ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系 >  絶望と希望とEOEとナウシカとQの話

絶望と希望とEOEとナウシカとQの話

ようやく落ち着いてきた。

もっかい、ヱヴァQの感想文書きます。
一回で足りるわけがないのでね。


ていうか今回は、感想文とか考察というより、「感覚だけ」の話をします。

どっちかっつーと「EOE」「ナウシカ」の話メインです。
(つまり「原作ナウシカ」のネタバレが、素で入っています)


クソみたいな話だけど、
「Qに関して反ってしまっている人」って、残念なことに非常に多いと思う。

だから、やっぱりこういう話をしたくなってしまうんだよ。



 
ヱヴァQに関するニートのクソバナシ
 

◆ ワンテンポの遅れの納得

自分がQを観て、
そして周りの人達もQを観て、
そこで共有できた感覚の中で、何が一番うれしかったか。
その話をします。


ある程度自分と近しい「エヴァ信者の方々」も、
みな、最初は唖然、絶句していたのだ。
これが重要。

みんな、最初っから「これがエヴァじゃー!」とは言ってないんだ。
(もちろん、「こんなのエヴァじゃない!」とも、絶対言わない。)

しばらく面食らって、twitterとかでも、最初は黙ってる。
でも、しばらくしてから、だんだん落ち着いてきて、腑に落ちる。
自発的に、「全てこれでいいのだ」と気づく。
これが、重要。

このワンテンポの遅れ、混乱、そして納得に至る。
これらを共有出来たことを嬉しく思うのだ。



◆ 拒絶

逆に恐ろしく思うことは、
「もしも自分がQに関して 反ってしまっていたら どうしよう」という妄想。

もしも自分がQを観た直後、
その混乱・難解さ・違和感を消化できずに、そのまま沈黙してしまっていたり、
または「なんだこれ!意味分かんねーよ!」とか「こんなのエヴァじゃねーよ!」
みたいな拒絶的な感想をぶちまけていたらと思うと、ぞっとするのだ。

(EOEを乗り越えられた人間がそんな反応を示すことなんてありえないんだが)


だが実際
今、「そういうQの感想」をレビューサイトにブチ撒けている人達は多いと思う。
そういう人たちには、まず一旦落ち着いて欲しいと思う。


どんな訓練されたエヴァ信者でさえ、一瞬は混乱したのだ。
だから混乱すること自体は恥ずかしいことじゃない。
問題はそのあと。
その混乱を乗り越えて、理解・考察しようとする姿勢に移行できるかどうかなんだ。


最近は、イミフで投げっぱなしで答えなんて用意していない
「ニセモノ」が増えすぎたから、そういうのに疲れた人達は
すぐにモノを「消費」して、捨ててしまうのかもしれないけど、
エヴァだけはずっと「ホンモノ」であり続けているんだ。


だから、どんなに初見がイミフであっても、投げないで欲しい。

絶対に、考え続けてれば「ああ、これで良かったんだな」って思えるように出来ているから。



まぁ、何が言いたいんだろう。

自分も混乱していた。
自分がこないだ書いた初見の感想も、結構ズレていた気がしてきた。


訂正するべき箇所がひとつある。
どこかというと「絶賛はできない」というポイントですね。 なおそう。


自分はQを絶賛します!


やっとこれを言える心境になってきた。
自分が絶賛せずにどうするんだよ。


◆ 序→破→Qの必然性

新劇から入ったファンの人達からすると
自分のようなエヴァファンは胡散臭く見えるかもしれない。

新劇ファンと一緒に「前向きエヴァ」の「破」を絶賛しておいて、
じゃあ「Q」でどん底に落とされたら反るかというと、これまた絶賛している。

「結局お前は何を出されても喜ぶんじゃないのか?」と疑問に思われるかもしれない。

(これと同じ事を、新劇を最初から否定してた「旧劇信者」の人も、思っているかもしれない)
「ほれみたことか、Qからがエヴァなんだ」と)
「何新劇ファンと一緒に破を喜んでたんだよ」と)


でもそういうわけでもないのだ。 序→破→Q全てを愛するのは断じてダブスタではない。
ここには必然性がある。
ここが難しいところで、詳しく説明しないといけない。


結局「エヴァ」とは何なのかってこと。
これを勝手にまとめてしまいます。

①: 正統派、王道のロボット物として、ファンを魅了し、ワクワクさせること

②: ①で騙した後、王道から外れ、ファンを「絶望」させること

③: さらにそこから・・・(これは後で説明する)


これなのだ。 この「3つの柱」だ。
(①の言い方、語弊あるけどね。 「エヴァはロボットじゃねー」とか。 分かって言ってるから)


ここで問題となるのは、「旧劇ファン」である。


旧劇ファンは、②を知っている。 エヴァが②であることを、既に分かっている。 
エヴァが②であることを、求めすぎている。 だからこのままでは引っかからない。


つまりそれでは、旧劇ファンにとって逆に、②が欠けてしまうことになるのだ。


ではどうすればいい?
旧劇ファンに②を忘れさせなければいけない。


このためなのだ。 このために「破」があったのだ。


破のゼルエル戦で、旧劇ファンなら誰もが思っただろう。
「ああ、これはいつの間にかアルミサエル戦に突入していたのだな」
「ああ、2人目レイはやっぱり死ぬのだな」
と。

零号機がゼルエルさんにまるごと食われた瞬間から、薄々覚悟ができていたはず。
そう諦めていたはず。

でも、そうならなかった。

2人目レイが助かるのだ。


ここはものすごくビックリするポイント。
旧劇を観てきた人間にとって、これは本当に、本っっっっっ当っっっっに衝撃的感動だった。
(知らない人にとっては、単なる唐突なハッピーエンドにしか見えないかも知れんけど)


この衝撃が、それまでの「②への不信」を吹き飛ばしたワケです。

ああ、これは完全に「前向きエヴァ」をやるのだな。
結婚して庵野も丸くなったなぁ。 ( ;∀;)イイハナシダナー




つまり新劇は、
序破を使って、旧劇ファンをもう一度、①の状態にまで戻したワケだ。

エヴァにとって②が重要だからこそ、②を捨て切れないファンを
「新規ファンと同じ状態」にまで還元したのだ。


ものすごく丁寧な仕事ではないか!

この仕事のお陰で、新劇ファンも旧劇ファンも、
等しくQにビックリできたはずなのだ。


だからこの仕掛けに対して、少しでも反応がズレてはいけない。

「新劇なんかエヴァじゃないわー」と、旧劇信者のように最初から反っていても駄目だし、

(破を喜んだ後で)「Qなんかヱヴァじゃないわー」と、新劇信者のように反ってもいけない。

この「持ち上げ」と「持ち下げ」に、完全にダマされないといけなかった。
この構造こそが、「エヴァ」なんだから。


だから自分はこれに完璧にハメられたことを、本当に嬉しく思うのだ。



で、こっから先。 ③の話をする。
ここからがすごく回りくどいし、長いです。

エヴァは完全なバッドエンドでは、決してない。


人類全員滅んで、それでオシマイってワケじゃない。 (これはEOEをちゃんと見れば分かる)

単に観客とシンジくんを曇らせたいだけの悪趣味・露悪だけの作品ではない。

エヴァの②は強烈だけど、
その簡単な結論に飛びついてはいけない。



ここで「EOE」の話をする。

今あらためてEOEを観てみると、すごく分かりやすくてビックリする。 
「全然、観客を突き放した映画じゃねーじゃん!」って気すらする。


要は、補完計画発動したけど回避しましたよって話なのだ。

人間はみんな溶けちゃったけど、
ユイのセリフを聞いてりゃ分かる。
なんとかなります。 あれで皆なんとか生きていけます。



更に、ここで突然「ナウシカ」の話をする。

(前に、「Qを観る前にウルトラマンの勉強をしようかな」、とか自分は言っていた)
(でも結局、全然必要なかったですね)
(分かったことは、やっぱりエヴァはナウシカの勉強だけで十分だということ)
(あ、デビルマンも要る?)


ナウシカのラストがなんなのか、簡単に説明する。


「墓所の主」
 このままでは現人類に未来が無いことを知っている。
 だが人工進化で、自分たち含め未来を手に入れる方法も知っている。
 
「ナウシカ」
 そんな方法で生きながらえる位なら星に任せて滅んでかまわんと思っている。

この構図、エヴァで言うなら、完全に「ゼーレ」と「碇ユイ」なのです。


そんで、最後ナウシカは、オーマを使って墓所をぶっ壊す。
そんで、人類の未来は途絶えて、終わり。


・この事に関して、ナウシカを「黒幕」と言えるか?
(オーマで墓所をぶっ壊したことに関して)

・ナウシカをバッドエンドと言えるか?
(人類は直ちに滅びたワケではないが・・・)
(だが人類が永遠に生きられる道はなくなった)

・ナウシカに救いがないと言えるか?
(ナウシカの意識、宮崎駿の意識としては、絶対にそんなことはない)



本当にエヴァとナウシカのラストは「同じ」だと思ってる。
(ニーアのときといい、自分は本当にナウシカと重ねるの好きだけどさ)
(あらゆる物の根っこになってる作品は、そのまま根っこなんだから仕方がない)


・碇ユイを黒幕と言えるか?
(初号機でリリスの首チョンパしたことに関して)
(まぁあれはシンジくんがやったワケでもあるんだが)

・エヴァをバッドエンドと言えるか?
(LCLの海から人間はきっと戻ってこれる)
(人類は直ちに滅びたワケではないが・・・)

(だがエヴァ世界の人類には生命の実がない)(原罪の話もある) 
(群体として人類は既に詰んでいる) 
(神にでもならない限り、太陽の寿命以前に必ず滅びる)
(リリスで補完する道が途絶えた以上、人類が永遠に生きられる道はなくなった)

・エヴァに救いがないと言えるか?
(ユイの意識、庵野秀明の意識とては、絶対にそんなことはない)




未来がなくなったからって、
永遠に生きられないからって、
自分も全人類も必ず死ぬと分かったからって、
絶望以外することがないかというと、そういう訳じゃない。
それでも人は生きていける。

「生きねば・・・」



多分、そういう境地に至っているんだよ。


「生きろ」

「もののけ姫」のこのキャッチに対するエヴァのキャッチが
「だからみんな死んでしまえばいいのに」だったワケだけど、

こんなシンジくんの「デストルドー」なんて、アスカの「頬撫で」一つでぶっ飛ばされてるじゃないですか。

だから全然、反発キャッチじゃないのですよ。(庵野ツンデレ説)


結局、庵野秀明は宮崎駿の弟子なのだ。



で、自分の感覚がつかめたでしょうか。

つまりエヴァの③

希望でも絶望でもない。
この感覚です。


(この辺を、「能動的ニヒリズム」だとか、そうじゃねーとか、そういう名前付けは置いておいて)
(結局カヲルくんの「希望は残っているよ、どんな時にもね」ってセリフなのかも知れんが)


長々と語ってるけど、まぁそういうこと。

「絶望の中の希望」とか、「希望の中の絶望」とか、そういうのがお互いを引き立てあっている。


新劇の中の「希望」だけ見て、
「これがヱヴァだ! Qは違う!」って言うのも足りないし、

旧劇やQの「絶望」だけ見て、
「これがエヴァだ! 破は違う!」って言うのも足りない。



つまり自分は「新劇信者」じゃない。

そして「旧劇信者」でもない。

「エヴァ信者」なのです。

だから、その上で、Qを絶賛するのです。


はい、そういう、宗教の勧誘レベルのクソバナシでした。 
以上レポっした。



でも流石にこれだけではアレなので他にも追記していきたい・・・
14年の話とかしたい。

でもホント疲れるし、素に戻るとちょっと恥ずかしかったりする。

入ルのだ・・ホナウド教に入ルのダ!




追記

ナウシカについてまた考えていた。
「庭の主」の話が抜けていたことに気づく。


EOEの補完計画には幾つかの側面がある。
大きく分けて、「人工進化」「心の補完」の2つ。


人工進化は「墓所の主」から来ているが
心の補完の部分は「庭の主」から来ていることに気づいた。



ナウシカは庭の主から母親のイメージや心の平安を与えられる。
でもそれが罠であることに気づき、拒絶する。
下僕になるくらいなら心の平安など要らぬと。


EOEは、この点でも同じだなと。
補完計画の一端は「母胎回帰」。


人類はリリスの中で欠けた心を補完して平安に生きていくことも出来たわけだが
シンジくんはリリスをぶっ殺して、初号機ともさいならして、ユイとも決別するワケだ。


・・・こういう風に考えてるとシンジくんがナウシカか?という気がしてくる。



で、延々とEOEとナウシカの話をしたあとは、Qとも繋げていかなければイカンわけだが。


例えば、EOEの補完計画と、Qの補完計画は、ちょっと違っているような気がする。


まさにこの「心の補完」も部分の話が、全然無くなっているのではないか?


「人工進化メイン」の話になっているし、
その人工進化も、「リリス単体への進化」ではなくって、
なんか「エヴァっぽいモノへの巨大化」に変わっていた気がする。 (インフィニティ?)


そして、碇ユイの名前が変わっていましたね。

碇ユイ→綾波ユイ

これが何を示すのか。

多分、「新劇はユイ主導じゃない」ということが言いたいのではなかろうか? 普通に。

では誰が?となると、まぁ普通にゲンドウか。



旧劇がユイ主導のシナリオなら、新劇はゲンドウ主導のシナリオ?

旧劇がシンジくんの消極性のせいのサドパクなら、新劇はシンジくんの積極性のせいのサドパク?

そんな感じの対比は見つかるかも知れん。


そして、旧劇では「人類のモニュメント」としてどっかいっちゃった初号機が
新劇では今もまだ、人類の手の中にありますね。



というわけで、やっぱりユイさんの役割も変わってきてるんじゃないだろうか?
みたいなことを考えつつ、眠くなってきた。


関連記事
[ 2012/11/21 21:05 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(4)
残酷な天使=ナウシカと思うのですが、どう思いますか?
[ 2012/12/25 21:40 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん


> 残酷な天使=ナウシカと思うのですが、どう思いますか?


おお、なんか分かる気がしますね!


普通、「残酷な天使」といえば真っ先に「使徒」のことかな、と思うところでしょうが、
使徒のように神話になっちまっても困りますからねw


一方、ナウシカを残酷な天使と形容するのはピッタリだと思いますし、
まさにシンジくんはそのように動くわけですね。


ヴ王がナウシカのことを指して

> 気に入ったぞ お前は「破壊」と「慈悲」の混沌だ!

とも言っていますね。


まさに、「残酷」な「天使」そのものでしょうか。

[ 2012/12/27 18:06 ] [ 編集 ]
EOEのエンドをバッドでないと主張するのはちょっと無理があるのでは?
大方の人間はあの光景に終末しか見出さないと思うのですが
その気になればLCLの海から帰ってこれるというのも製作者のお茶濁しに思えます
補完されたネルフ職員の描写から見ても、この上ない決定的な『昇天』を遂げた後でわざわざ好き好んで苦界に帰ってきますかね?
そもそも補完された人類に意識があるのでしょうか。忘我の境地に到達しているんじゃないでしょうか
[ 2013/01/20 19:59 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん


> EOEのエンドをバッドでないと主張するのはちょっと無理があるのでは?
> 大方の人間はあの光景に終末しか見出さないと思うのですが


まぁグッドでは無いでしょうか・・・

でも何の希望も救いもない、完全無欠な絶望オチかというと、
絶対にそうではないと思うのですよ。

そして、あんな状況だからこそ
「生きていこうと思えば、どこだって天国になるわ」とか
「希望は残っているよ。どんな時にもね」とか、
そんなセリフが生きてくると思うんですけどね。



> 補完されたネルフ職員の描写から見ても、この上ない決定的な『昇天』を遂げた後でわざわざ好き好んで苦界に帰ってきますかね?


このへんはどうなんでしょうね。


そりゃ、補完されるのは超気持ちいいんでしょうけど、
実際最後、リリスは首チョンパされて死にましたよね。

補完計画は失敗、
あそこでずっと完全な単体生命として生きていくことは無理になったと思うのですよ。

例えどんなに気持ちよかったとしても、母胎回帰からはいつか卒業しないと行けない。


「母にさよなら」

エヴァは、そういうことだと思うんですけどね。



> そもそも補完された人類に意識があるのでしょうか。忘我の境地に到達しているんじゃないでしょうか

溶けて意識もなくなって、
でもその状態でで生きていくこともできなくなって、
元に戻ることもできなくなって、
ってんなら完全に詰んでますけどね。

でも
リリスが死んだ時に
黒き月もぶっ壊れて、そこから集められた人々の魂が地球に降り注いで行ったような描写があります。
魂は戻っていると思うんですよね。

そしてなにより、
「見失った自分は自分の力で取り戻すのよ」
「自らの心で自分自身をイメージできれば誰もが人の形に戻れるわ」
というセリフがちゃんとあるわけですから、

やっぱり自分はそのセリフの通り
「みんな赤い海から戻ってこれる、戻ってこれる余地がある」
ということを信じたいんですけどね。


(まぁずっと溶けていたい人も居るでしょうがw)
(キールとかずっと溶けてそうです)




なんかセリフの引用ばっかになってる気がしますが
やっぱ大抵のことは既に作品内で語られてると思うのです。

そして自分には
やはりEoEのラストには「絶望」よりも「希望臭」しか感じません。


実際見返してみてください。
ほんとに「救い」のような感覚が、てんこ盛りで詰め込まれてると思うのです。

[ 2013/01/25 04:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -