ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  リスト系記事 >  とりあえず自分の2012年まとめ

とりあえず自分の2012年まとめ

 
というわけで
毎年無駄恒例、このニートが今年一年の「あれがどーしたこれがどーした」みたいなことを
勝手にまとめ上げる「どうでもいい日」が来ましたよっと。


今年は一層何も出来ませんでしたね。
毎年これしか言ってませんね。
なんなんでしょうね。


時間の加速はますます激しくなっている。
このまま何も為せずに身動きがとれなくなる予感が酷い。


◆ゲーム・オブ・ジ・イヤー・オブ・ニート
今年面白かったゲーム3つ。

・ダンガンロンパ2
・風ノ旅ビト
・ドラゴンズドグマ


色々考えた結果、まぁ「ロンパ2」になってしまうか。
なんだかんだで今年一番素晴らしかったゲームです。
でも今更語ること自体はねーですね。


だからここでは「ドグマ」の話をしたい。
(結局ドグマの感想文は書けずじまいだったのもある)

ドグマは、「奨励賞」に近い。
こういうゲームこそ、応援すべきだとは思うのだ。
何でもかんでも続編ばっかりのこの時代に、
新しいブランドを、コンシューマーで作ろうとする姿勢。
(結果、新規タイトルとしては随分売れたらしいし)

まぁゲーム内容自体は、荒削りで残念なところも多かった。

掲示板のクエストがつまんなかったり、(モンハンのがマシ)
敵の配置に問題があったり、(レアな上位モンスターが居るはずなのに、裏ダンに集中してるとか勿体無い)
キャラメイクは凝ってるのに、一方で装備がダサかったり、(マジで頭装備はロクなのがない)
そういう不満点は色々あった。

でも、やってる間は間違いなく楽しいゲームだった。
ワンダスカイリムダークソウルモンハンDMCを足して5で割ったようなゲーム」
こんなゲームエンジンを実際に作っちまったことが、まず重要。 カプコンのエンジン作りパワーである。

エンジンに問題はない。 
だから、一作目の不満点を解消したような続編を出していけば、
ほんとに良い感じのブランドに育てられると思うのだ。

最終的に、近い未来
「ドラゴンズドグマシリーズって面白いらしいけど、1からやったほうがいい?」
「あ~ 別に1からはやんなくてもいいよ」

的なことが語られるようなゲームになれば、それが一番いいんじゃねーの?的な気分になりますね。


あとドグマは、「完全に和ゲー」なのが良いですね。

とくにストーリーの核心部分。

・なぜ主人公は主人公なのか。 (力への意志)
・なぜ「ドラゴン」という存在がいて、世界に圧力をかけるのか。
・この世界で「強くなる」ということは何を意味するのか。 (魂を練るということ)
・「ラスボス」とは、「ポーン」とは、一体何なのか。  (前任者) (後任者)
・その上で、「周回をする」とはどういうことなのか。 (永劫回帰) (円環の理)


・・・こういう、普通のゲームなら
「そこはゲームだからだろ?」で放置している部分を
完全に「ゲーム内の設定」として内包しているのです。

そういうの、自分は目茶苦茶高く評価するぞ?


(ちなみに「大神」は自分の中で「別格」なのでニートGOTYには入らない)


◆マンガ・オブ・ジ・イヤー・オブニート
今年自分が読んだマンガで面白かったの並べる。
(あくまで「自分が今年読んだマンガ」ってだけなので、今年出版したかどうかとかあんま関係ないぞ)

・「星を継ぐもの」 星野之宣
・「刑務所の前」 花輪和一
・「山賊ダイアリー」 岡本 健太郎
・「親父」 もりやまつる
・あと九井 諒子さんの作品集



でも今年一番の満足感は
「博愛の人」 ジョージ秋山
(あと「捨てがたき人々」と「アシュラ」も読んだ)

そして、今年最後にキタのは
「モリのアサガオ」 郷田マモラ

これについては一個感想文を書かねばならない。マスト。


あと、こんなんばっか並べてると
「いけ好かないサブカル野郎」と思われるかもシレンけど
ハイスコアガールとか、ドリフターズとか、銀の匙とか、花ズボとか、暗殺教室とか、空灰とか、
普通に普通なのも普通に読んでますよっと。 (わざわざ言う必要がない)


(ちなみに「ジョジョリオン」は自分の中で「別格」なので(ry )


◆映画・オブ・ジ・イヤー・オブニート

もう全然映画見れてないので本来語れない。

・震える舌
・TIME



そういえば
今年は北野武の映画を10本くらいなんかしらんけど観たはずなのに、
後に何も残らない感じがする。

あとこういうのって、年の始めの頃に見た映画って印象薄まってて
不利だよなぁとも思う。

今年の最初の頃
「ディア・ドクター」って映画見た。
相当良かった気がするのだ。 つるべ怪演。


(ちなみに「Q」は自分の中で「別格」なので(ry )


◆アニメ・オブ・ジ・イヤー・オブニート

もう全然アニメ見れてないので語れない。


やっぱり「サウスパーク」の話をする。


サウスパークはシーズン16になって
ますますその「皮肉性」が強まってきている。
あらゆる価値観を疑って入るところに突入している。

e01ではトイレの便座を上げるだの上げねーだのについて皮肉り、

e02では老人から金を巻き上げる深夜の通販番組を皮肉り、
(いや、本当はこの回はもっと凄まじい話なのだ 金のサイクル サークル・オブ・プー超え)

e03ではネット・ミームに追従する行為(日本でいえば、やってみた系か)を皮肉り、
(どちらかというとミームを分析しようとすることを皮肉っているか?)

e04は、ユダヤ教と旧約聖書を皮肉ってるかな?

e05ではイジメを撲滅させようとする運動の中に見える人間の攻撃性を皮肉り、
スタンの裸踊り

e06では団体観光客用のガッカリアトラクションを皮肉り、 (何故かドキュメンタリー風、実写回) 
(ケニー久々に死ぬ) (退屈死)

e07では黒人同士をとりなそうとする精神を皮肉り、 (それにしてもオチが日本的過ぎる)

e08子供を守るために危険なスポーツから遠ざけようとする行為(過保護)を皮肉り、 
(ランディは過保護側に回ることで全力で皮肉ろうとするが、それが伝わらないという)
(そして皮肉にも、子どもたちはランディが作った糞ゲイスポーツを楽しんでしまうのだ)

e09では肥満人間のモラル崩壊(開き直り、自らを恥じなくなった人間達)を皮肉り、 (バーを引き上げなければ)

e10では「アマゾンに国が脅かされている」と危機感煽ってるヤツラを皮肉り、

e11では伝統も糞もないハワイの偽ネイティブを皮肉り、 (いやこれは分からんわ。元ネタの映画シランし)

e12はランディ回&シャイニング回だからいいか)

e13では「信念をわざわざ対外的に見せること」(要は赤い羽根募金など)を皮肉り、

e14では「選挙結果にあとから陰謀論でギャーギャー喚くこと」を皮肉り、さらに
「お前ら選挙なんかよりSWの権利移譲のほうが大事なんだろ」とすら言いたげだ。



・・・凄まじい。

そして、やっぱりこの中で一番凄いのはエピソード08です。
ついに「皮肉的である姿勢」すら皮肉る有様。

皮肉に気づいた上でスルーして
さらに皮肉で応酬するという、メリケンのスノッブ独特の高度過ぎるコミュニケーションが常に行われている。
ランディは常にキレ気味。 敵対者もキレ気味。
本音が届かない。

皮肉的であり過ぎるのは危険だと警告している。
「皮肉病」は死に至る病。
ランディは悲鳴を上げる。 「助けてくれ」と。

人間全員に蔓延する「皮肉的姿勢」とはなんなのか。
結局、不機嫌、否定的精神から来ているだけのことなのだ。

それを克服するためには
「気遣い」や「思いやり」や「優しさ」が必要なのだが、
そのためには『バターズのクリーミー汁』を補給する必要があるのだ!

ファッキンゲイ!!


凄まじすぎる・・・
このエピソードは本当に凄い。
もしこの回の面白さが分からない人がいるなら、自分はその人の脳みそに異常がないか心配するよ(皮肉)


というわけで、今年のアニメ神回・オブ・ジ・イヤー・オブ・ニートは
サウスのs16e08に決まり。 (ランディ回にハズレなし)
次点はs16e02です。


それにしても本当にシーズン16でカイルとカートマンは随分仲良くなったような気がする。ゲイ。


(ちなみに「ジョジョアニメ」は自分の中で・・・ もういいや )


◆今年見た中で一番面白かった実況動画のシリーズ



色々見た中で、自分が見つけた中で一番良かったのはこれだと言える。

勿論こんなものは「いい大人達」という実況者グループの各メンバーのパーソナリティとかを
把握していないと、面白くもなんともないのかもしれないが、 (ただの馴れ合いにしか見えないだろう)

それでもこの動画は「普段お世話になっているメンバーのためにマリペで動画をプレゼントする」という
今日び、他では中々お目にかかれないほどのクリエイティブで微笑ましい動画なのだ。

だから動画は常にリアルタイムのメイキングであるし
その内容、行き当たりばったりでストーリーを作っていく様はクッソ笑えるのだ。


◆今年見た動画で一番面白かったモノ
普通にこれだろうか。




おねえさんが「しりあがり寿」みたいな顔になるところがおもしろかった (小学生並みの感想)

           ヽ. : : : : : : : : : : : : : : : : :丿
           >.: : : : : : : : : : : : : : : .`丶.
           /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
         /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
        ; . : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : : : : : : : : . ':.
         l : : : : : : : :/|: : : : :/ノ : :/ヽ : : : : : : . ;
          | : : : : : :/ │: ://: /    ':; : : : : : . l
          |.: : : : :/__,.... ー   ¨´ ̄ ̄   '; : : : : : :|    それでもね。
         l : : : /       j    ´__,.  l : : : : :ノ
        l: : : :l ー===       ´ ̄ ̄`¨ ∨⌒'′     私はみんなに
        ∨/ l           `     ノ   |ヽ
         (⌒'                 '′  ノ     「組み合わせ爆発のすごさ」を
          ヽ、       ヽ          「
            `i.                  ;′       教えたいの!
               :.     ー─‐ '      /
              \     ̄     , イ            止めないで!
               ` .、     /  |
                  卜、 __/   |
                    |          l
              ⌒ヽ、 ノ       ノ,>--‐    ̄`ヽ
            /     <二 / 〉二二イ          l
           ′         / /、 /〉              l
            /         │」>、/ ヽ    :.        ',
           ′     ;.     ノ ,二二つ l     l      ヽ
         /       l     |  ー─┐` │    l       l
        ′ __ │   ノ   厂¨人´  l、     |  ___」
         厂 ̄ ̄厂|  /  /     \  ヽ、   厂l ̄ ̄〈 ̄
          /    /  |,/   /       \  \ | |    ;.



・・・ウソです。
普通にこういう違法動画を見て笑っているのが自分です。


その他

今年興味を持ったTV番組
・100分で名著  (痴豚様目当てだったが、「夜と霧」は凄く良かった)
・孤独のグルメドラマ版  (ハイパー飯テロ番組)
・鈴木先生のドラマ (これ今年だったっけ?)

今年読んだ小説
・ダンガンロンパの小説
・メタルギア4の小説
・ビアンカ・オーバースタディ  (太田が悪い)


・・・何も食ってないな自分は




以上。 何もない2012年でした。 ファッキン

関連記事
[ 2012/12/31 17:15 ] リスト系記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -