ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  ダクソ2のDLCについて

ダクソ2のDLCについて

 
ダクソ2のDLC面白いですね。

最近のダクソプレイ話です。
どうでもいいチラシの裏報告系です。

あと
一周目、オフライン、ノー篝火クリアをしてきました。


アーロン騎士


もともと今自分のダクソ2のメイン使用キャラは、

・トロコン用3周目終了キャラ  (克服者の指輪もち 4周目でノー篝火をする予定??)

・ノーデス達成一周目終了キャラ (克服者の指輪もち 2周目でノー篝火をする予定)


ということになっていました。

で、この下のノーデスキャラで、一周目のDLCマップを全部クリアしたら、
二周目に突入して、そこでノー篝火やって、両手透明にして、
それでメインの対人用キャラにする予定でした。 (対人といってもやるのは青の守護者ばっかだろうけど) 

(一周目はあまりマッチングしない)
(でもDLCは一周目で全部終わらしておきたい、というジレンマ)


ですが、そんなことを予定していると、
DLCが3種全部出るまで、ずーっと特にやることがないような気がしてきました。

前の記事で、自分で「周回しろ」とか「新キャラ作れ」とか勧めておいて、自分で何もやらないのもなんだかなぁと。


だから、新キャラを作って一周目ノー篝火でも達成して、
そいつを「一周目固定キャラ」にしようと思い立ったのです。


つまり最終的に↓こうなる予定になります。

4周目以降 両手透明キャラ (SL上げすぎトロコン用キャラ 全スペル全武器所持) (超器用貧乏→無名?)
2周目以降 両手透明キャラ (メインの対人キャラ) (上質?)
1周目固定 右手透明キャラ (一周目で俺TUEEEするためのキャラ)  (筋バサ?)



この3人のキャラをメインにして、全誓約MAXになったらいいなぁ、という妄想なのです。



 
ノー篝火をやってみて思ったこと
あとDLCについて



で、ノー篝火について。
これはまぁ、やれば本当に誰でもできることなので特にいうことも無いのですが。


篝火に絶対座っちゃいけないというのは地味に怖いです。
マデューラに戻る度に凄い緊張します。


知らなかったこと
・始まりの篝火に触っても装備耐久は回復しない
・当然エストも回復しない
・でも敵だけはリスボンする


つまり、始まりの篝火は「強制的にマデューラに戻る骨片」のような効果なのでした。

この辺、回復するかしないかよく分かってなかった。
ひょっとしたらお情けで、始まりの篝火に触った時だけはボーナスで回復するのかと期待してました。
でもそんなことは無かったと。


で、クリア前は骨片とか修理粉とかかなり貴重重要になるかとビビってましたが、
結構簡単です。 余ります。

武器消耗を抑える指輪、マジ大切。 
あと、ぼけーっと「再生の指輪」つけてほったらかしてる時間が結構凄いです。 このためのオフライン。


修理の粉、全通しで10回も使わずに済むようにできてる気がする。手に入るやつだけで十分間に合う。
もし壊れたとしてもレニガッツになおしてもらえばいいし。


壊れかけた武器を両手いっぱいに装備して装備して、満を持して修理する行為は、
なんというかとても気持ちのよいものだった。

凄い満足感がある。 これを味わうためのノー篝火だと思う。


そして、武器消耗を気にするため
結果的にいろんな武器を現地調達で使っていく感覚が凄く面白かったです。
色んな武器が案外攻略で使えるなと気付かされました。


「武器が使い捨てタイプのダクソみたいなゲーム」があったら、
それだけで別の方向性の面白さになるのではないか?という感じ。

「ゲームにおいて武器は壊れるべきか?完全に消滅するべきか?」については結構考えている事がある)
(武器自体を鍛えるのではなくて、武器はどんどん壊して自分の熟練度を上げていくタイプとか)
(それについてはいつか書きたい)


エストは本当に飲みっぱなし。
それゆえに、エストの欠片を手に入れた時はとても嬉しいです。
たった一杯のエストがとても重要。 4ボスで飲むか飲まないか、くらい。


ノーデスほどではないですが
やっぱり「絶対死ねない感」はあります。
死んだら物凄い距離を戻されるところとかある。 
(特にヴェルスタッド戦では絶対に死ねない) 
(こういう時にノーデスの時のノウハウが役に立つ) (といってもタダの赤眼ガン盾だけど)


そんなこんなで無茶は出来ない。
心情的に手に入れられないアイテムがいっぱいある。

そして、クリア後にマデューラの篝火から転送しようとすると殆どのエリアが真っ暗けである。

その場所の篝火に点火していく、「擬似二周目」みたいなプレイがなんかすごく楽しいです!

ついでに松明で色んな所の明かりもつけていく。
効果は未だによく分かってないけど、そういう自己満足も2は楽しいのだ。
そこで拾えなかったアイテムを拾っていくのも。

やっぱりダクソは面白い。


あと地味に知らなかったこと。
巨人の記憶とか龍の記憶とかに入ってから出てくると、
これも敵がリスボンしてる。


小ネタ。

最後の監視者からデュナシャンドラは、あえて連戦を選択する。

なぜなら、一々王城ドラングレイグまで二回もいくのが大変だから。 (一回巨人の王を挟んで)

だから、最後の最後でドラングレイグの篝火に触れてから
デュナシャンドラのムービーが終わった瞬間に、PSボタンからゲーム終了すると、
ボス霧前に戻されます。

そこで羽根を使ってワープすると、バンホルトさんのサインとかも復活します。
あとは普通にデュナを倒せばオシマイってこと。


とにかく灯すタイミングとか順番とか考えるのは結構パズルっぽくて面白かったです。

厳しそうで厳しく無さそうでちょっと厳しい縛り。
そんでもって貰える指輪は、ノーデスより基本役に立つというのだから、
かなりオススメの縛りプレイです。


何度も言うけど、
自分が今までやってこなかったのは
やはり
一周目ノーデス
二周目ノー篝火で行こうと決めていたから。

そして、DLCの配信が始まってしまったので二周目に進むに進めなくなってしまったからです。

が、まぁ最初からノーデスを捨てるのなら楽しい縛りプレイだと思います。



DLCの感想とか

あとDLC面白いですね。 2つとも。


高低差のある、ギミックたっぷりの複雑なマップ。

色んな所が繋がっていく、開放されていく感覚。 ショトカ万歳。

常にエレベーターが動いている。 デモンズの坑道や、ダクソ1のアノロンを思わせる。
自動で動いているエレベーターというのはそれだけで常に緊張感をもたらしてくれる。

敵の攻撃がかなり痛い。
でも、敵自体もそんなに硬すぎるわけでもない。
ザコも自分も、2、3撃くらうと死んじゃうようなバランス。


そしてボスはどれも、協力プレイのしがいのある強敵ですね。
特に3馬鹿、エレナは、かなり白ファンしてて楽しい。

DLCで手に入る武器、指輪、魅力的なのばっかりです。
かゆいところに手が届く感覚です。 むしろかゆいところに手、届きすぎ。



こんな言い方はアレだけど、本編より面白いのは確実。

ていうかダクソ1のDLCよりも面白い。 

(勿論アルトリDLCはムービー、ストーリー、しゃべるNPCなどが用意されている点では2のDLCに勝る)
(2は相変わらず、ストーリーがソウルやアイテムの説明文から得られる情報だけだからね)

(でもマップの面白さ・攻略の面白さという、プレイング自体の面白さなら、明らかに2のDLCのが面白い)



なんでこんなに面白いのかよ。

ここまで面白いのなら、なんで本編のマップとか、もうちょっと頑張れなかったのか、とか考えてしまう。

(一応言っておくと、自分は2のシステムは全体的に良くなったと思っているスタンス)
(2の弱い所はマップ構造とストーリーだけだと思っている)


でも、今回ノー篝火をやってみて、思うこと。


やっぱりダクソ2本編は、ノー篝火くらいの「地味な縛り」をいれて丁度いいくらいの難易度になっているのだと思う。
縛ると光る面白さ。 

エンチャしたら即死級のボスとか、
マルドロとかトーマスみたいな、あそこまで嫌らしい鬼畜NPCがいたら困るのだ。

きっちりやれば、誰でも一度も死なないようにクリアできるように、
理不尽な死に方はしないように、ダクソ2の本編は作られているのではないか。
(対策すれば誰でもノーデス指輪を取れるように)


だって、このDLCの出るスピードからして、ある程度は、DLCは本編と並行して作ってたと思うんだよ。

チャレンジルートの難易度だけ明らかにクソむずくしているのと同様に、
DLCと本編で「嫌らしさ」を明確に差別化してたのではないかと想像する。


だから、DLCになってから本気出したって訳ではないのかもしれない。



例えるならエレーミアス絵画世界みたいなもんかもしれない。
(あそこも難易度高めで隔離されている 隠しステージみたいな位置づけ)
(そして自分が1で一番好きなマップがエレーミアスかも)

もしあの絵画世界が未完成で、DLCで後から出されていたら?
そんなダクソ1があったらどんな評価になっていたか? ・・・そんな感じ。 2はそんな感じ。


最初っからDLC全部入りで出ていたら、世間一般のダクソ2の評価は変わっていたかもしれぬ。 惜しい。



まぁそんな感じなので
みんなダクソ2のノー篝火とかやればよい。

(二周目以降で「鉄王の冠」つければ、もうヌルすぎて縛りでもなんでもないかもしれんけど)

やっぱダクソ2面白いって思うよ。

関連記事
[ 2014/08/31 11:00 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(3)
ダブルスツール
DLC全て終わっての感想について教えてもらいたいです
(自分は面白さは2>1≧3くらいの感じでした)(3はチャレンジルートが微妙だった)
[ 2014/10/26 13:14 ] [ 編集 ]
自分はDLCプレイ中、レトロゲームをやってる気分になりました。まあ自分は最近の若者ですし、ゲームもあなた程そうやり込みすることもないようなゲーマーもどきなのでこんなことを言うのはあれですけど、「ああ、ゲームってこんなのだっけ」って感じでしたね。小さい頃叔父のメガドライブやファミコンにしがみついていたのと同じようにプレイできました。DLC2の黒霧が顕著でしょうか。ダンジョンを攻略していく楽しみというか、何というか。語彙がないのが悔やまれる。
いやでも、ダクソ2は面白い。
...昔のようなゲームはもう出ないのでしょうか。

個人的には2>3>1
[ 2014/10/28 13:56 ] [ 編集 ]
コメント返信

> 筑前煮 さん


> 「ああ、ゲームってこんなのだっけ」って感じでしたね。小さい頃叔父のメガドライブやファミコンにしがみついていたのと同じようにプレイできました。DLC2の黒霧が顕著でしょうか。

なんか分かります。

とくに黒霧の塔だと
壊れていく地面をどんどん降りていくところなんか、
物凄い「ゲームやってる!」って感じがしました。

なぜか3Dのゲームなのにあそこは2Dチックに感じますw



> ダブルスツール さん

これはひょっとしてツイッターで自分が言ってたダブスツの案でしょうか。
ありがとうございます。



> DLC全て終わっての感想について教えてもらいたいです


DLCについてはまた記事で書きたいような、でももうダクソ2だけで記事書き過ぎなような、複雑な感じです。

とにかく全部面白くて良かった良かったという感じですね。


自分も終わってみると第二弾が一番面白かったような気がします。
ボスも、道中も、マップのギミックも。

1も3も十分面白いんですけどね。


DLC1は終わってみるとちょっと静かな雰囲気すぎたかな、と。

DLC3、敵の手応えは一番ここがキツイ気がしますね。
ゴーレム、ハリネズミ、後ろから襲ってくる巡礼、壁守人・・・ホントヤバイです。

3は、ボスがアーヴァ×3と、あとは白王だけなのが
最終的に味気なく感じるのかもしれません。


DLCの感想記事をいつ書くか、ですが、
今はサイコブレイクをやっているので、あれをトロコンしたら
すぐにダクソ2に戻ると思います。

DLCが3つ終わったので、
やっと3キャラ目を2周目に進ませることが出来るようになりました。
この2周目、
自分は、鉄王つけて、オンラインで、青教で、ノー篝火達成しようと思っています。
侵入されたときは擬態して、守護者待ちでやってみたいです。 その予定について考えるだけでワクワクします。

それで2周目クリアして両手透明キャラができたら、記事を書きたいですね。
そのキャラで青守護やりまくって、オーラ持ちにさせたいです。



で、その前に、もうちょっとだけマラソンしないといけないのですね。

ロイエス装備一式が凄いカッコいいから
光る楔石をちょっと集めておきたいのと、

「壁守人装備」も滅茶苦茶かっこいいので一式集めておきたいというのがあります。

そういう意味では、DLC3は装備が魅力的でしたね。


チャレンジルートは、映画「八甲田山」を思い出しました。

それもまた面白かったのですが、
一発ネタみたいなところはありますね。

自分もあそこは「生身指輪」拾ったら帰ってしまいますw

(そして生身指輪は凄くいいアイディアです モブ擬態 コスプレが活きます)

[ 2014/10/29 18:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -