ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  駄文 >  私はなんでこのような つらいつとめをせにゃならぬ

私はなんでこのような つらいつとめをせにゃならぬ

 
えーと、一応なんかシメに書いとこうか。


というわけで、一週間ほど「毎日更新」とかしてみたわけですが、
なんだったのだろうかこれは。
(そしてこういうことは二度とやらないと思う)


どういう意味があったのか。

とにかく
一度こういうことをやってみたかった (やれるかどうか気になっていた)
というのはある。


実際やってみると、まぁ意外にすぐに疲れる。
文章だけの更新なら毎日余裕とか、全然嘘である。
文章だけのはずなのに「追われる」感じがして、凄く落ち着かなかった。


ブログを初めようとしたときの最初期の感覚を思い出せたような気も、する。
(なんでもいいから毎日ウケるようなことをしなければ、というピエロのような感覚)


あと、逆に本当に書きたい内容は書けなくなるな、ということも分かった。


「本当に書きたい内容」の記事という奴は、
まぁ例えばリストアップしたように「人間と動物の何が違うか」とかなのだが、
(なんでそんなのをそこまで書きたいのかは知らんが)
色々調べたり学習しなおしたりしないといけないので一日一日で書けるようなモンでは無かったりする。
あと、「自分が一日に貯めることが出来るMP」の問題もある。


だから、毎日更新とかやってみようとすると段々内容がアホなことになってくる。 多分。


で、最終的に自分は妙なことを口走った訳であるが、

これは、「時間を置かずに連想ゲームでなんでも思いついたことを言ってみろ」みたいなことを
せっつかれたときに最終的に人間が何を口走るか、みたいな物ではないだろうか?
まぁいずれにせよ興味深い。


あと、こういう「恥さらし」みたいなことをしてしまうと、
自分的にもなんか吹っ切れるモノがある。


自分がずーっと言ってきた
「自分のブログの管理画面を確認するのが死ぬほど苦手」という奴だが、
今回のことで多少緩和したのではないかと思う。 (ショック療法)


これ以上恥のかきようの無いことをした気がする。 (んなこたーない)


・・・というのが「自分としての」
今回の、一週間、毎日発狂したように駄文だけで更新してみるキャンペーンの効果だったのだが、


傍から見る分にはどうなったかは分からない。
例えば、内心相当馬鹿にされたとか、相当軽蔑されたとか、
もうこんなクソブログは見ねえよと、愛想つかされたとか、
そういう「見えない効果」は山程あるのだろうが。



変な文章書いた後の自己嫌悪というのは相変わらず凄い。

自分は自分の文章を、「この世で一番自分のことを憎んでいるこれを人間が読んだらどれくらいムカつくだろうか」
というのを基準にして客観視して読んでいるので、凄く嫌な気分になる。


だが、今は割りと全てがどうでもいいです。


何故かと言うと、水木しげる先生が亡くなってしまったからです。


なんかしらんけど、偉大な人が死んでしまうと、
自分の恥とか、自分のクソ記事とか、自分のクソブログとか、
そんな有象無象共は、全て、物凄く小さいことのように思えてきて、逆になんか安心するのだ。



そういう時は、いつにも増して、フラットな気分でブログの管理画面を開けるようになる。
全然いいことでは無いのだが。

関連記事
[ 2015/11/30 16:22 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30