ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話 >  ドラゴンズドグマオフライン

ドラゴンズドグマオフライン

 
最近MGS:TPP以外にやってるゲーム。

基本無料ゲームの
ドラゴンズドグマオンライン(DDON)を、ずーーーーっっっっと、ソロ専でやってますよ、という話。

ドラゴン

↑ところで
これはテキトーに描いたドラゴンです。 ドグマとは一切関係ありません。
何故なら自分はこのゲームで未だにドラゴンをお目にかかったことがないからです!!

(ドラゴンを冠しているゲームだってのに)
(あ、なんかすみっこで石化して寝てるドラゴンは知らん)


で、タダの「ソロ専」どころでは無いですね。

他人様のメインポーンを借りたことも無いし、自分のポーンを借りられたことも無いので、
「オ ン ラ イ ン 要 素 完 全 皆 無」で遊んでいるということです。

一度も他人に話しかけたことないし、話しかけられたこともありません。
るつぼ? グランドミッション? ナニソレ? って状態です。
MMOでもずーっとソロ。


しいて言うなら、
「バザー」だけがオンライン要素のゲームですね。


そういう風に遊んでますよという話。
相変わらずどうでもいいことをイチイチグダグダ長文書かないと気がすまない病気です。



 

ドラゴンズドグマオンラインプレイばなし


自分はこの「ドラゴンズドグマ」ってゲームは無印の頃から好きでした。
その辺は痴豚様と同じですね。


無印、発売前から注目しまくってました。
すごい楽しそうなシステム、アクション性の高いオープンワールドのゲームが来るぞ、と。

で、まぁ無印は堪能した訳です。 
オバダビィトゥデイ 
ハーピィ!
ゴォブリン!
不安だらけの毎日さ



んで、そのゲームの続編が出ますよっと。

無印は非同期のオン要素だったけど
今度は完全なオンラインゲームになってくるぞっと。

まぁそれはどうでも良いのですが、基本無料で遊べるゲームであると。


するとまぁ
自分としては当然、遊ばざるを得ない訳です。
好きなゲームの続編が無料で遊べるとは、願ったり叶ったりである。


で、一応結構ガンガン遊んでます。

それでも、やっぱパーティーは組めません。


なぜ組めないか?

それはただひたすらに「恥ずかしい」からです。

なにが恥ずかしいか?

それは下手なのがバレるのが恥ずかしいし、
足引っ張るのが恥ずかしいし、
ショボい装備を見られるのが恥ずかしいし、
キャラメイクを見られるのも恥ずかしい。

・・・
そもそも「自分が動いてるところが見られるのが恥ずかしい」というのがあります。

(よくそれでソウルシリーズとかやれるな、ということなのだが、まぁあれは知らない人に侵入されるって体だからいいのだ)

(「悪意」のある侵入者に下手な所見られるのは平気だけど、
 「善意」で集まったパーティーの中で足引っ張るのは耐えられない、という感じ)


そもそも自分は無印のドラゴンズドグマの、
「非同期のオン要素」が好きだったワケです。

リアルタイムじゃない。
ポーンを借りることで擬似的な多人数プレイを楽しむことができる。

ポーンは肉入りの人間じゃないので
自分が下手くそなところを見られるワケじゃない。

その辺が、自分のゲームでもネットでも「引っ込みTHE AN」な性格と相性ピッタリで、
ドグマのポーンシステムすげえ良いな、ということだったワケです。


で、ドラゴンズドグマオンラインでもポーンシステムは健在なのですが、
今のところ自分は他人様のポーンを借りたことが一度もないのですね。

何故か?

一つには、
それは無印の時のフレンドさんが全員死んでるからですね。 理由はし、知りません。 やれよ。 ガッデム。


もう一つは、
「ポーンを借りられたことが全く無いから、他人のポーンも何となく借りられない」というのがあります。


無印のときは、結構野良でも自分のポーンを借りてもらえることがあったし、
自分も野良でポーンを借りることがあったし、
(なんかリムストーンの中で、自分のレベルに合ったポーンがランダムに歩いてたから、それで結構借りやすかった)

またそういう貸し借りの履歴から、「自分のポーンを借りてくれた人のポーンを借り返す」みたいな、
謎の助け合い精神も発揮されていたワケです。


でも今回はそういうのが無いですね。
痴豚様も言っていた「小石をぶつけてやるシステム」が無いのもちょっとさびしいです。


今回のドラゴンズドグマオンラインで
「野良ポーン」を借りる時の検索条件は、みんな、多分「クラフトレベル」というのを基準にしているのだと思います。

で、どうも自分はそのクラフトレベルの振り方を間違えてしまったっぽいです。

これ、
「強化」「高品質」安定です。

このどっちかに極振りするのだけが正解で、それ以外のポーンは借りる価値皆無らしいのです。

(これについては自分も、時間をおいてから何となく気づいた。多分自分もそういうポーンしか借りないだろう・・・)

そういう理由でも、これから先自分のポーンちゃんが他人様に借りられることは無いでしょう。
そして自分もまた、他人様のポーンを借りることも無いままに終わるのでしょう。

(せめて痴豚様のドブスポーンだけでも借りてみたいんだが、どうやって検索すればいいのやら)


でまぁ
そうやって「オンラインゲームなのにずーっとソロ」で遊んでて面白いかどうかが問題なワケですが、

多分、まぁ、面白いと思います。

文句タラタラの人も多いみたいですけどね。

なんというか、ダラダラと遊べてしまう魅力がある気がします。



ドラゴンズドグマの魅力を
ちょっと他のオープンワールドファンタジー系ARPGと雑に比較して考えてみる。

まず「無印」の時。

戦闘の面白さ  ソウルシリーズ > ドグマ > スカイリム

ボリューム   スカイリム > ソウルシリーズ > ドグマ

地形の面白さ  ソウルシリーズ > ドグマ > スカイリム


(ストーリー これは一概には比較できない どれも好きな人は好きな奴を評価するだろう、という感じ)

めっちゃテキトーだけど、無印でこんな感じだと思います。

でまぁこれ以外に
ストーリーとか、その他のシステムによる「プラスα」 (例えばポーンシステムやら、侵入やら)が加わって
全体的なゲーム体験の面白さになってくるワケですが。



◆地形的面白さについて

んで、ドラゴンズドグマオンラインは
一部の要素が無印の時よりか、むしろパワーダウンしてますね。



まずハッキリ分かりやすいのが「地形的な面白さ」ですかね。

無印の時は、ソウルシリーズとまでは行かないけど、結構ダンジョンの地形構造が面白いゲームだったと思うのですよ。
「蒼月塔」とか「霊吸いの峡谷」とか、今でも結構記憶に残っている)


その辺が今回かなりスポイルされてますね。

よじ登りとかのアクションは増えてるはずなのですが、何故かマップの構造が全体的に平坦・一本道に感じます。
何故でしょう? パーティープレイで道に迷っちゃ困るからかな?

今のところ一番入り組んでたダンジョンが「ボルド大坑道」ってとこくらいでした。 そこもまぁ大したことはありません。
(タル投げて道壊すのはよかった)


あと、思いっきりコピペで作ってるのがバレバレなダンジョンがあります。
これはどうなのだろう。 容量的な問題だろうか?

(それにしたって、ミニマップを回転とかするだけで、多少のコピペ感は薄れさせることが出来ると思うんだがなぁ)


◆戦闘について

ま、まぁ戦闘の面白さは無印から据え置き、という感じですかね。

勿論大型との戦闘は「ゆさぶりオンライン」だと文句を言っている人も大勢いますが、
それでも雑魚との乱戦・大立ち回りはやはりスタイリッシュだと思います。


このゲームはやっぱり「スカイリムをDMCのアクションで突っ走るような感じ」が爽快なのだと思っています。

自分は
基本ずっとファイターで遊んでますが、

やっぱスティンガー(一閃突き)
ハイタイム(刀牙昇斬)が使えるだけで凄いダンテさんっぽい感覚です。

戦闘の一連の流れ

例えば
リザードマンの軍勢が現れたとする

ダッシュで一気に近づく

そのままズザーっとドリフト気味にリザードマンの後方に位置取る

リザードマンが振り向こうとしているその前に刀牙昇斬を打ち込んでやる

リザードマンのしっぽが一気にちぎれる (これがブルーニュートなら更に嬉しさ倍増)

そのまま殺しきる or 空中に飛び上がったリザードマンを天蓋斬りで殺しきる

・・・
みたいな感じ。
こういうのが出来るだけで、やっぱりドグマの戦闘は爽快だと思ってます。


最初のウチはコレ使えるのかな?と思ってた天蓋斬りも結構使えるんですよね。
肩膝ついてる大型の頭狙ったり、
ゴーレムの弱点狙ったり、
近づいてきたハーピーに当てたり。


まぁそんな感じで発売日からずーっとファイターでやってるのですが、
たまにサブのジョブのレベル上げとかもしたりします。


で、ジョブを変えるたびに完全に別ゲーになる感じがまた面白いんですね。

ハンターもプリーストもソーサラーもセージも全部別ゲーです。


ソーサラーは「クレセントブレード」覚えるところまでやりましたが、
これ覚えると遥か格上レベルの敵を遠くから先制できたりするので、嬉し楽しいですね。


まだ本腰いれて他のジョブでやってはいないし、
そもそもファイターのレベル自体も40行ってないのですが、
各ジョブのレベルを40にするだけでも相当遊べるだろうなぁという予感があります。

(このゲームトロフィーの数自体は少ないのですが、トロコン目指すだけでも滅茶苦茶長く遊べるだろうなぁということ)


◆ポーンちゃんについて

ポーンのAIは無印のときより明らかに劣化してますね。

まぁこれは、オンラインゲーム化することで人間同士でパーティー組むメリットをより強く出すためには
仕方がないのかも知れないけど、やはり精神的にパーティー組めない自分としては困るし寂しいもんです。

「肩ぽんオンライン」になってしまいます。
(いやこれは無印でもそういうトコあったような気がするけど)



ポーンのAIが劣化している部分というのは、戦闘面だけでもないです。

無印のときは
ちょっとしたときのポーン挙動やコメントが、イチイチ面白かったと思うんですよ。

覚者様を追いかけて、噴水の中にぼちゃーんと落ちてしまう。
そこで「水浸しになってしまいました・・・」とかつぶやく。

ものすごいマヌケな流れなんだけど、
感情のない、
「人間未満の存在」としてのポーンが何か変なことを口走るというのは、
妙なリアルさと可愛げがあって、楽しかった記憶があるのです。

他にも、
ポーンにピッケルとかを持たせておくと
暇な時に勝手に洞窟の中の鉱石を掘り出して持ってきてくれたりとか、
レンタルされた先の世界で予習してて自分が攻略法を知ってるクエストの情報を教えてくれたりとか、


無印のポーンシステムはホントよく作られてたなぁ~と、今になってしみじみ思ったりするのです。
(要は最強に強まったアイルーって感じですよ)


今回のポーンは、良くも悪くも
普通のゲームにもいるような「タダのコンパニオン」って感じですね。

セリフもなんか、用意されたレパートリーを喋ってるだけな感じが強いです。

(そら、ゲームのAIというのは全部そうなのだが、何なのだろうなこの差は)


◆冒険感について

次に「冒険感」という要素について考えていく。


無印のドグマはこの「冒険感」という点で特に優れていた気がするのです。


・飛竜石(ファストトラベルに必要な石)がレアで移動が結構メンドイ

・夜がかなり暗い。ランタンの準備必須 
・ていうか夜に敵が強くなる

・NPCをかなり遠くまで護衛しながら連れていかなければならないクエストがあったりする

・強敵に見つかったら逃げるのが結構厄介


とかとかとか。


で、こういう要素が結果的に「本気で冒険してる感じ」につながってたと思うのです。

ちょっとした遠出をしなきゃならない時、
ランタンの準備を万端にして、
途中で夜にならないように、ちゃんと一晩寝て、早朝に出発する、
道中で泉とかがあったら、空き瓶に癒しの水とか汲んでおく、
・・・

そんな感じでしっかり準備しないと酷い目にあったりします。 
(まぁ大失敗してヒイコラ言いながら、アホな村長をなんとか護衛していって、夜が明けたときの感動というのもまたひとしおだったのだが)


無印のドグマのこういう「シッカリ準備して冒険しなきゃいけない感じ」、凄い好きでした。


「冒険感」という点で言うなら、自分的には

ドグマ > スカイリム > ソウルシリーズ

一気にこういう序列になる。

つまり「これが」良かったのだよ。



こういうのは全部、無印ドグマのランタンの消えやすさとかファストトラベルがあんま出来ない感じの
おかげで成り立ってたと思うのです。

(自分は今でも、無印のドグマが発売された最初期の頃に
 「今時ファストトラベルも自由に出来ねーのかよこのゲームは!!」とか
 ネガキャンしてた奴らのセンスを馬鹿にし続けているのです)



で、一方、ドグマオンラインの方は、

・宿泊することによる時間操作ができなくなった。
 →夜に敵が強くなるとかが無くなった。

・夜とか洞窟内がそこまで暗いってワケでもない。
 →無印ほどランタンに気を使わなくていい。

・ファストトラベルがラクラクになってしまった。
 →とりあえずリム消費して移動するかーという感じ。

・というか道中にランダムに歩いてるNPCとかポーンとかが全くいなくなってしまっている。
 →ロビー制のせいで、逆に「オンライン感」が無くなっておる。


・・・
という感じで
色々便利になったおかげか、却ってそっけなくなってしまっているような気もしますね。


まぁフィールド全体が持つ「オーラ」みたいなの自体が劣化している気がするので、
そういうフィールドを延々歩かされるというのもどうなのかと思うからこれで別にいいのかもしれませんが。


他にも無印のドグマはモンスター同士の生態系みたいなのを表現しようとしてたのが意欲的でしたね。
ゴブリンが牛を襲ったり、そのゴブリンをグリフォンが襲ったり。


んで、そんな風に無印から「各要素」を比較すると、オンラインの全体的な面白さは

・戦闘の面白さ  ま、まぁ据え置き      →
・地形的面白さ  明らかにランクダウン   ↓
・ポーンシステム 明らかにランクダウン   ↓
・冒険感      当然ランクダウン      ↓
・ストーリー    今んとこ多分ランクダウン ↓



という感じなので、
追加された「オンライン要素」「他プレイヤーの存在による面白さ」を一切味わわずに遊んでいる
自分みたいな立場からしてみれば
「そんなもん遊ぶ意味あるのか??」と思われるかもしれませんが、


それでもまぁ何故か遊べてるのですよ。


その辺を考えてみる。


それは多分、このゲームが「強くなりたい」という欲求を物凄くどストレートに引き出してくれるからだろうと思います。

とにかく強くなりたいんですよね。 今よりも。 ただひたすらに。

だからなんでもやっちゃうんです。


ここまで明確に「強くなりたい」って思わされるゲームって
あんま無いんじゃないかな?と思うくらい、アホほど明確に「強くなりたい」です。


例えばソウルシリーズって、
「もっともっと先に進みたい」とか「あれがしたい・この武器が持てるようになりたい」とかいう欲求はあれど、
「ただ漠然と強くなりたい」という欲求自体は実はそんな無かった気がします。
(そもそもレベルを抑えたいというのがあるワケだが)


で、それは、凄く強いボスが現れても
同じステ・レベルでも、何度も挑戦してれば案外何とかなったりするからではないかとも思うのです。



一方、このドラゴンズドグマオンラインは
「シッカリ強くならんことにはどうにもならん!!!」感じが凄いです。

その理由は
いろんな事の障壁になっているのが「大型ボス」に集約されているからであると。


・この先の新エリアに行くためにはメインクエストを進めなければならない
 →そのためにはこの大型を倒せないといけない

・このエリアのエリアランクを上げないと次の場所に行けない
 →そのためにはこの大型を倒せないといけない

大体がこういう感じなので、
結局「明確にレベルを指定された大型モンスター」をなんとか倒さないとどうにもならないように出来ています。



そして大型モンスターとの戦闘は、
「低レベルでもなんか一発逆転を狙える」なんつーことはあんまないですね。
そういうことやろうとすると数時間単位で戦い続けなきゃならなくなります。


マジで大型モンスターが強いです。


本当に、推奨レベルまでレベル上げて、
そのレベルで持てる一番いい武器を作成して、
その武器防具をちゃんと強化して、
それでようやくマトモな戦いになるってレベルです。
(これは自分がソロ専だから余計にそう思うのかも知れないけど)


っていうか
下手すりゃ、キチンと用意してても糞泥仕合になります。

例えば今自分が苦労しているのは ダウ渓谷のエリアランク上げの障壁となっている
「いびき鳴りコロッサスLv33」って奴ですが、
コイツが滅茶苦茶アホほど強いので、同レベルでも勝てる気がしません。


これ以前にも、
ダウ渓谷に行けるようにするために必要だった
ボルド鉱山のエリア試練の「ボルドバンガー・ゴーレムLv28」にも凄い苦労した気がします。
(ポーンが沼で溺れ死ぬ。 助けに行った自分も溺れ死ぬ。 まさに泥沼


まぁそんな感じですよ。


ソウルシリーズみたいに何度殺されても挑戦しつづける、というのもやりづらいです。
3乙すると「弱化」というステータス異常が発生するので、その日はもう一旦休憩です。

それ以前にポーンがロストすると面倒なので、
3乙する以前に拠点に離脱しないといけない場合もあります。

(強敵にやられてポーンが死んでるけど、下手に助け起こそうとすると次に自分が絶対に死ぬ、
 このままでは時間が間に合わずロストする、という状況のとき、
 わざとすぐ死んでしまって拠点まで飛べば、倒れてるポーンも一緒に移動してくれるので、ロストせずに済むのです)
(これも、無課金で覚えた小技)



「ギリギリ倒せるかどうか」くらいのボスに挑戦するのは本当に
一日の最後に復活力が余ってればやるかな~どうかな~くらいの感覚になってくるのです。

(でも自分はこの感じも、これはこれで好きですよ)


とにかく明確に強くならんことにはどうにもならん。
色んな意味でゴリ押しは出来ない。


→だから、レベル上げを頑張るようになる。
(これほど自分の経験値のバーをジロジロ気にするゲームも無いなぁと思ってる)


だから、BO稼ぎにも躍起になる。
→各地のダンジョンにも入り浸るようになる。


ジョブクエストもちゃんとやるようになる。
→「そういやあの場所にこのレベルのあの敵がいたな・・・」とかで
いろんな場所にも行くようになる。


強い武器も作れるようになっておきたい。
→手に入れられるウチに印記章とか貰っておきたくなる。

→毎週の各地のAP上げもちゃんとやるようになる。

→毎日更新される各地のボードクエストも几帳面にこなすようになる。

・・・
そんなふうなことをやってると、
気がつけば結局、毎日毎日ちゃっかり遊んでしまっている自分に気づくんですね。


作業といえば作業なんだけど、なんか楽しく作業をさせてもらっている感じがします。 それも無料で。


例えば
↑上記で、
「地形が面白くなくなった。ダンジョンの構造が単調になった。コピペになった」とか書いてますが、

それらを全部帳消しにするくらい、
ダンジョンに「オーブエネミー」が湧いてると嬉しいんですよね。


ダンジョンのコピペに気づくよりも、「マップ上に紫色の敵が湧いてることの喜び」のほうが勝ってるんです。
なんかそういうのがあるから、結果、遊べてるんだと思います。


◆無課金について

・パーティー組まない
・クランも入らない
・人様のポーン借りない


それプラス自分は、「絶対に課金をしない」という縛りを入れています。

(ところで「課金しない」という日本語はおかしいんだけどね)
(「課すのは運営側だろ!」というツッコミ)


これに関しては痴豚様がよく言っている
「ゲームで金払って強くなるのってどうなのよ」という信条に則ってやってる感じです。
(それと自分がドケチだから)


でまぁ
当然だけど、
無料で遊ばせてもらっているゲームなのだから
そんな文句は言いません。


もう既に「文句」っぽいことを書いてしまっている気はしますが、
いや、あれは「文句」ではないつもりなのです。 


無印と比較して劣化しまくってる部分があるのは分かりますが、
それらがオンラインゲーム化する際に仕方がなかったのは大体納得できるからです。

課金して快適に遊べるようになるゲームが、相対的に
無課金だと煩わしくなる部分があるように作られているのも、当然仕方がないと分かっています。


だから
「アレしろコレしろ」とか、
「ああやればこのゲームもっと良くなるのに運営はバカだなー」みたいなこともなるべく言いたくありません。


無課金は無課金なりに工夫すれば遊べると思っています。


例えば
「アイテムボックスが少なすぎるわボケエエエエエ」みたいな意見。

コレ、自分はどうしているかというと、

まず、たまに配られる「冒険パスポート」というのを活用します。 
(もう既に3回ほど、無料で配られている)  (もっと不具合起きろ)

その冒険パスポート発動中の間に、拡張ボックスに色々しまっておくのです。

・他ジョブ用のしばらく使わなそうな装備とか、
・滅多に手に入りそうもない、1桁くらいしか持ってないレアな素材とか、
・クレストとか染料とか強化素材とか印記章とか、

そういう奴は全部、拡張ボックスにぶち込んでおきます。


そして、クエストの「報酬受取」
・すぐに必要な奴、
・もしくは完全に必要ないのですぐに売ってしまっても問題ないような奴、
・もしくは既にアイテムボックスに存在している素材、

だけを受け取るようにします。

クエスト報酬は100件まで溜め込んで置けるっぽいので
それ自体がアイテムボックス200個分以上、みたいなモノなのです。
(報酬はアイテム2個以上貰えることが多いから)


で、あとは毎日5回使えるバザーを最大限活用して、
要らんような素材はもうバンバン売り払ってしまいます。


あとあと、
「ゴブリンの角」「虫毒液」みたいな、
毎日のボードで使って、且つ毎日安定して手に入って、
常に2桁以上箱にあるような素材は、
逆に手元にずっと持っておくようにしたりもします。
(むしろこういうのは日の終わりにバザー以外で普通に売ってしまっても良いです)
(どうせバザーじゃ捌けない)


最後に、使う装備は
「全ジョブ装備可能なモノ」をメインにして集めていくようにしておきます。
そうすると、自分やポーンがジョブチェンジしようとしたときに
「アイテムボックスの空きがないから出来ませ~ん」みたいなことにならずに済みます。


(で、結局、どのジョブの連中も「白銀のシルクパレオ」を着こむことになります。 キモッ)


・・・
まぁそういうことをしておけば、アイテムボックス3枠まででも割りとそんなに不自由しなかったりします。
(むしろこういうやりくり自体が何やらゲーム的で面白いぞ??)


とにかくアイテムボックスが狭いのは「バザー使え」「パス使え」という圧力を与えるためにやってることは理解できるし、
「冒険パスポート発動中のバザーの快適さ」を一度知ってしまうと、
あれをまた味わいたくて課金する人が出てくるのも想像できます。


ゲーム運営としては金払って欲しいんだからそうするのは当然でしょう。
そこんところを無料で遊ばせてもらってるんだから多少不便なのは仕方がない。 というか当たり前。

だから無課金サイドは無課金サイドとして、
「出来る限りの工夫はするが、特に文句はない」というのが正しいスタンスだと思っているのです。



でもまぁ、文句言う人がゴネまくった結果、次のアプデでアイテムボックスのが4枠になるらしいですから、
クレーマーみたいな人の勝利なのかなぁと思ったりもします。

「ゴネ得ッ・・・!ゴネ得ッ・・・!ゴネ得ッ・・・!!」


他にも、
無料で配布された「冒険パスポート」や「成長サポート」を発動するタイミングは
「月曜の午前5時」を挟むようにするとか、
そういうことも工夫するようにしてます。

冒険パスポート発動中は
エリアマスターから貰える支援品の数が倍になるからです。

(つまり先々週の分のエリア支援品を月曜5時前ギリギリまで貰わないでおく)

(冒険パスを発動、先々週の支援品を二倍ゲット!!)

(そして月曜5時を迎える)

(先週の分の支援品を二倍ゲット!!)

(こうすれば、一時間のお試し冒険パスで、二週間分の効果を得られるのです!!!)



3時間成長サポートパスも結構長いので、
その間に前日と本日のボードクエスト全部、こなすくらいは出来るのです。

こないだはボードクエストのAP稼ぎが2×2で4倍になる勢いでしたよ。
それを2日分やるわけですから、通常の8倍ですよ!

おかげで印章記が結構増えましたとさ。


◆無課金文句プレイヤーについて

にしても
「ゴネ得」とか
「無料のゲームに文句をいうプレイヤー」とかについて考えていると、なんかよく分からん気分になってきます。


(基本無料のゲームの)
運営側の視点から見てみて、
このゲームに一番必要なのってどういうプレイヤーなのでしょうか?

当然、「課金して気持よく遊んでくれてるユーザー」ですよね。

「無課金で文句言うだけのプレイヤー」って何の役にも立たんよなぁって分かります。


でもそういう人に限って、

「このままだと人減るぞー」とか、
「こんなんじゃ誰も遊ばなくなるぞー」みたいに、

「プレイヤーがいなくなること」に対する危機感を煽るようなことを言って回るんですよね。

あの現象って何なのでしょうか?
(自分は別に止めないけど、とぞ思う)


パッケージ買い切りのゲームとか
完全に定期課金制のオンラインゲームなら
接続数が減るのは由々しき問題かもしれんですが、

「無課金だとこんなストレスフルなゲーム、人減るぞー!」という場合は何かが違うと思う。


「文句言うだけで課金しないプレイヤー」なら、
もうその通りに減ってしまった方が良いんじゃないか?
という気分になるのです。
だってそのほうがサーバーの負担とかも減るわけですから、
運営としてはそういう「ゲームの悪口ばっかいうような人」は減ってしまった方がこそ、むしろ「得」するワケです。


「人が減るぞー」
「俺はやめるぞー」

という脅しや宣言は、何の役にも立たんワケです。


一応、
運営側から見れば
必要なのは「課金してくれるプレイヤー」が一定数出てくれればまぁ良いワケで、
そのために母数となるプレイヤーがまぁ増えればいいかぁ~みたいな気分なのではないでしょうか。


そこんところを、プレイヤー側が勝手に「心配するフリ」をして、
「ここんとこもっとマシにしないともう辞めちまうぞーチラッチラッ」みたいな態度で迫るのは、一体何なのだろうなとも思うのですよ。


「人がいなくなるぞー」という言葉で運営を脅迫しようとするプレイヤーというのは謎めいた存在です。


それとも、ここんところで、
「8:2の法則」やら「ロングテールの法則」みたいに、
無課金の8割側のプレイヤーの存在が、実は重要だったりするのでしょうか???


(まぁ実際は「働き蟻」のほとんどが働いてなかったらしいですが)
(何の話だ)


まぁ自分も、無課金ユーザーながら
「ドラゴンズドグマオンライン遊んでますよ~」ということを、ここにこうやって書いてたりするので、
このカオスな世界、何がどう作用するかなんて、本当に未知数ではあるのですが。


◆効率プレイについて

アプデの内容にイチイチ怒ってる人、
飽きたーとか、もうやることが無いとか言ってる人、

そういう人たちは、むしろ効率良く遊びすぎてるんじゃないかなぁとも思います。


自分は発売日からチョビチョビやってますが、未だにメインのジョブレベルすら40行ってないですし、
取れてないジョブもあるし (シーカー) (エレアチャ)
行けてないエリアもあります。 (バートランド平原) (ディナン)

いちおう、毎日ログインしているニートでもその程度なんだぞ!?

そういうのからしてみれば、
もう40レベル行って最強に強まった40竜武器とか作ってる人達というのは
どんだけガッツリ遊んでんだという気分にもなります。

(課金したりパーティープレイしてたらすぐなのかも知れんけど)


あと自分は「テルサイク回し」とか、「猿回し」とか、そういう遊び方はなんかしたくないのでしなかった、というのもある。


新ジョブのレベル上げとかも、テルサイク回しまくればあっというまに20になったりするらしいけど、

自分はとりあえずテキトーに各地を回ってみて、
「ジョブ修練の18すら遠い道のりだなぁ~」とかやってるほうが楽しいと思っているので、
そういうのはやらないのです。

これが自分の遊び方のスタイル。


だからパーティーのレベル差による経験値減衰とかに腹立てる人の気持ちがあんまり分からない。
むしろそういうのは当然のシステムじゃないか?って思ってたりする。
(強いポーンとか連れて楽に強い敵を倒した分、経験値が減るのは、正しいのでは?)


新ジョブやるなら、少しずつスキルとか覚えながら成長していくのが面白いのではないか。

ソーサラーとか始めて、
「あ、ポーンにやらせてるときはよく分からんかったけど、ブラックヘイズってこんなに使えるのか!」とか
そういうのを自分で学んでいくのが楽しいんじゃないか?

(いきなりメテオ覚えてからのソーサラー始めるみたいな効率プレイなどは、逆に何かを損しているような気がする)


◆エンドコンテンツとかについて

まぁ
結局ゲームって何を目標に遊ぶかだよなあと思ったりもする。
(自分は一応少なくともトロコンまではやろうと思ってるけど)
(そこは「メインストーリー全部追う」とか書けよ・・・)


このゲームって最終的にどこまで行くんでしょうね。


例えば
今はレベルキャップがあってレベル40までしか上がらないようになってるけど、 (こないだ45になりました)
これがどこまで開放されるのか。

50までなのか? それとも100とかまで行くつもりなのか?

もしレベルが100まであるなら、
「今みんなが血眼になって作ってる40武器だってすぐゴミになるわけだよなぁ」という気分になります。
それは50にしてもそうか。


そしてレベルが50になった時も、無理して50武器とか作らなくても
47武器くらいで満足しといた方がいいのではないか。
そういう武器の方が、素材的にもまだ強化しやすいだろうし。


なんか、それならもう
まったり、そこそこ、分相応に遊べればいいんじゃないか?という気分になってきます。

まだまだ世界は広がりそうだし、
そんなに急ぐことはない。

最高・最適・最強を目指すから疲れるんだよ。


まぁそんな自分でも、流石にカプコンさんが何考えてるのか分からなくなる時もあります。


例えば新しい要素の「鑑定交換」

これの素材の要求数にはビビリました。

ミスリウ深部印記章 (34)
バートランド印記章 (34)
ディナン印記章 (34)
バートランド北部印記章 (34)


ど、どういうことなの・・・。

この「印記章」というやつは、
各地のクエストとかを頑張ることで手に入る「エリアポイント」を集めると一週間後に一個もらえるアイテムです。
(このエリアポイントというのは、大体一週間で全部のボードクエストこなして、5000ポイント行くか行かないかくらい)
(死ぬほど頑張って15000ポイントとか行けば一週間に3個もらえるような場所もあるけど、ちょっと現実的ではない)


つまり、各地のクエストを毎週ものすげー頑張って、ようやく34週間後に手に入るということですね。 (9ヶ月以上かかる・・・)
一応冒険パスポートが発動している間なら二倍印記章が手に入るので、17週ということですが。

これは流石にマジキチだと思った。



ここまでの素材を要求するなら、自分なら、
「ダッシュでスタミナ消費しない指輪」とか (ヴェノムおじさんを見習え)
「ダメージでHP減衰しない指輪」とかを用意しますね。

「よじ登りスピードアップ」って、なんじゃそりゃああああ


(イカンイカン、こんなことで腹を立てては駄目だ)
(単に、欲しい人が勝手に作れば良いだけのアイテムが追加されたってだけの話じゃないか・・・)
(廃人御用達のアイテムのレシピを見て腹を立てる必要はないのだ・・・)




はい。
大体そんな感じ。



ドラゴンズドグマオンライン、ダラダラやってますよということ。
むしろ「ダラダラ」の精神だからこそ遊べてるんじゃないかな。



まぁ
言いたいこととしては
このゲームは

・オンラインゲームで最前線にいないと気がすまない人、
・最適プレイ、効率プレイしないと気がすまない人、
・常に最強じゃないと気がすまない人、
・敵をさくさく倒して行きたい人、
・俺TUEEEしたい人、

そういう人にはマジで向かないだろうなと思います。


敵が死ぬほど強くて進めなくても今はまだまぁいいかー
とりあえず行けるとこ行けるようになりゃいいやーくらいの感覚で、
心に相当余裕がないとダメなのでしょう。

(それくらい、なんか本気でこのゲームにブチ切れてる人が多くて、ちょっと怖くなる)



最後にもう一度念押ししておくこと。
もし、このゲームをこれからやろうという人がいるとしたら
コレにだけは気をつけろというのが一つ。


それはやはり「ポーンのクラフトポイントの振り分け」です。 コレだけは慎重にやりましょう。

自分は失敗しました! これだけはマジで気をつけて!! 自分のポーンがゴミ確定になるのは辛いぞ!!!

(JPの振り分けに関しては、一応なんとかなるらしい・・・GMやれということらしい・・・)



以上。

まぁ長い目で楽しみましょう。

あと無印のドグマは今でもオススメのゲームですよっと。



関連記事
[ 2015/10/17 12:18 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)
ゲーム系のおはなし中心にいつも楽しく読ませてもらってます。
自分もこのゲーム手を出そうか迷っていたのですが、少し興味わいてきました。 
相変わらず流石な内容です。おそらく今年中に読めると勝手に期待してるブラッドボーンの
感想文楽しみにしております。
[ 2015/10/19 21:29 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無しさん


> 自分もこのゲーム手を出そうか迷っていたのですが、少し興味わいてきました。 


世間一般の評価は色々ですが、
多分、「マゾい」という点では一致しているかと思います。 
本当に、まじめにやるとマゾいゲームだと思います。
やるならご注意をw


「オススメ」とはハッキリ言えない感じですね。
今オススメするなら無印orDAをオススメします。


ただ、やるだけなら無料ですので損はしないのでまぁ・・・。


(もしやるなら)

自分はファイターをメインにレベルをあげてしまったのですが、割りとファイターは不遇ジョブっぽいですね。
ハンターが一番強いらしいのでハンターオススメしておきます。



> 相変わらず流石な内容です。おそらく今年中に読めると勝手に期待してるブラッドボーンの
> 感想文楽しみにしております。


ブラッドボーンの完全版が来月でしたよね。確か。
まぁほぼ確実にやりますね。 やらないワケがないですね。


ブラボも、もう発売して半年くらい経つんですかね。

でも我ながら、完璧といっていいほどネタバレを喰らってないです。 ちょっと誇らしいですw


[ 2015/10/24 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -