ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  >  ゲームプレイ話

DDONのススメ

 
新年早々、
ドラゴンズドグマオンラインの話がしたい。

ドグマのススメ。

ドラゴンズドグマ マルシルさん


シーズン2.2になってから、
割りと素で、やっと人にオススメできるような無料ゲームになったと思うんだよなぁ。
(今までで一番いいアプデでしょう)


ただ、そこまでくるのに一年以上を要しているわけであり、
その間に、このゲームの評判というのは地に落ちてしまっている

無印からのファンで生き残っているのは本当にレアだろう)
(ファンであればファンであるほど、愛想つかすものだろう)
(よく自分は今までついてきたもんである)



このゲームが 難しい、マゾゲー、苦行ゲーと思われている所以は、

・敵の攻撃が痛い、
・武器をちゃんとクラフトして更新してかないとダメージが通らない、
・レベル上げが辛い・・・


などの3点が主かと思う。


だがこの部分、きちんと立ち回れば、今はそうとう遊びやすくなってると思うのです。



自分のやるとおりにやれば、レベル70、フィンダムに到達などは、今から新しく始めたキャラでも、
(いや、今新しく作るキャラだからこそ) 簡単に、それこそ一週間くらいで達成できると思うのです。


その辺の、紹介記事、手ほどき記事みたいなのを書いてみたいと思った。


(だが書いてしまってから思ったのだが)
(このあとの内容というのは、ゲームをやっている人にとっては当たり前レベルの内容であり)
(逆に、ゲームをやっていない人に対しては「何が何やらわからない」ということにしかならない内容なのだ)


だからこそ難しい。

自分はよく思うのだ。 色んなソシャゲ スマホゲーで↓こういう販促があるではないか。

「今始めると、何たらクリスタルジェムが5000個手に入ります!!」 みたいな、CM・広告。

そんなの、その「何たらクリスタル」にどういう価値があるものなのか知ってるのはゲームを既にやってるプレイヤーだけであり、
やってない人にはその価値がわからないのだから、
そんなこと言われたって何が何やら伝わらないではないかと。 馬鹿がつくるCMだ。 腹立つ ファッキン



今回の自分のDDON紹介記事の前半というのも、結局そういうことにしかなってないかもしれない。

ので、知らない人は その部分は、読み飛ばしてくれていい。

もしもやり始めたなら、ちゃんと読み直してほしい。



それ以外、
自分のクランのクラメンさんで、まだ魔赤島やフィンダムに到達すら出来てない人には、
この記事の前半部分は読んどいてほしい。

そういうつもりで置いてあるのです。

その点で、例のよくある勘違いCMとは違うつもりなのです。


その前半部分を超えると、「シーカーのススメ」とか、「DDONの面白さとは結局なんぞや?」とか、
そういう話をします。


そこを読んでほしいような、そこを読んでもらっても結局訴求力はないような、そんな気もするのだが。

なんかこう、勧めづらいのだよこのゲーム。

でも、だからこそ、「書く意味」があるとは思わんか?

・誰もが傑作だと思ってるモノを傑作だと言ってもそんなに意味はないかもだし、
・誰もが駄作だと思ってるモノを駄作だと言うのにも同様に意味はないし、
・誰もが傑作だと思っているモノにケチを付けても怒られるだけだし、
・かといって逆張りで駄作を無理に褒めてもしかたがない。

自分で本気で面白いと思ってないといけないわけだ。

「多くの人がその面白さに気づいてないモノ」
そのようなモノ、見逃されているモノを拾い出し、それを「正しく味わう方法」を提示してこそ、
そのような文章にこそ、意味があるのではないかと思うのだよ。

(これが、トリコについて何か書くのをほっぽってまで、DDONについて今自分が語る意味である)



というわけで、前半部分。 

DDONをストレス無く遊ぶための基本的心得。 
新しく始めたキャラで、フィンダムまで一週間くらいでたどり着く方法。
 


そういうことについての話になります。

[ 2017/01/02 21:03 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(3)

7年間トリコに虜

  
さて
「この世界の片隅に」の感動にいつまで浸り続けておればいいのやら。

だがそうも言っていられない。

今度は、7年も待ちに待ったゲームがついに来るのである。

明日、「人喰いの大鷲トリコ」が来てしまう。



自分は、もうトリコの情報は一切入れないようにしています。
プレイムービーやらの動画も何も見ないようにしています。


その一方で、「トリコはどのようなゲームになるのだろう?」みたいなことを勝手に予想しまくったりもしています。

つまり、「何の情報も入れないくせに、予想だけはしたい」などという、矛盾したことを考えておるのです。


このブログの中で、過去に何億回も、折に触れて、
上田文人さんのゲームが如何に凄かったか、どう凄かったかということは
色んな視点から語ってきたように思うけど。 (例えば武器1つとってもこんなことを過去に書いてたりする)



あらためて、上田文人さんのゲームの凄さというのを簡単にまとめて見ようかと思う。

[ 2016/12/05 16:08 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

ダクソ3 DLCクリア報告


ダクソ3のDLC1クリアしましたよーという
そんだけの報告。


使ったのはこのキャラね。 当方SL30。 
30で、一周目でやるべきことはほぼ終わらしといたキャラです。

ダークソウル3 

ちょうどこのキャラをつくったとき、真っ黒なキャラでかくれんぼする動画が流行ってました。

自分もかくれんぼ大好きなので、そういうキャラ作ろうとして、
でもただ真っ黒にするだけじゃ面白くないのでなんかテーマが欲しい。
で、なんとなく「キャスカっぽいキャラ」を作りたくて、こんな感じになったのです。
(でも呪われてるからプロフぶさいく!)
(でもずっと火の魔女装備してるから顔とか関係なかった) (いつものことだった)
(キャスカが火の魔女とか、意味深)


これでも結構色々考えて絞ってるステなのですね。
(カーサス指輪付けると竜狩りの大弓を持てる技量になるようにしてたり)
(騎士は運が一番低いから、持たざるもので始めるよりよいだろう、とか)
(この理力と信仰は、完全に火刑の芒を持つためのステータス)
(そして火刑の芒は触媒にもなるので、これで「擬態」も使えるのだ!)


とはいえやはりSL30、死にまくります。

DLC1はボリューム少ないとか言われてるようですが、
自分は迷いまくったし死にまくったので、けっこう丁度よい歯ごたえに感じましたね。


あと、死にまくった結果、フリーデ第一はめっちゃ好きなボスになりましたね。


この透明攻撃、痛すぎる、よけられねー!!なんじゃこの吸い込みはー!!
残り火ない状態で食らうと一撃死じゃないかー!

一体どうやって見破るんだー!!止めるんだー!?

爆弾当てれば止まる? アヴェリン当てれば止まる?

あててらんねー

プリシラたんみたいに足跡とかで分からんかなぁ?

おや、最初飛びだすときちょっと音と煙で来る方向が分かるかも?

おや、攻撃だすまえに近づくとタメてるトコが見えるじゃないか!攻撃を止められるぞ!やったー

いや、単に殴るだけじゃなくて、バクスタにしたら、更にコンボチャンスが産まれるぞ!

大っ嫌いだった攻撃が大好きな攻撃チャンスタイムになったぞ! やったー!


・・・
てな感じで、どんどん攻略法が分かっていく感じが凄い楽しかったです。


で、そんな風に頑張ってDLCクリア、闘技場デビューとなるのですが、
このSLだとタイマン以外全くマッチングしません!


じゃあタイマンは勝てるかというと、まったく勝てません。

そらそうだ。
相手の人だってSL30以下でDLCをクリアして来た人なのだから、
多少腕に覚えのある人ばかりになるだろう。 その上ずっと対人やってる人であろう。


じゃあ自分はどうなのかというと、
オンラインプレイはやりますが、
それは警察とか擬態でかくれんぼとかそういうプレイばかりであって、
道場とかそういうのはまったくやってこず、
タイマンでの対人スキルは、未だに全然ないわけです。 (ソウルシリーズ全部やってるくせに)


となると、
同じ低SLでも
向こうは大体対人ガチ勢、
なんかボウガンとかも巧みに使ってくる。

一方
こっちは単なる低SL
単に出血武器でなんとかクリアしてきた勢、なので、
そら、妙に全く勝てませんな、と。


そんな感じの闘技場でした。


(乱闘がしたい・・・乱闘なら自分のお気に入り武器の火刑の芒も活きるはず!)
(でも低SLじゃ全然乱闘マッチングしない・・・)

闘技場やらなきゃDLCを遊びきれたとは言えんよなぁ。
というわけで、次は
SL70のトロコンキャラでDLCをクリアするのが目標です。


SL30のキャラで一周目DLCをクリアするのと、
SL70のキャラで四週目DLCをクリアするの、どっちがムズいかなぁ?

今までの感覚だと、後者の方が案外簡単だったりするのだが、どうだろうか。
(トロコンキャラは生命力に相当振ってたと思うので死ににくくはあるだろう)
(あと指輪の性能) (そんなこんなでHPバーが二倍くらいに感じる)


追記:SL70でやったらあっという間にクリアできました。
明らかに後者のほうが簡単です。
あと火刑の芒いいね。 リスポン地点に起き攻めできる。 よくないけど。


今回、
DLCの細かい感想とか初見攻略メモとかは書かない、と思う。
それ自体は短くなると思うし。

ていうか、前回ああいうこと書いてたけど、
結局今回のDLCも、謎が解明するというより、結果謎が増えましたね!


なんだよ幽鬼って!
なんだよ鴉人って!
なんだよ絵が腐るって!

ダークソウル3 蛇
誰だよこれ!? 蛇?人?木?くっつけてる?それとも脱皮してる?

ダークソウル3 ゲール爺が全部もっていきました
なんだよゲール爺って!
今回はゲール爺の思惑どおりに話が進んだような気はするけど、
コイツ続投するの? なんなの?

ダークソウル3 ファリンっぽい子
この子が描いてるのがエレーミアス? (それだと過去)
この子が直してるのがエレーミアス? (それだと未来)

(↑ところでこの子を最初見たとき、自分はダンジョン飯のファリンをなぜか連想した)


謎が解けるどころか謎が増える。

・・・
いや、ある意味こうなるのは分かってたとも言える。
前回あんなこと書いたのも、全ては「フリ」だったのだ。

大体、ダクソ2のDLCのときもそうだったし。

「ダクソ2ってシュナの旅っぽくない?」
「王が持ち帰った巨人の力ってなんなのだろう?」
「DLCでこの謎が解明されそうだなー」


とか思ってたら、全然関係ない「闇の子の姉妹の話」を始める訳ですよ。
それがフロムのやることですよ!


はい。そんな感じ。 次のDLCは来年ですね。

割りと遠いように感じますが、
今年の秋はゲームラッシュがヤバイんですよね。
[ 2016/10/31 17:52 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

DLC直前! ダークソウル3感想文


ずーっと放置している間に、気がついたら後一週間でダクソ3のDLCが来てしまうではないか。
(・・・とか書いてる間に、もう明日である)


放置している間にテキストが消える事件なんかも起こったし、
いい加減ヤバイなと思ったので、ダクソ3の放置してた感想文をテキトーにまとめて転がしておく。

ダークソウル3火の魔女


ちゅうわけで今更ながらダクソ3の感想文書きます。
だいたいトロコンしたの自体が一ヶ月くらい前の気がする。 (←この時点でこれ、何時かいたんだ?って感じ)
なんでこんなに書くのが遅れたのやら。

まぁ別に、自分がなんか書く必要もねーよなという感覚がある。

ダクソ3はシリーズの集大成、最高作ですね、みんなそう言ってる。
自分も大体そう思っている。
別に自分がいう必要ない。

そういう感覚がある。

そういう意味じゃ、「DDONが2.0になってから案外面白いですよ」みたいな話のほうがよっぽどやりたい。
(↑こんなこと書いてるってことは、この文章、DDONが2.0になった頃書き始めて放置してたってことだ)


といいつつまぁ長文にはなると思う。

本当はソウルシリーズについて喋らせたら一週間くらいしゃべり続けてもまだ語り足りないんじゃないかと思うくらい
語るネタはあるはずなんだ。


例えば、
「もしも自分がフロムの社員だったらどういうアイディアを出すか」みたいなネタだけで記事が一個かけると思ってるし、
既にそういうメモがあるし、そういうこと考えだすだけで夜があけたりする。


ソウルシリーズ全体を総括した記事とかも書きたいと思ってる。
全シリーズの中で一番難しいのは結局どれか?とか
全ボスの中で一番強いのは結局どれか?
みたいな 言ってもしょうがないネタについてだって、延々語れると思ってる。

とにかくネタは山程ある。



で、今回はダクソ3についておもってたこと延々と書くわけだけど、
まぁ何について書くか大体決めておこう。



今回はこれ

◆ソウルシリーズ全体のマップ構成について

◆自分がやった縛りについて
 ・指しゃぶり青教一人旅生身縛り
 ・DLC用のキャラとしてSL30でクリアしたキャラ作りましたという話
 ・レベル5個しか上げれません縛り

◆3の誓約について

◆紫霊の可能性について

◆擬態 かくれんぼについて

◆ストーリー? DLC予想について

◆ナウシカの話 

◆竜の話・蛇の話・などなど・・・



まぁ大体これくらいの項目に絞っても、 相当の分量になるかと思う。
[ 2016/10/24 11:28 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(7)

ダークソウル3初見攻略日記

 
やーっと編集が終わった。 首が痛い。 寝る。

ダクソ3 の初見攻略時のメモの貼り付けです。
ダークソウル3初見攻略日記

まぁ相変わらず。

でもこんなのを残しておくのにも意味があると思う。
例えば、自分で初見時のことを思い出そうとしたときの「思い出の中のプレイ」と、
実際の「初見時の事実」って結構ズレが生じてくると思う。 

そういうことはよくある筈。 (人間は思い出すときに記憶を書き換えていくから)

だから、こうやって実際にあったことを書いておくと、
結構あとから見返した時に意外性があったりして面白いのではないかと、
そんなことも考えたりする。 (というか日記というのモノの価値は大体そういうとこにあるだろう)


でまぁソウルシリーズ最終作ですから
こういう「初見時にメモを毎日ちょっとずつ残しながらゲームをやる」っていうプレイをする機会も、もう永遠に無いかもしれません。
そこまで気合入れて遊ぶ価値のあるゲームが。
そこまで「初見時の自分の動き」ということが最高の思い出になるゲームが。

だから今回は割と細かく大切に書いていった感じ。

スクショもブラボの時より更に多めな感じです。
というかスクショ貼り過ぎ。 画像リンクのタイトル書くのだけで大変。
画像貼り過ぎて編集画面が重すぎるレベル。 リアルタイムプレビューとかしてるとパソコンが悲鳴あげるレベルでした。
だからこんなに編集に時間がかかったのです。

で、ダクソ3はボリュームもまぁ多めですかね。
「ブラボ以上、2以下」って感じではあるかと思います。

というわけで多分この初見メモ、ほんとう長いです。
 
[ 2016/06/04 14:51 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)

ドラゴンズドグマオンラインでダンジョン飯


パソコンが完全にセーフモードでしか起動しなくなったので 日本語入力 できなくなrimasita!

(これはパソコンがギリギリ調子いい時に書いてた文章 です)
(それはなぜかというと グリーンシードwo500集める前に予約投稿してた文章だから)


ゲーム内で ダンジョン飯のロールプレイをする企画 第二弾です。


ドラゴンズドグマオンラインで作ってるダンジョン飯ポーンが大体完成したので、そのお披露目です。
(これも全部細かく説明しだすと止まらんのだけどね)

ドラゴンズドグマオンライン ダンジョン飯ポーン

マルシル チルチャック センシ の3人のポーンを育ててます。

(実際のゲーム内での名前は
Marushiru
Chilchack
Senshi
です)


ドラゴンズドグマオンラインは、まぁ普通にプレイすると寿命がマッハで縮んでいくのですが、
トロコンとメインクエストクリアまではやって、燃え尽きたつもりでした。

それでもまぁコスプレポーンを育てるというのを目標にしたら
それなりに修練とかも耐えられるようになりました。 気は持ちようですね。

マルシルポーン
大体こんな感じのコスプレ具合です。
チルチャックのコーデは結構いいと思うんだよ。

なぜエルフ耳が無いのか。 エルフ自体はストーリーにいるのだぞ?


追記: エルフ耳きました!
マルシル 耳はえた
カワイイヤッター

ライオス

あと自分はこれでライオスのつもり。 (マシな髪型がない)

これでも、[ドーンプレート]っていうのがライオスの甲冑に一番近いとおもったからそれを着飾りにして、
あとウェアに似たような色の奴を着てごまかす、という工夫をやってるつもりなのです。


あと たった一人でクランやってます

クラン

ByNEETっていう まんまの名前のクランです。 略称「nee」で検索してみてください
それでも出なかったら「byneet」で試してください

(はずかしいけど あとから名前変更出来ないのだ)


たったで一人だけど グリーンシード500 集めるのとか達成しています。

証拠

続きを読んで
活動方針とか 参加する意味が納得できた人は このクラン入ってくれると 嬉しいです。

★クランまだ入ってない人とか
★でもクランミッション報酬とか気になる人
★だけど引っ込み思案なので、知らない人のクランは入れず 一人オフでDDON遊んでる人

★つまり自分みたいな人

そういう人大歓迎です。


お互いに
何も期待しないで遊びましょう
[ 2016/05/23 11:58 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)

あいつダークソウル2の話になると早口になるの気持ち悪いよな

 
壁守人

毎度毎度
アホなこと書いたなーって反省モードになります。

アホなことを書いた後、それが呼び水になって、なんか補足したくなって、
またアホなことを書きたくなってしまう。


アホの連鎖反応



前回の記事、自分でも後から
色々ツッコミポイントに勝手に気づいて、勝手に一人で身悶えたりしておました。

(そういうのはブログを読み返して悶えるんじゃない)
(布団の中とかで自分が書いた内容について吟味してみると)
よくよく考えたらおかしなことを書いたな~いつ直そうかな~それより先にコメントで指摘されたら嫌だな~
 とか勝手に思って、勝手に身悶えるのです)


でまぁ、なんで最後あんな文章を書いてしまうのかというと

それはあそこにも書いた通り、全て、今自分がフジマロさんのブラボ初見動画を見ていることに起因する。
あの動画のコメントが、本当に酷いから。


でも、自分はニコニコ動画上で、イチイチ糞コメを「啓蒙」していく気はないのです。
(正しい意味での啓蒙ね)


だって、コメント書いた人は別に自身のコメントへの反応とか読みに戻りに来ないだろうし、
そうやって動画内でコメントして喧嘩して空気を悪くすることは、その時点で荒らしのニコ厨と変わらないから。


そんなワケで、
動画を見ていて、フジマロさんを馬鹿にしまくってるコメントがあったり、
ダクソ2を馬鹿にしまくってるコメントがあったりしても、「自分はなにもできない」のです。


(そもそもみんな、動画にコメってするか? 自分は殆どそういう習慣がない)
(芝とか、「うぽつ」「わこつ」とか、ああいう脳死系コメント、生放送でも動画でも一度もしたこと無い気がする)


まぁそうやって我慢しているだけだとフラストレーションが溜まるから、
こうやって、「自分の場所で」発散するしかないのです。

(これが一番の違いね)
(あくまでこのクソブログは自分の場なので、他人様の動画とか、他の場所を汚しているわけではない)


が、そうやって撒き散らした文章というのは、足元がおろそかになっていることが多いので
自分で後から考えてもあれはアホな事書いたなぁと思うようなことばかりなのです。

[ 2016/02/20 11:00 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(12)

ブラッドボーン感想文


というわけでまぁブラッドボーンをトロコンしてしまったので、感想文書きまする。


ウナギイヌ
(何だこの絵。 ていうか最近絵かいてなさすぎ)


ブラボをやって自分が感じたことを、
ひたすら思いついた順とかに吐き出し続けただけの、撒き散らし系文章です。 

寝言です。


だから話はワケの分からんところまでコロコロ転がりまくるし、まとまりとか無いです。

SIRENとかバイオとか天誅の話とかも延々と続けますよ。


トロコンに関しては、やってみたら簡単すぎというか、
まぁ実質「聖杯ダンジョンさえやれれば後はあっという間」という感じでしたね。
(周回しないと魔法全部手に入らないとか、誓約系トロフィーとか、今までのお約束的なの無くなっちゃいましたから)

ちなみに、聖杯ダンジョンで一番苦労したのは
冒涜アメンドーズかとおもいきや、
冒涜番犬でした。

ワンちゃんは、初見のときはノーダメージだった筈なのに
冒涜に出てきた時は何故か殺されまくりましたね。
突進食らうと一撃死なのがキツイ。
あとはまぁひたすら頭を切ってれば勝てるんだけど、根気の問題でしたね。
悪名だかい冒涜アメンドーズは、なんか割とあっさり勝てました。


[ 2016/02/09 19:37 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(5)

ブラッドボーン初見攻略日記


というわけで「ブラッドボーン」を初見攻略しながら書いてたメモをそのまま貼っつけます。


思ったこととか、進行度とか、勘違いっぷりとか、そういうの。
なるべくリアルタイムにメモっておいた短文を、後でまとめたものです。


完全にチラシの裏です。
(後で見返して、あの時はあんなだったなぁ~とか思う時が、くれば、よい)


あと今回はスクショも撮りまくっているので、そういうの貼りまくってます。


で、そのせいで画像ファイルが物凄い膨大なことになってしまって、
記事の編集作業がクソ面倒になってしまいました。 (一回に5枚ずつしかアップロードできんのやで)


でも、今になって考えてみると
「なんでそこでスクショ撮ってなかったんだよ!」と言いたくなるような箇所も結構ある。

どうせなら、もっともっと、何でもかんでもパシャパシャ撮っておけばよかったような気もするのです。

[ 2016/01/07 16:52 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(2)

一日一コードトーカー


そろそろもうバテてきた毎日更新キャンペーン。

「最近のゲームは大変だなぁ~」という
まとまりのない、どうでもいい報告話です。


最近主にガッツリやってるゲームはこの3つです。
・MGSV
・DDON
・バイオリベ



この3つのゲームの話。 
・なぜこれらのゲームにハマっているのか。
・あとこれらのゲームの中にある「射幸心」を突いてくる部分についての話。
・そして「ドロップアウト感」の話。


どうでもいい話をよくもまぁここまで引き伸ばせるな、という話。

[ 2015/11/24 20:12 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(0)
月別カレンダー
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -