジョを語れないヤツ」を見ると白けた感じになるではないか。
お里が知れる。 ファン度が知れるというものだ。


勿論自分だって、このムーブメントの中で、ジョジョについて今更なことを語りたい、とは思っている。
語りたいが、いきなり語り始めると、やはりニワカ臭いのだ。  (ああ、めんどくせぇー奴)


だから、まずはこの「ファン度」という概念について考える。 固めていく。




ジョジョファン度

試金石。


先々週くらいの痴豚様も言っていたことだが
「"ソレ"に関してどの程度のファンか」という事について。

他人の「コレ」がどの程度のモノか気になったり、
また自分の「コレ」がどの程度のモノか示したくなったり、
そういうのは、何に関してだって、あると思う。
そしてその基準というのも人それぞれだろう。


人によっては「データの把握」が全てだろうし、
むしろ、データ把握なんて当たり前の前提だから、
それ以外のグッズ収集とかによる「金額的奉仕」によってファン度を測る人もいるかもしれない。
把握率なんかよりも、「ファンとしての経歴の長さ」を誇りにする人もいるかもしれない。




要はジョジョで言うと、
自分は、また他人は、「どの程度のジョジョファンであるか」
そしてそれはどのように見定められるべきであるか、という問題である。


そういう事に関する「指標」の話である。
そういうのを、勝手に考えて、提示していこうと思う。



ジョジョファン度を測るための指標となるべきモノ

例えば、「ジョジョを全て通して読んでいるか」、なんていうのは前提も前提だろう。

SBRは読んでませぇーん」「ジョジョリオンは読んでませぇーん」、なんていう態度は、
やはりファンとして一段、格が落ちる。  (というか、そんな奴はファンと呼べるのか?)

コレに関して、言い訳の余地はない。
読んでないヤツは、敗者だ。
断固読むべし。

2部好きは、7部をオススメする。 
4部好きは、8部をオススメする。 

ていうかジョジョリオンの三巻は感動するぞ!?

1部と6部と7部と8部の歯車が、がっしりと噛み合ったような実感を得られるぞ!!
(いやむしろ全ての部が繋がったといえる) (あれは凄い)



次に、「コミックスを全巻揃えているか」
ココらへんで、脱落する人も出てくるだろう。
コレクション魂にかかってくるからだ。
だが、やっぱりコミックス全巻持ってるのなんて、ジョジョに関して言えば当然であると、
ジョジョファンであればすべからくやっておくべきことだと思っている人もいるだろう。


全てが前提であるなら、その先は何か?



全部を読んだ上で、その上でだ。 「何部が好きか」
乱暴だが、案外コレでニワカ度が測れると思う。

3、4部好きが必ずしもニワカであるとは限らないが、
ニワカは必ず3、4部好きなのだ。

(この「必要条件と十分条件の違い」みたいな話、わかるかね?)

「5部以降は能力がイミフすぎてイマイチなんだよねぇ~」とか抜かす奴は、必ずニワカであるし、
そんな読解能力の無いヤツはジョジョファンであると認めない。
3部初期の脳筋スタンドみたいなのがいまさら荒木先生のインスピレーションから産まれてくるワケがないだろう。
自分が能力を理解できないからって腐したり、貶したりするのはやめろと思う。
そんなニワカは勝手に離れればいいし、離れた時点で真のファンではないと。

(あ、碌でもない感じになってきた。 戻ろう)


コミックスを全て読んでいるのが前提なら、
それ以上のファンなら「リアルタイム感」を重視するかもしれない。
つまり、「全てをリアルタイムに雑誌上で読んでいるか」、というのもあるかも知れない。
割とこういうのも重要だろう。


これが完遂できていない場合、問題は
「いつからジョジョを読み続けているか」ということになってくるだろう。
やはり何に関するファン度で言っても、こういうことは問題にされ続けるのだ。
いつから、どれくらいの期間のファンであるか。 
古参、新参に分類するには、これしかない。
にわかは黙ってろ


そして、やはり外してはならないのは「データ把握率」に関すること。
(個人的にはこういうことが一番大事だと思うのだが、やはりこれだけでも足りない、というのが今回の趣旨)

「全てのスタンドの、登場した部、本体、元ネタ等をどれだけ把握しているか」
「ジョジョ全体の元ネタをどれだけ把握しているか」


やはりジョジョといえばスタンド談義であろう。
「このスタンドとこのスタンドが戦ったら一体どうなるだろう?」
みたいなトークはいつどこでも出来るようにしておくのが、ファンとしての嗜みだろう。

その際に「◯☓? それ何部の、誰のスタンドだっけぇ~?」みたいになっていてはおぼつかない。
スタンドに関しては相当の精度で把握しておくことが求められる。



コラボ企画、「ジョジョ小説をどの程度読んでいるか」、というのでもファン度が測れるかもしれない。
(かといって、さも小説版の設定が当たり前のように語りだすと、それもウザイ奴に思われるので注意だ)


ソレ系でいくと、「ジョジョのゲーム、アニメ、映画等のメディアミックスにどの程度触れているか」
というのもあるだろう。


最終的には、「ジョジョ以外の荒木作品をどの程度集めているか、読んでいるか」という領域に進んでいく。
(そうなってくると、もはやジョジョ関係なくなってくる気もするけど)

「ジョジョ関係の玩具、グッズをどの程度集めているか」

「ジョジョ展やら個展やら、オフィシャルなイベントにどの程度参加できているか」



・・・などなど
etc・・・etc・・・
まぁこれくらいだろう。 あまり挙げすぎても純度が薄れる。



で、これくらい挙げてみた
「ジョジョファン度を測る試金石リスト」を、実際自分に当てはめてみようと思う。
(結局こうやって示しておくのが目的なのである)

するとこんな感じになる。


・ジョジョを全て通して読んでいるか
YES!

・コミックスを全巻揃えているか
YES!

・何部が好きか
基本的に全部、死ぬほど好きである。
昔はその中でも特に2部と5部を好んでいた。

だが、何度も読み返すうちに、やっぱり自分は6部が好きなのだと分かった!
(サガフロ2が好きで6部が嫌いな人間なんていません!)
(6部はいいぞ・・・ コミックス派なら、6部の良さは分かってくれるはず)

・全てをリアルタイムに雑誌上で読んでいるか
NO・・・
ウルジャン辺りから脱落した気がする。

・いつからジョジョを読み続けているか
コミックスに関しては、自分は4部をやっていた頃から読み始めた。

ジャンプ誌上でリアルタイムで追うようになったのは、5部が始まった頃からだと思われる。
(はぁ、こういうことを暴露していくと、やはり自分が途端にニワカになったかのように思える)

・全てのスタンドの、登場した部、本体、元ネタ等をどれだけ把握しているか
・ジョジョ全体の元ネタをどれだけ把握しているか


我ながら説明しづらい項目だと思えるが、
やはり自分は「ディアボロの大冒険」をやっているので、かなり自信はある。
強化コミックスを間違えることなどありえない!

全てのスタンドの、顔と名前、本体、登場部数、元ネタの曲やら、能力の系統、類似する能力、対極の能力、
妄想の中の天敵となるであろう他スタンド・・・等など、しっかりと把握しているつもりである。

(でも流石に強さのランクまでは覚えていない) (兄貴のキッスが超強いのは覚えてる)


・ジョジョ小説をどの程度読んでいるか
恥ずかしながら、「恥知らずのパープルヘイズ」しか読んだことがないのだ。 すまぬ・・・すまぬ・・・
乙一ジョジョ、西尾ジョジョ、舞ジョジョ・・・いつか読まねば・・・


・ジョジョのゲーム、アニメ、映画等のメディアミックスにどの程度触れているか
ゲームに関しては、
PS1の3部ゲー 「未来への遺産」
PS2の5部ゲー 「黄金の旋風」をやったことがある。
PS2の1部ゲーは、シラン。
PS3のオールスターゲーは楽しみですね。

あと伝説のフリゲ「ディアボロの大冒険」も、天国から「ヒロヒコのサイン」持って帰ってくるまではやった。
今はver0.15とかまであるらしいが、それの新ダンジョンとかはやったことがない。

アニメに関しては、
3部OVA、1部映画は見た。 3部OVAは擁護できる。 1部映画は、シラン。

あと当然だけど、今やってる1部アニメは大変楽しみに視聴しております。 2部も楽しみすぎる。


・ジョジョ以外の荒木作品をどの程度集めているか、読んでいるか
「ゴージャスアイリン」
「魔少年ビーティー」
「バオー来訪者」
「死刑執行中脱獄進行中」
だけである。

岸辺露伴、変人偏屈列伝は読めてない。 スマヌ。


・ジョジョ関係の玩具、グッズをどの程度集めているか
・ジョジョ展やら個展やら、そういうオフィシャルなイベントにどの程度参加できているか

自分はこういうことに関してはサッパリなのだ。

ジョジョの一番くじとかも、買ったことがない。

なぜか、コレに関しては集めようとしないのである。

何故だろう。
半ヒキニートだから、遠出できないのは当然として、
やはり模型とか買うなら自分で絵とか描いたほうがスッキリするからだろう。

(その割にジョジョの絵を全く描いて来なかった時点でファン度が知れる、というものか)



・・・といった感じ。 自分に関しては、こんな感じ。


これを読んで
「フッ、その程度か・・・雑魚が・・・」と思ってもらってもいいし、
「どんだけ必死なんだよ・・・アホらし・・・」と思ってもらってもいい。


自分は大体このくらいのジョジョファンである、という表明なのだ。


本当に、ジョジョというのは義務教育で必須科目で必修教科だから
誰もがある程度読んでいるのが前提、みたいになってる。

読んでて当然。語れて当然。

だから、「程度」を「対外的に示しておく」のが重要だと思うのだ。


でなきゃ、ナメられる。 ナメられたら、オシマイなのだ。

関連記事
[ 2012/11/05 17:20 ] リスト系記事 | TB(0) | CM(7)
人様の家で読んだだけ、SBR止まりです。
エッグが船ごと海に沈んでも復活するあたりDIOっぽいよね!くらいしか言えない‥‥。
6部読んでも結びつかなかったです、サガフロ2もニワカですねww

周りの人間はジョジョしか知らなくて、承太郎の「刑事コロンボ」を気にせずスルーしたり、5部ラストでニヤリとできなかったり、もったいないなあと思います。
洋楽聴く人も少ないですし。自分もあまり聴きませんが。
うわあえらそう。

ドラゴンボール、刃牙、カイジ、バイオetc...に触れていないのがコンプレックス。
バルスバルス言うだけ、みたいにはならないように気をつけているつもりです。
[ 2012/11/07 20:24 ] [ 編集 ]
コメ返信
> イル さん

> 人様の家で読んだだけ、SBR止まりです。
> エッグが船ごと海に沈んでも復活するあたりDIOっぽいよね!くらいしか言えない‥‥。


サガフロ2は、とてもジョジョ志向なシナリオだと思います。 
(ウィル編は完全にジョジョ)
(ギュスターブ編は織田信長)

完全に「エッグ=DIO」でいいと思います。
(ちょっとアヌビス神っぽいところもあるけどw)


なんかこう、最初は人間を軽視していたエッグが、
最終的にリッチのことを認めたり、人間の力に敬意を払ったり、
人の精神の爆発力に興味をもつようになったりする。

そういうところが、最終的にジョジョを認めるようになる一部ディオにとても似ています。


あとやっぱり、海に沈めても復活しちゃうところはそっくりですねw


あとはまぁ、この世代交代感ですね。血統。

・ウィル・ナイツ=ジョセフ・ジョースター 
・リッチ・ナイツ=空条承太郎 
・ジニー・ナイツ=空条徐倫

なんとなく、こんな感じ。 
(ジョナサンがウィルじゃないのがなんか残念だけど、最終パーティーにおじいちゃんで残ってるところがね)
(リッチはジョナサンっぽいトコもあるかな?)
(別に徐倫がDIO倒すわけじゃ無いけど)
(そういう意味じゃ ジニー=承太郎 としたほうがシックリくるかな でもなんか嫌だ)


血統が受け継がれていって、
最後の最後に女の子主人公ってところですね。
なんか意外と燃えるんですよね。
自分は6部が好きだし、ジニー編が好きなんです。



> 洋楽聴く人も少ないですし。自分もあまり聴きませんが。

でもジョジョの影響で洋楽聴き始める人は多そうですよね。
自分がまさにそんな感じですがw

とにかく、ジョジョのスタンド名が取っ掛かりでそのバンドに興味を持つ、というパターンばかりです。


> ドラゴンボール、刃牙、カイジ、バイオetc...に触れていないのがコンプレックス。

(ゆうて福本伸行と刃牙は"メジャー"にはギリギリ触れないラインだから
 別に読んでなくてもどうということはないとは思いますが)
ドラゴンボールを読んでないというのは、逆にすごいと思いますよ。

それはむしろ個性になるというか。

いや、もうそういう世代の問題なのでしょうか。

いつかワンピースを知らない世代とかも来るのでしょうね。
[ 2012/11/10 11:22 ] [ 編集 ]
久しぶりにCD聴いてたら(一気に聴きたいが3時間は疲れるので敬遠気味だった)、だんだん思い出してきました。
リッチのある種の軽さと、あとは女の子が乗っ取られる場面があるということで、リッチ=ジョセフにしてました、たしか。

クラフトワークだけはジョジョと関係ないところから聴いてました。TheCatalogueは何よりの宝です。
彼らはライブ中あまり動かないことで有名(?)ですが、それとあのスタンド能力は関係あるのかも、と思ったり。

ドラゴンボールは巻数に尻込みして未だに・・・です。
(じゃあなんでジョジョとベルセルクは読んだんだろう、多い上に未完じゃないか)
[ 2012/11/11 19:28 ] [ 編集 ]
なんか痛い記事だな・・・。こういう人が、俺すげぇ通だけど何も知らないニワカは帰れよって必死になってネタバレするんだろうな。
[ 2012/11/12 06:03 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無しさん

> なんか痛い記事だな・・・。

ここまでは良いです。わかってるので。


>こういう人が、俺すげぇ通だけど何も知らないニワカは帰れよって

このレッテル貼りも、ギリギリ許します。
(ていうか自分は「すげぇ通」だとは思ってないのですが)
(何度も言っている通り「自分はこの程度のジョジョファンである」という「程度」を示しただけですので)

(この程度で「すげぇ通」だと思ってしまったということは、間抜けが見つかったということでしょうか?)



>必死になってネタバレするんだろうな。

この繋がりがイミフですね。
そういうネタバレをするのがニワカでしょ?

自分の知りたて、読みたての知識をひけらかすから。

「データの蓄積が前提になっている人達」は無駄な知識のひけらかしはしないのですよ。



つまりですよ。あなたのコメントは何かというと

「自分はニワカだけど、なんか詳しい人の存在がムカツク」
「そういう存在は許せない」
「許せないので、痛い記事認定する!」
「許せないので、ネタバレをするけしからんヤツであると決めつけた!」

という意識が見え見えなのです。

ニワカであるにも関わらず、
自分のアイデンティティを守るために、
逆に「詳しい人」へのコンプレックスで攻撃をしてしまうのです。


つまり、本当に「必死」なのはあなたなのですよ。

人を批判するときは自分も批判され返すということを認識しておいたほうが良いです。


実際、あなたはどの程度のジョジョファンなのでしょうか?
あなたのようなコメントをしちゃうような人がジョジョに精通しているとは思えないのですが。

[ 2012/11/12 10:21 ] [ 編集 ]
もっとわかりやすくスマートにジョジョファン度を測る指標を見いだすのかと思って期待したのに
ただの「自分は大体このくらいのジョジョファンである、という表明」だったのか

自分はスタンドバトルに飽きてSBRからはあんまり覚えてなくて
最新のジョジョリオン以外の単行本全部読んでアニメも見て小説は恥知らずのパープルヘイズと天国へ階段のは読んだ程度です

4部の条助のガラスと血の追跡弾の仕組みが未だに納得いかないんですが
ニートさんはあれ納得しました?
[ 2015/04/08 14:11 ] [ 編集 ]
コメント返信
> ヒモフリーター さん


> もっとわかりやすくスマートにジョジョファン度を測る指標を見いだすのかと思って期待したのに
> ただの「自分は大体このくらいのジョジョファンである、という表明」だったのか


そうですね
誠に勝手な文章でスマンことです。
というか自分が過去に書いた文章って大抵酷いです。今も酷いけど。



> 4部の条助のガラスと血の追跡弾の仕組みが未だに納得いかないんですが
> ニートさんはあれ納得しました?


クレDはホント解釈が便利なスタンドですよね。

厳密なことを考えだすとホント変な気分になってきます。


「直す」とは何なのか???

実際の所、クレDはどこまでモノを直すことが出来るのか???

「パスタを材料のところまで限定して直すことができた」
ということはもっと遡ることも出来た?

材料のもっと先まで? その先の先まで?

この「直す」というのは
「流転する粒子の流れを元に戻す」ということだろうか????

つまり治癒力とか回復とか修復とかとはちょっと違うのか???

なんか、それは「対称の時間を限定して元に戻す能力」という風にも考えられる。


いや、もっと言うと、「時間」というよりかは

『粒子の流れた位置を強制的に元に戻す ある時点まで』という能力だと解釈できるのかもしれない。

(これが、クレDの能力解釈の最終形でしょうか?)


そうなってくると、モノを直そうとする(粒子の流れを逆行させようとする)と、
モノが元の位置に戻っていくのとかはまぁ納得できます。


ではその「モノが元の位置に戻っていくパワー」とは何なのか????


あるモノを治そうとする (わかる)

そのモノがバビューンと元の位置まで戻ろうとする (ここまではまぁわかる)

そのモノが元の位置にズギューンとめり込む。
(ここから難しくなってくる)
(その「めり込む力の加速分」となると、もはやどこから出てきてんだ?ということになってくる)


(そもそも移動のエネルギーはどこからくるのか?)
(それはどれくらいの量まで出力できるのか???)
(とかまで考えだすともうイミフになってくるけど)

(最終的に仗助は、リサイクル工場とかで働けばいいということになってしまう)



で、仗助が自分の血をガラスに封じ込めておいて

その血を、くっつけておいた吉良の上着めざして直させて、

ガラス片を打ち込んで、攻撃!ということにした奴のことについてですが。



ここまで考えた上で
これについて考えなおしてみると、

吉良の背中に食い込む程ダメージを与えてるのは変な気もしますね。

あくまで「血を直す」ためのエネルギーなのだから

ガラスの血と上着の血が、ガッシーン!と強固にくっついて、それで終わりになるべきな気がします。

その後のめり込みはあくまで「慣性」によるモノであって、それは大したダメージじゃなくてもいいような感じです。



例えばこれが、「吉良自身の血液」を使ったとかなら、
吉良の体内まで戻っていこうとするから「凄いめり込む」となっても問題ないような気もします。


もしくは 血液を、吉良の上着の「背中側」じゃなくて
「前の側」につけていたかなら、「位置が完全に戻るまでにはめり込み続ける」となっても問題なかったかもしれません。



そんな感じでしょうかね。



でもまぁ基本は
「凄み」です。




















[ 2015/04/12 15:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30