ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  自作ゲーム開発 >  トロッコ問題プロジェクト、始動

トロッコ問題プロジェクト、始動


なんで全然更新できてないんだ7月?
まぁずっとゲームは作ってるんだけど。

↓で、今こんな感じです。



Z 武器を振る 人を突き飛ばす ハシゴを登る スイッチを起動する
X ジャンプ

(「トロッコが来るぞーボタン」が妙にクリックしづらい不具合があります)




まぁつまりあれです。 「トロッコ問題」をモチーフにしたパズルゲームを作りたいワケですね。


もう現時点で、自作の問題をエディットできるところまではできています。


「トロッコ問題」についてはググれば分かるでしょう。

で、これ自体は6年くらい前から一気に有名になった概念かと思います。

「白熱教室」という番組で、
功利主義について考えるときの思考実験として紹介されてきた感じ。



このゲーム自体は 「トロッコ問題の是非」とか、「自分ならいざという時どう動くのか」とか、
そういうことを考えさせるためのゲームでは一切ありません。


とにかく設定目標に応じて 死亡人数以下になるように動くだけ、 
そういうパズルゲームにしようと思っています。


とはいえ
結果的に、トロッコ問題を更にめんどくさく考えるキッカケにはなるかもしれない。

トロッコ問題

例えば、今、殺傷系の武器で人間を突き飛ばそうとすると、死ぬようになっています。

じゃあデブを突き飛ばしてトロッコを止めなければならない時、
そもそも突き飛ばした時点でデブが落下死しちゃうようなケース、
つまりその時点で殺人罪が完全に成立している場合でも、
人間はデブを突き落とすべきなのか?


・・・みたいなことも考えられますからね。


まぁそんな感じ。


トロッコ問題という命を秤にかける要素

それプラス、「線路のややこしさ」という要素

それプラス、全作の「バナナゲーム」同様のギミックとアクションを仕込むことも出来ます。

どうなることやら。




ここから更に、
前提となるルールのバリエーションも、いくつか追加しようと考えています。


例えば、
◆人間の命に重みがあるパターンでのトロッコ問題

実際、「転落させるべきデブ」が自分の母親だったり子供だったりした場合、
それでもあなたはデブを突き落とせますか?
みたいな問いもあるわけですよ。

で、もし出来ないのなら、それはもう人間の命には重みがあるってことですね、ということにする。

ちなみにプレイヤーキャラ自身にも重みをつけるパターンも考えようと思う。


◆殺人トロッコ問題
これはもう全くの真逆。

できるだけ大勢の人間が死ぬようにするにはどう動くべきかを考えるパズルになります。

この場合でも命の重さに差をつけることが可能です。


◆臓器くじ問題
普通の人、デブ、母親、子供・・・以外にも、更に
「ドナー」「レシピエント」という要素を追加しようと考えています。


「レシピエント」は重病患者で、そのままほっとくと死ぬことにします。
全てのトロッコが停止したときに自動的に死ぬ存在、ということにします。


一方、
「ドナーカード」を持った人が轢き殺されると、内臓をぶちまけるようにします。
その内臓のエフェクトは全てのレシピエントに振りまかれて、レシピエントの病気が治ります。

その上でどう動くか、というパズルになる。

「トロッコ問題」と「臓器くじ問題」を一緒くたにしてしまう! そんなアイディアです。


◆エトセトラ エトセトラ
あと爆弾持たせたりしたいんだよね。 せっかくバナナゲーで作った爆弾だから。

爆弾をもたせた人をトロッコが轢くと、大爆発! デブじゃなくてもトロッコは強制的に停止する、と。
でもその周辺にいる人も死ぬからどうするか?みたいな感じ。
爆弾の移動が鍵となる。


・・・まぁそんな感じ。

今んとこどうかなこれ。

やっぱ、実際に面白いステージを作れるかどうかに全てがかかってる気はします。


この「トロッコ問題をゲーム化する」というアイディア自体は6年位前から思いついていたはずです。

今まで
だれも作らなかったのが不思議なくらいの題材だと思う。

https://www.pippinbarr.com/games/trolleyproblem/TrolleyProblem.html
↑ググッてみて、唯一見つかったのがこれです。 「trolley problem game」
それくらい誰も作ってない。

んでもってこれは、トロッコ問題について考えさせるための
ごくごく基本の導入みたいなモンであって、ゲームでは無いですね。



で、最初の時点では、もっと単純な、2Dの構図で
人間を突き落としたりレールを切り替えたりするだけのシンプルなゲームを想定していました。
でも、結局バナナゲームの派生で作るようになっちまいましたね。


これはどうなのか。

そもそも「主人公」をキーボードで操作する要素は必要なのかどうか。
今からでもマウスクリックだけでレール切り替えをするだけのゲームにすることも可能なんですけどね。
シンプルな操作のゲームのほうが流行りそうだけども。


でも、
主人公が実際に歩いていって、自分の手で人を突き落とす、
自分の行けるところでスイッチを切り替える、
その途中過程でトロッコに轢かれるかもしれない・・・

みたいな要素を入れるためには、やっぱし主人公操作要素がほしいところなのです。


で、ただのバナナゲーの派生なのに、その割になんでこんなダラダラしているのかというと
これでも結構内部的には変わってきているのです。


まず箱の挙動と箱の衝突判定を相当改造しました。

箱の移動に「最小単位」を用意するようにしてしまいました。
箱を押してみたり、武器で殴ってみるとわかりやすいです。 

つまり、箱の位置というのが常に「グリッド的」に収まるようにしてしまったのです。

こうすると、動きとしてはダサいけど、まぁ衝突判定は劇的に軽くなるのです。
結局こういう方向になっちまうんですよね。



あと操作性も、もっとシンプルにしようと思っています。 

ジャンプもこのゲームには必要ないかもしれない。
ジャンプを排除すれば、「今この通路にいるとトロッコに轢かれるしかない」みたいなことがシンプルにわかりやすくなるしね。


現時点ではスペースでダッシュする操作をなくしました。
こんなことだけでも調整が結構大変でして。

トロッコ問題
関連記事
[ 2016/07/17 17:10 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(2)
面白そう。楽しみにしてます。
[ 2016/07/18 21:01 ] [ 編集 ]
コメント返信
> 名無しさん

> 面白そう。楽しみにしてます。



どうもです。 現状でも面白そうだと言ってもらえると嬉しいです。



まぁ、実際に自分がお出しすることになる謎解きステージが仮に全然つまんなかったとしても、

自分のゲームは「誰でも謎解きを自作できるようにしている」ので、

誰かがもっと面白いパズルを作ってくれればそれでいい、と思ってるところもあるのですけどね。


[ 2016/07/22 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -