ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ニート生活 >  もうどうでもいい話しかできない

もうどうでもいい話しかできない

最近のどうでもいい話。


・ゲーム「The Last of Us」をやっている

ピカチュウ

 敵がSIRENの屍人っぽい。 (クリッカーさんはちょっと色っぽい)
 連れ子の子はまだあんまり可愛いと感じられていないくらいの進捗状況。

 システム的に色々言いたいことも出てくるけど、
「ゾンビが馬鹿なのは許せるけど人間が馬鹿なのはいただけない」とか)
 それより何より廃墟探索感が楽しい。
 自分はアンチャ知らないけど、超凄い仕事なのだろうなぁというのが伝わってくる。 PS4レヴェル。 知らんけど。

 このクオリティで「アイアムアヒーロー」のゲームを作ってくれ、とか妄想する。


なんなんだ。 
今年は「ジョジョASB」まではもうゲームやらないとか言ってたのに、結局やっている。
まぁこれは別格ということで。


・カマキリの折り紙とか考えてるんだが
 どうあがいてもORIPAが折ってくれない
カマキリ
 これはもう、こういう展開図だけ置いて放置するべきか。
 とにかくこれでカマキリになるんだよ。 これは便宜上紙を半分にしてるけど。


・オメガウェポンの絵が妙に全く進まない

オメガウェポン
 背景なんか描こうとするんじゃなかった。


・動物歩かせシステム



 ステゴとラプトルだけがどんどん良くなっていく。

 「リアルタイム編集」「足のちゃんとした切断」「全身のローリング」が一応できるようになったけど、
 多分ここらでしばらく止まる。

 次にやるべきは「しっぽ」「あたま」も別に分けること。
 それぞれの全身の部品を「ちゃんとしたベクタ絵」に置き換えていくこと。

 なのでホントに止まると思う。

 でもそれを超えたらようやく本格的に「応用」が出来るようになる。
 
 例えば今、「犬ダッシュ」でスペースキー押しっぱなしで走らせた時の出来が妙に全く良いような気がするけど、
 これを改造すれば「走るアマ公」もようやく作れるようになる。


 それだけを楽しみに自分は生きている。


そんなことよりも何よりも、今一番自分にとっての大問題がある。
と同時にそれは本当にどうでもいい話でもある。

最近一日中考えているのが「人間はどれくらいどうでもいい話でブログを更新すべきなのか」ということ。

この匙加減の話から始まって、ずーっとその延長について考えを伸ばしていくと
ガンとかウィルスの話にまでたどり着く。


何故人間は、事ある毎に「どうでもいい自分のゴミ情報・亜種・ゴミミーム」を残そうとするのか。
(人形遣い気取りなのか?)
実はその欲求こそがネットを無意味化させているのだ。


「どれくらいどうでもいいことを喋るべきなのか」、
そんな糞どうでもいい事をずーっと考えていると、もう何も書けないような気分になってくる。


「全てが下らない」って感覚が素である。

関連記事
[ 2013/06/22 11:46 ] ニート生活 | TB(0) | CM(2)
ミームと言うとMGS2を思い出しますね

意味不明な遺伝子といえばナマケモノはほとんど動かないという動物として致命的な欠陥を持っていますが、それによって食事の摂取量を抑えられ自然競争に打ち勝っています

またミームの話に戻りますが、天文学の父ガリレオ・ガリレイは自身の理論により地動説を唱えますが天動説を支持しているキリスト教から猛反発をくらい(他の学者の嫉妬とかややこしい事情もあったようですが)彼の研究はクソ扱いされ処刑されました
確かに聖書に書かれていることは正しいという宗教観に基づくのであれば彼の考えはクソだったかもしれはせんが今日の学術性が重視される世の中では彼の行動は命懸けで真実を訴えかけた勇気ある物だとされています

遺伝子というのは状況によって優秀であるかそうでないかということが大きく左右される物なのです
ゴミみたいな遺伝子が淘汰されてエリート一極化が進むとその種は環境の変化に耐え切れずに滅びます
多様であるというのはどんなに力があることより、どんな技能があることよりも、少しずつ変化をし続けることのできる理想的な形であると言えます

長々と書かせていただきましたがとある観点からはゴミでも思いも寄らないところから必要とされる可能性があるということを言わせていただきたいです





というわけでニートさんも家に引きこもってないで外へ出て、女性をレイプしまくりましょう
[ 2013/06/22 14:31 ] [ 編集 ]
コメ返信
> 名無し さん


> ミームと言うとMGS2を思い出しますね

そうですね。
MGS2の大佐とスネークの話を借りて、ミームの否定と肯定の話をしようと思います。


> 確かに聖書に書かれていることは正しいという宗教観に基づくのであれば彼の考えはクソだったかもしれはせんが今日の学術性が重視される世の中では彼の行動は命懸けで真実を訴えかけた勇気ある物だとされています

> 遺伝子というのは状況によって優秀であるかそうでないかということが大きく左右される物なのです


自分にとっては
「そのような非科学的で弾圧的な宗教視点」こそが最初からゴミなので
最初からガリレオが優秀だったとしか思えませんけどねー。



> ゴミみたいな遺伝子が淘汰されてエリート一極化が進むとその種は環境の変化に耐え切れずに滅びます

確かにそういう面はありますね。
自分は世界はもっと優生学的なところへ進んでしまえばいいと思っていますが
そういうわけにもイカンのでしょうか。


一昔前は「DQNほど子供をバカスカ産むから馬鹿遺伝子が加速する」みたいなことを言われていましたが、
今はどうなのでしょう。

今は、ド底辺は子供を育てる財力も人間関係も気付けないから、
意外とエリートほど子供を持てる時代が来るのかもしれません。




> 長々と書かせていただきましたがとある観点からはゴミでも思いも寄らないところから必要とされる可能性があるということを言わせていただきたいです
> というわけでニートさんも家に引きこもってないで外へ出て、女性をレイプしまくりましょう


なんというかいきなり結論がすごい所へ飛びましたねw
それは褒めているんでしょうかw 貶しているんでしょうかw

どう考えてもゴミ扱いですよねw

[ 2013/06/24 16:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -