ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ニート生活

パソコンがぶっ壊れて感じたこと

まぁ必然的に事後報告になるんだけど
実は、パソコンがぶっ壊れました。 一週間くらい前に。
色々消えました。

そのことに関して、感じたことやら気づいたことやら、なんやかやについて、だらだら語ります。


マジでどうでもいい日記ごとです。


ただ一言、「パソコンが壊れました 色々消えました」の一言で更新すればいいだけなのかもしれない。
自分にとっては、それだけでも報告すべきの重大事件だとは思う。


だけど、相変わらず書くべき文章量の加減が分からない。

例えパソコンがぶっ壊れたとしても、
殆ど内容の無いような、惰性のような更新をするのは、 (そういう人はよくいるけど)
それは読んでくれている人を「ナメている」行為だと自分は思っているので
それよりかは、糞みたいな長文を置いといたほうが、なんぼかマシだと考えるのです。
(なんで落書き一枚だけで更新できるんだ?)
(しかも同じ画像を別々のサービス間で、twipicに上げてpixivに上げて、あっちに上げてこっちに上げて・・・)
(そんな無意味なリンクを貼って、無意味に閲覧させて、それが何になるんだ?)

[ 2013/12/07 16:42 ] ニート生活 | TB(0) | CM(1)

悪性腫瘍ガングリオン

珍しく普通に、日記ブログっぽい事を書きます。
「病気系の話」

自分の体の中には、イルネスリストにも書いてないような不具合が
大なり小なり、まだまだあります。

その中の一つ。

自分の体の部分には、
「自分が疲れている時に痛くなる場所」が、二箇所あります。

自分はこの場所を触ることで、自分が今どの程度疲れているかを知ることが出来るのです。
(これはこれで、ある意味便利)


その二箇所のうちの一つは、多分「ガングリオン」というやつです。
「良性腫瘍ガングリオン」

ガングリオン

↑右手の親指と人差し指の付け根の中間地点に、コイツはおります。
いわゆる「水かき」みたいな場所の中におります。 (とんでもない場所だ)

気のせいでは無いと思う。
自分の左手を触って比べれば分かる通り、本来「皮」くらいしか存在していないような場所なのに、
自分の右手のここには、変な、ゴムよりも硬いような、妙に弾力のある塊が存在していやがるのです。


で、このガングリオンの方はまだいいんだ。
(今はまだ、疲れている時に痛いだけだから、多分)


問題はもう一つの部分、
こいつが、物凄い毒素を自分の体にばら撒いていたことに、最近ようやく気づいたのだ。


もう最近、疲れているとその部分が痛いどころではなかった。
なんかもう、その周りが冷たい。 血の巡りが悪くなっているのが分かる。
そこから「疲労ソノモノ」が滲み出ているような感じがする。
疲れが疲れを読んでいるようで、やる気が全く出てこない。



そんな感じで流石にやってられなくなった。


自分が最初に「その部分」の発生に気づいたのは、多分10年以上前からだったと思う。

最初はタダの「シコリ」の一種だと思っていた。
(もしくは自分をキャトルミューティレーった宇宙人が、)
(自分の位置情報を取得するために体の中に埋め込んでおいたインプラントか、だ)


で、特に悪影響もないようだし、良性の腫瘍だと思って、放置してきたのだ。
そして自分とソイツとの付き合いは、10年以上になるわけだ。


非常に微妙な関係だった。

自分はソイツの事を無害だと思い込もうとしているようでもあり、
心のどこかで、「自分が物凄く疲れやすいこと」の根源が
コイツであると気づいているような、気づいていないような、
まぁそんな感じだった。


が、遂にその関係も終わったワケです。
自分の疲れやすさの根源はコイツだったのだと、完全に気づいた。
もうコイツの存在を許しておけぬと思った。


おめでとう! メラノーマは テラトーマに しんかした!
おめでとう! ガングリオンは アテローマに しんかした!



で、手術をして、ソイツを取り除いてきました。

モノ凄いデカイ塊が、ゴロンと出てきました。
こんなのがずっと体の中に居たのかよ、と。


そしたら、「疲れ」が消えたのです。(多分)


最近の自分の、ちょっと作業するだけで
疲れがゾゾゾっと体全体を支配して、
「体中の油という油」が「冷えたラード」みたいな感じになって、ひたすら眠くなるような、

あの感じがなくなったのです。


こうして終わってみると、アイツが疑わしいのは明らかだった。

それなのに、10年間以上、自分はアイツのことを無害だと思って放置してきたのだ。
自分の体が異常なほどに疲れやすくて何も頑張れないのは、
それはもう、そういうモノなのだと思い込んで諦めていたんだ。


・・・
そうやって考えると、「自分のこの10年間」は何だったのだろうという気分になる。

あの時の失敗も、あの時の怠惰も、全部コイツせいだったんじゃないのか?
このことに気づけなかったせいで、10年の間、自分はどれだけのことを失ってきたのだ?


「10年を返しやがれコノヤロー」という気分になる。


というワケで何だろう?


これからは、頑張れる筈だ。 少なくとも、今まで以上は。


と、思いたいのだけど、こういうことを言うのはやっぱり「フラグ」だろうか。

自分の体の中にはまだまだダメダメな部分がてんこ盛りである。
今回は、「異常な疲れやすさの原因の一つ」を取り除いただけに過ぎない。


最近はもう、呼吸をするだけで、胸の辺りの骨が痛い。
全く、どうなっとるのだこれは。


どんだけ自分の機体はポンコツなのだ。

[ 2013/10/10 10:19 ] ニート生活 | TB(0) | CM(2)

もうどうでもいい話しかできない

最近のどうでもいい話。


・ゲーム「The Last of Us」をやっている

ピカチュウ

 敵がSIRENの屍人っぽい。 (クリッカーさんはちょっと色っぽい)
 連れ子の子はまだあんまり可愛いと感じられていないくらいの進捗状況。

 システム的に色々言いたいことも出てくるけど、
「ゾンビが馬鹿なのは許せるけど人間が馬鹿なのはいただけない」とか)
 それより何より廃墟探索感が楽しい。
 自分はアンチャ知らないけど、超凄い仕事なのだろうなぁというのが伝わってくる。 PS4レヴェル。 知らんけど。

 このクオリティで「アイアムアヒーロー」のゲームを作ってくれ、とか妄想する。


なんなんだ。 
今年は「ジョジョASB」まではもうゲームやらないとか言ってたのに、結局やっている。
まぁこれは別格ということで。


・カマキリの折り紙とか考えてるんだが
 どうあがいてもORIPAが折ってくれない
カマキリ
 これはもう、こういう展開図だけ置いて放置するべきか。
 とにかくこれでカマキリになるんだよ。 これは便宜上紙を半分にしてるけど。


・オメガウェポンの絵が妙に全く進まない

オメガウェポン
 背景なんか描こうとするんじゃなかった。


・動物歩かせシステム



 ステゴとラプトルだけがどんどん良くなっていく。

 「リアルタイム編集」「足のちゃんとした切断」「全身のローリング」が一応できるようになったけど、
 多分ここらでしばらく止まる。

 次にやるべきは「しっぽ」「あたま」も別に分けること。
 それぞれの全身の部品を「ちゃんとしたベクタ絵」に置き換えていくこと。

 なのでホントに止まると思う。

 でもそれを超えたらようやく本格的に「応用」が出来るようになる。
 
 例えば今、「犬ダッシュ」でスペースキー押しっぱなしで走らせた時の出来が妙に全く良いような気がするけど、
 これを改造すれば「走るアマ公」もようやく作れるようになる。


 それだけを楽しみに自分は生きている。


そんなことよりも何よりも、今一番自分にとっての大問題がある。
と同時にそれは本当にどうでもいい話でもある。

最近一日中考えているのが「人間はどれくらいどうでもいい話でブログを更新すべきなのか」ということ。

この匙加減の話から始まって、ずーっとその延長について考えを伸ばしていくと
ガンとかウィルスの話にまでたどり着く。


何故人間は、事ある毎に「どうでもいい自分のゴミ情報・亜種・ゴミミーム」を残そうとするのか。
(人形遣い気取りなのか?)
実はその欲求こそがネットを無意味化させているのだ。


「どれくらいどうでもいいことを喋るべきなのか」、
そんな糞どうでもいい事をずーっと考えていると、もう何も書けないような気分になってくる。


「全てが下らない」って感覚が素である。

[ 2013/06/22 11:46 ] ニート生活 | TB(0) | CM(2)

泳ぐのをやめたら死ぬ系の魚

また気がついたら一週間以上も更新してない。


別に最近は「やる気がでない」とかではないのだ。
色々やっているつもりなのだ。

でも結果が出ない。
(いや別に今までに何か結果が出たことなど一度もないのだが)




例えば、こんなモノを作ってくださった方がおられました。

これに触発されて、
自分もなにか回転するボクセル的なアイコンを作れるツールでも作ろうか、
などと思い立ったりしたんだけど、
途中であまりにダメダメ過ぎたので嫌になって放置した。



◆ダメな理由

・理解不能なレベルで汚い
・理解不能なレベルで重い
・ここからエディタ部分を発展できる気がしない
・光源の表現というものが糞っている
・そもそもY軸回転のことしか考えてなかった



一応、
こいつを「画質:低」にして、
10°づつくらいで回転させて、
画像を保存して、
48*48にリサイズして、
減色して、
アニメGIFにして保存すれば、
回転するボクセルアイコンは出来るような気がするけど、
やっぱダメダメすぎると思ったのでボツ。
(こんな擬似的な表示法だというのにどうかしている)


アホピカチュウ
(↑要はこのアイコンが回転する予定だったのです)

アホピカチュウ


いやこのマインプランナーというのを使えばいいだけなのかも知れないんだけど
何だろうね、この意地みたいなものは。


以下、延々と愚痴っぽい話

[ 2013/06/07 18:35 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)

ダイオウグソクムシたんの話

さて今日は「そういう日」なワケだけど、なんというか
「エイプリルフールに嘘をつく」だとか
「エイプリルフールに面白いことをやる」だとか
「そういうこと」をやるための気力というか気概というか発想というかネタのようなモノが
今の自分にはとっくに失せている事を痛感する。

そういうのは、ネット上のはるか向こうにいる、宣伝熱心な企業だとか団体だとか
どっかのサービス旺盛でアルファ~な面白い方々とか、活動的で新進気鋭な方々とか、
そういう「自分と関係のない世界にいる人達」のためにあるような感じがする。

そういう「面白い人達」と自分は一切関係が無い感じ。
自分とエイプリルフールはもう一生縁が無い感じ。
そういうのを感じる。


(何回「そういう」って言うんだ)

なんというか、エイプリルフールというのは面白い人のための
リトマス試験紙なのだ。 


というわけで何事も無く
なんか思うことを淡々と書くわけですが
それもよく分からなくなってきている。


昨日は48時間ダイオウグソクムシたんを観ていました。

ダイオウグソクムシたん

見てない人や、夜中にちょっとだけ見て視聴をやめた人からすれば
「何が面白いんだ・・・ バカばっかりだな・・・」と思うかもしれない。
ほとんど動かないであろう生き物をずっと見てて、何が面白いのかと。


だが結論から言うと、この放送はほんとに面白かったのだ。

グソクムシたんは動くときは滅茶苦茶アグレッシブに動く。
文字通り水槽の端から端へと狂ったように移動しまくるし
水中をあがくようにして飛び上がろうとする。
4年絶食しているというNO1も同様に動きまくるので、どういう燃費をしてるのか謎すぎるレベル。


この、動く時と動かない時の緩急、溜めと開放のバランスが絶妙すぎるので
意外と見てて飽きないのだ。


で、ずっと見てない人や、ちらっとだけ見て去っていった人には、これが分からない。


例えば、水族館を訪れた人達の中には
「全然動かないね―」
「これニコ生で配信してるんだってー」
「なんでこんなのずっと見てる人達がいるのー」

みたいなことを言ってくる人達がいるが、逆にそのような発言に対して
「わかってねーな」
「動くときは動くんだな、これが」
的な優越感を感じられるようになっているのだ。


そうまさにそんな感じで、
「昼間に運営している水族館の生中継を見れる」のだが、これが滅茶苦茶面白い。

まるで盗撮してるような怪しい面白さである。 


放送してることに気付く人、気付かない人、
コメントに気付く人、気付かない人。
いろんな人が現れては去っていく。

何も気づかずに変なことだけ言って去っていく人も面白い。

自分の発言が中継されて聞かれてたことに気づいてうろたえる人も面白い。

コメントが流れていることに気づいて、その反応にさらに反応出来る人、レアだけど面白い。

・・・とにかく面白い。
繁盛してる水族館の、「客寄せグソクムシタン」の前を通るお客の様子が分かるワケだ。
面白いに決まっておるのだ。


まぁそんな感じでずーっとダイオウグソクムシたんの様子を見ているワケだから、
愛着も湧く。

ただでさえ最強に可愛くてカッコイイフォルムをしている生き物なのだから当たり前だ。

3匹の見分けが普通に付くようになってくる。
見た目からだけじゃなく、キャラクターで分かるようになってくるのだ。

No1: 今回の主役
    年配
    目立ちたがり マイペース よくひっくり返っている
    触覚が一本折れてる
    餌食べない 
    かわいい

No5: ものすごいサービス旺盛
    一番動き回る 泳ぐ 飛ぶ
    ビラビラを見せ付けてくるスタイル
    やたらとカメラ目線 コメント読んでいるのかレベル
    かわいい

No9: 新参者
    でも一番大きい 態度も大きい
    よく先輩を足蹴にしたりする 反撃される
    水槽の「右奥のポジション」が大好きで、
    どれだけ動き回っても、最後にはそこに戻ってきて、そこで寝ている
    かわいい

No3: メインヒロイン 紅一点 
    死んでる 標本
    かわいい


・・・
大体見てればこれくらいのことが分かってくる。

最初は全く区別つかなかった3匹が、
なんとも個性豊かな奴らだと思えてくるのだ。


まぁ、基本は5、1、9の順で並んでおる。


そんな感じで超楽しい生放送でした、というチラ裏報告。

なんなんだこの文章は。 自分でも分からない。 割と発作的。


ちなみに上の絵も、発作的に描きました。
半日くらいで描いた絵です。


自分のラフなタッチの絵に関しては
どんだけ時間をかけようとかけまいと
クオリティの上下なんか無さそうなモンだけど、
やっぱり半日仕事では結構粗がある。


グソクムシたんの足は7対なのだが、その辺もちゃんと描けてないのだ。


[ 2013/04/01 19:58 ] ニート生活 | TB(0) | CM(2)

grks

そんな風にキチガイじみている自分でも、一日寝ると
なんであんなに発狂していたのか分からなくなるので
ああいうテンションの持続は凄く難しいのだ。

でも続けてみよう。


こっちから「震災の話」

というか結局「戦争の話」になる。

当然、誰も読むべきではない。

[ 2013/03/12 13:35 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)

gmkz

どうせ何も出来ないから、
しばらくは文章だけの更新を何連続かでやってみようかと思う。

というか、本来ブログというものは
通常、「文章だけで持たせるモノ」だと思うのでそれが当たり前ではあるんだが。



今日は「そういう日」なのでなにか書こうと思った。

ニートのくせに、「震災」について何か書きたくなる。
でもその前に、あえて「自分の話」をしようと思った。

チラシの裏で書くべき話(自分語り)
と、
チラシの裏なんかには書けない話(震災の話)を、あえて同時にしようと思う。


クッソ長い文章を、今日は二回に分けて書いてしまおうと思う。
(何回「思う」って言うんだ)


で、こっちの記事は、まずは「自分の話」になる。


誰も読むべきではない。

[ 2013/03/11 18:36 ] ニート生活 | TB(0) | CM(12)

取らぬアマ公の皮算用

最近やろうとしてること。
いろいろ。


例の大神風フィルタを活用すべく
アマ公のベクタ絵をちゃんと用意して、
そんでもってそれをモーフィングのアニメで歩かせてひたすら愛でよう、
みたいなことを思って作りはじめたんだけど
これが思ったよりもアニメを作るのが難しくて難航中。



歩行と走行の二種類のアニメを12枚くらいのベクタ絵のモーフィングで作ろうとしてる。
それだけのことだと思うのに、ビックリするほど上手く動かせない。
犬の歩き方について本気で学ばなければ。

そして走りだしとか停止とか、そういう時に停止用のアニメと綺麗に繋がるようにもしたい。
思ってるだけ。



あと、ようやくMark.09第13号機を作ろうとする気力が溜まって来ました。

エヴァMark.09 エヴァ第13号機

こいつらは資料も充実してるし、作ろうと思えばすぐ出来ると思ってた。
でもやっぱり13号機の装甲はほぼ全身からの作り直しになるのでめんどくさそう。



あと、AAAヴンダー 作ろうと思います。 無謀すぎるけど。

AAA ヴンダー

資料を見れば見るほど絶望的なデザイン。 狂ってる。
数カ月後に完成するか、あきらめて放棄するかのどっちかだと思う。



コレ以外にも他にも作りたいものは山ほどある。

むしろ、「なんで自分は未だにコレを作ってないんだろう?」って自分でも疑問に思うものが山積み。

タチコマとか、アラクニダとか作りたい。


[ 2013/01/31 18:40 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)

串刺しモード

最近はちょっと不抜けています

目玉ふやしました

大したことなんか出来てないくせに、なんか燃え尽きた感がある。
曲面化の作業は大体終わったと思うけど、最後の微調整的なことを考え始めると手が止まる。
そんな感じでダラダラしてます。


あと寒いので動けません。



それにしても
現実世界はどうでもいいけど
架空世界では良いニュースばっかり起きている気がする。

本当は話題に欠かないはずなのだ。

どういうニュースかというと


◆ダンガンロンパアニメ化!
嬉しすぎる。

◆ダークソウル2開発決定!
嬉しすぎる。
デモンズ、ダクソ。その両者で受け継ぐべき箇所、改善すべき箇所、そんな話を延々と出来る。

◆大神の話
神ゲーなのはわかりきっているのでグラフィックの話をしたい。
大神の特殊なグロー効果と、その逆、墨が滲むような効果は「減算のグロー効果」なんじゃないか、とか
大神の木がどうなってるのか、ようやく心で理解できた話とかをしたい。
あと、フラッシュで再現したい。
パス絵でアマ公を作って、滑らかに走る姿を再現したい。

◆DmCの体験版の話
空中特化型DMCだと思う。
空中でのカマの切り上げ攻撃が個人的に大好き。
見えている部分に関してはおおむね良好。
でもソレ以外が未知数すぎる。
ボスがあんなんばっかだとちょっと食傷する。
全ゲーム世界で最も汚いサキュバスだと思う。

◆ジョジョのアニメの話
やっぱ凄くイイと思う。
なんでこんなにイイんだろう。

◆ヱヴァQ三回目の感想文
いまだにちゃんと書けずにいる。



・・・このへんの話なら、いつでも記事書けるし書くべきなんだ。


追記



◆パシフィック・リムのトレーラーが面白そう

◆「風立ちぬ」  最後の宮崎駿VS高畑勲となるか? なんか凄そう

◆メタルギアライジングの体験版の話

◆MGS5の話


・・・やはり架空世界ではほうっておいても良いニュースばっかり起こりすぎる

[ 2012/12/09 10:41 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)

ヱヴァンゲリヲン桃号機

今日はついについに、大神絶景版の発売日ですね。
自分はこれをずっと切望していたのだよ。 約束された神ゲー。
これさえHD化されればあとはもう何もいらないレベル。 (FF12HDくらいか?)
アマ公



・・・いやそういう話ではないのだよ。


なんかもう最近の自分は腑抜けすぎている気がする。 
遊んでどうする。



楽しみすぎることが連続で起こりすぎているから仕方がないんだけれども。


やるべきことはやっているのか。

(そもそも「やるべきこととは何だ?」という話になるんだが)
(そんなもの本当はありはしないんだ)
(全部、逃避だよ。 そんなもん)



EVAの新劇のモデル作りは、
ようやく一番めんどくさい「顔作り」が大体、全機体分終わったので
今こんな感じまでは来ています。

多分↓このポリポリモデルに関しては、9割くらい進んだと思う。
初号機テスト
(コレ見てショボって思う人もいるかも知れんけど)
(前のやつはこのレベルだったので、相当マシにはなっているのだぞ)


で、一応このカクカクモデルを元にして、面の分割の仕方、
(どこをなめらかな曲面にして、どこをエッジにして角張らせるか)
そういうポイントを延々と指定していって、ハイポリなモデルにするわけです。


そうしたら、映画内で使われてるモデルと遜色ないモノが出来ると思っているのです。



いや、むしろ「ホンモノ以上にホンモノに近づけたい」と思ってる。

EVA初号機 設定画
EVA初号機 劇中3Dモデル

上が、本田雄が3Dモデル起こす前のすりあわせ用の設定画。
下が、実際に使われてる3Dモデル。



やっぱ、ホンモノにもちょっとした差異があるワケで。


もちろん、3Dと2Dのギャップとして、仕方がない部分はある。 (絵の方に無理があったりね)

実際作ってみると、
「背中のエントリープラグの辺りの盛り上がり」は、
正面から見た場合、ここまで絵のように盛り上がることはない、とか
、そういうのは分かってくる。


でも、スネとか、モモとか、足の上の黄緑パーツとか、手とか、
やっぱり設定画のほうがカッコイイ部分はあるのだよ!

そういうところは、自分は絵のほうに忠実に作っていきたいと考えているのです。




・・・とかなんとかやってたら、もう絶対Q公開までには間に合わないだろうな。
どうせ自分のことだし。


そして、Qの劇場版予告が来ていましたね。


さてこのピンク色の桃号機。 これは7号機なのでしょうか。 8号機なのでしょうか。


「8号機=顔が錨マークになってるやつ」と認識している人からしてみれば、
これは消去法で7号機になるんだろうけど、
やっぱり自分は例のぼんぼりのことがあるから、こっちが8号機なんだと思ってる。

(ということは逆に「顔が錨マークのEVAは何だったんだよ!」ということになる)
(混乱する。 あれがタダの予告詐欺だったならいいんだけど)

(でも、やっぱりピンクだし、マリ色だし、こいつが7号機なのか? ウルトラセブン)
(じゃあ「ぼんぼりはなんだったんだよ!」ということになる)
(ワカラン。)

(そういえばEVA:08αとか書いてあったけど、もしかして変身するってことか?)
(それなら解決するけど)


どうせ間に合わないんなら、Qまで待って、この桃号機も作ってやろうかと思ったりする。
先延ばし先延ばし。


初号機テスト
[ 2012/11/01 21:13 ] ニート生活 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -