ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ドット絵/Web素材 >  エヴァの呪縛(悪化)

エヴァの呪縛(悪化)

ここにはクソみたいな酷い文章がありました。

で、それを削除することもできたのですが、
どうもそういう「消して、なかったことにしよう」みたいな態度は、
違うと思っているのです。

(「悪いことをした犯罪者が被害者の人に謝って、許してもらおうとする」というのも、
 本来不自然だと思うのです。 加害者は、悪いことをした分嫌われれてればいいのです)


あとコメを見ても思うのですが
自分が「性格最悪なクズニートである」ということを忘れている方が多いのではないかと。
だから、あのクソ文章は残しておいたほうがいい気がするのです。



これだけだとあまりにクソ記事すぎるので、最近作ったダクソのドット絵でも並べておきます。
(この処置もひどすぎるけど。も。知らん。)


・アルトリさん
アルトリドット

・キアランさん
キアランドット

メイキング (自分のはドット絵に全く見えないからこそ、提示)
キアランドット アルトリドット

・アイコン系
アルトリドット アルトリドット
キアランドット キアランアイコン


あと最近、ドット絵にグロー効果をかけるというのはどうだろうか、みたいなことを考えたりする。
キアランドット アルトリドット

反則だろうか。
でもこれ、何かの題材にフィットする気がするんだよ。
ダムハのキャラとか、ハートレスとか、あの辺に凄い合いそう。



 
自分が元々文頭に書いてあったクソ文章


割と最近の自分は口をつぐむべきなのかもしれない。

エヴァについて何を語ろうとしても、ズレたことしか口から出てこないような気もする。
(でも、「14年前の病気」を再発してない人ってむしろどうなの?とも思う)
(今、自分のように史上最悪にめんどくせー状態になってる人間が、きっと増えている)
(この病気が蔓延がシンまで続くのだ・・・ ワクワクしてきますね)


思うこと。
別にQが賛否両論なこと自体は全く構わないんだ。 そんな気分になってきた。


それよりもっと問題なこと。 もっとムカツクことは何かというと。

・Qのネタバレを回避する気がサラサラない人達
 「Qすぐに見れなさそうだしネタバレも回避できなさそうだから、バレ見ちゃったわー」とか言ってる人がすごく多い。
 死ぬ気で回避するものだろ? ネット断って、金ローなんか見ないで。(でも録画はする)

・むしろ、Qを"バレ"で"済ましてしまう"人達
 「まとめ動画でみたわ~」 「エヴァわかでみたわ~」
 「まとめブログのネタバレまとめで済ましたわ~」
 「トンデモ展開っぽいから見なくていいわ~」
 「映画館では見ないわ~ BDかTVでやるまで放置だわ~」
とか、得意げに言っちゃう人達。

・・・いや別に構わんよ。
エヴァに興味が無いんなら、残念だとは思うけど、それを止めろとは言わない。
誰も強要はしない。

でも、そんな態度なら、最初っからエヴァに興味あるフリとか、
エヴァに詳しいフリとか、エヴァの考察してるフリとか、
エヴァの二次創作なんてやめちまえ!
としか思えなかったりする。


ホントに理解できない。 
Qを、劇場に観に行くつもりもないくせに、
ネタバレ読んだだけで分かった気になってるだけなくせに、
なんで、そんな態度なのに二次創作とかしてるの? (精神的同人ゴロかよ)

・・・信じられない
・・・いや本当に信じられないけど、こういう人達が本当に周りにいっぱい居るんだよ。
この事が今一番許せない。



だって、「3年に一度の祭り」に参加しないって、それだけでも信じられないのに、
参加しないのに興味あるフリをするなんて、できないだろ?普通。 



こういうのから比べると、
新劇から入った人達とか、
パチンコから入った人達とか、
Qを観た上でボロクソ批判してる人達とか、

そんなのはまだ全然マシに見えてくる。 全然ウェルカムだよ。


(・・・どう考えても自分は口をつぐむべきである) (再確認)






以上。 以上が、この記事に元々書いてあった文章です。


なんでこんなのを書いたのか。
理由をちょっと書いていこうと思います。

(理由と言い訳は似て非なるモノだと思うけど、
 だからこそ似ているのも事実である)
(「言い訳乙」と、どう思ってくれても構わん)


そして、人を傷つけたのなら、その証を削除して謝罪して終わり、にはならないと思っています。

だから、勝手に削除するのも違うと考えて、このクソ文章を残しているのです。



◆ こんなのを書いた理由

まず、普通に自分は二次創作観として、このようなこと考えているということ。

例えば、そのゲームをクリアしたことないのにそのゲームのキャラの絵を書いてるとか、
自分の好きなキャラを、ゲーム本編で見たこともないとか、
エクストリームやルナティックで倒したこともないとか、
そんな態度で二次創作している人は、勝手に軽蔑していたりする。 (何の話だ)

(で、エヴァに関してはそういうのが異常に強まっているワケだ)



そして、ここに書いてあるとおり、実際に自分の周りに
「Qをバレで済ましている人」が本当に多かったこと。


自分のTLでも
「Qのバレ読んじゃったわー」みたいな報告をしている人が実際何人か居た。
(なんでそんな報告するんだよ!って思う)


さらに、関係ない場所でもそうだった。


自分が好きで見ているニコ生の生主さんが
「Qはまとめ漫画で読んじゃったわー」
「Qはまとめ動画見ちゃったわー 映画館は行かない」とか、ホントに言ってる。

そしてリスナーもそれに同調して、「Qはそれで構わんよ」とか言ってる。
わりかし本気で絶望する。


もちろん、自分と関係ない場所で
元々エヴァに無関心な人が無関心なまま、そういうことを言っているのなら、
自分一人が勝手に絶望していればいいことだ。


でもそれが、自分の周りで、
しかも「エヴァに関心がある同士」だと思っていた人達までもが
そういう報告をし始めるんだから、
自分のテンションは「ブルータス、お前もか!」的な気分だった。


ただでさえ、Qはネタバレを完全回避してから見てもらわないと
「シンジくんとシンクロできるあの感覚」を味わえないというのに。

どうしてそんな勿体無いことができるんだ!?って気分だった。



そしてそういう人達が、
その口でもう、新キャラとか新設定とか、そういうことについて語りだすし、 (自分はネタバレ自粛してるのに)
絵とかも描こうとしてたりするわけだ。



自分が元々基地外なのを計算にいれても、
発狂して、これくらいの文章を書いてしまうのは当然ではないだろうか。




◆ 理由の先、これからどうするか

で、それがこんなのを書いた理由。
なら、理由の先に進まなければいけない。



まぁそれにしてもこの文章は酷いもので、

不特定多数を対象にしているくせに、
読んだ人のうちで一部でも当てはまる人は
「自分一人がやり玉にあげられた」かのように感じるよう出来ていたかもしれない。



だから、これを読んだ人が
「なんでこんな仕打ちを受けるんだ!?」と困惑するのも仕方がないと思う。


自分の文章がそこまでショックを与えるとは、思ってなかったのだ。


基本、自分の糞ブログなんか誰も読まなくていいし
流し読みされるようなモンだと思ってる。
実際、流し読まれてる。



でも、そんなことを言っても言い訳にもならないので
さてどうしたものか。



やっぱり自分はクズであると。
そういうことではないのか。


しかも、一部は誤解であることまで分かったりするワケだから、もうどうしようもない。
誤解でこんなことを書いていたのだ。


最近の自分はもう、どんだけなんだよって思う。



関連記事
[ 2012/11/24 13:52 ] ドット絵/Web素材 | TB(0) | CM(6)
藤岡亨穂教授
勉強になります。
[ 2012/11/26 02:45 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/11/26 04:36 ] [ 編集 ]
あーよくあるガチオタとヌルオタの対立だねー分かる分かる
ヌルオタ連中なんて全力で見下せばいいじゃん(いいじゃん)
[ 2012/11/27 14:46 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 藤岡亨穂 教授

> 勉強になります。

そ、そうですか。
何が勉強になったのかよく分かりませんが
そうなら幸いです。


教授職らしき、なんだか不思議なお名前でしたのでググらせていただいたのですが
ますますよく分かりませんでした。 
ひょっとしてbotさんなのでしょうか?

[ 2012/11/27 22:11 ] [ 編集 ]
コメ返信
Re: 理由の先、これからどうするか

>どの様な理由が有っても、誰もがNEETさんも誰からも傷付けられる謂れは有りません。

そうですね。
相手からすれば溜まったもんじゃないですよね。ニート相手に。


> 不可抗力だとしても誰かを傷付けてしまったら、謝罪して下さい。

自分が悪いと思っているときは、
割とすぐに言葉が出てくる気がします。

ただ、自分が悪いと思ってないときは、難しいですね・・・
自分は本当に頑固なのだと思います。



> 正論がいつも正しい訳では無い事をご存知と思います。言動が間違っている人に対し、たとえ正論で有っても傷付けて良い理由にはなりません。


これもとても難しいことですね。 特に自分にとっては。

自分は、「正論」というか、
「自分がこうあるべきだと思っていること」を他人にも押し付ける性質があるようです。

分かってはいるのですが
それがどうにも我慢出来ない時があって
そういう時、正論で他人を傷つけているかもしれません。





ということで、
今回のことは本当にすいませんでした。

自分が人にとやかく言えることなんて何もないと痛感させられます。


かなり堪えました。

自分が正しいと思ってやっていたことが勘違いだったり・・・
他人の挙動や発言について、勝手に推測していたことが完全に間違っていたり・・・
そういうことがあるということがよくよく分かりました。


だから他人の行動とか発言を邪推するのはなるべくやめようと思いました。
基本善意で想像ですね。
自分が騙されたりしない範囲で。

[ 2012/11/27 22:42 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん

別に自分が「ガチ」だと言うつもりではないのですが、
「好きなら自分程度のとこに来るのは当然だろ」みたいな考えはありますね。

結局そういう考えが「見下し」につながるのかもしれないのですが
まぁそういうことばっかりしてると逆に見下されたりもするのですよね。

たまにあるのは
「自分はあんまり詳しくないかもしれないけど、この作品を好きだという気持ちでは絶対に負けてない!!」
みたいな、逆からの主張ですね。


自分はこういうこと言う人間にはなりたくないと思っていますが。

[ 2012/11/28 18:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -