ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  3DCG >  シン・ゴジラの傷口凹ませ中

シン・ゴジラの傷口凹ませ中


さて、シン・ゴジラの3Dモデル、いま、これぐらいの所まで来ました。

シン・ゴジラの3Dモデル作りかけ

(ただ単なる、メタセコイアのプレビュー画面で、これです。 リアルタイムで、これ)
(これをvidroさんとかでマジレンダリングしたら、一体どうなってしまうのか)


モデリングのメイキング情報については、
ニコニ立体のTIPSにまとめていこうと思っていたのですが、ニコニ立体にはGIF画像をアップできない
ということに今更気づいたので、ちとこっちにも書いておきます。


いま、どういうところを頑張っているのか。
シン・ゴジラの3Dモデル

もう基本の形どりは大体終わったので、テクスチャのクオリティアップを延々とやっています。
(爪つけるの忘れてます あとでちゃんとやります)
(あとしっぽが短めに見えるかもしれないけど、これパースつけすぎですね。 ちゃんと全身よりしっぽ長いですよ)

でまぁ、このテクスチャの書き込みが、終わらん終わらん。


で、今回テクスチャに関することで思いついたことがあるので、その話。

シンゴジラのテクスチャー
↑今、描いてるシンゴジラのテクスチャがこんな感じ。 グッロ。


自分はよく手抜きで、テクスチャの明暗情報をそのまんまノーマルマップに流用することがあります。
(つまり、白黒画像化して、その画像を指定する)


で、案外その方法は上手くいくのですが、
今回はそれだけじゃイカンだろうということで、一個思いついたことがあるのです。

シンゴジラの「赤くただれた部分」は、凹んでいないといけません!!

普通にテクスチャを白黒化させた画像を使用すると、あんまり凹んで見えないのですね。

テクスチャをそのまま白黒化すると 赤い部分は、
まぁ単純にいうと、#FF0000 が #7f7f7fとかになります。 これはまぁ普通に灰色で、あんま黒くありません。
だから、凹んで見えない。


じゃあどうするか?

ここで、赤色を飛ばした画像に変換したうえで、ノーマルマップにすることを思いついたのです。

では、どうすれば赤を飛ばすことが出来るか?
一番簡単なのは、#FF0000で塗りつぶした加算レイヤーを重ねてしまうことです。

そうしてしまえば、それまでの#FF0000#000000と同様の明るさ扱いになるのです。
(つまり、赤い部分は赤ければ赤いほど、真っ黒と同じ扱いになる)


↓でまぁとにかく、そういう風に一手間挟むと、凹凸用の白黒画像は、単なるグレスケと比べて、このように変化します。

シン・ゴジラテクスチャー 赤いとこを黒ずみ

赤かった部分が、相対的に暗くなってるのがわかると思います。


で、この画像をノーマルマップに指定すると、暗い部分が凹んで見えるようになるということです。
つまり、赤い部分ほど凹むようになるというワケ!


↓その様子がこれ。
シン・ゴジラ 傷口凹ませアニメ

傷口がボコっと凹んでいってるのが分かるかと思います。

テクスチャ一枚描いて加工するだけで、ここまでやれるということ。


これでまた一歩、ホンモノに近づいた!!


関連記事
[ 2016/08/05 22:35 ] 3DCG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -