ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  創作折紙 >  MUTOさん折り紙

MUTOさん折り紙

 
ふと気づいたら、
この糞ブログクソ記事のくそエントリー数が、もうちょっとで1000回になるようです。
(十進法のキリ番がなんだ、といえばそれまでだけど)


実際は既にそれよりもっと多い or もっと少ないんだろうけど。
(書くだけ書いたけどボツにしてる記事が山程ある)
 (下書きから非公開のまま放置した記事の場合、インデックス自体は増えない)


(と同時に、一度は公開したけど非公開にした記事もいくつかある)
 (カテゴリまるごと非公開にした遺物すらある)
 (だから全てのカテゴリの記事数を合計しても、1000には足りないはず)




で、記念スべき1000回に何かするかというと、まぁ何もしませんね多分。
なんか重要なことを言ったり発表とかも無いです。


それでも自分が気になるのは、どっちかというと、

1000回目のネタを「何にするか」

1000回目を「何に捧げるか」という点です。


ここはなんのブログであるのか?


今ここはもはや「ゴジラブログ」になってるから、1000回目はシンゴジラの感想文二回目にするか?とか。
そういうことを迷っていますね。


まぁこんな駄報告だけでは終わらない。
今回は、折り紙ネタです。


MUTOさんの折り紙が出来ました。
ゴジラ怪獣 MUTO折り紙

折り紙熱が再燃しているといった通り。 そして、ゴジラ熱も暴走している。
・・・

となれば、やることは必然的に決まってきます。


ゴジラ怪獣の中で、
「もっとも折り紙っぽい形してる奴」
「もっとも折り紙で折るに相応しいフォルムの奴」
というのを考えると、答えはほぼ1つでしょう。

MUTOさんの折り紙を作るしかない。



MUTOさんは、8本足のモンスターです。

ただ8本足といっても、折り紙で「タコ」が比較的簡単に折れるのと同じようには楽にいかないでしょう。
MUTO折り紙

MUTO折り紙 アニマルメーカー
長い腕、
そこそこ長い足、
短い前足、
とても長い翼、
・・・

そういう構成になっています。
ここんとこをちゃんと配分しないとイカン。

MUTO折り紙 紙の利用分布

そしてどうせなら、腕の部分はインサイドアウトで紙の裏側を出せると理想的です。


・・・
でまぁゴチャゴチャやってて出来たのが、↓これです。
とにかくこれが展開図
MUTO折り紙 山折り谷折り 展開図

これをこの通りにORIPAに折らせると、↓ちゃんとこうなっています。
MUTO折り紙 ORIPA予想図

この様子を立体的なイラストにすると、この時点でもう↓こうなっているのです。
MUTO折り紙 胚

割りと理想的にMUTOさんの8本足の形態を折り紙に落とし込めてるんじゃないでしょうか?

ムダも結構少ないはず。 
腕も、ちゃんと紙の裏側を出せています。


で、これをもうちょっと細かく折り進めてくと、↓こんな感じになって完成します。
ゴジラ怪獣 MUTO折り紙 完成形
デカ目のホイル紙とかで頑張ってください。 (シルバー矩形のホイル紙とか、調達大変だろうけど)


問題は、口の部分、くちばしの部分を無理やり折りださないといけない点ですが、
まぁそこもなんとかしてください。


そんな感じ。

そこそこ気に入ってる出来の折り紙になりましたね。

「これを作ろう!」「これを折り紙にするべき!」って思って、
それが望んたとおりに作れた時の喜びというのは、割りと凄い。

関連記事
[ 2016/09/08 10:36 ] 創作折紙 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別カレンダー
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -