ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  3DCG >  仮設仮設5号機

仮設仮設5号機


最近は何をしとるのかというと、仮設5号機の3DCGを作ろうとしております。

エヴァンゲリオン仮設5号機

エヴァンゲリオン仮設5号機

『封印監視特化型限定兵器 人造人間エヴァンゲリオン 局地仕様 仮設5号機』

にしても最近「ブログへの出力」が凄く面倒くさくなってる気がする。 やってることは色々やってるつもりなんだが。

「気がついた時にはかなり完成してしまっておるではないか」という感じ。
まぁこっからが完成させるまでが大変な気もするけど。


ところで自分が3Dモデルを作るとき心がけてることの話をする。

出来る限り、ポリゴン数は少なくなるようにしているつもりなのです。 これでも。


なんか出来上がったポリゴン数を自慢したり、競ったり、膨れ上がる頂点数を面白がってるような人いるけど(ブーメラン?)
本当は自分は、求められるディティールに対する最小のポリゴンで作ることを、常に考えているつもりなのです。


つまり、無駄に分割したり、無駄に円柱の多角形を細かくしたり、そういう水増しは一切してないつもり。
スムージングが破綻しない程度の、ギリギリの滑らかさ。
求める形を表現するための、最適で最小の解を求める。 

そんな「トポロジーのパズル」のようなつもりで、やっているのです。
(ホント、四角ポリゴン縛りで繋げるときには、そんなパズルに迷い込む時がある)


逆にどういうのがダメかというと、
単に無駄に細かく分割されただけのプリミティブ(球とか円柱みたいなの)を
テキトーにグニャグニャ曲げただけの粘土細工みたいな作りで、
ディティールがテキトーな割にポリゴン数だけデカくなってるみたいな奴。
 ああいうのはいけません。

他にも、ロボ系とかで、そこは平坦なのに無駄にナイフで切って分割してるような奴。 ああいうのもダメだと思う。
(一方、ベベルとかでエッジを出してるのは仕方がない。 意味もなくポリゴン水増すのがダメ)

仮設5号機

↑、例えばこういうのだって、
「この足にこんなふうに配置された穴っぽこを、四角ポリゴンだけでどんな風に繋げるか」それを考えてやっています。
で、穴自体は6角系なのです。 ホントギリギリを狙っているのです。 (まだ無駄があるけど)


まぁそんな感じ。

最終的に、ディティールを追い求めすぎて、結果的に凄いハイポリになってしまう事はあるかもしれない。

でもそれは「結果」であって、最初から無駄にでかくなればいいとか思ってやってるのでは無いってことです。

そこんとこ履き違えてはいけない。 目的と手段を取り違えてはイカン。
同じようなディティールなら、軽いほうが間違いなく良いんだから。


『こんな大作作ったぜー!感』を欺瞞するために、そういうことをやってはダメ、という話でした。

関連記事
[ 2015/01/27 09:54 ] 3DCG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -