ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  リスト系記事 >  自分の葬式で流したい曲リスト

自分の葬式で流したい曲リスト

昨日、ウチのおばあちゃんが死んだらしい (伝聞)


人間、こうやって身近な人間の死を経験しつつ
「キサマの死を通じて人間的に成長してやる!」的に成長していくもんだと思うのだが、
自分の場合驚くほど何の感慨もなくてビックリである。


それは流石にどうなのよ、とぞ思うので
ちょっと「自分の葬式で流したい曲リスト」でも作ってみようと思った。

(関係なさすぎるだろうか)
(勿論自分なんか碌な葬式なんか為されない・そんなのありえないだろうけど)
(そういうのとは別口の妄想なのだよ)
(こういうことは誰だって一度は考えるはずなんだ)


(というか、何かやるべきだと思ってしまった)
「うちのばあちゃんが死ぬ」というcauseに対して、何かreactionを発生させるべきだ、という意識が)
(実際、その謎意識に押された結果、自分が更新をし、誰か一人でもそれを見ればいい)
(その連鎖があれば、「完全な孤独死」など成り立たんのだ)
(・・・何を言っとるのだお前は)


というわけで並べて行く。


◆1位 「ああエキセントリック少年ボウイ」



「ぼくが死んでも誰も泣かない」という歌詞は神がかってますね。
勿論それを葬式で流して変な気分にさせてやりたいというのも大きいけど、
ソレ以外の部分の歌詞も素晴らしすぎる。
「お前にどうして、鍵が要る」
「鳥バードは、何を食べても旨いと言う」

最高の歌詞だと思う。


◆2位 ゴスペル風「般若心経」つのだ☆ひろ



ゴスペルとお経、二大宗教の完全なる統一。 最高に和洋折衷。
まぁ今風にやるなら、ミクさんが歌ってる般若心経アレンジとかでもいいんだろうけど、
やっぱこっちのほうがクオリティ高いし、時代を先取りしてた感じがする。


◆3位 Komm, susser Tod



14年前くらいなら、
「自分の葬式で甘き死をかけたいわー」みたいなことを言ってた人はいっぱいいただろうけど、
「今でも継続してそう宣言できる人」はどれほどいるだろうか?
自分は言えるぞ。 3位だけど。


で、こういうのを考えてると、
「順位とか関係ないじゃん。好きな曲で葬式に(ある意味)相応しいと思われる曲、全部かければいいじゃん」
みたいなテンションになってきて、際限がなくなってくる。


実際、エヴァ系で言えば、
本当は自分は「甘き死」より「タナトス」のが好きかもしれない。
(おかしい。 自分はレイ派ではなくアスカ派だというのに)

というかEoEの曲は全部葬式で流したい。
やはりそれは、絶望を感じるというよりも
死を超えた先の救いのようなモノを感じるからだ。

ていうかエヴァ関連の曲ならなんでもいいわ。 鷺巣神。
全部メドレーで流せ。
Armageddon
I'll be Always on Your Mind
このへんすき。



・・・こんな感じで延々と続きます。
どうしようも無い衝動にかられた記事。



 
自分の葬式で流して欲しい曲リスト


まぁそんな感じで
「死」とか「宗教臭」とか「終焉」とか「神性」とか「別離」とか、そういうニュアンスを含んだような感じの
自分の中で神曲認定された曲なら、とりあえず候補に挙げていきたくなる。


そして連想が連想を呼び、どんどん増えていくのだ。


'Still Alive'  Portalエンディング曲

誰かが死んだ時、葬式にコレを流してやる、というのは最高だと思うぞ。 (GLaDOS状態!)

Even though you broke my heart. And killed me.
And tore me to pieces.
And threw every piece into a fire.
As they burned it hurt because I was so happy for you!


「自分がこれから火葬される」
というところでコレを流したい。
本当にぴったりすぎると思う。

自分が焼き殺されることがハッピーエンドに繋がると。 でもまだ自分は生きてるよ、と。
最高に後味が悪いだろう。


Here's to you  映画「死刑台のメロディ」より

さっきの曲の「triumph」という言葉から思い出したのが、この曲。
これも、葬式で流すにはピッタリすぎる曲だ。

タイトルだけで判断しないで欲しい。
死刑囚気取りではないのだ。
あなたの死こそが勝利なのだと、死を讃えられているのだ。
最高の鎮魂歌ではないか。


Enclosure  MGS1より

で、当然だけど次はメタルギア系の曲を連想してしまう。

メタルギアも山ほど神曲あるけど、
その中で一番葬式に相応しい曲と言えばこれだろう。
(相応しいとかにかかわらず、自分はこの曲がMGSの中で最高に好きなのもある)
ウルフorナオミ状態である。


Manie サガフロ2より

まさに「My History」って感じだ。 (分かる人は少ないだろうが)
何も学習しなかったろうが。 何も残せなかっただろうが。


もはや、だんだんと
「自分が死ぬほど好きなゲームのエンディング曲を流しまくればそれでいいんじゃないか」的な気分になってくる。

ゲームのエンディング曲というのは超高確率で神曲ではないか。
そのゲームの音楽的盛り上がりの最高点であるはずだ。
自分の好きなゲームであれば必然的に神曲となってしまう。

そしてエンディング曲というモノは、歌詞や内容にかかわらず
その曲自体が「終焉性」を持っている。
だからピッタリなのだ。

結局ありきたりかも知れんが、ゲームのエンディング曲集を作るだけで十分な気がする。

You Were There
Epilogue ~Those Who Remain~
Castle・imitation
''Reset''


・・・イカンイカン、そんなことしてたら際限がマジでなくなる。


でも、ゲームのエンディング曲というか、その中でも
「スタッフロール臭」がしっかりしたモノは特に良い気がするぞ。

デビルメイクライ系のエンドロールで流れてる曲は、全部いい。

DMC1のDante & Trish - Seeds of Love
DMC3のDevils Never Cry
DMC4のShall Never Surrender
ベヨネッタのLet's Dance, Boys!


特に自分は1と4の雰囲気が好きだ。
途中ノリノリだけど最後はシットリ。 そんな感じ。


で、マジでキリがなくなってきている。


ところで
「ゲームのED曲」は何だろうが大体葬式に相応しい(ということに自分の中では決まった)けれど
「アニメのED曲」の場合、逆にそんなに葬式に似合う曲は少ないと思う。
(まぁ、同じエンディング曲といっても、曲の有り様が全く違うワケだから、だが)


でもやっぱり、アニメ関連でも葬式リストに加えていきたい曲はあるはずだ。


で、まずはコレ
日曜日の太陽

・・・これ以外もう全然思いつかんわい。
(まぁ、なるたるぼくらの系のOPEDなら何でもいいような気もするんだが)


アニメの場合は、
「誰かが死んだ時の特殊EDみたいな曲」がいいのかも知れない。

A Rising Tide Acoustic (ガンソ)
Masquerade (ギアス)
WALKING TOUR (プラネテス)
(・・・何故か「谷口アニメ」ばっかりになる不思議)
(君島が死んだ時の曲とかあったかな?)



ところで「サザエさんシンドローム」という言葉があるが、
自分の場合「クレヨンしんちゃん」なのだよな。

クレしんのOPEDを聞いてると、死にたくなる。

だからこそ、クレしんのOPEDメドレーはちょうどいいとも思うのだ。



(勿論、ありきたりな葬式ネタであればコレがあるがね)
恐山ル・ヴォワールも好きだがね)


「クラシック系」で考えてみる。

「メサイア」を全部流してしまえばいい、とは思う。 (グッチョ状態!)
どこでもいいよ。


普通にヴェルディのレクイエムでもいい。 (あれはどのへんが「鎮魂」なのだろう)
そこにモーツァルトとフォーレを足してもいい。

ていうかなんでもいいよマジで。
ド直球
変化球



でも1つだけ、マジでどうしょうもなくとっておきの好きな曲というモノもあるのだよ。
交響曲第3番 (サン=サーンス)
ベイブいうな。


「洋楽系」で考える。

しっかし、自分が洋楽系で葬式リストに加えるべき曲を考えると
ジョジョ由来っぽくしかならない気がする。

「名を冠するなら『 天国への階段 ( STAIRWAY TO HEAVEN ) 』」 とかね。

そして本当にその曲を葬式で流したいのかどうかもよく分からん。

勿論「ROUNDABOUT」その万能性によって、葬式だろうが何だろうがピッタリ合うだろうがね。

(・・・なんだこのツェペリ状態は)



もっと別方向から考えよう。


サウスパークの「Up There」とかはどうだろうか。
雰囲気に騙されてはイカンぞ。 サウスの糞曲且つ神曲だから。

でもこれは、サタンが地獄で天国に憧れているという流れの曲なので、
地獄行き確定の自分にはピッタリだと思う。

そしてサウスパーク映画版で最高の曲といえば「La_Resistance」だ。 最高のメドレー曲。
むしろこの曲の中にUp Thereも含まれてるんだから、もう全部コイツでいいんじゃないかな。

ていうかサウスの映画は自分にとって「最高のミュージカル映画」なのだから
全曲最高なのは当たり前なのだ。


そろそろネタ、というかカテゴリーが尽きてきただろうか。

「邦楽」だとなんだろう。


何故かマキシマム・ザ・ホルモンならなんでもいい気がする。
ぶっ生き返す!!
この曲も定番だろうけど、本当に葬式で流してもらうための曲だよね。


あと、中島みゆき、全部。


最後、「伊集院系」。

なんだそれ?って感じだろうけど、
自分の人生の2割を占めているのが伊集院光なのだから、そんなジャンルがあってもいい。


FATMAN BROTHERS あの素晴しい愛をもう一度
人生に対してネガティブだわ~
自分はこの曲を痴豚様の黒歴史とは思ってない。

ミモザの咲く頃 笹本安詞≒下町兄弟
人生に対してポジティブだわ~

変死隊 - SO-MA-TO -(ロングロングバージョン)
最強の七五調ソング。 しかも作曲は神(リアル)。
「たしかいい夢見てたよな」 
これ以上の神歌詞は存在しない。

草刈正雄 アローン・アゲイン
↑この曲、
実は最初の順位の4位に入れてもいいくらいの葬式ソングかもしれない。

元々何の曲だったのだろう?
洋楽の変な日本語翻訳された曲を紹介されてるときに
「アローン・アゲイン」の変なカバーとして出てきた曲だ。
でも「おバ歌謡」の中で別格の曲だと思う。


まとめ

まぁ、まとまらんというのがまとめである。



最初の3曲から始まって、あとはもうズルズルと芋づる式に自分の好きな曲を挙げているだけの状態である。
(でも、これでも多少は葬式らしさを考慮してはいるのだぞ)
(どんな葬式だよって感じだけど)


それにしても
現代人というものは「自分の死ぬほど好きな曲を挙げろ」と言われた場合、
平気で1000曲、1万曲くらいは挙げられるのではないだろうか。
 (時間をかければ)

今回のことで分かったが
実際、1000曲は余裕だと思う。
(「死ぬほどレベル」で基準を上げても、だ)

そして
人間は1万曲くらいの曲のバリエーションであれば、聞き飽きてしまうものだとも思う。


一体どれだけの音楽で世は満ちているのだろうか。




関連記事
[ 2013/02/04 14:39 ] リスト系記事 | TB(0) | CM(2)
自分が葬式で流すなら、
マキシマム ザ ホルモンの鬱くしき人々の歌と、ロック番狂わせですかね。
良い曲です。伝染させるべきミーム
[ 2016/03/18 00:43 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無しさん

ホルモン、漠然と好きですけど、大して詳しくない自分です。 (多分デスノの頃に好きになった)

というわけで聞いてみました。

なんか途中まで「F」みたいだなぁと思ってましたが(同じホルモンなんだからそりゃそうなんだけど)
後半の雰囲気好きですね。
[ 2016/03/22 14:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -