ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  作ったFlash >  アニマルメーカーのスキン完成

アニマルメーカーのスキン完成


というワケで、「アニマルメーカー」が多分、本当に完成しました。 (マニュアル


動物のスキン全部追加しました。


それと、
今まで「無為ボタン」という微妙な名前だったボタンを
「固定ボタン」というのに変えて、腕の方向とかを一時的に固めることが出来るようにしました。

例えば「手を前に伸ばしてるゾンビの動き」みたいなのを作りたい場合、
イチイチ人間の手を編集して、角度やら挙動を設定するがメンドイ場合とか、
片手だけをさっと固めたい場合とかそういうときに、
腕のポーズだけ固定して、ワンタッチで作れるようになったということです。

(手を固定させて、あとは胴体のフレーム数を上げれば、人間からすぐにゾンビは作れます
(あとは「無力ボタン」とかの組み合わせで、足を負傷したゾンビの動きとかも作り放題なのですよ!)



あとは、
こういうサンプルのアニメを作ってました。

レギオン ドラゴン
メタルギアRAY HAW206

カメラを「撮影」モードにしておくと、
地面のタイル模様がちょうど、「歩行一周分の移動量」に合わせてループするようになっています。


だからなんの調整もしなくても、こういうループアニメが得られるワケです。
(ゲーム素材用らしく、等速移動してるのも分かりやすいですね)


で、一年くらいかけて何か出来たワケだけど
こんなんが何の役に立つかって?

ゲームですよゲーム。 多分。

あとはドット絵です。 多分・・・。 

関連記事
[ 2015/10/12 10:13 ] 作ったFlash | TB(0) | CM(2)
ttp://www.disneyresearch.com/publication/interactive-design-of-3d-printable-robotic-creatures/
なんだか凄そうなモノが出てきたので。
アニマルメーカーが3Dモデルを使えれば既にこれを超えてるだろうと思うけど
Flashではさすがに3DCGは難しいですかね
[ 2015/11/27 00:50 ] [ 編集 ]
コメント返信
> WZ さん


> ttp://www.disneyresearch.com/publication/interactive-design-of-3d-printable-robotic-creatures/
> なんだか凄そうなモノが出てきたので。


うおー凄い技術ですね。 流石ディズニー!?


動きのリアルさが良いです。

こういう技術は、やはりゲームに一番応用してほしいですね。


まだまだゲームはキャラの足の動きに近似的な物を感じます。

敵モンスターの形態の種類が少ないのも、全てモーションの問題だと思います。

そういう、歩きの根本の部分をリアルタイムに生成することができるようになれば
もっとゲームの幅が広がるはずです。




> Flashではさすがに3DCGは難しいですかね


「Flashでは」というか自分の問題ですね。 

全部パラフラでやろうとしてるのが、自分の限界です。


まぁその代わり、ベクター画像の組み合わせでキャラを無理やり表示させるというとこに関しては

本当に自分だけのオリジナルだと思える部分になっているのです。


[ 2015/11/27 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -