ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  アスキーアート

ほむほむ最強説

( ;∀;)イイハナシダッタナー

       /  .:l . :| : :  /: :l. : : :/| : / | :ノ: : : :〈   ヽ : :\   : : : :l:  l    l: . l
       .:  .: :| : :| :  /: : :| :/ -- イ:| : : : : .ヽ、 卜 ー--  : : : |;   |  _l: : l
      .  : : | : :| : :l: : :/|: /  |/   l人 : :ヽ: : : . | ヽ: : : .ヽ: : :八  |/⌒》: :|
        : : :| : :| : :|: / l/,. == 、ヽ   \: .\: : ノ ,. == 、 : :/:l: :  |/⌒》: :|;
      ;  : : ::| : :| :l:.:Ⅳ /厂///:|          ∨ 彳厂///「\: :l.: : |_ イ.: .:|l
      l .: i .:| : :l八:.| ′// ⌒/:|              |://⌒/:|   Ⅵ .: : l: : :八
      | l .; .:| : :|.:| ∧   |::. `¨ .:リ              |::. `¨ .:   │ .: |⌒V.:.:.:|
     ノノl,:' .: | : :|:.|l   ⊂つ ─ ′          丶─ ⊂つ  | .: |   l:.:.:.:l
     /  | .::l:;l : :|:.|l                              | .: l  .:.:.:.;
         ', .:: |人:l:|:从 //////         /////| | .:,'.イ.:.:.:.:.;'
         ',::. | ::.八: :.人  / /      、__  __,        |   ,l .:/ :/: ;∧,'
          ∨ ', : :..∨\\            .__          ; ノ.::/ :/.:〃 /
            :. : : \ 丶:> : .                  . ,: . :/ :/. :/
             丶: : : ト: : |: : : /: > 、       , イ.:/: :|. : : :/ :/l :/
               \:│ヽ|ヽ:八/|   `  ー  ´  |八/:|: : :// l:/
               \ ′厂 ̄`丶  、     イ  ̄ ̄| |;/  /′
                _/        \\_//     乂
              _, <厂| \ヽ       │   |     /⌒ヘ、__
            厂      l:.│  \\    |   |       l .:|     > 、

なんか、「まどマギ」が終わったというのに言及しないのもあれなので
とりあえず作ったAAを並べます。

ピンク

  :/ .:∧|  :/ 〈/ /////      |  .:/   == 、  \|    :/ : :/
 / .:/  | .:/||     l|/じ/      |  :/  /////ヘ、 ト  .:/ : :/:
  .:/   :|:/:∥ ⊂⊃`¨´        |/   l|///// Ⅵ │.:/ ; :/: : :
 :/   : :| :〃////     ,.         l|/じ//  |」 /|/: :/:/: : : : : .
    : : |// /        〈/         `¨´⊂つ / : :/:/ |: : : : : /
    : : | \                   /// // : :/:/  ノ: : : : /. :
    : : | .: ; \        __        / / / : :/:/ イ.: : : : :/|.: :
    : :/: :/: / 丶     └ ニヽ           / : :/:/ / : : : : / |: : /
    : /| :/|:/       、            し<,' . :/:/ / : : : : /  |: :/
  / |/        >、 ___,..   イ   l . :/:/ /|: : : : /   |/
              r<|____    」≧、 : / | :/ : : : /
             │ 〈 「 ̄ ̄ ̄ ̄´   /  ′ |/  ;: :/
                ノ  | |         〈          |/

   ,'| /    // _,.∠.、丶 |     .::八  .:/   |   ヽ  : : : :.  : : : :.
  ,' |八    :/ /⌒ヽ   |     .: |   \  │  : : .l   : : :l   : : : :.
  ,' ′ ヽ :/     ,:しハ    |   .:/│ .::/  `ヽ|  : : :l    : : |   : : : :.
 .:     ∨    /:じ//    八..::/  l .:/,. == 、\ : :│   : : |   : : : ::
 : /    :/   (ヽヾ;/      ∨  ∨    ,二ヽ  :.:|     : ::|,二二/
 :'   ..:/   /⌒ ー'                /し;ハ ∨  |/   : :|  /
 |   .::/        _,              /.:じ/リ |l  .:     : : |,二二/
 |   :〈   .:                (ヽ ヾ.::;/  :リ .:    : : ;′ /
 |   ; ヽ /                  ⌒ヽ  '⊃′.;:    : : ,:
 '.   |/ヘJ     ト 、                厂    /   : :/ ⌒ヽ  /
  :  :|///∧      <.::..>          |     /    : :/   ノ  /
  :  :|////,∧                   ;│  /   //   イ /
   :, .:|:////l/∧                .ノ //  :/..:/ー    /
   Ⅵ/// |//卜、. ___    .. <し  / .:/ ..::/   /

    < __ノ    〃/     /_   //  /  /     |│
    / /  /  《_/   ,  /__` <__/ /     │|           l
   ⌒/  //    八|  │/  厂,≧==≠、 ̄´   _,    |人     l    |
    ′/ / / 〈  |   |/ /  (:じ'リ        丶\    ∧   |   ′
   //  // /厂 l  | ∨ ⊂´ ̄`ヽ       へ` <  l   |   '
  ′   , ⌒ヽ  ∨八__八     /           `≧ 、\|   |  /
     /    \ >┴‐┴<     ′   ノ>     ヽ(:じ'リヽ八  l/  /
     ノ⌒丶   / , -─‐- 、 \ J           `ヽ⊃ ノ  イ   /
     `ヽ、 , ' ∠三二≧、 \ ヽ /⌒ヽ     //   // /  /
  厂`ヽ  ∨ /二 , ´─ 、 \∧ ', ヽ  ノ        /  / /
  /    /|  「 ̄〃     ヽ/ l  |        /   /ー イ , < ̄ ̄`
      /  |  | /|        |/ | ├──,. <ノ─ イ/ ̄ ̄`ヽ   \
   ⌒ '   人 ∨八       八∨ 人  //     ノ′      \


見事にキャラが泣いてるAAしか作っていない。
狙ったとかじゃなくて本当に、気がついたらそうなってた。 酷い。


どうも最近、「在宅アニメ品質管理者」として
「良アニメ選別の賭け」に負け続けている気がする。
(まどマギに乗ったのは、自分の中では負け)


そんなこんなで、今期自分は「C」を推そうと思う。 (なんだこのタイトル)
なぜなら自分は、「中村健治信者」だから。

「怪」も、「墓場鬼太郎」も、「ケモノヅメ」も、
「モノノ怪」も、「空中ブランコ」も、全部全部好きだからー!


(なんか、二話を見る限りタダのバトル物になってて、また負けそうだけどね)
(いやでもリョナアニメとしては・・・)

  人: : :/: :〈 :/   ∨: : : : 八: : : :: : : :八 : : : :∨   \: 〉: :\: : :人  
/. : : : : : :人八      ⌒\ ー──ー /⌒      八人: : : : : : .\
. : :/ . :/<\====‐- 、           ,. -‐====/>\: . \: : .
/. : :/   __《   . '⌒ヽ \ヽ      ヽ/ . '⌒ヽ   》__   \: : .\
: : ://∧        |l::.じ.::|                |::.じ.::l|         ∧/\: : :
<////八     丶 ヽ .:::ノ /         \ ヽ .:: ノ ノ     八////>
 ̄ ̄ 丶      ` ̄ ̄                   ̄ ̄´      /  ̄ ̄
厂厂`丶\                                 //厂厂´
\ \  ⌒ヽ                                  '⌒ヽ / /
  > 、 ー‐ヘ             /`¨´\             ヘー‐  ,. <
 
  __> - ∧          ∧〉^ ^〈∧         ∧ - <__  
 ̄ ̄> . : :/:人          .:: : : : : : : : : :         人:\: : . < ̄ ̄
 /. : : :/l: :〈  \       |: :_/⌒\_: :|       /  〉: :l\: : : .\ 
´. : : :/   |: : ヽ  \     V〈     〉V     /  , ': :│  \: : : .`
: : /     l: : : .\  >     ヽ   ノ   <  /. : : :l     \ : :

「我ながらスッゲー!」


以下、まどマギについてのチラシの裏。
「如何にほむほむが最強であるか」の話です。
[ 2011/04/25 22:33 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

まどマギAA

ここがAAブログでもあることを忘れそうになるので
たまにはAAを貼っつけただけの更新をする。

自分がまどか厨であることは言明したので
まどかのAAをいっぱいつくる。
これからも多分、いっぱいつくる。


まずは さやか

     /   厂         : : : .
    /    |.   l         : .\
    . :    /  |:   |: . l: : . \    ヽ :.
  / . : : : /l :/ |: : . |: : :.|ヽ: : : .ヽ   |l
  .: :.l : : :/ |/  |ヽ: :|\:」/\:: :.l   ||
  : : | : :/ |≧ー' ∨ ` ヽハ仆;|:  |  |
  |: :l: ://;ハ       |l しリ  |:.  :|  |l
  |: :l: :.|  l:しリ        `¨´ //|::  :l :八
 ノ:八: :ト//`¨   ´__       |:: . / :/
 /', : 〉ヽ、      ' ⌒ヽ   /|:: //          
  ∨ヽ: :> .    ー─'  . イ ///           ⌒l \\
     \: : /: :>ー┬  ´_|_/           | (\ | │
      ∨∨/厂Y厂 ̄ ̄ ̄L./⌒ヽ       (\ ヽ \/
    / ̄厂 ̄`ヽ┴/ ̄ ̄`//      \    (\\\〉 l
   /   /      L丿⌒    l/    ` ー─ヽ  へ \〉  /
 /    |    //| |\    |│       //〈     /|
〈    人_///| |│ \_ノ人       / /| \ / /ノ

「絶望した!」って感じのシーン。
というかシャフト的に絶対狙ってると思う。

      / / . : : : /.:≧≠=ミ:、   | : :/ |: : : : :/|   .: : :/   /  : : : : : :
      / / . : : :/ . ://///ヘ  | .:'   |: : : :/  | '⌒ヽ/   /   : : : : : :
    /  / / . : / . ://.:///.::   |/   |: : :/   :l  ./  .:/   : : : : : :
   〃 / /. :/ . :    |:l `¨´/         |: :/    l .:/ / . :|/    : : : : : :
  /  / // . : //  `¨¨´           |:/  =≠=ミ、/ : :     .: : : : : :
    / / /: :〈    ///   ...           ////ヘ://|   : : : : : :/
    ,' / /: : :    /      くノ        //.:///.::リ/|| /    . : : : : /: :
    :/ 〈: : : : :                    //.:///.::〃 ||/    . : : : /: : : :
       \: /:       /⌒ヽ      |:l `¨´ /  /|l   . : : : /: : : : : :
          \ : : :.      丶 丿   // `¨¨´   /  . : : :/: : : : : : : :
                             //// /  . : : :∠⌒ヽ: : : : : :/
                              /  . : : :/   ) ノ. : : :/
                >.._             / . : : :,. <  //.: : :/

ゾンビさやか

                                        , -─────- , 、__
                              __/       ____// >                  ∠二..
           ___,        / ̄ ̄ ̄ ̄´             ヽ\──'┿━┿\               |
        . :<: : : : : ;∠─- 、_ /                〈人     \\━┿━┿┿ヽ、           〉'⌒ヽ /
    /. : : : : : : /厂`ヽ: : \∧    ` ̄ ̄ヽ       \\     │|━┿━┿┿━》          ノ. : : : /
   /. : : : : : : : :>┴─‐<⌒ヽ |          \__    \〉    │|  │  ││ /          /.: : : /
   : : : : : : : : :___: : : : : .\   \   \      ヽ \_/⌒ヘノ  │|━┿━┿┿ /          /.: : : /
   l: : : : : : : :´: : //,二、 \ノ <⌒ヽ∧____   \  〈 \ Ⅵ │  |_,         /.: : : :, ′
   |: : : : : : :─<| 〈 ー┘    〉─/ ノ<二ノ/\\   \ \_ノ\|━┿━/  |       /. : : : :, ′
   : : : : : : : . 、>       /  ` ¬、∠/     \\   \ Ⅵ |  │ /     l      /. : : : : :/
    : : :\: : : . \ , _  '  /     ¬'⌒ヽ /   〉八   _ヽl┿┿━|/       l.    /: : : : : :/
    丶: : : : 、_〈ヽ'ー┘,. イ            //  /   \/《\ヾ⌒ヽ       ',  / ⌒ヽ: :/
       \: : : : : . \ ̄.二ニヽ      _,=く   /     く   \__\ ヽ      V      /
        〉厂`ヽ: :.厂`ヽ  r ─┬<   \ \/         \  厂丁ノ  \ \          /
                   _`フ ノ)  \ /           ヽ/   \__ノ) \丶、___/
                 ー‐<ノ) _/⌒ ̄´             \  ニニイ   \__ノ
                     ` ̄                          ヽ` ̄イ

「ぐえー!」  「さ、さやかー!」
そんな感じのシーン。

あとこれは90度回転系AAですね。
だからなんだって感じだけど。


そして まどか

: : : : :/: : |: : : :/|   / |/====ミ、    l: :   | / ー‐ 、/ : : : .
: : : :/: : : |: : :/ :l /   ///∧        ;.   |/\   / : : : : .
: : :/: : : : |: :/  |// /   ////人ノ!       ヽ   |   \ /    \_: .
: :.l: : : : : : /l   l      〃乂////         \l   ヾ==ミ、   丶
: :l: : : : : :/: |  /l     |l、 `¨//                /∧
: l.: : : : :/: :│  l//  ` ー='                ////ハ 
:.| : : : :/: : : |   l/////                     ////人ノ!  |l  |
│: : :/ | : :│ /l                          〃乂////  ||  |
│: :/  l:: : |/ │\               /::.        |l、 `¨//   /
:.l:.:/   l:: :│ l   \                   ` ー='       / /
:Ⅳ    l:: ::l  l     >、       _          ///      /: :/  /
      l:: ::l\l    厂ヽ\   <=‐-ニヽ         /////: :/   /
        l : :l    /│  \\                  /: :/|  /
        ∨__/  |     丶> 、______, 、  </. : :/ |/


      l    /ヽ     l
     ,l    /_∧ノ  ヽ|__ 〈  ヽ
    /厂 ̄/ : : : . \   | : .  \` ̄\
    /|  / : : : : : .\\  |.: : : : . \
   :/: :l /, ==' : : :.\\|: :'== 、 |\
  /: : :.l/爪ハ    : : : : : : /爪ハ|  イ
  ′: :// |: し:l|    : : : : : : |: し:l|  ∨ l
  | l:〈/  ヽーノ   . : : : : : : : .ヽニノ   /〉:| l
  | ∧ `   ̄´. . : : : : : : : : : : :` ̄  ´  ∧ |
 // ∧            ,イ             //
 ̄厂  \                      /  ̄厂`
∨    //> .   ∠ニニ>    . <|:|   /
      |:| \ > 、 ⌒ , < / |:|
      |:|    \   丁´  /
   |:|

ビキィ !?
そんな感じの擬音が似合う。

主人公のくせに
我ながら酷いシーンばかりチョイスしてると思う。


     イ  / / //         /    / /  \   :l       : . ;.   ヽ
     '│ /|/l//        /   /  /     ヽ . ;|       : : l      :.
         /       /  // /        ∨|       : : |,.、/⌒L
         /l  :|  / . :/'⌒ヽ//      ___  |   │  : : |//////》
        《八 |  | : :/|/   '′    ´       厂 l     |〉////《
      //⌒ヽ|  | :/ ′                / \  l   :.  |乂///リ
     / /| │ \ :|/   丶           ´ ̄_    ∨  .:| |  `¨
    / /| | │  \ , === 、       ´ ̄厂)≧ |  : :l l  //〉/⌒ /
  , // /  | |: .│  .:| | ヽ               |し///八 | .: :/  / /  . : /
/// /〉  | |: :│ : :| | ///            `¨´  ノ ://  ノ /  . : : :/ :
//  .:/ ⌒ヽ、 │ : :        ,             ̄´ イ/ __/ / . : : : / : :
/ /      ` ̄´/  >、               //// / /  , -──- 、: / : : :
/             / .:/> .     ー─‐ '         //       \: : : :
八              / .:/     > .          _, イ //          丶: :
ノ \            | .::|   / 仄 `ヽ  - <厂二二二/
              | .::|  ノ /\\ \__ノ ノ     /


そしてマミさん。終わり。

ぶっちゃけマミさんに対して愛着が無かったりする。
なんか、死んでから人気が二段階昇進した感じ。

「みんな、マミさん死ぬ前から好きだったか?」とぞ思う。

でもなんか「リョナ界のヒロイン」って立ち位置には登りつめてますよね。
もちろん、「リョナ界のヒーロー」スポポビッチですが。

なんの話だ。


[ 2011/02/18 21:22 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

寄生前夜

なんか、まぁ、今日はそういう日なので
パラサイト・イヴ3 The 3rd BirthdayのアヤさんのAAです。

アヤ・ブレア
ウソみたいだろ・・・39歳なんだぜ、これで・・・

買うつもりの無いゲームなのにAAを作ってしまうというのがたまにある。


パライブ自体は、1,2ともに大好きなゲームでした。
どっちが好きかとなると、かなり難問。
どちらも、それぞれ良いところと悪いところがあります。

そんな感じで突然、パライブの思い出を語り出す。

PE1は、
その、妙に壮大なスケールと展開が好きでした。ホント映画志向。
イベントとか会話とか、かなり物語的に楽しめたと思います。RPG的にも。
あと音楽も好きです。

そのかわり歩くのが遅すぎだったり。何度もやる気にはならん。
当然だけどグラは2に劣ります。


PE2は、
ANMCという敵クリーチャーの設定が最っ高におぞましいです。
敵のデザインも、最強に狂っています。
(利他的行動のために自分の頭蓋骨を爆発させて攻撃する
 ブラッドサックラーとか、マジキチ。 頭がパーン\(^o^)/

あと、グラフィックはベイグラ等にならんでPS1最高峰だと思う。
特にシャンバラステージの背景とか、やばすぎ。
いま見ても、画質によっては実写に見える。

そのかわり、2はMAPとかがかなり狭目に感じます。
(DISC1とか、アクロポリスタワーとドライフィールドだけで
 あっという間に終わるイメージ。短すぎだろ)

あと、ゲームプレイ自体はどうなんだろ。
劣化バイオとか言われてるけど。


で、
PE3自体は、ずっと前に「携帯アプリで出る」とか聞いて勝手に絶望していました。

それがまぁ、今回PSPで出て、そこそこ良ゲーらしいという噂も
聞こえてきているので、本来なら喜んで買えばいいのに、
やっぱり「やる暇ねぇよ」って気がして、買えてません。


まぁ、「これが成功したらPEシリーズが
据え置きに移行するかもしれない」
とかなんとかいう噂を聞くので
売れればいいな、とか、勝手に思っています。
[ 2010/12/24 20:48 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

原罪

自分のスーパーアマノジャクぶりも加速するようで。

結局、最近はAAを作ってばっかりではないか。
(何が、「愛がなくなった」だ。 この嘘つきめ)


とにかく、最近の自分の発狂ぶりを利用して
昔のようなパラノイアなAAでも作ってやろうという作戦。

依頼スレにFF10のシンの依頼が出てたので
発作的に作ってしまいました。

シン
コンセプトは、
・左右対称
・作り方を工夫すること


ちょっとした左右対称AAは、いっつも作ってることだけど、
使う記号と、「構造自体」にも縛りをかけた厳密な左右対称AAは、
昔作ったナナリー以外にはあんまり無かったりします。
(当然、文字を詰め込みまくった上で、9ptsでもずれないように作る)


もちろん、本気で完全なる左右対称AAを作るなら
スラッシュも禁止になるので相当キツイ。
だから今回も、結果ぬるくなってます。
卜彳巛彡厂气
このあたりの記号も使っちゃったのは、かなりテキトー。


作り方

テキトーに左右の文字を弄りながら作ろうとした結果
ナナリーでは地獄を見たので、ちょっと工夫しました。

まぁシンは、構造上半分にスッパリ切り目が入ってるところがあるので
「最初から左半分だけ」で、作ってしまえばいい。
その際、(´д`)Editの左右反転機能を使っても
壊れないような記号だけに縛って作ること。

もちろん、それだけではダサい出来になるので場所ごとに
6pxとか(三の半分)ズラしておいたりします。

まぁそんな感じでラインを右において作れば、
ちょうど9pts上のズレも確認しながら作れるので一石二鳥。

それがだいたい終わったら、
左右反転機能と矩形貼りつけのコンボで一気に完成します。

この時、ある程度hantenX.txtも調教しておきます。
(要らない奴は削っておいたり)

卜 彳
巛 彡
厂 气
、  ,.

こんな感じ。
あと、自分の作風上、全角のカタカナはめったに使ってはいけないので
「同じ16px」になるからといって、hantenX.txtに

卜 ,イ

などを追加することは出来ません。 (イを使うと死にます)


で、実際の作成過程はこんな感じ→ シン作成過程
(見所は、2184ステップからの数手のみ)

2000ステップとか超えてるけど、
時間は、言うほどかかってはいないはず。
半日、ダラダラと5、6時間くらい。 (この暇人が)
(いや、ジャノビーとかベルのことを考えると
 むしろステップの割には時間かかりすぎなのか?)
[ 2010/12/18 21:02 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

粗製寡作

最近また脳みそが腐り始めてきているらしいです。見れば分かりますね。
やはり寒い季節になると、自分は狂うんだと思う。


とりあえずAA畑の人間として、紅白AA合戦でも宣伝しとこう。
第七回紅白AA合戦
あと今年も、紅白FLASHやるらしいですね。
紅白FLASH合戦2010
うーむ・・・。 も、盛り上がれ。(◞‸◟)


自分的には、年末&&紅白といえば
ずっと、紅白FLASH合戦を見ながら過ごしてきた思い出があるわけで、
こういうお祭りが廃れていくのを見るのは寂しいですね。

(なんだこの、伝統の祭りが廃れるのを憂いている
 過疎の村の住民みたいな心境は)



それにしても、
自分はAAに関してはどんどん劣化している気がする。
二年前に作った紅白の奴ですら、もう自分の中で超えられる気がしないし。
去年のライトニングさんもそうだが)

やっぱり9ptsで枠線まで付けた上でずれないように作るとか
あの頃の自分は、我ながらマジキチだった。 アスペパワー全開というか。


自作AA置場
うむ、どう考えても駄作率・やっつけ率が上がっている。
絵に関しては過去の絵を見ると、かつての 酷さに死にたくなるけど
AAに関しては過去のAAを見ると、今の 酷さに死にたくなる訳だ。


これは面白い現象。
(まぁ、AA一個にあんま時間かけなくなったってだけだろうけど)

                      ____  / /: :/
                 , . :´: : : : : : : : .`ヽ」: : |
             /. : : : : : : : : : : : : : : : : 人
             /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /. : : : : : : : :, -====‐ 、 : : : : : :l
          ノ イ : : : : ;彳(⌒)////| ⌒\ : : : :l
           /  │: : : / |八┃ノ⌒リ  / 〉: : :/
    ┌ __ '´    ヽ : : l\ヽ:___ノ '´  / : :/
     \         丶:.>            /: ::/
        丶                  /: :/      ,  ´ ̄ ̄
         `  ..  r─、     _,   / :/       /  /´
             ̄ ̄ ̄厂 ̄    /.:/    /    /
               /l       /. ;′   /     /
              / |      ,:: :l  /       /
             /  |       │:::|/     /
            /   |      ノ/     /

まぁそんなようなことを考えたり考えなかったりして
AAでタイムアタックとかをしてみたりすると、
こんな感じになります。18分くらい。
ジャノビー作成過程

      /// . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . \\ : :〉
    ///.: : : : : : : : : : : : :___________>イ
  ,
    |/.: : : : : : :,> 厂 ̄ ̄ ̄ ̄\       \    <_/
    | : : : : : : /  /             \       \___ >
\   ───/  /  ノ   `  ー──ヘ、      厂    ヽ
  >     /    /ヽ,ニ、      ィ⌒l <│    /       l
   `  ─/    l / 「,ハ      |じ'l   l    /      |
     八     l  l じ'       ┴┴  /   /        /
      | 丶  、 \  ̄´          /  /         /
     '   \卜、_> __      ´ ̄      /  /
      ヽ     人    广 ´ヽ      / ̄   / /
         \  \   丶、 丶_ノ  / l   ///
         \⌒\   > 、_ イ   ヽ_/∠、
              \` ̄   
_|    厂 ̄厂> ´ ̄ ̄ ̄ 丶
                 /⌒厂》   /  /: : :|           \
                 /   /::〃   /  /.:: : ::|           \

やめたげてよぉ!さんもできた。
(これからは、エディタ閉じずに一発で作れたときはなるべくeud残そうか、とか思ったり)


ひどすなぁ。
しかもね、世の中にはこの半分くらいの時間でムチャクチャうまい人も居るのだよ。
質と、量と、スピード。そのどれも手に入れたいけど、はてさて。


どうも愛がなくなったらしい。


[ 2010/12/15 02:34 ] アスキーアート | TB(0) | CM(2)

創作に貴賎あり

ここでハッキリ言っておこう。
趣味には貴賎がある。

「趣味に貴賎はない」なんて、綺麗事を言う人、知らんです。
あるよ。これはもう。
少なくとも、創作系趣味なら、確実にある。
うん、
創作にも貴賎がある。

例えば自分はマンガが描ける気がしないので
マンガ > イラスト だと、ハッキリ思っている。
ある種の上位互換性があると思ってる。

例えば、ある人が趣味で作れるモノがあるとするなら、
それでもう、作れるモノによってランクあるだろって思ってる。
自主制作アニメ > マンガ > イラスト
みたいな感じ。

マンガはタダのイラストの集合ではなく、
そこに物語性やら、
とにかく、一枚イラストしか描けない人間には
至れない壁が、山っっっほどあるのは確実なので。

これを単に趣味のステップアップといってもいいけど、(それにしても貴賎だ)
それ以上に、作る物の自由度の次元が上がっているってことが大事。
イラストが2次元情報なら、マンガは3次元のメディアってこと。
(3次元っていっても立体って意味じゃないよ)

自由度の次元が上がるということは、
それだけ作るのが難しくなるということでもあるから
ともすると実際に出来上がるモノのクオリティは下がるかもしれない。
(例えばマンガをアニメ化したらガッカリにしかならない現象など)
でもそんなことに関係なく、自分はアニメ>マンガだと思ってる。

それはもう表現の自由度の次元
メディアの上位下位を語ってるから、だけかもしれないけど。


で、こんな風に
創作活動に貴賎があるなんて事を書いて何が言いたいのかというと、
いつもどおり自虐がしたいだけなんで、そこんとこは宜しく。

あと、「趣味に貴賎があるかないか」で議論をする気も一切ないので。

              │
              │     上   文   ど   思   ? 
              │    で  化  う   っ
              │    す  と  考  て
              │     よ   し   え  ま
              │     ね  て  て   す
              人     ?       も           ,
            /. : : .\                       /
            /. : : : : : : . 丶.. ___   ____/
          //. : :/.:: : : : : : : : : : : : : ::)/: : : . \
        〃. : ::/∧:: : .  : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ
       ,′  // ヽ: . \\ : : : : : : ::::.l : : : : : . l
        l:  //   〉: : . \\ : : : : : ::::| : : : : : : |
         |:; // -一个 : :、: : : . \ : : : ::::| : : : : : : |
       l:|//:|  イ厂「ト、\\>─≧、: :::|l : : : : : :l
         Ⅵ.::| ヽヽ.:ノ    \ /゙厂丁lⅥ| : : : : :.;'
         l:人_,.             丶.:ノノ |:|l : : : : :/
            ヽ::::.       ,           /.;リ : : : :/
            ト::;ヽ     `         /.:/ : : : :/
            |:人::.、   ,= 、   、_,:イ : : :/
         ノ'   ヽ\   ニノ     / : :/
              〉「\_    イ  |::〈
              八          /\\
             / ノ        |l   \
             /  ,イ        从   \

(ま、マンガとイラストなら自分は容易に決められるけど、
 この岩瀬さんが言うような、「小説 > マンガ」とかは
 なかなか決めがたいです)


で、ここで
自分の創作系趣味の中の
メインウェポンだかサブウェポンだかよく分からない
AAについてだけ絞って語ってみる。

で、やはりAA系の趣味においても貴賎はあると思っています。
ハッキリ書いてしまうとこうなる。

やる夫 > 長編 > 顔文字 > ただのコピペ文化

うむ。こうなる。
例えば長編>顔文字なのは、
それはもうさっき言ったのと同様。
単体の二次元情報である顔文字系AAと、
二次元情報の文脈のある配列である長編。
ここには確実に表現の自由度の上昇があるので、
この上下関係を逆転させる考えは、自分は聞く耳もたない。

(まぁどっちにしても顔文字を最下位にしてるのは自虐もある)


で、なんでやる夫が最上位なのかというと
それについて語るのが今回言いたいメインのことかもしれない。


とにかくやる夫は、スゴイ。考えてみれば考えてみるほど、スゴイ。
こんなにも人間の表現欲を簡単に満たしてくれる
表現方法って、他にないんじゃないかと思う。


まず、使用する絵に関して、
かつてのAA文化で大量にトレースされ、収集されてきたAA群を
使い放題、というのが凄すぎる。

そしてそれを、誰が作ったモノだとかいう事を気にしないのが
凄く重要。
そんなのはトレースAAに関して、本質じゃないってこと。
(もともと限りなく黒に近いグレーなシロモノ)

そしてパッチワークのように
既存の絵、記号を組み合わせて
自分の好きなように物語を紡ぐことができる。

なんか、凄すぎる。
完全に極まったアシスタントを装備した状態で、
漫画家になれるようなものではないのか?
(全てのAA職人をアシスタントに従えていると考えると、ちょっと凄すぎる)
下手すりゃ、自分は一切絵を描かなくても
マンガのような熱さ、文脈、物語、それらを作り出すことが出来る。

一切悪く言ってるつもりはないです。
これは本当に凄い、創作のパラダイムシフトだと思う。



そこんとこを自分みたいな人間は、
「全部自前でAAを用意しないとやる夫とかやる気になれない」
とか思ってしまうんだけど、
そこがそもそもの大きな間違いなんだってこと。
長編も同様。
ただの記号である個々の人物描写を
いちいち自作であることにこだわる必要は、実は全く無いということ。


その辺、やる夫というシステムは凄すぎる。
既存のAAは全て素材、記号。それでいいのである。
そもそもAAとは本来そのように使うべき素材である。

その辺の認識を誤っているから、
自分みたいな人間は、生涯地を這う・・・!


全くもってうまく説明できる気がしないけど、
とにかくこんな体系の創作文化って凄まじすぎるとしか言えない。


AAがコピペ改変容易な文字列情報であるということとか、
それでいて、やはり絵でもあることとか、
掲示板で気軽に発表できるとことか、
本当に、全てが噛み合ってる。


で、ここまで持ち上げておいて
「結局お前は顔文字系トレースAAしかやる気ねーのかよ」
ってことになる。
なんでだろね。

やはり、自分の中に表現したい物語がないんだろう。
あと、全力出すのが怖いんだろう。

というか、やる夫で
自分の暖めている設定とか物語を使うくらいならマンガ描くわい。
そう思っている自分がいる。


はい、これらもまた全て、負け組の発想
(とりあえずまた、絶夢でも置いておきますね。)


創作に貴賎があることは分かってる。
それでも、やはり自分のような底辺は底辺を這いずるしか出来ないんです。


追記:
まぁ久しぶりに発狂しようとしたけど
うまく発狂できたかどうか分からない。

いくつかいい言葉を引用しておいて逃げる。

「一つの道を究めようとすれば必ず成功と失敗を問われる。
 しかし……その道を歩むことにこそ掛け替えのない価値があるのだ」
「お前も自分の力を信じて――ただ只管己の道を歩むがいい!」

オキクルミさんの名言。

「ええ!自分が失敗してる理由を分析してるつもりで、
 浅薄な「いいわけ」を用意すると、
 そのいいわけは自分の歩みを今後一切阻む高い壁になるのかい?」

マスオさんの名言。

[ 2010/11/27 14:16 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

ルシ村さん

一日4時間睡眠をそこそこ実践できかけているニートが
どうしてコレほどまでに何も出来ないでいるのか、
全くもって不思議ですね。 死ねばいいですね。

とにかく今日自分がやったこと。


↑この動画のルシ村さんが可愛すぎるのでいくつかAA化してみた。

                人ノ/ヽ〈\            そ
             |\/〈: :Y: : : : : :ノ/|
     大      l   ` ̄ ̄〉ヽ厂´  |        ん
                〉              \
     丈       /     \   /    ヽ      な
             '       ==   ==     ;
     夫     |         Y         │    そ
            l    :::::   `T ^T´  :::::   l
     か       ヽ      └ー'        /      う
              丶...     `      /
     ?        厂: : >ー----‐ イ∧       び
             /|: : : / /     /: : | :ヽ
              /. :\/: :|    l\: ノ: : : ',     で
             ;: : : : : : : :ヽ    | : : : : : : : :'.
              |: : : : : : : : : |   |: : : : : : : : :|
              |: : : : : : : : : :ヽ  |: : : : : : : : :|

                      八
              |\   _ノ人: .\ヘ    //
              |   \へ:_; : : : : /: : >/ /
             /   /  `´ ̄  \    /
             /       ==       ==     \
          /   ::::::      、,      ::::::   ヽ
           l       、_/\__,        |
          ヽ        __           /
            \                /
              /丶            /
           ∧ : : . > 、  ___ , イ :\
           /: : \: : / /   | : .\: : : : :/ヽ
            /: : : : : ∨:/     | : : : .\/. : : :|
            /: : : : : : : /       |: : : : : : : : : : : :|

                       ハ   人
      私             /ノ: : V : : .\    /|
      の         |\  /: :\ : : : : ノ: : 八// |
      サ         |  / ̄⌒` ー'´ ⌒´  /  :|
     ポ         |      \  _/       〈
      l           /    ==    ==       l
      卜           ;  ::::::     Y       ::::::   |
      が            |    (_,∠>‐'′     │
      心            |                    l
      配          '          ̄          /
      な           ヽ                 /
     の          , ヘ、           /:ヽ
      か           ハ : . \_    __/. : : :∧
     ?         /: : |: : : :/〉    厂; : : : : : :/: : ',
              /: : : :l: :/.: :|      |: : |: : : :/: : : : l
                 ,'.: : : : :∨: : : :ヽ   ノ: : |: :/: : : : : : :|
              l : : : : : : : : : : :/    ヽ: : :∨: : : : : : : : :|
              │: : : : : : : : : /     〉 : : : : : : : : : : : |

                        ハ   人
                      /ノ: : V : : .\    /|
                  |\  /: :\ : : : : ノ: : 八// |
    パ            |  / ̄⌒` ー'´ ⌒´  /  :|
                  |      \   __      〈
   チ               /    ==    ==       l
                    ;  ::::::     Y       ::::::   |
   l               |    ヽ.__,. ┴─'′      |
           八人      |                    l
   ン       '^ヽ     '          ̄         /
         /   |    ヽ                 /
         厂`ヽ〈     , ヘ、           /:ヽ
         |: :\::│    ハ : . \_    __/. : : :∧
         |: : : : 〈    /: : |: : : :/〉    厂; : : : : : :/: : ',
         |: : : : : ',  /: : : :l: :/.: :|      |: : |: : : :/: : : : l
         ', : : : : : ∨: : : : :∨: : : :ヽ    ノ: : |: :/: : : : : : :|
          ヽ : : : : : : : : : : : : : : : :/    ヽ: : :∨: : : : : : : : :|
            \: : : : : : : : : : : : :/     〉 : : : : : : : : : : : |


                     人人            話
                 |ヽ〈: : : : :〉─z       を
                /  ニ  ニ  /         し
                   l    人   〉        よ
                \_   _,. イ           う
                  /∨| 厂: :人
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/7
              /               // ※\
_
          /               //※  ※ 〉
            /             //  ※   /   〉
         仁二二二二二二二二二二/ ※  ※/   /
          /  ※  ※  ※  ※  ※  ※ /   /
     // ※  ※  ※  ※  ※  ※  /   /
    │ ` ー──────────── ´   /
      \_________________/



以上。なんなんだろうな。

こんなに頑張れないでいると申し訳なくなる。
ブログタイトルに偽りありなんだよね。(とっくの昔から)
(かといって「ニートが頑張らないブログ」とかにしたら完全に心が死ぬ)
(そうやって考えていくと辿りつく思いやら、なにやら)
(まだ少しは頑張っていた頃の自分とかにすら申し訳なくなる)


めんどくさいので、結論を全部すっ飛ばして言うと、
「頑張っていない今の自分のブログへのアクセスは
 何かが無駄、何かが理不尽」
という事になる。
世の中にはもっと頑張っている人がいるのだ。

つまり、
頑張ってない奴は、頑張っている人を応援すればよい。多分。



というワケで、ナンの脈絡もなく突然ですが
ある やる夫作品 の宣伝をします↓

やる夫とやらない夫のユービックまとめ

自分はロクにやる夫系作品もSFも読んでないけど、
これはAA技術やらストーリーテリングやら、とにかく最強だと
勝手に断ずるのです。


今のこのブログには読むべきものが何も無いんだから、
訪問者の皆様は代わりにこれを読んで神性に触れて来ればいいのに!
神性に触れて来ればいいのに!


[ 2010/10/21 21:50 ] アスキーアート | TB(0) | CM(1)

どんがどんが

最近、作ったAAを並べるとかいう謎の行為も
あんまりやってないような気がする。
よってやってみる。

                                    _ _ _
                             ____/ 〉 〉 〉冫_______
 た   純  変   自       相  天     └──ノー个 く厂〉───────┘          存   人   人      本  人
                                     /  、   ´イ‐</ ̄\\
 だ  粋  身  ら       補   と      /   / ̄ / /\_/ヽ  l ヽ、             在  を  の      来  の
                                /   /  /,∠ 二二二.|ノ|ノ| |∠二フ   +
 そ   に   さ  を      性  地  /   /   l ∧|卜、  _, ≦、ノ厂ヽ 厂      ×      へ   超  か      の   域
                           ′   <        〉八〈 U    '∪ノ '⌒仄\
 れ   人  せ   エ      の   と            /ハ  ヽ      「ノ 八 〉  。    +  と   え  け       姿   に
                              ×        // へ  ー‐'   /| //レ
 だ  の  て  ネ      巨   万    \    丶   `ヽ⌒\    イ │'´         o        変  た  た     を  留
                                    丶    丶、    T    ヽ
 け   願  い   ル       大   物        、    >ー‐ ノ     >'⌒ヽ          わ   神  呪       取   め
                                       丶、    ヽ  / ̄´    u 丶
 の  い  る  ギ     な   を               u      ,-、          \        っ   に   縛       り  て
                                      + ∠.___/   \\     ─ 、    \ +
 為  を  ん   |        う  紡        o   /        ̄ ̄`\\ ′/ \     \    て  近   を     戻   お
                                   厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\/      \   丶
 に  叶  だ  の       ね   ぎ         ',____          \\       丶、      い   い  解       し  い
                         、 o /       〈           ̄ ̄`丶/ \ >─ 、/    〉
  ・   え  わ   凝      り     . :/|l:   +   ',       ̄ ̄ 丶/ ⊂< /   `     /   く      い       て  た
  ・        。               : ノ:八:         |l───    _/    `く_/,   / ̄     。 .:|l
  ・   る       縮       の    : :l:  l        リ         |        `く/´ . :ノ〉         :八:   て      い   エ
      、                      : :人__丿 。    厂 ̄ ̄` ─‐ イ          : :人: :   . : ;人ノ| |l: .   、
               体       中   : .:ノ/:  |l: ノ〉  厂ヽ____  /⌒\   o  . : :ノ 〈 ノ : : 八 乂_从: :        く  ヴ
   人、           ; .       . :/八: : 八.:′ 丿. : : : : : :// ̄.: : : : : : .\  . :ノ| :〈  /  : : ノ ノ     《 : .    ノ   。
    \>   :人   に  :| l: ; で : :/ '  ` '′乂/. : : : : : // . : : : : : : : : : : : |l: : ; |ノ厂′ : : /         儿 : : . /〈     ァ
        : :〉ノ   . : :丿乂: : : :_;ノ       //. : : : : : // . : : : : : : : : : : : : : 儿ノ 乂 /: : :/       /ノ人ノ: :'⌒′
    . . :_;人;_,_;人,_;//  ` ̄       . : /. : : : : : // . : : : : : : : : : : : : : : : | |ヽ、 : :人: :/           ´ /´人_ノ\: .   が



これは燃え選というイベントで作ったモノ。

ねじり鉢巻姿で和太鼓を叩きながら
EVA初号機の覚醒を解説実況している赤木リツコ博士です。

ヱヴァ破随一の迷シーンですね。

[ 2010/09/03 21:48 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

パウル君 ~8ビットの神タコ~

なにもないので、天才タコパウル君のAAでも置いておきます。

             __
           / ,__、` ー' ´ ̄ ̄`  丶、
           〉 イ━〉:.     . : : : : : : .ヽ,_
            | :.`´ノ.: ,へー::..__      . .ノハ
             j ::/.:  \ ヽ::..二=二=ニ=彳.:|
           ,' .:  : :     \ヽ:::..ニ=ニ=ニ= .::/
           ,' .::       ',.ヽ、二.._  ..::ノ
            l ::           ヽ、_ `¨¨´
           | :. :.        . :.::|   `ヽ、
          │:. :.   . : . : : : ;ノ .:人  : .\__
         , '⌒ヾ::. :.   . _,イ.: :: :: .: イ乂〉 .::: :ノ、__`ヽ
    /⌒(_勹丿:l :. .: 仄 : : : : |// .::::/\ \ )ノ
   く\: :: ..`¨´.;:丿 .: .: /|「\  : : .乂__/,_ .`ヽ,\ \_
    `くヽ、ー、イ/ .: :. : |从 :. .\ : : .ヽ. (勹 ):l \\_/ /
       冖^「  :. :. :. l厂\ .、:: . : : .\ー彳;l丁 厂L/
       | \
 ',、 :. :. :  l三三ハ\   : : `¨´ 人| | |
       │  \
ヽ. :. :. :. ';三三入_丶、.__ _ _∠三| | |
       │     |
ヽ:. :. :. |l (干)└ ハ=ハノ′  | | |
       │     | |
',: : : : 「l 「丁 | 「|         | | |
       │     | │
'; : : : 几ノ´ ̄`ヽ____| | |
       │     | |
 '; : : _乂 '⌒)  ノ〉 三三三| | |
       │     | |
\: . `'ー彳 .:/三三三三| | |
       │ __| |
 ̄ ̄` ー--- '´ ̄ ̄│   | | |
         \ 、 | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   | | |
          \\| |                    \| | |
            \| |───────────ヘ| |
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


凄すぎ。

よく分かりませんがスペインを応援せざるを得ないですね。

追記:
パウル君の予想通り、スペインが優勝してしまいました。

8連続で全て的中です。
単純に考えて、1/2^8なので 「256分の1の予想」を当てたということです。


これは一体、どう解釈したらいいのか。


1.飼育員がなにか細工をしている

 だとしても、それはそれでその飼育員がすごすぎる。
 どっちにせよ、全部当てるのは凄すぎるし。
 大体なぜドイツ人の飼育員が、ドイツの敗北を正確に当てられる?


2.タコは赤い色を選んでるだけ

 これだとすると、幾つかの点で意味不明。

 ほぼ真っ赤なトルコに対してドイツを選んでいる事。
 
 赤よりもむしろ黄色を選んでいるとしても、
 黄色の一切無いセルビアを選んでドイツの敗北を当てている事。


 そ も そ も、
 なぜ「黄色や赤が国旗に多い国ほどサッカーが強くなる」なんて
 意味不明の法則を すっ飛ばして信じられるのか。
 タコのオカルト性を否定するために
 別のヘンテコルールはアッサリスルーするのか?
(まずはサッカーの強さと国旗の色の関係について統計的に研究すべき)


 例え、国旗の色とその国のサッカーの強さに関係性があったとして、
 そして、タコが赤や黄色を好むとして、

 やはりそれをタコの予知パフォーマンスとして組み合わせて
 全てを狙ったとするなら、この水族館の飼育員は優秀すぎる。


3.ただの偶然

 1/256は、起きうることか。
 1/256の確率で、起きうることである。

 自分は、サッカーとか多くのスポーツは運ゲーだと思ってます。
 (この世はカオス)
 (無回転シュートなどは、まさに乱数生成装置
 (本田がシュートをする度に、神は乱数テーブルを1進める)

 つまりこれだけの確率をすり抜けてこられたということは、
 それだけでリーグに勝ち残るに等しい功績だと思う。
 この数値は、ただの偶然だとして、
 その偶然をここまで積み重ねられるのは、優勝に値するレベルの希少さだと思う。


4.単にこのタコが神なだけ

 なんだ、ただのクトゥルフ神か。




結論、パウル君は凄い。
今大会のMVPはパウル君。

[ 2010/07/11 21:12 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)

家族が増えるよ!やったねコボちゃん!その2

世間一般でははやぶさ云々のほうが話題になっているんでしょうが
自分的には、コボちゃん
連載10^4回達成 & 妹爆誕
のほうが大ニュースです。 


というわけで、とりあえず祝電的AA。

   /        \// ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l\
  /       れ 生   /                   │ \
  | ┃┃         |               , ‐: : ,  l     \
  l  ・ ・  た ま   l        . -/: : /. : : .       \
  ヽ            /            : : '⌒ : .
    \____/        /__         : : '⌒: .
   ────────          / : :/⌒: .
     / ̄ ̄ ̄ ̄\     (__   |   / : :/: : .ヽ`ヽ、
   /  で お 女  ヽ   「 ′   、    '⌒l : : : : : .l   \
    |   す 子 の  |  /ヽ   ヽ   、__ノ: : : : : :ノ│   l \
  <.      さ       l∠ _ >     ヽ: : : : :/: :/ ノ  /
    |      ん    ノ 、   `ヽ、 <: : : :イ : / /  /
    ヽ         /    ヽ    ` ̄ ̄ ̄ ̄´ /  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(このAAの出来はアレだけど、
 あの元絵でどうしろというのだ、という想いもあります)
(コボちゃんのAAって実写よりむずいんじゃなかろうか)


・・・大ニュースと言っておいて、
もうそれ以上語ることはないですね。

あとは、妹の名前はどうなるか?とか
妹はどの程度まで成長するのか?とか
人語を解するレベルには達するのか?とか
ひまわりみたいにずっと赤ん坊のままなのか?とか
それくらいです。


追記:

特集読めば分かることだったけど、3歳くらいまで
成長するらしいですね。


あと、あまりに酷かったので小さくしてリベンジ
だがそれも通用しないようです。

               , __
           , ‐ く: : .ヽ

         / ^  、ヽ: :ヽ
         r´ ヽ ノ
/: : :|
       ─欠 ' ' ⌒) : :ノ⌒ヽ
    / /   >  <: .イ    |
    ` \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  ノ
         ̄    ̄ ̄ ̄ ̄


さらに追記:

名前は実穂でした。

やっぱり、植物系/実り系/作物系/ハーヴェスト系でしたね。


[ 2010/06/14 14:46 ] アスキーアート | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -