ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  アスキーアート >  歌はいいね

歌はいいね

年開けてから何のやる気も出ないけど
まぁ蓄積があるから更新するためのネタはあるのだ。

第九回紅白AA合戦に参加してきましたとさ。

「AAを作るという行為」は、
「自分がねらーであるという最後の砦」みたいに思っているところもあるので、
まぁこういうイベントにはひょっこりと出るわけである。

と同時に、
「普段何もしてねーくせに、こういうイベント事にだけは参加する奴っていけ好かねーよな」ということを
自意識過剰的に思ったりもするので、非常に難しいところでもある。


まぁそんな感じで、今回作ったのはこれ↓
Qのサントラのジャケット絵。
(いや別にこれはQのイメージイラストであり、ポスターでもあるんだが
 「この大きさ」で切り出しているということは、そういうこと)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                                                                              ┃
┃                                                                                                              ┃
                                                              __, 、 ヽ                                        
                                                            ,.二、 ヽ \〉∨lヽ                                   
                                                      __∠、   _ ⌒ヽ_ ノ ∨                                 
                                 ヽ ,  -──- 、      、_ヽー─ >'´ ̄ > ノ厂\⌒ <                              
                             丶ー‐ヘ . : : : : : : : : : .\   、>ー‐   / / / l   、 ヽ \                              
                             _//∨//∠: : : : : : : .ヽ   \__, / /   / │ 八丿ヽ 丶                            
                            /_ ′ '⌒ ヘ ヽ: : : : : : :.  \ ̄∠  / / /l八 l //⌒「 /                             
                                、__` < : : : ∨: : : : : : :.∨<_,  ∠/| /´厂|/レ_,.イ^l/          ° : : . .              
                                 j厂ヽ ヘ : :/ : : : : : : : : ::ト `≧  八 l/_,.イヽ    `¨ l                     +. .        
                            _ノ        |/⌒l : : : : : : : ::l   >─/⌒Ⅳヽ`¨′     / ,                        ゚ 。     
                            ヽ          ´_ノ : : : : : : : :ノ   ⌒>人_|ト     __ -‐' /                           : :    
                              :- ‐      〃^ヽ : : : : :/      ´ ノ勹厂丶        /                           +      
                               l        ∥  ノl.: :, '′          ∥     ` ー--┘                       . :+ °     
                               ヽ __ .、  |l    ヘ;/             〃 ̄` 、   /                     . . o : °          
                                     ||   / ̄ヽ、_,       〃⌒\  \/ヽ _          . . . : : : °                
                                      ||/   , ==≦===彳     \  \ \ > 、. . : :+: :                        
                                     ノ〉||  /      \     ノ    厂 ̄`ヽ  \冫厂l、                             
                                  / イ |l /         ヽ  /    /|       ',  厂《                              
                                  厂|ノ⌒|l′     イ´ ̄ ̄`lノ      |       lノ |  》  〉、                          
                                   ノ /彳     //       lハ     ,′     / 丿 /  /⌒ヽ                        
                                  /// ||  / /       /l :.   /      ∨ 厂  //   ト、                        
                                  ′│ || / /        / l ',  /        ∨     /´   丿 ヽ_                     
                          . . . : : 。 : : : ゚ノリ / /      /   l  ∨          〉   / / ̄´    ̄`ヽ、                 
                   . . : : o : : : °       / l /      /    l  |   /   〈 \ イ⌒丶          /               
               . : + °               | l′|/      / l     :  l /     │  \_  \  / ̄ /                 
            . :                       ; |  |      /   |     ;  ノ´         │   /     ヽ __/⌒\/   l -──- 、   
            ゚。                      / l /     /   l     ; /___     l   ′             │    |/////// ハ   
              °: : 。              / / /           l     ;/` ̄ ̄厂 ヽ┬┘   l             |     |//////// l  
                    +: .         /__/ 〈_         l   ,∠l     ,′   |     |              l   ,l//////// /  
                       +        /   `==‐-、__| /⌒ |           |      〉          ///l   l ////////   
            . . : : :o : : : : °       〈 _/     /   ` ̄__ /     ノ     l  _/       /////l    l //////l/     
       . . : :+                 /  ,  ´      /     ∠二ノ´イ    / !    l/ ̄>─/>ー///////l   | l//////      
    . : o: °                 , ′ /        ,∠.._____/│   __|     ;  __/ __∠ ///////ノ    |//////        
                      / . '´      _,. 彳「二二[「二二[厂 l  ∠二│    /___丿  Ⅳ//////////     |/// /         
+                    / '´     _, </| |//////////川   l __ノl    /  ̄ ̄´   |l /////////       ∨//            
° /》 ヘ、 r‐、_,  ──- '´    ,. <//////ノ ノ//////////Ⅳ    イ/////,′  ハ、        八////////l イ | | │l          
  〃\┌个ー‐┐       _,/ ///////// イ////////////    ヽ////     l//> 、   //////>//儿ノ | | │|│            
  l|    ,≧=、 ノ      , <///////////八 ∨//////////        \/     l//////\_////////////> 、イ丿イノ            
  l|   (⊃‐ 、_    ////////////////∧ ∨///////    ___/     l/////////////////////////> イ              
  l|    ヾ⊃ー─'  ̄´///////////////////\_>///∠___「 l┌─   _, 从////////////////////////////> 、          
  l|     ,. </////////////////「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |_L|│/⌒7 ,-'´ ̄ ̄ ̄` <////////////////////////冫 、     
  ヽ、_//////////////////////|                         └|_l  ー′            ` <////////////////////// ヽ    
   / ////////////////////>│                                             /  /|| < /////////////////// ハ   
  〃 /////////////////> ´  │                                           //  //||   ` < //////////////// ∧   
 从/////////////////       │                                         ///  ///||      丶/////////////////ハ  
 ||//////∨////厂 ̄´         │                                       ////  ////|l         \///////////////∧ 
 Ⅵ ///\ \///\           │                                     /////  /////||           ` ̄\///////////ハ.
┗━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━┷┛



以降、いろいろと解説



 
カヲシンAA解説

まぁ技術的な話をすると、

このAAは、枠線で囲ってあると同時に、
MS Pゴシックの12pts、
MS Pゴシックの9pts、
MS UI Gothicの9pts

で同時にズレないように作ってある
、というのがメイン。 


ほぼ「いつも通り」だけど
「この枠線で囲ってある」というのが、地味にハードル高いのだ。


当然だけど
「12pts上で小奇麗に枠線で囲ったAA」なんてのは、なんてことはない。 そんなモノはやりたい放題である。
(半角スペースで縮める技術さえ知っていれば、何の制限もないようなモノ)

「9ptsでズレないAA」というのも、まぁ習得すればどうということはない。
(これはまぁ記号の消費ドットの法則を覚え、最終的なつじつま合わせが出来るかどうか、ということ)


9ptsと12ptsでズレないAAというのは、つまるところこんな感じだ。

┃ _ _ _┃
┃ _ _ _┃
┃ _ _ _┃


9ptsメインで好き勝手作ったあと、最終的に12ptsで半スペでつじつまを合わせれば
作れるワケだ。

この横のラインを半スペずらしでそれなりに揃えていけば、厳密なモノでなければ、割となんとかなる。

┃__ __ __┃
┃__ __ __┃
┃__ __ __┃

┃       ┃
┃       ┃
┃       ┃


つまり全体の行で縮みまくったり、伸びまくったりしていれば、それで問題ないのである。
(そういう発想が逆に、「すべての行で同量にズレを発生させることで揃える」という技術にも繋がるのだが)


だから今回の問題は、「枠線で囲んだ上でその2つを両立すること」になってくる。

┏━━━┓
┃ _ _ _┃
┃ _ _ _┃
┃ _ _ _┃
┗━━━┛

ここで上下の枠線とも、完全に揃っていなければならないワケだ。
(左右だけではなく上下を完全に揃える必要がある)

つまり、半スペずらしの量は、「常に最大限」を強いられる。
「全角スペース一個につき半角スペース一個」という「16ドット系の連続」以外は
許容されなくなるわけだ。


・・・とまぁ色々言ったけど、
こんなこと自体は実は、「4年前の自分」もやっていることである。
(不思議な話だが、記号で埋めるほうが楽になる場合もあるのだ)


だから、今回やったことは 更にその上の縛り、

「空白部分で、半角スペースと全角スペース以外のズレ修正要素の記号を極力使わない」ということになる。

今回のこのAA、
装飾っぽい部分をカットすると、このようになる。
(つまり全て空白記号で置換できるように作ってあるのだ)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                                                                              ┃
┃                                                                                                              ┃
┃                                                              __, 、 ヽ                                         ┃
┃                                                            ,.二、 ヽ \〉∨lヽ                                    ┃
┃                                                       __∠、   _ ⌒ヽ_ ノ ∨                                  ┃
┃                                 ヽ ,  -──- 、      、_ヽー─ >'´ ̄ > ノ厂\⌒ <                               ┃
┃                              丶ー‐ヘ . : : : : : : : : : .\   、>ー‐   / / / l   、 ヽ \                               ┃
┃                              _//∨//∠: : : : : : : .ヽ   \__, / /   / │ 八丿ヽ 丶                             ┃
┃                             ̄/_ ′ '⌒ ヘ ヽ: : : : : : :.  \ ̄∠  / / /l八 l //⌒「 /                              ┃
┃                               l 、__` < : : : ∨: : : : : : :.∨<_,  ∠/| /´厂|/レ_,.イ^l/                               ┃
┃                                 j厂ヽ ヘ : :/ : : : : : : : : ::ト `≧  八 l/_,.イヽ    `¨ l                                 ┃
┃                             _ノ        |/⌒l : : : : : : : ::l   >─/⌒Ⅳヽ`¨′     / ,                                ┃
┃                             ヽ          ´_ノ : : : : : : : :ノ   ⌒>人_|ト     __ -‐' /                                 ┃
┃                               :- ‐      〃^ヽ : : : : :/      ´ ノ勹厂丶        /                           +       ┃
┃                               l        ∥  ノl.: :, '′          ∥     ` ー--┘                        +         ┃
┃                               ヽ __ .、  |l    ヘ;/             〃 ̄` 、   /                                       ┃
┃                                     丶 ||   / ̄ヽ、_,       〃⌒\  \/ヽ _                                   ┃
┃                                       ヽ||/   , ==≦===彳     \  \ \ > 、                               ┃
┃                                      ノ〉||  /      \     ノ    厂 ̄`ヽ  \冫厂l、                              ┃
┃                                   / イ |l /         ヽ  /    /|       ',  厂《 ヽ                               ┃
┃                                   厂|ノ⌒|l′     イ´ ̄ ̄`lノ      |       lノ |  》  〉、                           ┃
┃                                    ノ /彳     //       lハ     ,′     / 丿 /  /⌒ヽ                         ┃
┃                                   /// ||  / /       /l :.   /      ∨ 厂Ⅳ  //   ト、                         ┃
┃                                   ′│ || / /        / l ',  /        ∨     /´   丿 ヽ_                      ┃
┃                                     │ノリ / /      /   l  ∨          〉   / / ̄´    ̄`ヽ、                  ┃
┃                                     / 〃l /      /    l  |   /   〈 \ イ⌒丶          /丶                ┃
┃                                     | l′|/      / l     :  l /     │  \_  \  / ̄ /     ヽ             ┃
┃                                     ; |  |      /   |     ;  ノ´         │   /     ヽ __/⌒\/   l -──- 、    ┃
┃                                    / l /     /   l     ; /___     l   ′             │    |/////// ハ    ┃
┃                                  / / /           l     ;/` ̄ ̄厂 ヽ┬┘   l             |     |//////// l   ┃
┃                                 /__/ 〈_         l   ,∠l     ,′   |     |              /l   ,l//////// /   ┃
┃                       +        厂 /   厂`==‐-、__| /⌒ |           |      〉          ///l   l ////////    ┃
┃                               / 〈 _/     /   ` ̄__ /     ノ     l  _/       /////l    l //////l/     ┃
┃          +                 /  ,  ´      /     ∠二ノ´イ    / !    l/ ̄>─/>ー///////l   | l//////       ┃
┃                           , ′ /        ,∠.._____/│   __|     ;  __/ __∠ ///////ノ    |//////         ┃
┃                         / . '´      _,. 彳「二二[「二二[厂 l  ∠二│    /___丿  Ⅳ//////////     |/// /          ┃
+                    / '´     _, </| |//////////川   l __ノl    /  ̄ ̄´   |l /////////       ∨//            ┃
┃   /》 ヘ、 r‐、_,  ──- '´    ,. <//////ノ ノ//////////Ⅳ    イ/////,′  ハ、        八////////l イ | | │l Ⅳ           ┃
┃   〃\┌个ー‐┐       _,/ ///////// イ////////////    ヽ////     l//> 、   //////>//儿ノ | | │|│             ┃
┃   l|    ,≧=、 ノ      , <///////////八 ∨//////////        \/     l//////\_////////////> 、イ丿イノ             ┃
┃   l|   (⊃‐ 、_    ////////////////∧ ∨///////    ___/     l/////////////////////////> イ               ┃
┃   l|    ヾ⊃ー─'  ̄´///////////////////\_>///∠___「 l┌─   _, 从////////////////////////////> 、           ┃
┃   l|     ,. </////////////////「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |_L|│/⌒7 ,-'´ ̄ ̄ ̄` <////////////////////////冫 、     ┃
┃  ヽ、_//////////////////////|                         └|_l  ー′            ` <////////////////////// ヽ     ┃
┃   / ////////////////////>│                                             /  /|| < /////////////////// ハ    ┃
┃  〃 /////////////////> ´  │                                           //  //||   ` < //////////////// ∧   ┃
┃ 从/////////////////       │                                         ///  ///||      丶/////////////////ハ   ┃
┃ ||//////∨////厂 ̄´         │                                       ////  ////|l         \///////////////∧ ┃
┃ Ⅵ ///\ \///\           │                                     /////  /////||           ` ̄\///////////ハ. ┃
┗━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━┷┛


ここで残っている、「+」だけが、
12ptsで8dot、9ptsで6dotの記号であり、
今回の自分が縛りを緩めた部分である。
(つまりこの「+」は、目印になるように置いてあるワケだ)
(結構使ってんじゃーねーか)

(こういう記号を使うことによって、2pxのズレに介入できるようになる)
(その分、難易度が下がってしまう)
(だが、カヲルくんのアゴのスラッシュを揃えるためには、流石に使わざるを得なかったのである)


「そういうことを極力しない」ということは
「左右に全スペと半スペしか配置していない」ということである。
つまり、「5、11、16、21・・・」という間隔しか、そこには存在しない。


その上で、カヲルくんの足のラインとかを作っているのである。
(まぁ実際には、「ハを2行に一回使う」とか、そういう解決になるだけの話なのだが)


つまり自分の言いたいことをまとめると

難易度レベル1: 9ptsと12ptsで同時にズレないAA

難易度レベル2: 枠線で囲った状態で、9ptsと12ptsで同時にズレないAA

難易度レベル3: 枠線で囲った状態で、9ptsと12ptsで同時にズレないAAで、
            更に空白部分で2ドットの介入をしない


という「縛り序列」を勝手に作って、勝手にやっているわけである。

同じようなことをやってるように見せて、
実はまぁ、それなりに新機軸なのですな。

(説明されずにこれが分かる人は、自分以外に一人しか居ないわけだが)


ちなみにいつも言ってることだけど
MS UI Gothicの9ptsでもズレないために
カタカナの「イ」は、泣く泣く記号を変えています。
(スレに貼った奴では「彳」を使っている)

何故「イ」が使えないのかというと、
それは単純に消費ドットの法則が違う記号であるから。

そして何故MS UI Gothicの9ptsにこだわるかというと、
それはJaneのヒントのフォントにデフォルトで採用されているから。
(つまりアンカーで見た時には、このフォントで見られることになる)

最終的に「何故アンカーで見た時にズレないAAにこだわるか」というと、
そんなもんは、もはや自己満足の領域でしかない。 (オワリ)



ちなみにここでいうズレる記号は、
「全角のカタカナ」と「ひらがな」に集中しています。
(ケだけが半角カナで唯一、ズレが発生する)


だから↓こういう表を作り、
各記号のズレ具合を覚え、ここでもまた、つじつま合わせをする必要があるわけですな。
(9ptsの記号のドット消費は全て頭に入っているのが当然とした上で)

┏━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃07┃-1┃ミ
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃09┃-1┃く
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-1┃ケィぅ
┃10┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-2┃ョ
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃+1┃ド
┃11┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-1┃うミ
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-1┃ぁぇさとりタヒメヨヶ
┃12┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-2┃ょァゥェリヮヵ
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-1┃もイカソヌ
┃13┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-2┃ぃぉぐこっらォクコフャュラヲ
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-1┃きぎちでなよるろをシジゾツピレロン
┃14┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-2┃えござぢてどまゃゅゎアエゴステビブプマモ
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-1┃あいおけづガセヅナネヘベペホボポ
┃  ┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃15┃-2┃ーすそぞただつにひびぴんウオキギグケゲズダチデニユワ
┃  ┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-3┃ヂヴ
┣━╋━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-1┃ねみれ
┃16┣━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  ┃-2┃かがげずせぜぬのはばぱふぶぷへべぺほぼぽむめやゆわサザゼハバパムヤル
┗━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


・唯一プラスに傾いている「ド」に注目。

・ズレがない記号は「 し じ ト ノ 」の4種類だけである。

・自分が「じ」大好きなのはこれが理由である。



(まぁ基本)
(書くことがないのだよ)


あと作成過程はいつも通りここに置いてあります。

9pts版

12pts版


自分にしては珍しく迷走している。
二人が座っている石?の模様をどうしたものか迷った挙句、結局シンプルイズベストに落ち着いた。


あと自分にとって、2000ステップ超えは大作。
そしてこのAAは容量のやりくりのことも結構考えてる。
なんとか2レスギリギリになるようにした。

(その理由もあって、背景を星屑の海で埋め立てることは出来なかったのだ)

関連記事
[ 2013/01/07 04:37 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -