ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  痛感想文系

ゴジラ不安症



世間一般はポケモンGOで大騒ぎのようですが
自分はゴジラのことばっか考えています。

さて あと2週間で シンゴジラ ですよ。 
(そして、この文章をメモ帳に書きかけて放置してる間にあと一週間になっちまいましたよ)

そしてこれがなんというかまぁ あまり実感がない。


なんでだろうね? CMとか全然見ないから? (変なコラボは色々してるみたいだが 雨戸とか、寝具とか)
この「来そうに無い感」は何なんだろう。


自分の中でも全然心の準備ができている気がしません。
すごい不安な感じ。


予定。
自分は、多分8月1日に見に行くと思う。 (だから2日間のネット断ちを決行する)

封切り日は無理だ。 多分。 夏休みの土曜日とか、無理。

といって、 月曜日とはいえ「映画の日」を選ぶのもリスキーな気もするが まぁなんとかなるだろう。
座れないなんてことはないだろう。
(ちなみに、自分は 怪獣映画って「ちょっと前すぎるくらいの席」を選ぶのが結構いいんじゃないかと思ってたりする)


で、まぁ不安要素は色々ある。

いや
特撮・映像に関しては不安は無い。 多分。 多分大丈夫。


あとはまぁ 怪獣映画で常に問題になるのが「人間パートが退屈か退屈じゃねーか」みたいな話なんだが、
自分的には 「安っぽい演技でさえなけれれば」、退屈なのは全然許容の範囲内、くらいに思ってます。
シリアスばっちこいです。



自分が不安に思っているのは 実は
「見に行った後に 自分が長文を書けるような何かがあるだろうか?」ってことだったりする。

なーんか「昔の自分はよくあんなに長文書けたなぁ~」とか思うことがよくあります。 
エヴァにせよなんにせよ。 

例えば今 シンエヴァが来たとして、 
自分がまた長文の感想文とか書けるかどうか、自分の中でも疑問に思う時があります。


自分の中で、色んなモノに対する 情熱とか、理解力とか・・・つまりはまぁ「ファン度」みたいなモノ 
それのピークを維持するのが、どんどん困難になっているのを感じるのです。 脳が腐ってきている。

このことは 「スターウォーズ」の時にも書きました。
ファン度というのはほうっておくとドンドン下がっていくという話。

そして
自分のなかでスターウォーズ熱を十分高められないことに気づいたので、自分は見るのを諦めたと。


さて、 自分の中でゴジラ熱は 今どうなっているのかね?


シンゴジラを1週間前にして、 なぜか高まっている気があんまりしません。
これが怖いんですね。

それでも、映画見に行くのは100%決まっているとして、
実際映画をみて、 悪くなかったとして、 別に特に語ることがなかったらどうしよう。
そういうことを不安に思ってしまうのですね。
(いや長文書くことを目的化してしまうのはどうなんだということも分かっているのだが)


とにかく
こうやって不安になってくると 人は色んな所でブレてくるのでしょう。
(怪獣映画ファンというのは皆繊細なんだ。多分)


すごい気になること。

http://cinemassacre.com/2016/07/12/godzilla-2014-re-review/
AVGNが新しいゴジラレビューで、なんか「ギャレゴジsage」に入っていました。 おやまぁ
(ニコニコでもまだ誰も翻訳してない もし翻訳するならシン公開までにやらないと旬のがすぞ)


なんか、色々なポイントで、「実はエメリッヒゴジラのが良いところが無かったか?」みたいな事すら言ってます。

(ちなみに自分の場合、元からそこまでエメゴジはキライなわけではない)
(ヘリ追いかけてるシーンとか元から好きだったよ)


なぜ、ここに来てAVGNはギャレゴジsage、エメゴジageなんてするようになったのだろうか?


多分、これも「不安」になったのだろう。


こういう流れがある。

アメリカでエメゴジをやってすぐに、日本でミレゴジが来た。
「これが本場の日本のゴジラじゃい!」ということだ。

アメリカでギャレゴジをやってすぐに、日本でシンゴジラが来る。
こらまた「これが本場の日本のゴジラじゃい!」ということだ。
 歴史は繰り返す。



ギャレゴジのとき、比較基準はエメゴジだったから、そら賞賛するしかない。

でも、もしも日本の「シンゴジラ」がすごく良い出来だったら、
こんなアメリカ産のゴジラを自画自賛してた自分達アメリカ人は実は恥ずかしいんじゃないかな・・・?

・・・
みたいなことを、AVGNは思ってしまったんじゃないかなぁ。 シンゴジラの予告をみて。

だから、このタイミングで、急に、ギャレゴジを下げておく方向に入っちゃったんじゃないかなぁ?


そういう邪推をしてしまうのです。


こういう考え方もある。

AVGNがシンゴジラの予告を見た時の反応。

彼はこの予告の映像を見て、このゴジラを「きぐるみによる実写」だと思ってしまった。

やっぱこういうきぐるみの「実物感」には敵わねーな!みたいなことも言っちゃったはず。
(実際は、シンゴジラはフルCG+ギニョールで、きぐるみでは無いらしいのだが)


この勘違いの引っ込みがつかなくなった。
それで、フルCGのギャレゴジの質感を、恥ずかしく思うようになったのかもしれない。


CGに見えるゴジラはだめだ!
シンゴジラのように実写にしか見えないのが本物だ!


・・・そういう感覚に陥り、
ギャレゴジsageに入ってしまったのかもしれない。

(で、エメゴジはエメゴジで着ぐるみ使ってたから、相対的にエメゴジageにもなるわけ)

シンゴジラ

ギャレゴジ

CGに見えちゃうCGと
実物に見えるCGの違い。

視点、質感、空気遠近法・・・
あと、彩度を下げまくりゃいいってもんじゃねーな、というのも感じる。
トーンカーブの多用は現実感が失せる。


まぁそんな感じ、
みんな期待と不安で精神的にブレやすい時期なのではないか。

でも
自分はこんな風にあとから「実はギャレゴジってつまんなかったかも・・・」とか言いたくないなぁ。



自分の「スタンス自体」は、だいたい固定だとは思う。

VSゴジラ大好き

エメゴジそこまで嫌いじゃない

ギャレゴジ好き

ミレニアムきらい

初代はほんと至高

平成ガメラがぶっちぎりで好きすぎる!


・・・というのがだいたい固定。
この嗜好の流れなら、当然シンゴジラには期待したいのだが。。。 


やっぱなんか、予告とか情報とかが全然でてこないのが不安を誘うのかもね。
相当情報しぼってる?

実は未完成だったりしないか?とんでもないオチだったりしないか?とか、わけの分からん心配をしてしまう。


とんでもないオチといえば
例えば
「ゴジラは、俺達の中にいるんだ」(ミレニアム)みたいなこと。

これは
現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)というキャッチコピーが、なんか変なことを想像させてしまうせいだろう。


といいつつ、予告編が出ても、もう自分は見ない体制に入ってるんだけどね。


予告編の2が出たらしいけど、自分は見てないです。  もう見ません。
(予告編2に対する反応が良好なことだけは感じています)


・・・つっても自分の中のこういう「予告みないわー縛り」がなんの役に立つのか
よくわからなくなったりもする。


ダクソ3の予告とかも見ないようにしてたけどさ、
じゃあこういうのを先に見てしまってワクワクするのと、
見ないでおいて、後から見て「へー」ってなるの、本当に得なのはどっちなのかって考えたら、

実は予告を見てワクワクするのが普通に良いんじゃないかとか思ったりもするのだが。


・・・とか考えたりもするが、それでもやっぱり予告は見ない。


なんのこっちゃ分からん文章だけど書かずにはおれなかった系文章。

なんも来てないしなんも見てないのに結局長文書いてる自分はなんなのか。

とにかくシンゴジラ、いい映画だといいなぁああ。

もしこれがコケて庵野監督の鬱が悪化したらどうしよう。

ああぁめんどくさ。
[ 2016/07/22 12:59 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(3)

アイアムアヒーロー感想文

 

気がついたら「なんだこれ?」って感じのキモい長文が出来ていた。
なんで素でこんな酔っ払ったような文章書いてるんだろうなぁ。

ボツにするか否かギリギリなラインなんだが、
世間はゴールデンウィークだというのになんも出来てないのでこんな文章でも貼っておく。


映画の日に「アイアムアヒーロー」の映画観に行ったのですよ。
(自分的に、今年は多分、ゴジラのこれの二本で映画は見納めだと思う)


それが凄く良かったのですよ。

だがだが、
凄く良かったのだが、冷静に考えてみると、そうでもなかったような気がしてくる。


そんなことを悶々と考えてしまう映画なのでした。


原作ファンとしては120点くらいの映画だったような気もするし、
同時に、
原作ファンとしては70点くらいの映画だったような気もするのです。


そんなことを延々と考え続けていて疲れてしまうので、
この映画を見て感じたモロモロのことを、もう全部吐き出してしまおうということです。


誰に向けて書いている文章なのかは全く分かりません。


原作未読者の人には読んでもらっては困るようなことも書くだろうし、
映画見てない人にネタバレになるようなことも書いてるだろうし、
読む人のこと全く考えない文章になっております。


とにかく自分の中の「モヤモヤ」を解決するだけのゲロ吐き出しなのです。

寝言。

[ 2016/05/07 09:24 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)

スターウォーズ・ドロップアウト宣言


スターウォーズについて延々と考えなおしてみた結果、
「自分には観に行く資格が無い」ということが分かりました、という話。



スターウォーズについて。
というかまた「ファン度」、「ファンレベル」の話になる。



一部の人がブチ切れそうなことも書いてある。

[ 2015/12/17 13:11 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(7)

ジョジョ算用


長文を突然書くときの基準というのが自分でもよく分からん。
最近は一度何か書き始めると無駄に長文になってしまう。
では長文にならないような、どうでもいい結論で終わるような文章とはどんなものだったろうか、
とか考えながらなんか書いてみる。 するとこういうのになる。

ザ・ワールド

「ジョジョの3部アニメ」が綺麗に終わっちまいましたね。
生きる望みが絶たれましたね、とかいうことについて語っても良さそうなのだが、
別に自分が書かなくても良さそうな気もする。

あれよかったねーとか
あれ謎だったねーとか
そういうことについて全て羅列してもいいと思うのだが。

(例えばだ DIOが2回しか拍手しないとか、そういう細かい再現っぷりがヤバイという話) (パチ パチ)
(その一方で、「詰みにはまったのだ」レベルの名セリフをカットする基準がワカラン、みたいな話)

(ノリにノッた再現力だからこそ、次はこのセリフ来るんだろぉおーと思ってる時にそのセリフが来ないと)
(物凄い勢いでガクっとズッコケてしまうのだ)
・・・
まぁそういう話は別にやらないでおく。
3部アニメについては、なんかOVA比較厨みたいなのがいるから
逆にあんまり語りたくない。


「4部アニメ」について妄想することにする。

4部アニメもやってくれるのだろうか。 やることと決まったモノとする。
(本当は自分は5部信者なので、絶対になんとしてでも5部アニメをやって欲しいのだが)
(ここで4部を抜いて5部からアニメ化されるなんてことは余計に非現実的すぎるので、止めにする)


ここで「テンポ」のことを考える。

4巻の第1部がアニメで全10話に、
8巻の第2部がアニメで全16話となった。


1、2部のテンポを考えると「巻数の約2倍強」が丁度よいテンポだった気がする。
(いや12部アニメはハショリすぎテンポ速すぎでもあるんだが)

で、第3部は全部で、約16巻である。

この計算で行くなら、3部アニメは3クール、36話位が丁度良さそうだと自分は計算していた。
だが、実際は分割4クール、全48話となった。

その結果実際どうだったろうか? 3部アニメのテンポは。

ラバーズに2話かけたり、
サンに1話丸ごとかけたり、
ジャッジメントに2話かけたり、
ハイプリに2話かけたり、
バステトに2話かけたり、
セト神に2話かけたり、
ボインゴ二戦目に2話かけたり・・・

あの辺はもっと端折れた気がする。
(特にハイプリ戦の引き伸ばしは凄かった)
(まぁ他のジャンプアニメから比べればむしろ凄く上手く引き伸ばしてくれてるのだが)

だからやっぱ3クールが丁度よかったよなぁ~と思うのだが、
そんなことを今更言っても詮無きことである。


では「4部アニメ」はどうだろうか?

4部は7部以前なら「一番長いジョジョ」ということであった。
(「ディアボロの大冒険」で一番コミックスが出やすい部として認識されていただろう)

ジョジョ4部 全175話(多分)。
巻数にして、全部で約19巻である。


これなら本当に、4クールでやるのが丁度ピッタシの良いテンポになるはずである。

やったぜ。
これにはテンポ厨も大満足、という皮算用である。


だが実際問題、全てのエピソードを拾っていって大丈夫だろうかと思ったりもする。

4部、全部やってたらダルくない?

・チープトリックとか
・鉄塔とか
・エニグマとか
あのへんはホント読み飛ばしちゃう。

(いやむしろ)
「ジャンケン」とか「チンチロリン」とか「イタリア料理」とか)
(あの辺のレベルまでぶっ飛んで「日常系異能バトル」やる分には全然オッケーだけど)
(でもチープトリックってカットできないよね ラストの伏線だから)


というか4部は、吉良が出てくるまで何が目的の話だかよく分からんかった筈だ。
何となく「弓と矢」の話のようであり、
京兆やレッチリが元凶かと思ったら全然そんなことはなかったぜー的に話が続く。
(音石倒して弓と矢を回収しても、そのあと何の理由もなく4部は続くのだ)

1部は「ディオうぜー倒す!」
2部は「柱の男うぜー倒す!」
3部は「DIOうぜー倒す!」てな具合に、
敵と主人公の目的がほぼ最初から明らかになっていたので、その点分かりやすかった。

一方4部は、「真の敵がなんなのか見えないまま」話が進むのだ。
(勿論そういう風に狙ったコンセプトの差別化なのだが)
(8部なんかは特にそういう「目的自体、主人公のアイデンティティ自体を探っていく感じ」が強まっている)
(そのせいか「8部ってなんかよく分かんねーつまんねー」っていう輩が増えてしまっているのだ ガッデム)


そういうことを考えると、
4部アニメを完全再現でダラダラやってて、一見さんを惹きつける牽引力があるだろうか?
(もちろん自分みたいなジョジョ信者はついていくしかないのだがー)
とかなんとかいうことを無駄に心配してしまったりする。
(これもまた一つの皮算用)


アンジェロとか瞬殺でいいと思うんだ。
最初の敵だからってああいうのをジックリ丁寧にやらなくてもいい。
そんなことを思う。


あとまぁ4部以降をアニメ化するなら
もはやスタンド名やらなんやらがアーティスト名まみれになってて
それどうするの?みたいな問題があるのだがどうなんだろうね。

(「オインゴボインゴ」が「ゼニヤッタ・モンダッタ」になるとか)
(「ヴァニラ・アイス」が「クール・アイス」になるとかまぁそういうの)

[ 2015/06/29 22:43 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(0)

庵野ゴジラへの期待

 
さて、一日経っても、「エイプリルフールでした うっそぴょーん」とはならなかったので、

「庵野ゴジラ」の話をします。  (ソースとか 所信とか

自分としては、これは本当にめだたいことだと思っているのだが、
人によってはどうも嬉しくないらしい。

分からん。 

そういう話をする。


当然めんどくさい文章です。

[ 2015/04/02 17:53 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(4)

VSシリーズ至上主義者

 
あんなバカな文章書いてる場合じゃない。
川北紘一監督が亡くなってしまったのである。

正直にいいたいことを言う。

最近はホントに、口を開く度に碌でもないことばっか吐いてる気がするけど。 もう知らん。

バトラ

それにしても「ゴジラ60周年」とかでも特になんか描いたりするつもり無かったのに
人が死ぬと「なんかやらねば」って思ってなんぞ描いてしまうから、人間って勝手なものである。
なんでバトラの絵なのか。 まぁそれは後で。


レジェゴジのとき、まぁ自分でも「話の分かりそうなこと」を書いたけど、
ぶっちゃけ好みを言ってしまえば、自分は日本のゴジラなら「VSシリーズ」がぶっちぎりで好きだし、
ガメラだと「平成ガメラシリーズ」が超絶好きな、分かりやすい人間なんだよ。


でもだ、
カウンターでこれを叩く人も結構いる。 それは良く知っている。

「VSシリーズ至上主義者うぜえ」とか、
「VSシリーズが好きな奴は何も分かってない」だとか、そんな感じである。

でも、自分に言わせれば、
どうして「VSシリーズが一番好きだ」と思っているだけで、そんなに叩かれなきゃいかんのだ?とはよく思っているのです。

人が普通に「VSシリーズ」や「平成ガメラ」が好きなの知ってるくせに、
聞こえよがしに悪口を言ってくる人とかいる。 ツイッターとかで。 なんなのかと思う。 (・・・ブチ殺すぞ)

なんでこんなことで、阻害感や劣等感を感じなきゃならんのだ???


こちらから言わせて貰えば、
「何故VSシリーズが一番優れていると感じているか」根拠は、ハッキリあるんだよ。 
それでもVSシリーズをそんなに叩きたいのなら、
むしろ、「他を持ち上げる理由」と、「VSシリーズだけを貶す理由」の方を知りたいくらいである。

だから
まずは自分から、その「根拠」の話を延々としてみるのです。


そのことによって、
「単に自分が思い出補正だけで好きになっているような人間ではない」
ということを主張したいのです。

(というか、自分に言わせれば必要以上にVSシリーズを叩いている人が、むしろそれ)
(自分の世代を異常に美化している結果の、VS叩き)
(根拠がないのに、「反感」だけで叩いている印象がある)
(何故なら、大抵のVSシリーズのダメな部分は、他の昭和やミレニアムにも共通しているのだから)


というわけで、VSシリーズが傑出している点はどういうところなのか、ということを
具体的に、ちゃんと説明していきます。

これを説明された上で、それでも「VSシリーズは他のゴジラよりダメダメだ」とか言いたい人は
これ以上にハッキリした根拠を提示しやがれと、自分はそんなことを言いたい。

いや、もう構わんでくれ。 ツッコミも賛同もホントに要りません。 自分はもう、言いたいことを垂れ流すだけです。

[ 2014/12/18 18:35 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(7)

アオイホノオを見て感じた あーだこーだ

 
アオイホノオのドラマ、素晴らしかったですね。


その結果、
なんか知らんけど、色々考えた。

おかしな話だが、
自分のこととか、ネット上の創作界の有り様について、なんか色々考えた。


ワリと無駄に深刻な話。

クソ文章。 誰も読むべきではない。

[ 2014/09/29 19:18 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(8)

「GODZILLA 2014」についての感想

 
『GODZILLA ゴジラ』の感想文を書こうと思います。

ムートーさん

いや、こんなものは「すんばらしかったです」の一言でいいとは思うんだ。


最初にゴジラが咆哮するシーン、
最初にゴジラが熱線を吐くシーン、

それだけでなんかもう、泣きそうでした。 本当に。


でもやっぱりネットの他の反応とかに触れる度に
「お前は何を言っているんだ」という類のモノがあるので、
そういうのを見ていると、またなんか要らん事を色々書きたくなってくる。
・・・といういつもの症状なのです。

(つまり、糞が糞を呼ぶ糞文章です)
(そんでもって凄い長いです)

[ 2014/08/02 19:56 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(13)

恥部・ソノモノ

 
文章を書こう書こうとは思っているし、
頭のなかに書くべき文章のネタは山ほどある筈なのだが、
いざ書こうとすると、バカバカしく感じてしまって止めてしまう。
寝起きの意味不明なテンションでも無い限り。
・・・といういつもの症状


シドニアのアニメの感想でも書こうと思う。
これでも一応、前期は珍しくアニメを見てたりしたから。


でもね、こんな文章は排泄物なんだってこと分かってるんですよ。

だからまぁ「こんなのはメインではない!」という言い訳のために落書きを添えたりするんだが、
それもどうなんだか・・・。

つむぎ

と、こんな風にうざくなってきたので続きで。

[ 2014/07/18 15:17 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(2)

「風立ちぬ」の感想文

めがね

「風立ちぬ」を観てきて、凄く良かったのですが、
この映画は感想を述べるのがかなり難しい。
だから、これだけの感想文書くだけで10日以上かかってしまったのだ。

(いや、簡単なことだけなら言える) (妹かわいい!とかね)


この映画を褒めると、ともすれば
右からは左扱いされ、左からは右扱いされます。
でも、そういう見方は絶対的に間違っているのです。


だからまずは、自分の「戦争観」の話を全力でします。

その上で更に言っておきますが、
この映画と個人の「戦争観」は一切関係ありません。

そのことを理解するためにも、一度、戦争観について語らなければならないのです。
ややこし。 めんどくせー。 そして、すっごく難しい。



まぁそんな感じの、マジでどうでもいい事から入っているので
映画の感動が潰れるかもしれない読まなくていい部類の文章です。


多分自分がメインで言いたいことは「眼鏡の話」「10年の話」です。 そこだけ。


当然ネタバレ注意です

[ 2013/08/09 21:38 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(8)
月別カレンダー
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -