ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  FF7リメイク問題

FF7リメイク問題


女装クラウドさん

気づいたらなんかアレな絵が出来てた。
うん、大失敗。 知るか。
偶に人間を描くとこうなるんだよ。 知るか。


まぁそんなことは置いておいて、「FF7のリメイク」ですよ。

FF7リメイクといえば、都市伝説ですよ。エイプリルフールの定番ネタですよ。
「これがなされるときはスクエニが潰れる時」とか
そういうことがまことしやかに語られるような、与太話レベルの話題だったのですよ。

それがマジニなってしまったワケですよ!

まぁ、普通に考えて冷静に考えて超興奮モノなので
色々なことを山ほど考えてました。
主に「リメイクした時に何が問題になるか」ということについて。


それについて思ったことを延々と垂れ流すだけの記事です。
はい。 単にリメイクを肴にして7について語りたいだけです。


これもまた本当にクッソ長い妄想垂れ流し文章です。



 

FF7リメイク問題

◆女装クラウド問題 および 8頭身問題

まぁ基本はこれ。

リメイクで頭身が上がること。
グラがデフォルメ二頭身キャラではなくリアル八頭身になることにより
それまでなんとなく誤魔化せていた描写、
なんとなくコミカルに茶化せていた描写、
そういうのが全部ハッタリが効かなくなります。

クラウドさんは、リメイクでも全力で女装をしてくれるのか??
そしてその女装はどんな感じのヴィジュアルになるのか??


(まあ、クラウドさんの女装への思い入れは凄まじいものがあるからな)
(大空洞に乗り込む時よりも蜜蜂の館に乗り込むときのほうがクラウドさんはテンションが高い)
(・・・ということを「解体新書」でも指摘されているくらいには)

という問題です。

・・・
まぁこの問題については、よく語られるワリには
別にそんなに気にしてはいません。


ライトニングさんの弄りっぷりとか、
FF15でホストが楽しそうにバーベキューしてる姿とか、
多分スクエニは、そういうの分かってやっていると思うので
多分全力で乗っけて行く姿勢でやってくれると信じています。


つまりまぁ期待していいはずです。


というわけで問題は女装以外の諸々のことですね。

蜜蜂の館とか。


ちょっと
「これ、リメイクする際にそのまんま描写できんのか?」っていうイベント等を
大体ストーリー順に思いつくままに並べてみようと思った。

なにがリストラされるか。改変されるか。

ちなみに、野村哲也もグラフィック向上だけではないと言っている。
http://www.4gamer.net/games/305/G030589/20150618060/


・クラウド転落死問題
 クラウドさん、エアバスター戦後にプレートの上からスラムまで真っ逆さまに転落します。
 普通死にます。 が、なんとなく生きています。 お花畑がクッションになって。

 このシーンはプリレンダムービーだというのにクラウドさんは二頭身人形モードです。
 やはり人形のコミカルさがないと誤魔化せないのでしょうか。

 ではこのシーンが無くなるかというと、そんなことは無理だと思う。
 ここで「ザックスの初登場と瓜二つである」ということがエアリスにとって超重要だし、
 そのネタはクライシスコアで拾われています。
 どんなにシュールであっても、クラウドさんはプレートからダイブしないといけないのです。


・ウェッジ転落死問題
 この人も相当高い所から落下します。 そんでこっちは普通に死にます。
 これがどう描写されるのか。
 真っ赤なトマトになるレベルなのだが、リアルに描写するとエグすぎる。


・蜜蜂の館問題
 まぁ、これ。 リメイク問題の基本中の基本。 CEROはどうなる。
 誰もがこれを気にしているので、もはや語る必要もないくらい。

 でもこのイベントはいま見てもマジでキチガイじみてるんだよ。 ムッキーやばすぎる。


・男男男問題
 ウォールマーケットのもう一つの珍イベント。
 ですがクラウドが (が模倣しているザックスの人格として)
 スクワットが得意であるというネタはワリと重要な気がするし、
 クライシスコアでもザックスはアホほどスクワットし続けています。

 ここを逃すと7のスクワットネタはニブルヘイムまで無くなってしまいます。
 ・・・というわけで意外と拾われるかもしれない珍イベントなので、注目です。


・ツォンはエアリスをビンタ出来るのか問題
 クライシスコアのツォンのことを考えるともうビンタなんか出来なさげな気がする。 キャラが違う問題。
 まぁそういう外伝フィードバック問題については後に語ります。


・ジンクバッテリーよじよじ問題
 あのロッククライミング具合を本気で表現するのかそれともボツにするのか・
 でもこのときのバレットのセリフ好きなんだ。


・神羅ビル階段問題
 「また神羅ビルの非常階段を延々と登りたいなぁ~」と思っている人は多いはず。
 リメイクされた、広大な、美麗な、神羅ビルでこそ、
 またしても延々と非常階段を登りたくなるというモノですね。 きっとシームレスだ。
 後は、まぁ、カメラが自由に動かせるゲームになっているでしょうからまぁ云々かんぬん。


・神羅ビルスニーキング問題
 60階辺りのあの変な「だるまさんがころんだ」みたいなイミフ要素をやるのかやらないのか。
 まぁ形を変えてスニーキングミッション的な感じにするのかもしれない。
 あと上階にいった途端に社員がクラウドたちを全く怪しまなくなるワケだが、
 八頭身の「あのコスチュームの連中」をみても怪しまないというのはもう通用しなくなる気がする。


・ナナキはエアリスを押し倒せるのか問題
 ナナキは「宝条を騙すレベルの演技力」でもってエアリスを襲わなきゃイカンわけなのですが、
 そんな絵面再現できるのか、という問題ですね。
 (そもそもあんなやり方で「種の長命化」が出来るのかというツッコミが)


・ダクトハイハイ問題
 結構7にはダクトを匍匐で進んで行くシーンがあるんだけど
 8頭身のクラウドさんがトイレのダクトをハイハイしながら進んでいくシーン、
 そういう攻略、そういう操作体系が用意されるのか、というのが地味に気になります。 臭うわね。


・正宗刺しっぱ問題
 プレジデント神羅を殺した時のジェノバが政宗を刺しっぱなしにしているというオリジナルのツッコミどころ問題です。
 あれ、いつ回収したのか。 そもそも「擬態が持っている武器ってなんなのだ?」という疑問やら何やら。
 (セーファ・セフィロスに生えてる右腕が本物の正宗なの?)
 この辺を綺麗にまとめるのかどうなのか。


・おかしな組み合わせ問題
 「おかしな組み合わせだ」 ←このセリフが好きすぎるんだが。
 おかしな組み合わせだ
 このシーン、この絵面、シュール過ぎる。 本当におかしな組み合わせ。
 でも、なんとかして、このシーンをこのセリフこの絵面このシュールさのままでリメイクして欲しいんだが、可能だろうか。


・プリシラ人工呼吸問題
 人形劇だから許されていたけど、
 リアルグラフィックになったら、シャレにならない。 「事案」である。
 そして何よりも、「劇中でのクラウドの唯一のキスシーン」がコレになってしまう。
 カプ厨にとっては許されざる大問題のシーンでしょう。

 そもそも、その後の「イルカジャンプ」というイベント自体がシュールすぎて。

 まぁそういう諸々の問題があまりにテンコ盛りなので
 プリシラの人工呼吸イベント自体はかなーり没にされる可能性が高いと思います。
 だがあの、「肺ゲージ」の超絶シュールさというのも、7の味だったと思うのだ。


・視聴率問題
 これも没になってもおかしくなさそうなイベントなのだが、自分としては是非やってほしい。
 自分は「ルーファウス歓迎式典」が好きすぎる。
 これがフルボイスで歌われることで、初めて「公式の譜割り」があきらかになるのです!!
 そういうのがあるので、絶対に歌って欲しいと思う。
 「こっちゃこい!」 あの隊長のキャラ最高すぎる。



・マシュマロかぶった熊問題
 まぁ、セーラー服着たバレットとナナキがどういう動きになるのかは必見ですね、と。


・ジェノバ擬態問題
 ジェノバ・デス戦。
 ところでオリジナルで全く以って表現できていなかったであろう部分が、
 ジェノバの「擬態能力」の設定だと思う。

 ジェノバの持つ擬態能力は「物体X」とか「寄生獣」とかに匹敵する、いやそれらも超えているような能力なのだが、
 そういう「擬態シーン」は、劇中でイベントでもムービーでもロクに表現されてこなかったのだ。

 だから下手すりゃ、ジェノバが寄生獣のパラサイトみたいなヤツであるということを
 すっかり忘れているプレイヤーさんも結構いるかもしれない。

 だが、本当は「そう」なのだ。

 PS4の能力をフルに使って、モーフィングのようにグニャっと擬態するシーンを全力で表現してほしい。
 「え!? ジェノバってそんなヤツだったっけ!?」と驚くほどのことをやって欲しい。


・デートイベント問題
 まぁこれは是非ともやって欲しいイベント。 あのシュールな参加型ミュージカルも。
 むしろ「バレットとデート」みたいなトロフィーが用意されてそうな、そんな予感すらする。
 (いやほんとに真面目にそういうトロフィーありそう)
 もしこれをやるんなら、隠しパラメータの好感度システムとかも継続しないといかんのだが。


・ゴールドソーサー問題については後に延々と語る。


・ちょっと背伸びパンツ問題
 何が問題だ


・しょうめつマテリア問題
 ニブルヘイムの神羅屋敷の地下でセフィロスに出会った時のイベント。
 クラウドにマテリアをぶつけたり、そのあとフワーと飛んで行ったり、
 かなりシュールなことをしてくるセフィロスさんなのだがこの辺どうなるのか。


・古代種の神殿カール問題
 またカールに追いかけられるのか、追いかけられないのか、それが問題だ。


・エアリス馬乗り殴打問題
 これこそ、FF7を8頭身キャラでやるにはエグすぎる描写の相当上位ランクだと思う。
 下手すりゃ1位
 だからこそどうするのかが気になるのです。


・エアリス死亡問題については後に延々と語る。
 (ところで、リメイクのジェノバ・ライフ戦でも、自分はユフィを連れて行こうと思う)
 (エアリスが出血するかどうか、というのも気になる所 お前の血は何色だ)


・イリーナローリング問題


・半袖登山問題
 クラウド達は「ガイアの絶壁」を、半袖薄着の服装のママで登ろうとするわけです。
 (その間やることは、シバリングで体温を上げるということのみ)
 (山を舐めるな)

 これを8頭身でやるのはシュールすぎるので、少しは登山用の服とか着るだろうか?という疑問です。

 でも、もし仮に登山用の服装を全キャラ分用意した場合、
 そのあとの「ウェポン覚醒のシーン」でティファが厚着してたら怒るファンの人は必ずいると思う。
 つまりこれは、ティファは厚着出来るのか出来ないのか、という問題でもあるのです。


 まぁ、別に8頭身キャラでも薄着のまま雪山を登るゲームあるよね。
 (まさにFF10なんかも、あの格好のままでガガゼト山登るワケで)


・シスターレイ歪曲問題
 これは後に語るワールドマップ問題ともつながる。
 シスターレイはミッドガルから北の大空洞のバリアまで一直線に撃ちぬいていたのだが、
 地球の曲面はどうなっていたのだ? 
 「陽電子は地球の自転・磁場・重力の影響を受け直進しません」ってやつなのか?


ここでオワリ。
まぁ大体こんな感じです。


◆反原発テロリズム問題

↑で挙げてみたのは
「絵面的に、グラフィック的に」リメイクが困難、またはリメイクがどうなるのかが気になりそうな箇所について
考えたヤツでした。

では次は
「内容的に」今考えるとやばそうなヤツについて。


真っ先に考えられるのが、そもそもFF7の序盤にやってること、
「アヴァランチがやってることが反原発テロそのもの」って問題ですね。
(本当に、911と311のコンボみたいな重すぎるテーマなので、ヤバイ)
(911、311以前なら別にどうということはなかったのだろうが)
(この辺で何か改変は入るだろうか)


この問題に関しては一応、劇中でも後に
バレットはリーブに説教されて反省します。

でも、「反省する」ってことは、あのやり方が完全に間違っていたと認めるというワケで、
「じゃあ魔晄炉爆破で死んだ人達の人生は何だったのか!?」
「主人公は殺人鬼のテロリストなのか!?」
ということになってしまうわけです。


◆代案ナシ問題

↑で書いたのは主人公達の前半の行動の問題点だったけど、
今度はもう一つ、主人公達の後半の行動の問題点について。

(クラウドのせいで)メテオ発動後、
神羅はあの手この手でメテオを止めようと努力しています。

ヒュージマテリアを集めたり、ロケットぶつけたり、色々やってます。

その全てを主人公達は「星を守る」という大義名分の元に「邪魔」するんだけど、
では主人公達がメテオを止める「代案」があったかというと、実は「ノープラン」で邪魔しているのです。

神羅は、神羅なりにメテオやウェポンを止めようとしている。
主人公は尽くそれを邪魔する、という構図になっています。

本当に、主人公達が代案について考えるのはロケット作戦失敗「後」であって、
それもブーゲンハーゲンに教わってから分かります。
(あそこでロケット作戦が成功してたらFF7はハッピーエンドだし、そのことをバレットすら期待していた)


この辺はいま考えるとかなりお粗末かもしれないので、イベントの順番を変えてくるかもしれません。

FF10で主人公達がシンを倒す代案ナシにユウナレスカを感情論で倒すのと同じです。
彼らは倒してから対策考えるのです。


◆殺人問題 戦闘システム問題

これは前にドラクエとFFについての長文を書いた時にも触れた問題だけど、

ゲームの絵面がリアルになればなるほど、
「主人公が人を殺している」という事実が、描写がエグくなり、
その結果、殺人に「より説得性」「より必然性」が求められるようになるワケです。


これは、戦闘がどういうシステムになるのかにも関わってくる。

もしも「コマンドライク」なゲームなら、
まぁ倒した敵キャラは記号的に消滅させればまだまだ誤魔化せますが、
もしも「バリバリのARPG路線」で行くなら、
クラウドさんがバスターソードで敵ソルジャーをバッサバッサと斬り殺しているのは
逃れようがない事実になってしまうワケです。
(FF15のPVとかでも、戦ってるのはモンスター相手オンリーだからなぁ)
(人間相手にリアル路線の絵面で戦うというのは結構エグい)

で、そういうのをどうするのか。
上でも言った通り、FF7の序盤の殺人は「誤った目的と手段」のための殺人だったというのに。


「クライシスコア」では、こういうの問題を
ザックスさんが「るろ剣」よろしく「殺さずの掟を課す」ことで解決していました。

どうすんの?
クラウドさんも、ザックスのミームを受け継いで「殺さず」をやるのか?

バスターソードの見た目が、到底実用に耐えなさそうな鉄の塊であることの理由にもなる。

実際、クラウドさんはずーっと「ザックスの真似」をしているのだから、
「クライシスコアでザックスさんがそういう信念で生きていた」という事実も模倣しないとおかしい気がする。

・・・てなことを考えると、
ワリとマジに、リメイククラウドさんも「殺さず」路線で行くような気がしてくるんだけど、どうなんだろ。


◆キャラデザ問題

キャラデザには関しては
まぁ、メインキャラについてはACやらCCやらでやったような感じで別にいいと思います。 
それ以外のキャラも、大いにリファインしまくってくれていいと思う。


ただ、一個だけ気になる奴がいます。
そいつは「ディオ」


こいつだけは、ゴールドソーサーに初めて行くときのムービーで
↓彫像になっている姿が出てしまっています。
ディオ像

つまり、なんというか、こいつだけは
「ハイポリの姿としてムービーに登場している唯一のモブキャラ」というか、
そういうヤツなのですね。

一方、
更にこいつは「ディオ画」なるモノが用意されていて、
↓なんかリアルな肖像画も描かれています。
ディオ画

こんな風に複数の描かれ方をしてるイミフなキャラは、ディオくらいのモンでしょう。

ほんとにどうすんだよ。
マジでこの「ディオ画」を基準にしてリメイクしてきたらどうなってしまうのか。
パンツ一丁のフレディ・マーキュリーみたいな奴が遊園地内を巡回してるんだぞ!?
八頭身のディオはキモい。

まぁそういうこと。
FF7のキャラデザを一新することで
一番問題になるのは、意外にもディオ! 流石ディオ!
そういう事が言ってみたかっただけです。


あと細々とキャラデザで気になる所。

・ナナキのしっぽが燃えてる設定って、リアルなグラで再現するとかなりシュールだと思う。
 リアル世界にポケモンが舞い込んだみたいな。 歩きタバコよりも危ないだろうがと。

ブーゲンハーゲンとか、ハイポリの姿が想像することすら出来ない重要キャラとかいますよね。

ゴドーとかウータイ五重塔のあの辺のキャラは
 やっぱり戦闘に入るとクリーチャーに変貌するのかって疑問。

・あとは「ティファパパ」
 いい加減名前付くのかどうか、ってのが地味に気になります。

「ファミレスのガスト」みたいなテキトーな名前とかも改変されたりしないだろうか


◆システム面問題

システム面で、今考えるとこれどうなの?ってヤツについて考えていきます。

例えば
まぁすぐに思いつくのは「PHSってナニソレ?」ってヤツですね。

これはまぁケータイとかスマホとかに変えれば良いわけですが、
「FF7と言えばPHSだろーが!」というファンもいそうなので困るかも。

・・・いや、そういうことではなくて
「そもそもPHSとかそういうのがメニュー機能に必要か?」という問題ですね。

もしオープンワールドになるのなら、
ワールドマップとその他のフィールドの区別なんか無くなるワケだから、
やはり「パーティー編成」は「パーティー編成」でしかないのではないか。

というか「メニュー画面」と言うモノ自体が、
なにかケータイ的なデバイスをチャッと取り出すことで呼び出せる・・・
そんな感じになるだけではないかと思う。

そもそもパーティー編成について。
パーティー? パーティーは何人制なのだ? そもそもどういう戦闘になるのだ?
そういうことを考えだすと今度は戦闘のリメイクはどうなるのかという
別の問題につながってくるのでここらでやめておく。


◆マテリア問題

マテリアシステム自体は、
これはもうなんとしても残して、いや残した上でバリバリに進化させて欲しい所。
まぁこれに関しては別に心配してない。


でも気になることが一個だけある。

ある意味7で一番変だった現象は、
神羅ビルの頂上とかで「離れた別のパーティーにマテリアをワープさせて受け渡ししていた」ことですかね。

別パーティーの目線に切り替わる。 操作キャラが変わる。
そんな時に、プレイヤーが持ってるマテリアは有限なので、何らかの形で「受け渡し」をしなければならない。

でも、そういう受け渡し方法を現実的に表現する術がないので、
とりあえずメタ的にワープさせるしかなかったワケです。

こういう「ゲームだから仕方ないジャーン」な部分を、リメイクで解決するのか。しないのか。

結局、「持っているアイテム」と言うモノは、
なんとなく時空を漂っていて、なんとなくプレイヤーの手の内にあって、
視点がどう変わろうが、いつでもどこでも取り出せるモノなのでしょうか?


自分はそういうことが妙に気になる。

多分かなりどうでもいい問題だろうに、
こんなことについて延々と語ってしまっている。


◆フルボイス問題

FF7のテキストは、結構はっちゃけていたと思います。
変なテキスト多いです。

実際にこれどう演技するの?というテキストが山ほどある。


まぁそれでも、クラウドとかメインキャラが声をだす部分についてはそんなに気にしてはいません。

「ウヘヘヘ……俺は何をした!」にしたって、
きっと怪演してくれる筈。 凄いシーンになるはず。

(いや、セリフごと変えられるかもしれんが)


あとまぁ地味に、またクラウドさんが
「とらわれた天使の歌声......ゼノ......ギアス......」を言ってくれるのかどうかとか
そういうのも気になります。
(別にスクエニがゼノブレイドの宣伝をしてやる義理もないし)


ジェシーは「ウカツ!」とか言っています。

今、「ウカツ!」とかフルボイスで言われたら、どこの忍殺語だよ!ということになってしまいます。
これ、どうなるのか、ジェシーファンは注目ですね。


で、
「7のテキスト部分のお遊び」の最たるものと言えば、ハイウインドのあいつでしょうね。


Lv14

? ?

ニア 行ってくれ!
   待てよ



おう、こんなん、どうリメイクすんの? ん?

ハイウインドのパイロットがどんどん増長していく。 クラウドのテンションも釣られて意味不明になっていく。
その様子を、なんとかして完璧にリメイクして欲しい。 相当困難だろうが。


あとは声系の問題としては
宝条役の人がお亡くなりになられているというのがありますね。

エアリスのセリフはそのまま読むとかなり舌っ足らずでイラッと来ると思うんだが
どうなのだろう。 これはCCでも思ったが。


◆テキスト問題 その2

これはほぼ誰も考えていないであろう問題。

FF7の謎解きは結構変なのありましたね。

「神羅爆発!」とか
「空のない白と黒のウラ」とか。

自分は、ああいうのが海外版でどんな風に翻訳されてるのかが妙に気になって仕方がないのですよ。

で、
こういう
「翻訳しずらそうな」
「日本語圏に頼りすぎたような」
「文化的内輪ネタに寄り過ぎたような」
そういうネタ、謎解きは7以降、身を潜めてしまったと思うのです。

それはまぁ、FF7で大々的にインターナショナルとか売るようになったからなのだろう。
(いや、それ以前のFFも海外展開はあっただろうが)
(それでも一気に海外人気とかローカライズを先に意識するキッカケにはなっただろう)
(7が海外で売れまくったということは)

だから8以降は、翻訳に困るようなネタとか謎解きとか、
日本語でしかありえんようなダジャレとか言葉遊びが激減したと思うのです。多分。


だからこそ、
今回のリメイクでああいう7の変なテキストの謎解きとかが
消えるのか、消えないのか、というのは結構自分は気になっています。


まぁ、謎解き系はほぼ形を変えてくるんじゃないかと予想しています。
新しい神羅ビルになったというのに、また同じ謎解きをさせられても仕方が無いし。


◆オープンワールド問題

で、7をリメイクするなら、
オープンワールドなの?そうじゃないの?というのも気になる所。


自分としてはぶっちゃけ
神羅ビルとミッドガルとゴールドソーサーの作り込みさえ凄けりゃ、
あとはどうでもいいですよーと思っているところがあるのです。

(それは結局、「ローカルマップ的な名所」しか期待していないということ)
(常に全体の開けたフィールドと繋がってる感じなんて、そんなに重要だろうか?)

そういう意味じゃ、全然オープンワールドとしての凄さ、広大さとかは求めてないことになる。
というかピンと来ない。 FF7をオープンワールドにしたときの凄さというのが。


でもこういうのは多分、自分の想像力が追いついてないだけなんだろう。


7で初めてミッドガルから脱出したとき、
初めてワールドマップに出たとき、
あの感動、あの開放感は、物凄かった。


その「物凄さ」を再びリメイクするのなら、
マジなオープンワールドにするのが妥当、というのも分かります。

だからまぁ、とにかく頑張ってくださいとしか言えません。


あと気になるのは、リアルタイムに昼夜の変化とかがあるゲームになるかどうか。

例えば、
「ジュノンはずっと夕焼けじゃなきゃ嫌だ!!」とか
「ゴールドソーサーはずっと夜景じゃなきゃ嫌だ!!」とか
「コスモキャニオンはずっと夕焼けじゃなきゃ嫌だ!!」とかいう意見も分かります。

(ところでこれ書いてて思ったんだが、ジュノンは朝焼けだろうか?夕焼けだろうか? どっちかワカランのだ)
(コスモキャニオンは夕焼けで確定だろう。 これはなぜか確信が持てる。
 ということは海を挟んだジュノンは朝焼けってこと?)


そもそも昼夜が進行するゲームだと
メテオ発動後に何日経ったとかが明らかに分かってしまうわけで、それもどうなの?ということになる。
(まぁオリジナルでも別に何回宿屋に泊まろうが、ただちにメテオは降ってこないのだが)


◆ワールドマップ問題

で、オープンワールドにするなら世界地図はどんな感じになるのかっていう問題です。

昔のRPGは、全体マップが四角い地図で、
上下と左右がループしていました。


実はこれは意味不明なのです。 北極と南極がつながっているのです。

だから、RPGの地球儀はトーラス型、ドーナツ型をしていると、よく指摘されます。

(まぁ実際はドーナツ型なんかしてなくて
 単に四角いループしてる地形を、表面上だけ球面状に曲げて表示させているだけなんだろうけど)

(そうなると次に気になるのはFF2の地球儀とかFF8の地球儀の表示の方法だ)
(未だにアレどうやってるのか、謎)


でまぁ
FF7のワールドマップもそういう上下左右ループ型でした。

こういう部分を、オープンワールドにする際に直すのか、直さないのかが気になります。
地図のデザインごと書き換えてしまうのか?

もしも「正しい地球儀形式」にするのなら、
例えば「ナイツオブラウンドの島」の位置とかは、南極にあるのか、北極にあるのか?


あとはまぁワールドマップ関係で気になるのは
ハイウインドをちゃんと自分で飛ばせるのか、
それともFF10みたいな形式になっちまうのか、とか
海チョコボ、バギー、タイニーブロンコ、とかの地形的謎解き要素があるのか、とかなんとかですね。
ミドガルズオルムも避けたいですしね。


◆背景けずり出し問題

コスモキャニオン

FF7とFF8の背景で何が違うかというと、
「背景のモデルをミニチュアのように切り出した表現」をしているかどうか、ということになります。


7は「壁に穴を開けて覗き込んだような表現」を多用しているのですね。
(「コスモキャニオン」とかがその最たる例)
現実的ではないけど、「部屋の形状とか全体の形」が分かりやすくはなります。

(8でも例外はあります アジト列車の車両内とか)
(9では一週して、また7みたいな表現してる場所が増えた)
(アレクサンドリアの尖塔とか リンドブルムの宿屋とか)
アレクサンドリア尖塔

つまりまぁ、8の背景のほうが「リアルな視点」をしているということですね。
カメラが壁の向こう側を透視したりしない。
現実と同じような存在の仕方をしているということです。
(多分、8の背景を3Dでリメイクしても違和感は少ないと思う)



でも結局は、7、8、9も、同じ2Dの背景なのです。
10以降は背景も全部リアルタイムレンダの3Dになったので、
もう「こういう表現のどっちを取るか」という選択自体が、不可能となったのです。

もうカメラは、建物の中に収まるしかない。

ではこれをリメイクするとどうなるか??

当然、7のリメイクでも背景は全てリアルタイムの3Dにするしか無いでしょう。
当然、カメラはその3Dの背景の中に収まるような挙動をするしか無いでしょう。

すると、コスモキャニオンは実際どうなる?
ブーゲンハーゲンの部屋は実際どうなる?


イメージが出来ない。
過去の全体像とのギャップが出てくる。

「なんか思い出よりもせまっくるしいな」
「この部屋こんな形だったっけ?」
「なんか建物の全体図がよく分かんないな」
「というかここどこだ?」

みたいなことになりそうです。


7のコミカルな背景は、ある意味すごく見やすかった。

そこんところをどうリメイクするのか。
名所の建物内のデザインも大幅に変えてくるのか??という問題です。


◆ゴールドソーサー問題 ミニゲーム問題

やはり個人的に一番期待している場所かもしれないゴールドソーサー。

各地のミニゲームの集大成でもある。
・Gバイク
・スケボー
・潜水艦
・チョコボレース
・・・
どんだけやねんと。

これらのストーリ上のミニゲームはどれだけ再現されるのだろうか。
Gバイクはどんな感じになるだろうか。

「FF7はスケボーをやるゲーム」
そんな風に思っている人は大勢いる。
これだけでソフト出していいんじゃないか?レベルのスケボーゲームを作ってくれるだろうか

そして「モグハウス」はどんなだろうか。
超美麗グラフィックであの一本道のボタン押すだけの
謎ゲームをやるというのもシュールな話である。


あとミニゲームといえば「コンドルフォート」も。
あれをマジに遊べるリアルタイムストラテジーとしてリメイクしてくれたりはするのだろうか?
フェニックスはどうなるのか。


◆エアリス死亡問題 (すいちゅうこきゅう問題)

リメイクの際のサプライズというか、
「せっかくリメイクするんだからこれくらいのご褒美があってもいいんじゃないか?」的な発想で、
今回「エアリスの死」を回避出来る要素が追加されるかどうか。
そのことについて考えていきます。


「エアリスが死ぬ」
これはもはやなんというか、FF7のアイデンティティのような要素ですね。

それを、覆せるのか。覆せないのか。


ところで、FF7のストーリーについて考えた時、
誰もが一度は「エアリスって別に死なくても良かったんじゃないの?」って思うようになると思います。


別にホーリー発動とエアリスの生死は直接関係が無かったワケで。
「死を都したからホーリーが発動した」とかそういうことでは無いワケです。
(だからこそ、この辺をFF10の「究極召喚」みたいな設定に変えてくる可能性はある)


じゃあエアリスがなんで「忘れらるる都」に無断で単身で無防備で乗り込んで行ったかというと、
まぁ、それは、結局うまく説明できないワケで。
(一応、セフィロスに操られたクラウドが自分自身を信じられなくなってしまったから)
(エアリスは「自分一人にまかせんしゃい」ということで乗り込んだ、ということなのだが・・・)

別にあそこで
エアリスをガンガードして、セフィロスコピー&ジェノバ・ライフを撃退してしまっても問題はなかったワケで。


・・・みたいなことは誰もが考えたことがあるはず。


では「何故エアリスは死ななきゃならんかったのか」というと、
それは突き詰めると結局「ティファを正ヒロインにするための謎の力が働いた」としか言えないワケです。

(神の声)「エアリス殺しましょう。ティファ出しましょう」


じゃあそんなにエアリスの死に必要性が無かったというのなら、
今なら「エアリス生存ルート」を別に作ってもいいんじゃないの?と思うかもしれない。


でも、やっぱ、駄目だと思う。

それは、やっぱり「クライシスコア」をやるとそうなってしまう。
ザックスのことを考えると、そうなってしまうのですよ!!

もうどう考えても「エアリスはザックスの嫁」ということなのです。

それなのにクラウドがエアリスとくっついてしまうということは
クラウドが「寝とった」ということにもなるし、エアリスが「尻軽」ということにもなってしまう。

(まぁエアリスは事ある毎に「デート一回」とか言っているワケだが)
(だがその設定も、CCで新しい解釈がなされた)


だから、エアリス生存ルートは無理だろと思ってしまう。


・・・なんでこんな「カプ厨」みたいなことを書いてしまっているのだろう。

いや、やはりこれだけは、カプ厨云々というよりも、本当に「CCやるとそう思わざるを得ない」だけだと思う。


◆外伝回収問題

・・・
でまぁ、こういうことを書いていると
「外伝の後付設定がなんぼのもんじゃい!!」と思う人もいるだろう。

まさにそういう問題があるのである。

7は、外伝が多すぎる。

ACFF7、
BCFF7、
CCFF7、
DCFF7、
LOFF7
・・・等々である。
(あと小説版とか)

(どんだけ)
(あとはまぁ「ディシディア」とか「キングダムハーツ」とかにクラウドさんが出張ったりとか)


このようにして肥大化してしまった外伝との整合性を
どこまで考えなければならないか、という問題。

AC見ればルーファウス社長が死んでないことが分かったり、カダージュやらなんやらが出てきたり、

BCやればタークスになんか色々あることが分かったり (自分はBCシランが)

CCやればエアリスとザックスのことが色々固まりまくったり、ジェネシスコピーやらアンジールやらが出てきたり、

DCやればヴィンセンとになんか色々あることが分かったりして、
神羅ビルの地下にディープグラウンドなる巨大ダンジョンを用意しないとイケナイことになるらしい (自分はDCシランが)


・・・まぁそういう後付け設定とのすり合わせが山積みである。


そうなのである。


こんな風に、
FF7についての気色悪い程の長文を延々と書いていられるような自分であっても、
BCとDCについては良く知らなかったりする。  所詮、その程度なのである。


人間、知らないものについては軽視しがちである。


自分がどれだけ「CCやればザックスがどうの、エアリスがどうのこうの~」と言ったところで
やったことがない人からすれば「知った事か」となってしまうだろう。

ブロントさんの姉ですら、「クラエアがデフォだし」とかのたまってしまっているのである。
(そうか、デフォですか、そうですか)


外伝は外伝であるが、「公式」であるのも事実である。

外伝の設定を大切にして欲しいファンもいるだろうし、
「そんなの知った事か」と反発するオリジナルのみのファンもいるだろう。

だから、これは本当に難しい問題なのである。



ところで自分でも外伝の設定とか本当にかなりうろ覚えなので
これを機にまた色々と把握しなおしたいモノである。

で、そういう時やっぱり実況動画に頼ってしまう。
7オリジナルと、CCとかのコンピレーションを両方実況してるような人の動画が好きです。


まぁ大体こんな感じかね。

思いつくままに書いてこんくらい。

「将来、ここでしてた予想がどんな感じで覆されるか」
それ自体をも楽しみにするために書いてたところがある。

7リメイク。
とにかく本当に目出度いニュースである。

トリコの生存といい、
ゲームのニュースほど目出度いニュースは無い。

関連記事
[ 2015/06/23 13:54 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(6)
製作するに当たり外伝作品を完全無視する可能性もあるんじゃないか
FF12RWやドラゴンボールの映画シリーズのように、
パラレルワールドである≠パラレルワールドであるとして見なければならない≒正史ではない
と玉虫色に処理するのが手間としては一番ラクだから
まあ、野村がストーリーにも着手すると言った以上CCやACと繋がる追加ストーリーぐらいはあるのかな

ところでプレジテント神羅を刺したのはジェノバじゃなかったっけ?
FF7何週もしてないからストーリーに自信ないけど、コピーは黒マント着て大空洞を目指す存在で、セフィロス成分自体が無かったと思う
[ 2015/06/27 03:29 ] [ 編集 ]
コメント返信
> ウッ さん


「玉虫色」という表現いいですね。
まぁコンピレーションとの繋がりを匂わせる程度でいいかなとは思います。



> ところでプレジテント神羅を刺したのはジェノバじゃなかったっけ?
> FF7何週もしてないからストーリーに自信ないけど、コピーは黒マント着て大空洞を目指す存在で、セフィロス成分自体が無かったと思う


あ、なるほど。
自分は「セフィロスコピー」って言葉を間違えて使ってたみたいです。

「ジェノバが擬態したセフィロス」に対しても「セフィロスコピー」って言葉を適用してたから
おかしなことになってるんですね。


ということであれがジェノバってこと自体は分かってます。

[ 2015/06/29 19:40 ] [ 編集 ]
個人的に外伝はなかったことにしたほうがいいと思います
やはり望むのは原作再現ですかね〜
クラウドが「ウヘヘヘヘ...俺は何をした!」と言いながら
エアリスを殴打する場面はぜひ再現して欲しいです
[ 2015/07/04 16:21 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無し さん


> 個人的に外伝はなかったことにしたほうがいいと思います

完全になかったことにですかー それはそれで寂しいですかね。
(ザックス周り、ゴンガガ周りはなにかあってくれてもいいと思ってしまいます)


> クラウドが「ウヘヘヘヘ...俺は何をした!」と言いながら
> エアリスを殴打する場面はぜひ再現して欲しいです

ですね。

でも本当にどんな感じの修羅場になるのか想像も出来ませんw

なんかこう、カメラアングルの妙で見えない感じにしたりするのでしょうか。

[ 2015/07/08 16:21 ] [ 編集 ]
ゴールドソーサーのホテルに出てくる首吊りくんなども問題になりそうですね。
あの辺りをどうするかが気になる所です。
[ 2016/05/11 01:06 ] [ 編集 ]
コメント返信
>名無し さん


首吊りくんヤバイですかね?w


リアルにするとサイレントヒル3並のビックリ要素になるかもしれません。


ゴールドソーサーのホテル関連だと、透明の幽霊みたいなのが気になりますね。
あいつら何なのか。
[ 2016/05/17 18:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -