ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  イラスト

ドラゴン尽くし

長文を書いてて途中でどうでも良くなるのをなんとかしたい。

ところで、「いい加減に自分も絵を頑張らんとなぁ~」ということを感じる出来事があった。
(どういう出来事かは説明しない) (オワリ)



そしてまた別の出来事。

こんな木っ端存在な自分でも、pixivである程度ボケーッとウジ虫のように蠢いていたりすると、
いかがわしげなイラスト仕事の依頼とかが舞い込んできたりする。 
そんな、猫の手も借りたいような時代らしい。


こないだも、「携帯ゲーの企画。ドラゴンとかのクリーチャーの絵を描いたら1セット3万円です」
・・・みたいな依頼が来た。

(こういうのはなんか無視してたんだけど、流石に待遇がいいように思えた)
(もともと単価1000円とかで買い叩かれる事もあるような、ブラックな世界ではないか?)
(そこを、背景アリナシだけど実質絵を1枚描いて3万円くれるとは、相当良い条件なのではないか?)
(しかも題材が「ドラゴン」とは、キャラとか武器とかを依頼されるより、よっぽど食指が動く)
(一応自分の絵を見た上で言ってくれているらしい。スカイリムやドラゴンズドグマをやっていて本当に良かった)

というワケで、なんとこのドラゴンの依頼に自分は返信してしまったのだ。

(ニートがついに働いてしまうのか!?)



・・・と思っていたら
ずーっと返信が来なくなって、
最終的に「なんか企画の仕様が変わったのであの話は無かったことでサーセン」的なメッセージが来て、終わった。


やっぱり色々とブラックな業界らしい。



そんなこんなで、喜び勇んで描いていたドラゴンのラフが全部無駄になったので、並べてみます。
本当にラクガキだけど。


ところで最近よく疑問に思う。
「オリジナリティ」なんてモノは、本当にこの世にあるのかと。


結局、「どっかのゲームか何かで自分が触れてきたようなドラゴンの絵」しか描けないではないか。
(そもそも仕事なのでそんなにドラゴンの常識から大きく外れたようなモノを描こうとしたわけではないんだけど)


ミームとか、ジーンとかと同様、
実は「周囲の情報の寄せ集め」でしかないんじゃないか?という気がする。
「自分の人生、環境、入力された情報の代謝の結果」でしかないのではないかと。



だがそれでも、「自分の嗜好」というモノだけは、ここに確かに存在する気がする。

ドラゴンラクガキ
↑例えば自分はこういう、腕が生えてるマッシブなドラゴンは、あまり好きじゃない。


ドラゴンラクガキ
それでも↑こんな風に地面に這いつくばるようになると、途端にアリになる。


ドラゴンラクガキ
で、自分が本当に好きなドラゴンはどういうのかというと、こういうの↑

腕が翼に変形してるタイプね。
そういうのは、亜竜・ワイバーン扱いになってるゲームもあるけど。


ドラゴンラクガキ
んで、今回いろいろとラクガキを描いてて一番マシだなと思える絵が、コレ↑
この足の感じね。


ドラゴンラクガキ
ところで「ワイバーン」といえば、
なぜか真っ先に思い出してしまうのが「ベイグラントストーリー」のワイバーン。
「ディートッ!!!」

↑これは今回のとは関係ないけど描いてたラクガキ。
ベイグラについても、いつか長文を書きたい。


ドラゴンラクガキ
あと、自分のドラゴンの絵を見てて思うんだけど
主に首にこだわりがある気がする。


こういう感じ、になってなきゃいけない、とぞ思う。
根元が一番細くって、後頭部にかけて太くなっていく。
絶対、こうなってないといけないのだ。

[ 2012/10/13 14:25 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

「紙に線を引く」ということ

 
絵について、なんか言いたいことが出来たので、なんか語ります。
ド下手糞のニートが、語ります。


デジタルでしか絵が描けない人が増えているという。(都会では)

デジタルのお絵かきツールで絵を描くことに慣れすぎて
アナログで描こうとしてもさっぱり描けない人が増えているらしい。(都会では)
 



これが「事実」だとするなら、それに反発する必要あるか?という気がする。
もしも「自分はアナログで絵が描けません」というのなら、
そこはもう、猛省したり、忸怩たる思いで生きていくしかないのではないか?
自分はそう思っている。


一方自分は、アナログでもちゃんと描けるつもりなんだ。
むしろ、アナログの方が上手くかけると思っている。
(これは今現在絵が下手糞な言い訳でもある)
(その変身を あと2回も オレは残している… その意味がわかるな?的な)


だから自分に言わせれば、
「アナログで絵が描けない人」というのが、ちょっと「信じられない」のだ。
(「存在」を信じないのではなくて、その「姿勢」が信じられない)


というか、そういう人達は子供の頃、何をしていたの?
教科書とかノートにラクガキしたりしなかったの?


自分はしてたぞ。

少しでも紙に余白があったら、そこはもうラクガキのフィールドだった。

自分にとって「授業中」というものは、
「先生の顔をクロッキーするために与えられた猶予期間」だった。


だから自分のノートも教科書も、殆どお絵かき帳と区別はつかなかった。

それぐらい、するもんだろ?

そういうことが、「絵が好き」ってことじゃないのか?

リアルで紙にペンを走らせる喜び、そのどうしようもない「衝動」

それを知らない、出来ない、そういう練習を自発的にやってこなかったのに、
「お絵かきが好き」なんて、のたまえる人間がいるのか?


こういう話になると、なぜか自分は急にアナログ志向になってしまう。


普段は、「脳で直接絵が描ける様な装置ができないかなぁ~」とか言っているのに、だ。


だがコレに関してもちょっと考えてみよう。

「脳で直接絵を描く装置」とは、いかなるものか?

頭の中で画像を思い浮かべれば、それがそのままプリンターのようにウネ~っと印刷されるのか?

「脳の中にある画像イメージ」というものは、そのまますぐにひり出せるものだろうか。

そこにあるべき「具体的な線の動き」はどうなっている?

入り抜きは?太さは? それら線の一本一本まで、全て事前に、完璧に、しっかりイメージできているか?


そのへんを、ちょっといっぺん本気で「想像」してみてほしい。


・・・
多分、線というものは、自力でなぞらなければならない。


絵というものは、多分
「出力と入力」それらを交互に行いながら、その相互作用によって完成するのだ。

(ここでいう「入力」とは「実際に自分が引いた線」を見て、それが次の線に「フィードバックされる」という意味)

(いや、自分自身も、脳内の画像イメージの鮮明さには自信がある)
(かなり鮮明な画像データが「そこ」にはあるような気はしている)
(2Dデータにかぎらず、頭の中で3Dモデルをクルクル回したり、
 パースの強弱を自由自在に付けることも、出来るつもりだ)

でもやっぱり、頭の中に浮かべるだけの画像イメージでは、
そういった「出力と入力の相互作用」という過程を経て完成する絵には「叶わない」気がするのだ。


だから、仮に、無限の未来に、「頭の中でお絵かきが出来る装置」などが出来たとしても
それは今のお絵かきツールや、紙とペンと根本的なところでは変わらないモノ、
線を自力でキャンパス上に一本一本引いていくところから始まるモノ
になるんじゃないか。


そんな気がしているのだ。

そして、そのようなものなら結局、
リアルで紙にペンで線を引く時の「力」が多かれ少なかれ必要になってくると思うわけだよ。
(極論すると、「脳で直接絵が描ける装置が出来たとしても、絵が下手な奴は下手なママ」ということ)


つまり、どこまで行っても
「紙にペンで線を引く」という、力、コツ、喜び、衝動、本能・・・
そういうモノは必要だし、最も重要だと思っているのだ。
(たとえ、デジ絵であっても)
(たとえ、脳内出力なんてものが出来たとしても)


これを蔑ろにしている奴が、楽しく絵が描けるはずがない。(そう決めつけた)

リアルで紙に線を引く喜びを知らない奴が、本当にお絵かきが好きなはずがない。(そう決めつけた)


「本気で好きかどうか」というのは重要だ。

「好きこそモノの上手なれ」 VS 「下手の横好き」
ことわざ同士でバトルさせるのは好きだが、
どっちにせよ「好きじゃなきゃ話にならない」のだ。
(自分は自分の絵が下手だとは思っているけど、
 「お絵かきが嫌いだ」なんて言ったことは、一度たりとて無いぞ)


だから、自分はそういう人間にならないためにも、
アナログの練習はいっつも裏でしているのだ。 
(そういうのはスキャナが無いのでブログには貼れない)


さて、上の話の中では、
むしろデジタルとアナログを一緒くたにしている部分もあるかもしれない。

どちらも、「線を一本一本自力で引いていること」に違いはない、と。

だから、別にいいではないか。
そう思うかもしれない。


(いや、自分も元々はそういう考えでいたんだけど)
(だからこそ、「アナログで全く描けない」ってどういうことだ?と思ったんだ)
(だって普通は、アナログ>デジタルなんじゃないのか?)


じゃあアナログとデジタルの何が違うかというと、
やはり補助ツールとしての便利さだ。

アンドゥ・リドゥ
消しゴム (これはリアルにもあるが)
左右反転・回転・縮小拡大
自由変形
色調補正
レイヤー
加算、減算塗り、なんてのも現実じゃ出来ない話だ


・・・こういうのが、「補助」になっているわけだ。


つまり、「アナログで絵が描けない人」というのは
それ即ち「こういう便利機能が無いと絵が描けない人」ということなんじゃないのか。
アナログ・デジタル間で「線引きの喜び」に貴賎が無いというのであれば、違いはここしかない。


そしてやっぱりそれは、何かがダメなんじゃないか、と思う。


確か前に自分は
「弘法筆を選ばず」ということわざを否定したと思う。
(その文脈は多分、「自分は弘法ではないと思うからこそ、道具は選ばねばならない」という感じ)


でも、それとこれとは矛盾しないつもりなんだ。

自分がどういう点で下手糞なのか、理解しなければならない。

自分がどういう便利ツールによって、マシに見せてるだけの存在なのか、知っておかなければならない。


でなけりゃ、向上なんてできないからだ。
向上心のないやつは馬鹿だ。

「便利ツールで自分の下手な部分は誤魔化せるから、ここは苦手なままで良い」なんて考えで、
生きていていいはずがない。

ツールに頼らずに、自分の思った通りの絵を出力できたなら、それが一番の喜びではないか?



だからこそ自分は、

・一発書き感
・クロッキー感
・最低限の線感
・躍動感・スピード感
・下書きなし感


そういうのを大事にしたいと思っているのだ。
(そして、そういう「地力」は、紙の上じゃないと培えないのではないか、と)


まぁ今の自分が思っていることはそんな感じ。
どっかに大いなる矛盾があるかも知れないけど、知らん。


というか、最近になって、特に
紙の上によくラクガキをするようになったのだ。


で、また性質が変わり始めているかもしれない。
(人から見れば、何も変わってないように見えるかもしれない)

恐竜

2号機

こういう変化も、
アナログでなにかやってるから、それが反映されるのだ。そう思う。

実際の紙に絵を描いてると、
ペンタブでアタリ考えてる時では思い浮かばないようなインスピレーションが出る、気がする。
(こういうのがそもそものアナログ志向に繋がるのだ)

2号機

mark6

クレド

で、こういうラクガキラフが増えていく。 いつかちゃんと描く。

(↑下手糞な奴の特徴)

[ 2012/08/30 12:07 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

蚊と黄金

口直しにの絵を描きました。

蚊

蚊はカッコイイですね。
こんなにカッコイイ虫なら、血を吸うのもしゃーなしですね。 全力で赦しましょう。


続きは、
絵に関する「黄金比」についての胡散臭い話です。



似非科学バリのオカルト話題なので注意。

[ 2012/07/25 12:10 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

モス娘様の人外度について


なんか突然、
村田ワンパンマンモスキート娘様の絵を描きました。

モスキート娘
配色は妄想。 気にしないように。
ポーズは意味不明。 気にしないように。
影代わりに血を描くのは我ながら
良いアイデアな気がするけど別にどうでもいい。


こういうのをいきなり描くと
「ニワカが・・・」とか思われそうだけど
一応自分は原作ワンパンマンは最初期から読んでる。
(進化の家が出てくる前からすでに読んでたと思う)

まぁそういうのも普通に読むのだ。



それにしても
なんでこれを描いてしまったのだろう。
割と発作的だった。

自分は虫好きであることは胸を張って言えるし、
虫の絵なら本当はいつでも描きたいと思っている。
では、果たして人外好きか?というと、それは自分でもよく分からない。


 (普段はポケモンの擬人化などは、
  「糞が!」くらいのテンションで蔑視しているのだが)



ケモナーにレベルが在るように、
人外好きにもレベルが在るはずだ。

↑こういうのに照らし合わせるて見てみれば、
このモスキート娘は人外としては「レベル2」くらいのモンだろう。

「人外度・・・たったの2か・・・ゴミめ・・・」


はてさて。

でも結局、なんだかんだでこういうの好きなのかもしれない。
メルエムの絵も描いてたし。

(そうやって考えるとこれがメスのメルエムのようなもの
 にしか見えなくなってきた)


          l    ,  ´  ̄ ̄ `  、   /
         l /              \ l
    ね  ヒ l/                  l  関  ラ  派
    l   l  l                 l  係  ン  閥
   ぞ  ロ l  , へ、   ,    __  l  ね  キ  ?
       l  │  __ ̄´′`´__   |  │  ン
    こ  な  |  (  ・  )  (  ・  ) |   じ  グ  新
    の め  |   `¨¨´  l|   `¨¨´  │  ゃ  の 人
   野 ん  l         l|         |  ね  保  狩
   郎 じ   二フ      ヽ '      <   ぇ  持  り
   ! ゃ / ヽ     仁二ニヘ    八   か  ? ?
       /   \  |___」   , '  ヽ
 \   /  __|\ ` ̄ ̄´ /|    \    /
    `¨´ /    //   > - イ / ̄ ̄`ヽ、`¨¨´



ケモナー度とかも
本当はどうでもいい概念なのかもしれませんね、ハゲマントさん。


[ 2012/07/04 13:08 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

ウルドラさん

というわけでウルドラゴンさんの絵を描いた。

ウルドラゴンさん

これは全ての心臓が出ちゃってるのでミリドラさんですね。
(ミリドラさんにしてはダメージ表現がおかしい気がするけど
 グチャグチャになってるドラゴンゾンビ描いてもしかたないから)
(でも目玉が出てるのは好きだった ギャオスみたいで)


最近は絵を描いても
他の糞記事に使ってばっかなのでイラストカテが全く増えなかった気がする。
だからテキトーに置いておく。


それにしても
2日で↓これが↑あれになるのだから面白い。
ウルドラゴンさん

というか反則だよなぁとも思う。


ほんとデジタルで絵を描くというのは小手先の反則技の収束の気がする。
(アナログで頑張る気もないけど)

グロー効果については前に色々考えたので、
今回はそれの応用をやってみた。

要はグロー効果というのは
「自分自身にブラーをかけたモノをちょっと暗くした上で加算する」ということだ。
そういうことをして、情報量を水増すのだ。


今回は普通のブラーではなくて、
「自分自身にズームブラーをかけたもの」を加算してみた。
そうしたら、少しは迫力が出るだろうと。


あと考えたこと。

「自分自身を加算レイヤーとしたレイヤーと、
その一枚上に真っ黒に塗りつぶしたレイヤーを被せたもの」

そんな「レイヤーセット」を用意して、
真っ暗のレイヤーを消しゴムで削っていく、というやり方を思いついた。

こうすると、普通に加算レイヤーに書き込んでいく以上に、
楽に光沢を付ける、テカリを強めることが出来る。
そういう作業を、マウスだけでゴリゴリ進めることが出来る。
そんなことを思いついたりした。


なんか貼る。


メンドクサイのでコマで説明する。

1.落書き
2.描き込みを大体進めていく
3.背景やら雷やらも進める この後の処理のために色がおかしいことになっている
4.レイヤーを一枚絵に固めて、修正しまくる
5.反則技
6.ハイライト描きまくる
7.ズームブラーを加算
8.心臓の発光を描く
9.最後の手直し


そんな感じでした。

[ 2012/06/19 21:52 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

「インプット」と「アウトプット」について

風ノ旅ビト
クソ落書きがある。 一次的な出力だと、こんなのしか出せない。
入力だの出力だのについて、思うことがある。


ちょっと
「インプット」と「アウトプット」についての話をします。


これは、絵に関する話でもあり、
ゲームに関する話でもあります。



要は、クッソウザい、駄文です。

[ 2012/04/11 17:48 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

飛翔

というわけで、
絵を粗製濫造する計画は順調なのかというと、
全くもって順調ではないですね。

とりあえずずっと放置してたガメラ系の絵を描きました。

(でもこれでは、7日に1枚描いてるペースではないか)
ノーバディヘルズも一応進んではいるのだが、
 お兄ちゃんディスペアの絵は手付かずである。間に合うのか)


で、飛んでるレギオンさんとイリスさんの絵。

飛びいりす

飛びれぎおん

まぁこれらはずっと描きたかった。
(リボレギオンが出た時にサッサと描いとけば良かったんだ)


イリスの飛行形態はこんな感じで、
足を折り曲げて、膝の尖ってる部分が後ろに伸びて、そのまま飛ぶ。
普段の脚のヒヅメ部分は、太ももの後ろに折りたたまれている

これが凄いカッコイイ。


レギオンの飛行形態は逆に、
脚を前に折り曲げて、4本とも付き出した状態で、そのまま飛ぶ。
甲羅の部分が破れて、そこからどういうわけか翼が生えている。
大槌腕も、かなり後ろ側にスライドしている。

よく分からんがカッコイイ。
(そもそもこのときのレギオンは成長過程なのか、普段と結構形が違う)
(ツノの真っ直ぐ感とか)


・・・とか何とか言っているが、
この2つの絵は、そんなに資料とか見ながら描いたわけではないので
やっぱりディティールは適当なのです。(言い訳)

イリスの触手の部分は、根元の部分はもっとぶっとくて、ブヨブヨしています。
(要は、ホンモノはもっとズングリしている)
レギオンの甲羅の部分も、テキトーにごまかしてるのがひどすぎる。



あと、この2つの絵は一見繋がるようで、別に繋がったりはしません。
メンドクサイし。

飛びれぎおん飛びいりす

それにしても、なんでこの程度の情報量の絵を仕上げるのに
こんなにもダラダラしてしまうんだろう。
自分でも、こんなん1日で出来るだろ?と思えてしまうのだが、
どうも実際はそうはイカン。 不思議である。


でも、こうやって粗製濫造をしようとすることにより、
どの工程がクリティカルで、
どの工程が最終的な仕上がりに大して貢献していないか
が、
分かってくるような、気がする。

つまり、
この工程は早めにすっ飛ばしても構わないが、
この工程は出来る限り時間をかけるべき

みたいなことが見えてくる、気がする。



具体的にはどんな感覚かというと、

最初のマウスで構図を考えてる部分は、実はほぼ要らない気がしてきた。
そして、主線づくりは、やっぱり自分にとっては重要。
メインの塗りうんぬんは、実はサッサとすっ飛ばすべきで、
その後の調整と、さらにその調整をした後の
指先ツールによる伸ばしやら、追筆の量が、
実は自分の絵のクオリティの殆どを占めているのではないのか、うんぬん。



まぁどうでもいいですね。

色がおかしいんだよ!自分の絵!

そして、そんなことよりも
あと4日でDMCHDコレクションですよ!
どうしてくれるんですか。

[ 2012/03/18 15:10 ] イラスト | TB(1) | CM(4)

DMCHDコレクションが楽しみすぎて生きるのが辛い

まぁ結果、大惨事ですよ。

結果、自殺についての浅い人生観をブツはめになって、
白けた感じがするのですよ。
(だがもはや日常茶飯事だ)


そんなことは置いといて、
DMCHDコレクションの発売まであと20日弱ですよ!


今月はそれまで、「絵を描きまくって全裸待機する月」にしようと思う。


なんだかんだで、一枚絵を描くのは気を紛らわせる効果がある気がする。
(恥だがやるしか無い)
(ある程度のモノであれば、実質4日くらいあれば出来る)
(逆にゲームなんかは、全く進まないから感情が暗黒にささくれる)


自分の絵の工程は4つくらいに分けられる。

1.構図考える
  (マウスでテキトーに考える)
  (そのマウス絵を2、3回ブラッシュアップする)
2.線を作る
  (鉛筆、水彩境界でテキトーに描いたモノを削りながら作る)
3.塗る
  (テキトー。塗りに関しては未だに確信を持てない)
4.修正する
  (指先ツールに筆圧とサイズ設定をして伸ばしたりする)

 
という感じで、ホントにやることが固まってしまったので
(しかも以外は実はマウスでごりおせる)
(さらに自分が好きな工程は2以外だったりするのだ)
(ゴリゴリ)
気力さえ保てば3、4日で一枚絵を描くというのは
その気になればニートには容易い、はず。


一度ぐらい、そういう粗製濫造をしてもいいはず。


そうでなくてもDMCの絵は描きまくるべきだったのだ。
(何故今まで描かなかったのか、自分を問い詰めたい)


というわけでゴミラフを置いておく。 ラフの状態ですが(笑)  
ゴミマウス絵です。 マウスで描いた(笑)  
これがどうなるか、お楽しみ。

ノーバディ
ノーバディさん
死ぬほど大好き。
HDでコイツらと戦えるかと思うだけで、もう、

兄貴
フル装備バージル兄貴
幻影剣、フォースエッジ、閻魔刀、ベオウルフ、全部ぶち込みます。


7つの大罪
7つの大罪シリーズ
でも9体います。
+アビス+ヴァンガード

↑この落書きで、どれがどのヘルズか判別できた人がいたら偉い。


とびレギオン

とびイリス
あとガメラ系の絵も放置してたのを進めよう。

[ 2012/03/03 12:51 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

混沌シスターズ

はい。

というわけで、「一年に一回くらい女体を描いてみる修行の日」です。

酷い出来である。 (翌日は自己嫌悪で死にたくなる)

ホントに、人体苦手なんだなぁと感じる。
ホントに、虫が好きなんだなぁとも)

混沌娘



とりあえず、コンセプトとしては
ダークソウルの女キャラを全員集合させてみたかった。

でも、いざ考えてみると、ダクソって女キャラ多すぎなんだよね。

プリシラたん、グウィネヴィア、アナスタシア、かぼたん2
 ジークリンデさん、ウーラシールさん、ビアトリスさん、苔ババァ

(あと、グウィンドリンも?)



多すぎ。 
なにこのギャルゲー。

病み村キャラを抜いても、こんなにいっぱいいる。

デモンズじゃ、かぼたん偶像たんくらいしかいないぞ?)



あまりに多すぎるので、イザリスの混沌の魔女系に絞ることにしました。

結果、
クラーグさんの下半身だけがモチベーションでした。
(改めて思ったけど、なんか王蟲っぽくていいよね)


クラーナししょーグラナさんの顔は、完全に勝手な想像です。
これは正直すまんかった。

本当は、実物同様に黒金糸の下の部分は黒くして誤魔化したかったのに、
それが全く上手く行かなかったのでこんなハメになった。
酷い。

(乗算で塗りつぶすとか、黒で塗るとか、色々試したんだが)
(改めてダークソウルって、陰で飛んでる部分がドギツイよね)
(ししょーの顔とかマジ確認不能)


あと、なんか、ミル姉さんも混じってます。
(こいつを描くくらいなら、「爛れ」とか「萎え床」を入れてあげたほうが正しい気もする)


なんか色々いるけど、
実際にこの中のキャラで、
人間性を捧げることが可能なのって、
蜘蛛姫さまとミルドレッドさんだけなんだよね。


ミル姉さんは、NPC召喚されることで人間性を得ているはずだから。

(そもそもミル姉さんは
 人間性ほしさのために、黒ファン侵入するし、
 その直後に白ファンをやったりする、そういう人なのだと思う)
(必死か)


[ 2012/02/15 17:24 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

デイドラ装備 VS 黒騎士装備

クリスマスとか、知らん感じで。

もう、この日は「甲冑とかそういうのを描く日」にしよう。
そういうことにしよう。


というわけで描いた。

デイドラ

スカイリムのデイドラ装備という一式がカッコよすぎます。
( ※こんな風に両手逆手持ちとかは出来ません )
( ※ただしMODを除く )

最初に読み込み画面で兜を見ただけで惚れ込みました。

という訳で、速攻で鍛冶をLV100にして、
「アルカディアの大釜」のオバちゃんを、
殴っては心臓、殴っては心臓して、
一式揃えてきました。


あとはエンチャLVと錬金LVを100にしたら、
超伝説的で最強に強まった強化をしようと思っています。


それまでは、
このデイドラ一式はずっとゴリディアさんに着せています。
(まぁそのおかげで一人称視点でジロジロ細部を観察することが出来たのですが)



そういえば、ダクソのユルトさんの絵もずっと前に描いたのに
貼るのをずっと忘れてた。

だからついでに並べとく。

ユルトさん

つまり、こういう甲冑が自分の好みということですね。
(ツノがこういう感じで、目がこういう感じ)


ようはトゲトゲしてりゃいいのです。
(トゲの騎士カーク?知らん)

[ 2011/12/25 14:45 ] イラスト | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -