ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  5に向けて個人的メタルギアシリーズおさらい

5に向けて個人的メタルギアシリーズおさらい

 
ちょっと「GZ」に向けて、「メタルギア把握力」を高めていこうと思っています。

自分の場合、PVとかを見たりネットで情報を見たりとかはせずに
勝手に妄想するだけにしているのでテキトーですが。

あと過去作の実況動画を見まくったりね。
(今見てるのは↓この人の実況。 PSP版はともかくとして、MSX版までちゃんと全部やってる人はエライ)



とにかく、もう新規のPVとかは見ないようにして、
過去に作品内で語られてきたことだけを手がかりにして
5で何が語られることになるかを、予想してみようと思います。
(ネタバレは嫌だけど妄想はしていくスタイル)


5で一体何が起こるか。

まず基本の作品時系列

MGS3 (スネークイーター作戦:1964年)
 ↓
OPS (サンヒエロニモ半島事件:1970年)
 ↓
PW (ピースウォーカー事件:1974年)
 ↓
GZ & TPP ←今ココ! (1984年? ~ ?)
 ↓
(MG1) (アウターヘブン蜂起:1995年)
 ↓
(MG2) (ザンジバーランド騒乱:1999年)
 ↓
MGS1 (シャドーモセス事件:2005年)
 ↓
MGS2 (ビッグシェル占拠事件:2009年)
 ↓
MGS4 (ガンズ オブ ザ パトリオット事件:2014年)


(それにしてもメタルギアの世界は「5で割ると4余る年」によく事件がおこるな)

まぁ
MG1とMG2で起こったことは色々とパラレルすぎてもはや正史でも何でも無いんだろうけど、
やっぱりMGS1でアウターヘブンとかザンジバーランドの話をスネーク自身がしているので、まぁ一応は参考に。
ていうかMGS1の「PREVIOUS STORY」で、本編以上に詳しく説明してくれてた気がする。

(ちなみに自分は「ゴーストバベル」と「アシッド」を知らぬという。 いい加減やった方がいい?)


ちょっと「各人物ごと」に着目して、起こるべきイベントを考えていこうと思います。
「1984年時には何歳ぐらいか」とかね。


↓続き、糞長いです。  更にその後に、PWの話も。



 
メタルギア把握力 GZ頃に何が起こるか


◆ネイキッド・スネーク
ビッグボスは1935年生まれ。
PWの時は39歳だったのが、49歳。 いい年ですね。

PW以前の1972年の時点で、もうとっくに「恐るべき子供達計画」は発動しています。

「50代後半のビッグボスの体細胞を使ったんだ!生まれながら既に老いている!」
↑MGS2のこのセリフはもう完全に矛盾してますね。 これはどうしようもなさげ。


「だが親父は戦場で負傷 既に不能者だった」
↑このリキッドのセリフがMGS1であるので、1972年の時にはもうビッグボスは不能なのでしょう。

ということはPWの時にパスと段ボール箱の中でなんかしてましたが
あれでビッグボスの隠し子が出てくるということは無い、ということですね。
(あったらこの設定を忘れてるだけです)


PW以降は戦争孤児とかあつめて、せっせとアウターヘブンを作ってたのでしょう。
「片目のおじちゃん」とか呼ばれながら。

その後ビッグボスは、ゼロとの対立のために再び、あえてFOXHOUNDに舞い戻ったりするワケですが
それには相当の理由が無いといけませんね。

それを語るための、5なのでしょうか。


◆ソリッド・スネーク
スネークは72年生まれなので、なんと12歳! (12歳のスネークとか想像もできない)

マスターとかに師事することになるのはいつからなんだろう。
スネークの過去をさかのぼって描くことはあるのだろうか。 「4でスネークの話は完結」とか言われてるっぽいけど。

MGS1の時点でスネークはリキッドと面識が一切なかったワケで、
そういう意味じゃ5には全く出てこれなさそうですね。

もはやメタルギアは、「メタルギアソリッド」ではなく「メタルギアネイキッド」になってしまっているところがあるけど。


◆リキッド・スネーク
当然リキッドも12歳です。

ネイキッドとの繋がりは、何故かソリッド以上に強いような気がします。
だから5では、リキッドのほうが描かれそうな予感。

MGS1の「親父は俺を選んだ」というセリフの意味も明らかになりそうです。

(まぁそれは、リキッドが「優性」だったから、なんだろうけど)
(嫌な親じゃないか。 自分の親がポケモンの厳選してる姿をみるくらい嫌なものだ)

ビッグボスに対しては「復讐の機会」をずーっと伺ってたみたいですけどね。
(これも嫌な子供ですね どんより)

あとなんかリキッドがカズを殺したらしいのですが
なんか恨む理由があるんですかね。


◆ソリダス・スネーク
リキッドやソリッドよりも年下らしいので何歳なのやら。 (老け顔だけど)

この人は何をしてたのでしょうね。
ソリダスの幼少期とか、語られる機会はあるのやら。

考えてみると、ホントに変な経歴だから。

・リベリア内戦やったり、
・シアーズ・プログラムやったり、
・雷電の両親殺したり、雷電育てたり、
・ジョージ・シアーズとして大統領やったり・・・

(大統領としては別に有能でも無かったっぽいのが悲しい)
(START3の調印とか、こいつの目的と一致してたんだろうか?)


◆リボルバー・オセロット
40歳。 これもいい年。

オセロットは何をしてるんですかね。
自分は、メタルギアシリーズは「オセロットの頑張り物語」だと思っています。 こいつが主人公みたいなもんです。
ビッグボスのこと好きすぎる。

OPSではヌル関連で暗躍してたみたいですが、PWではサッパリ見かけませんでしたね。

オセロットは色んな軍歴があるみたいなんですがそういうのをいつ積んでいるのやら。
シャラシャーシカと呼ばれたり。


◆ロイ・キャンベル
年齢不明

OPSではトラックの運ちゃんをやってた大佐。 足折れたり、風邪引いたり、謎の病弱アピール。

これまたPWではビッグボスと切れています。
MG2ではいつのまにやら、FOXHOUNDの司令官になっちまっています。

その大出世のミッシングリンクを埋めてもらいたいものですね。

マスター同様に、大佐にはビッグボスを離反するタイミングがある筈なワケですが
そういうのも説明されるのか?


あと、ふとメリルについて考えていた時
「メルルとアマンダって似てるな」ということを思い出しました。
ひょっとしたら、キャンベルの不倫相手とはアマンダだったりするかも??
それも良かった・・・


◆グレイ・フォックス
年齢不明
でもOPSの時に10代後半だったなら、意外と結構な年齢になっているはず。


OPSでは「ヌル」と呼ばれて登場しています。
それ以前からもビッグボスとは面識があった模様。
ビッグボスには二度ほど命を救われている模様。


「ビッグボスから最も信頼され、部隊内で唯一フォックスの称号を与えられた男」
というセリフがMGS1にあります。

5ではボスとのつながりを語って欲しいですね。


サイボーグ忍者になるのはMG2の後なので、まだ生身? (まぁ既に、心も体もズタボロだろうけど)


グレイ・フォックスの顔ってよく分からんのですよね。
(鼻とか耳とかは削がれてるらしいですが)
(OPSの「絶対兵士」の時は、なんか力丸みたいだと思ってしまった)

とにかく、フォックスの顔が見られるなら楽しみですね。


◆パイソン
OPSのことを思い返す時に、
妙に引っかかるのがこの人です。

ジーンとか、カニンガムとか、綺麗に終わった人達は別にいいのです。

でもこのパイソンだけは、ぽっと出のキャラの癖に
何故か「スネークの戦友」みたいなことになっているのですよ。
(なんかこの「伏線なしで知り合い」ってパターンは、バイオハザード4のクラウザーさんみたい)


パイソンさんの宙ぶらりん感は凄い。

大体、メタルギアシリーズの中で蛇の名前を冠するのって、相当なことでしょう。
(コブラ部隊とかさ)


だからこの人が地味に再登場してきてもいいかな、とか妄想したりする。
(PVで凄い形相の人が居た気がするけど、そういうのの候補って、ヴォルギンかパイソンくらいしか思い浮かばんかった)
(この人は死んでないし)

「OPSで死んでない人」って地味に多い。 ライコフとかも。


◆ナオミ・ハンター
年齢不明

ナオミもビッグボスと地味に繋がりがあるキャラですね。 
モザンビークで救われたらしいです。 (MGS1より)

グレイ・フォックスがナオミの両親を殺し、ナオミを養子にするのもこの頃ですね。

しかしグレイ・フォックスもよく分からんですね。
恋人(グスタヴァ)は平気で爆殺したくせに、
ナオミは殺せなかったとは。


◆スナイパー・ウルフ
MGS1の時のFOXHOUND部隊の中で、ビッグボスとの繋がりを説明されていたのは
オセロット以外ではウルフだけだったように思います。

英雄サラディン(=ビッグボスのこと)に救ってもらったようです。
(ビッグボス色んな人救いすぎ問題)

MGS5には、
これまた女スナイパーさんが出てくるみたいなので、ウルフとの関係性が気になりますね。


ウルフもアホみたいに胸を露出してたし、 (ハニートラップに対する信念?)
彼女が「一流の暗殺者の65%は女」という珍説?に固執する理由とかを考えると、
あの女スナイパーがウルフの師匠だったりするのではないか?とか、妄想が膨らみます。


◆エヴァ
とっくの昔にスネークを出産したあとで、ビッグママは何をしているのでしょう。

MGS3のあとで中国を追われ、その後ハノイでビッグボスと再会したらしいのですが、
その辺はちゃんと語られてない、気がする。


あと地味に気になるのが、スネークの卵子を提供したという日系人の人ね。
パラ子の優秀な助手だったらしいけど、彼女についても語られることはあるのだろうか?


◆シギント
ダーパ局長。

この人が「愛国者たち」の中で一番地味、っていうか何したのかよく分からんですね。

いや本当は重要なはずだけど。
「シギント」なんていう名前自体が重要。


あと、ドナルド・アンダーソンの時のシギントは
ジム・ハウスマンとは友人関係だったらしいですね。


◆パラメディック
彼女が「クラーク博士」としてグレイ・フォックスをサイボーグ忍者に改造するのはMG2以降ですかね。

1984年だと、「恐るべき子供たち計画」も終わっています。
出番はあるのでしょうか?
相変わらず、元気にマッドサイエンティストをやっているのでしょうか?

クラーク博士をグレイ・フォックスがぶっ殺すのもMG2以降だろうから、
死ぬイベントすら、まだ起きなさ気です。


この辺のキャラが出てこなかったのもPWの不満点ですね。
(まぁ愛国者達サイドだから仕方ないんだろうけど)


◆マッドナー博士
この人の存在はパラレルなのかと思いきや、なんか地味にMGS4に出てきてしまったお方。

最初にメタルギアを作ったのはこの人であるべきだと思うんだけど、
何故かRAXAやらZEKEやらの後付けメタルギアがポンポン出てきてしまって、
もはや誰が最初にメタルギアを生み出したのか、よく分かりません。
(発想自体はグラーニンだろうけど)

今更出てくることはあるのでしょうか?
(でもやっぱり、わざわざ4で名前まで出したのはフリだと思うんだよなぁ)


◆キオ・マルフ博士
マッドナー博士以上に忘却の彼方の人。 「VRAM 01K」
「OILIX」なんて設定はもう出てくることは無いだろうけど。

(いや、MGS4でエヴァが、「石油もバイオ燃料もダイヤモンドみたいに高価になった」みたいなことを突然言ってたけど)
(あれが地味に伏線だったりする??)


なーんかメタルギアの世界って、
「工学系は男」「生物学系は女」みたいな暗黙の分類があるような気が、する。
そうなると、キオマルフ博士も女になって再登場!ってことも、あるかも、しれない。


◆オタコン
4歳

オタコンは1980年生まれなので、なんと4歳です。
流石にこの歳では何も出来ませんね。


◆ヒューイ
ヒューイは広島原爆投下の日が誕生日なので、39歳。

MGS2で分かることですが、ヒューイは自殺してるみたいですね。 (少なくともオタコンはそう思っている)
原因は再婚相手の妻が原因の模様。

「再婚後に自殺」ということなので、
MGS5で死ぬことは無さそう、ということが推理できます。


◆ストレンジラブ博士
「オタコンの母親」の有力候補ですが、まだ確定ではないですね。

「あんだけストラブに入れ込んでいたヒューイが何故再婚したのか?」ということを考えれば、
まずこの人が何らかの理由で死んだんじゃないか?という推理が出来ます。


◆カズヒラ・ミラー
マスター・ミラーに関しては、5で死ぬワケはないということがバレてしまっていますね。

シャドーモセス事件の直前に、トレーニング中に死ぬことが分かっているからです。
「2005年 カズヒラ・ミラー自宅で何者かに殺害される」


でも、ミラーについて考えるだけで、なんか凹んできます。
PWでアホみたいにおちゃらけてたキャラだけに。

まぁMG2ではスネークのサポートをしてるわけですから、 (MGS1でもそういうことになっているわけで)
何らかのタイミングで、ミラーはビッグボスを「離反」しないといけないのですね。
PWの時点でサイファー(ゼロ?)と通じてたり、この人の真意は良くわからない。
本当に金儲け主義・成り上がり主義なのか?

プレイヤーはマスターに裏切られる時が来るのかもしれない。


◆パス & チコ & アマンダ & セシール・コジマ・カミナンデス

仲間が増えるよ!!やったねビッグボス!!

PWで新たになった仲間たち・・・
後の作品に何の繋がりもなさ気なメンバー・・・
何故このような、ガキみたいな仲間がPWでたくさん増えたのか・・・
考えてみると恐ろしいです。 (3の楽しい仲間たちは全員4でね・・・)


こいつら全員、ロクでもない死に方をしそうで怖いです。


MG2のザンジバーランドでは、
戦争孤児がいっぱい施設内にいましたね。
つまりは、ああいうことですね。

あれは、ビッグボスのエゴなのです。
「生きがいを与える」とか言って戦争孤児を引き取って、
兵士として育て上げ、また戦場に送り出す、そのサイクル。
その行為はメタルギアのテーマの中では否定されるしかないのです。


だから、ビッグボスがOPSやPWでやってきた拉致誘拐ごっこは、必ず罰を受けなければならないのです。


◆ゴルルコビッチ一族
では今度は、「救われなかった子どもたち」「逆」を考えてみましょう。

「メタルギアの全体の流れ」を考えるとき、
地味に気になるのが、この「ゴルルコビッチ一族」なのです。


MGS4の結末で、
スネーク達は一体何に勝ったのか、何を得たのか、何を守ったのか。

「愛国者達」という、「アメリカ全体のミーム」という、雲をつかむような途方も無い存在を相手にしてしまったので
凄く答えづらい問いなんだけど、
やっぱりシリーズを通した結果、「サニーを救った」というのが、
全体の中で一つの実感として存在している気がするのです。


ゴルルコビッチ大佐、
オルガ、
雷電、
スネーク、
オタコン、
ナオミ

サニー


「受け継がれてきた何か」を感じます。

というわけで、各シリーズごとに地味に名前が上がっているゴルルコビッチ一族が (1234全部出てるよ、地味にね)
なんかまた出てきてもいいかな、とか思ったりするのです。


◆ジョニー一族
一方こっちの一族はどうでもいいですね。
まぁ、出てくるでしょうけど。


◆アンダルシアン
自分がチラッとだけ見てしまったPVに、白馬が出てきた気がします。

なんかやたらと「馬ゲー」であることを強調してたのが印象的でした。
(騎乗中に隠れられたりね)
(アサクリへの対抗意識だろうか?)
(まぁそういう馬上アクションは、全て「ワンダと巨像」が先駆けているのさ!)


で、あの馬はひょっとしてザ・ボスが乗ってた馬かな?と、一瞬だけ思ったのですが、
よくよく考えてみたら、その馬はPWでビッグボスが介錯していたのを思い出しました。

そもそも馬で20年以上も生きてたらヨボヨボでしょう。


◆ゼロ
最後に、全ての元凶。

さてコイツは何をやっているのやら。
どんな姿になっているのやら。


PWで「サイファー」と名乗り、パスを操ってビッグボスに干渉してきたのも、ゼロでしょう。

何故「ゼロ」と名乗らなかったか。
まぁ名乗る理由がないから?
この時点では、ゼロとビッグボスとの戦争ではないから?


コイツはもう、一生そういうことを仕掛けて続けてくるのでしょうね。


PWの時点で、なんか情報統制がどうとか、パスが言ってましたね。
いつの頃からゼロはそういう情報による支配に駆られていくのか。
いつから車いすスタイルになるのか。


◆追記:スカルフェイスについて

まぁGZプレイで出てきた超重要そうな人物について。

TPPは、ゼロと、スカルフェイスと、ボス、この3つの陣営の、みつどもえになりそうな感じでしょうか?
(まぁ、ゼロはあまり表舞台には出てこないかもしれないけど)


こいつの、プレイヤーからのヘイトの稼ぎっぷりは凄いですね。
ちょっとカセットテープ聞くだけで、自分も憎悪がすごいです。

TPPでこいつを殺せるなら、出来る限り苦しみを与えて殺したい、そう思ったプレイヤーは山ほどいるでしょう。


で、こいつは何なのか。

ヴォルギンを思わせる拷問狂っぷり。
メイスン・ヴァージャーを思わせるただれた顔。

一応、カセットテープから分かる情報としては、
多分ゼロの「元」部下みたいな立ち位置だったっぽいと推測されます。

それなのに、ゼロに反旗を翻そうとしている。
そのために、パスを拷問したり、ボスをも利用しようとしている。

そして、ボスとも面識があったらしい?
「お前のボスとは長い付き合いだ」
「今でも律儀な男だと良いが」


誰だよ? 自分には検討が付かない。 パイソン? ジーン? ヴォルギン???
「律儀」という言葉に注目すると、ソコロフという線もありえる???)

まじでコイツ、なんなのか分かりませんが
おっそろしい奴ですね。


◆追記:パスについて

パスが本当にGZで死んだかどうかは置いといて。
(まぁパスの死ぬ死ぬ詐欺はPWでも一回やったことですからね)
(いやだからこそ、死ぬ死ぬ詐欺二回やるのはいかんやろというのもあるけど)

パスのスタンスとしては、パスの日記を聞けば
相当揺れていたことが分かりますね。

サイファーの手引でMSFに来た。
ボスと交渉、それが飲めないならボスを殺す。 

そのためのスパイだったけど、
最後には、バンドのためにピースウォーカーを壊そうとするくらい、
MSFでの生活に「惹かれてしまっていた」ことが分かります。



パスは、サイファーとはどんな関係だったのでしょう。

一応、パスは「元孤児」らしくて、「サイファーの娘」だとかそんな設定はないらしいです。

つまり、サイファーに情だとか敬意だとかで仕えていたのではないのですね、
完全に、「恐怖」だけで支配されていたとしか思えないのです。


そんなパスなのだから、
また、いや今度こそ、本当の仲間になってくれると思うのですね。

どうなんでしょうか。


◆追記:チコについて

なんかこう、チコには頑張ってもらいたいもんです。


GZを総括して、「チコが悪い」「チコが無能」 
「考えてみたらPWの時だってチコが悪い」「チコがあそこでああしてなかったらパスは・・・」

みたいなことを言っている人はいるようですが、
自分はそういうふうには考えられない。


なんかもう一番可哀想なのがチコな気がしてくる。

本当にコイツには頑張って欲しいと思う。


PW把握力

で、まぁ全体をおさらいしてまとめてみたわけですが、
やはり一番は、5の直前のPWの流れを把握するのが大事な気がします。


最近ようやく、「PWの立ち位置」のようなモノがわかってきたような気がします。

自分は「核抑止の是非」の部分ばっかり見てた気がするけど、
あれは「如何にしててビッグボスがザ・ボスの遺志を間違えて受け取ったか」の物語だと分かりました。
(我ながらちゃんと遊んでなかったんだなぁ)


ビッグ・ボスが歪んでいくキッカケを描いているのですね。


PWの大まかな流れを、超テキトーにかいつまんでみると、こんな感じです↓

「完全な核抑止を行使するために『何よりも任務遂行を優先したザ・ボス』のAIを利用しよう!」

偽装データで逆に利用されて、MSFに核をぶち込まれそうになる

なんかピースウォーカーが暴走して大変なことになっちゃったー!

ザ・ボス、海の中に入水する

めでたしめでたし

ビッグボス「ザ・ボスは俺を裏切ったんだ!!」



この最後の流れが唐突すぎて、
「なんで!?」ってなりますよね。
自分は、なった。


なんでここまで来て、ザ・ボスの意思を間違えて捉えてしまうんだよ!!と。


ザ・ボスが3でやったこと、
ザ・ボスの本当の考え、
ビッグボスがザ・ボスから本当に受け取るべきだったミームは、
実は「任務に忠を尽くすということ」ではなかったのです。
むしろ「自己犠牲」というような言葉で理解したほうが正確だと思います。

(一応これは、自分の解釈ね)


でも、そこんところを
最後に銃を手放したことで、ビッグボスはザ・ボスに「裏切られた」と感じるわけです。
(最後に軍人としての己を捨てた)
(それは「軍人としてしか生きれないように育てられた自分」をも否定したのだ、とかなんとか言って)



何故、ピースウォーカーのあの最期を見ておきながら、ビッグボスはそんな誤解をしてしまったのか。

そこんところの流れが不自然ではあるんですが、
まぁ、MG1や、何よりもMGS4に繋げるためには、そうするしかなかったんですね。


とにかくPW以降の全ての戦い、
MGS1、2、4の愛国者達による戦いは、
全て「ゼロとビッグボスとの戦い」です。 
「支配を望む者」「開放を望む者」との戦いとも言える)

この二人がザ・ボスの遺志を間違えて解釈したことによって引き起こされてきた戦いですね。

だから、ビッグボスはあそこで道を誤らなければならないのです。

ビッグボスはあそこで、メタルギアZEKEに核を搭載しなければならないのです(絶対にオカシイ流れなんだけど)

ビッグボスはあそこで、MSFをアウターヘブンにしなければならないのです。



ピースウォーカーは、終始軽~い流れで、
なんか感動仕立てなテイストだったのに、最後の最後でビッグボスがガクンと誤解をするので、
「何じゃそりゃ!?」ってなってしまうのですね。


メタルギアは反戦・反核がメインテーマの作品なのに、
気がついたらZEKEに核を搭載してるんだから、普通に考えたらおかしすぎるわけです。

そもそもメタルギアなんか作ってる時点で分裂しています。

ザ・ボスの本当の遺志は、
「戦争を止めるためなら自分の命くらい平気で捧げる」という「自己犠牲の精神」だったはずなのに、
気がついたらビッグボスは、ゼロとの戦争に明け暮れてしまっているワケです。


それでも、やっぱり、ビッグボスは誤解をするしかなかったのです・・・
悲しい・・・ (ソロー)


・・・というような感じで、

まぁ分かってる人からすれば当たり前の「ピースウォーカーの立ち位置」の把握が出来ました。(今更)

あの「ピースウォーカー独特の変なノリ・違和感」が何から来るのかが理解できました。

(3のラストで握手をしなかった綺麗なビッグボスのままでは、1に繋がらないのです)
(なんとかしてビッグボスを歪ませてなければならない)
(そのミッシングリンクの鍵が、PWだったワケです)

(PW単体の流れで見ると、ビッグボスは頭がオカシイ人です)


で、ここから5に繋がるワケですが、
ゾクゾクしますね。


ビッグボスはもう、ザ・ボスの遺志を間違えて捉えたまま、突き進み、
地獄に堕ちていくのでしょう。

もう、ピースウォーカーのような「ゆる~い傭兵ビジネスごっこ」はオシマイです。


「持ち上げて、落とす」

全力で叩き落とされることになるでしょう。
全プレイヤーが全力で曇ることになるでしょう。


なんかもう、楽しみで仕方がありませんね。


関連記事
[ 2014/03/07 22:22 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(10)
ジーンのコードネームはヴァイパーでカニンガムのコードネームはボアなのでパイソンだけ蛇の名前なわけではないと思います。でも、パイソンは確かに宙ぶらりんですよね笑
[ 2014/03/18 22:03 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無し さん

そういえばそうでしたね。
ジーンもカニンガムも蛇のコードネームでした。すっかり忘れておりました。

パイソンさんだけがコードネームだけで呼ばれていたのでその印象があったのですね。

というワケで蛇の名前を冠していること自体はそんなに大したことではないってことですかね。

(まぁカニンガムはともかくとして、ジーンは結構シリーズ通しても重要なキャラだとは思います)
(アウターヘブンの発想は、ジーンの「アーミーズへブン」から来ているようなとことかも)
(ジーンからは、資金と発想を、文字通り「受け継いでいる」感じがしますね)
[ 2014/03/20 10:48 ] [ 編集 ]
余計なお世話とは思いますが、ops等の小島監督ストーリーにあまり関わってない作品を考察に入れると物語が破綻してしまうので考え直した方が良いかと思います。

正史【MGS3(1964)→MGSPW(1974)→MGSGZ(1975)→MGSTPP(1984)→?→MGS(2005)→MGS2(タンカー2007・プラント2009)→MGS4(2014)】
外伝【MGSGB(200X)/MGA1(2016)・2(2016~)/MGSops(1970)・2(不明)/MGSRR(2018)】
MGとMG2も監督自身がパラレルワールド的なものだと思ってほしいと言ってるので外伝?
ゴーストバベル・アシッドはソリッド・スネークがBIGBOSSの実の息子なので(GB内にて説明あり)
MGSRRはプラチナゲームスが関わったせいで台無しなので無し(本来なら2009~2013年の間の物語だったのに、内容が雑4でスネークが伝えた物が意味なくなってるしw)

[ 2015/03/20 02:14 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 名無し さん

>余計なお世話とは思いますが、ops等の小島監督ストーリーにあまり関わってない作品を考察に入れると物語が破綻してしまうので考え直した方が良いかと思います。

はい。まぁ分かります。

でもOPSのハブられっぷりってなんか可哀想ですね。
ぶっちゃけPWよりOPSが好きです。

MGRもなんかハブられてます。
まぁ、4のあの後に雷電が無職になって、結局傭兵みたいなのやってるってのはショックですよね。


MGとMG2はパラレルなのは分かるのですが、

どっかで、最終的にメタルギアのストーリーが、
「MG2のソリッドとビッグ・ボスの対決に繋がってくれたらなぁ」とか妄想してしまうのです。

(メタルギアシリーズは5で終わりみたいに言われてますが)

MGS1がMG1のリメイクであるように
最後にMG2のリメイクを作ると、綺麗に繋がる気がするんですよね。

ソリッドの「親殺し」をちゃんと組み込んで欲しい。

[ 2015/03/27 16:51 ] [ 編集 ]
ビッグボスとカズが一緒にFOXHOUNDにいるのもなんか変ですよね
FOXHOUND自体はシャドーモセス事件からしてアメリカ(愛国者達)の意に沿った部隊っぽいですし
ビッグボスが対愛国者のためにFOXHOUNDを利用したってのはあると思うんですけどカズの存在が…
ビッグボスに同調してるならザンジバーランドでソリッドに協力するのは不自然だし
袂を分かつならアウターヘイブンまでの間になんで考えが変わったんだ?っていうのが…

そうなるとカズは最初から愛国者達側の人間だったってのが一番スッキリするような気がします
[ 2015/05/13 06:25 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無し さん


>そうなるとカズは最初から愛国者達側の人間だったってのが一番スッキリするような気がします


カズの動き・スタンスはホント気になる所ですね。


ちょっと、GZでも聞ける
ボスとカズのなれそめのカセットテープを聞き直してみました。

https://www.youtube.com/watch?v=xbHfjju3-aA


かなりおちゃらけてますけど
物凄い強引な仲間のなりかたしてますね。


そして、「まんまアウターヘブンの元」になってそうなMSFの理念は、
完全にカズが自分だけで考えてボスに押し付けたような形になっているのですね。 

GZでのカズの感情が演技でなければ、
普通にカズはサイファーやスカルフェイスを憎みそうなもんです (つまり一貫して反愛国者達)
・・・
が、やっぱりカズは、いつかボスと袂を分かつ筈なんですよねぇ。


もしカズが愛国者側の人間で、
最初からボスを裏切るつもりだったなら、
この、「MSFの理念をボスに押し付けるだけ押し付けておいて離反する」という流れは何なのか
という部分が疑問になる感じでしょうか。

(あとちょっとパスと動きが被る?)




まぁとにかく、
この辺、一体何が起こってしまうのか
本当にTPPが気になるところです。 (いい意味で)

あとコナミのコンシューマ撤退とかも気になるところです。 (悪い意味で)

[ 2015/05/14 20:30 ] [ 編集 ]
今更だけど
MG1とMG2は「辻褄の合わないとこはパラレルと思って欲しい」って言われてるだけであって、作品そのものをパラレルとか外伝だとか言ってるわけじゃないんだけど…
メタルギアソリッドレガシーコレクションに収録されてることからも「正史」って事がわかるはずなんだけどな
ちょっと勘違いしすぎでは?
[ 2015/08/23 02:33 ] [ 編集 ]
コメント返信

> MG1とMG2は「辻褄の合わないとこはパラレルと思って欲しい」って言われてるだけであって、作品そのものをパラレルとか外伝だとか言ってるわけじゃないんだけど…


言いたいことは分かりますけど
じゃあ自分の表現のどの辺がそんなに間違ってるってことになるんですかね?

まさに自分は作品そのものを外伝扱いなんかしてないと思うんですが。


> メタルギアソリッドレガシーコレクションに収録されてることからも「正史」って事がわかるはずなんだけどな


じゃあレガシーコレクションに入ってたら正史で、
レガシーコレクションに入ってないOPSとかは正史じゃないってことなんですかね?

なんかむしろそれって安直じゃないですか?


例えば、

MG12のビッグ・ボスの性格がどう考えても3やPWからの同一人物だとは思えない感じとか、
(例え5でどう悪堕ちしようとああいうセリフは吐かないだろとか)
(この登場人物、絶対に後々に関係ないだろとか思う感じ)


一方、
OPSのビッグ・ボスの性格や設定、登場人物の流れ、MSFの資金の設定、
ああいうのは、特に致命的な矛盾があるワケでもなく、ちゃんとメタルギアの歴史の中に組み込まれそうな感じが
(ソコロフもジーンもパイソンでさえもちゃんと関連してそうな感じ)
ちゃんとしますよね?



つまり、自分でメタルギアの歴史を妄想するときに

どういう部分を採用して、どういう部分を無視するかということですよ。


OPSは、いくら正史扱いされてなさげでも、自分は組み込まれると思います。

MG1、2の設定とかキャラとか歴史の流れとかは、もう正直全然つながるモノではないと思います。


そりゃ、もの凄い大雑把に
ビッグ・ボスが悪者になって、
アウターヘブン作って、
フランクイエーガーとスネークがザンジバーランドで(地雷原で)戦ったことがあって、
最後にビッグ・ボスは倒された。


まぁこの大雑把な「流れ」だけは正史だとは思います。


でもそれ意外の細々とした部分はもう無視するレベルで、別の平行世界の出来事レベルだと思ってるんですが。

正直、自分もなんか書いてますが
「グスタヴァ」だとか「ホーリーホワイト」だとかのことを、
MGS1、MGS2、MGS4、のスネークが覚えているとは信じられません。



なんかそういう感覚ですよ。



> ちょっと勘違いしすぎでは?



どの辺が「ちょっと勘違いしすぎ」なのかよく分からんです。


レガシーだから正史!
レガシーじゃないから正史じゃない!って方がよく分からんです。


妄想をするときのさじ加減の問題では?

[ 2015/08/28 17:08 ] [ 編集 ]
pwって最後のビッグボスの勘違いぶりがあからさまにおかしくって、は?っ手感じで、シリーズいちつまらないなーと感じて一回しかクリアしませんでしたけども、今回Vがでるということで、ストーリー補完のために記事を読ませていただきました。ありがとうございます。pwは3と1を無理やりつなげるために、ああいうふうなおかしな勘違いをビッグボスはしてしまったわけなんですね。
[ 2015/09/02 00:46 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無し さん


>pwは3と1を無理やりつなげるために、ああいうふうなおかしな勘違いをビッグボスはしてしまったわけなんですね。


4で、ゼロとビッグ・ボスの両方とも、
ザ・ボスの遺志を間違えて受け取ってしまった、ということになっていますからね。


そのためにわざわざ死んだザ・ボスをAIにしてまで蘇らせて、
「AIのザ・ボスの行動に納得がいかないスネーク」というのをやらないといけなかったのでしょう。


でもこのへんも5でまた変わってくるかもしれませんけどね。

今絶賛5プレイ中ですが、
どうも「ゼロの意思」というものも怪しくなってきてます。

ゼロの意思なんてものは無くなって、勝手にサイファーが暴走しているとか
スカルフェイスというのが勝手に動いているとか、なんかそんな感じになりそうです。


そうやって考えると
ゼロもやっぱ素で悪い人じゃないよなぁという気分になってきます。

そして、4で老人になっちゃったゼロを殺したのやっぱりどうなんだろう?という感覚が蘇ってきます。

[ 2015/09/12 11:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30