ニートが頑張るブログ

ニートが現実逃避するために創作活動など色々とカオスに頑張ってみる
ニートが頑張るブログ TOP  > 

最近のDDON事情 3.2について


(この文章も、書いてたのは二週間以上前です)
(Evernoteみたら、4月20日に書いてた)
(でも色々編集するのがめんどい そうやって 山程ゴミが溜まってる)

DDONが3.2になってから
面白いです。

(また言ってるよ オオカミ少年)
いやでも、偶数アプデは本当に良アプデなんですよ! なんかしらんけど)


よってその話をする。
主に理由は3つ。

・ハイセプターが良ジョブ

・黒呪島が良コンテンツ

・ポーンと冒険するモチベがいい感じになってる


大体これですね。

[ 2018/05/05 10:25 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(1)

「ぼくらの」について延々と語る



(この文章もだいぶ前に書いたやつをようやく編集できた)

「ぼくらの オルタナティブ」という小説を読んだのです 今さら。
で 傑作だと思った、今さら。 

これについて語ってもいいとは思うけど、
ちょっと別の話になると思う。

ぼくらのオルタナティブはなんだろう まぁ
「まさにオルタナティブ」って感じだった。 なんだそれ。

要は別のキャラ構成でぼくらのの勝ち抜き戦をやっていくのだ。
ちょっと違ってて、ちょっとだけ同じ。
それがスッゴイ面白いんです。

(とくに自分はコダマの精神的成長に痺れた)
(これだけについて延々と語れる気がする)

(つまり、「ぼくらの」とは、死に直面した際の、人間の、「態度価値」についての作品なのだ)



でも今回自分がやりたいのは ぼくらの世界の「ルール」とか、そこから派生する話だったりする。

[ 2018/04/29 13:51 ] 痛感想文系 | TB(0) | CM(4)

pixivFANBOXはじめました



pixivFANBOXというのを始めてみました。


pixivFANBOXってのがなにかっていうと、多分、これから日本で一番有名な
クリエイター支援系になるんじゃなかろうか?ってやつです。 (説明になってない)

ほんと、pixiv見てたら焦るくらいに誰も彼もはじめてて、それがウサギ通知になって押し寄せています。
(自分のウサギじゃねえのかよ!ってくらい)


(こういうのを乞食的に思う人もいるかもしれないけど、)
実は最終的に人間というのはこういうので生きていくべきなんじゃないのか?

(一々個人が会社と契約したり)
(一々会社に出勤して、そこでなんかするとかじゃなくて)  (それが凄い時間と資源と気力の無駄)
(単に個人は個人で、家のPCの前で作業して何か作って、)
(そしたらそれで生きていける金が手に入る、)
(というのでいいんじゃないか?)

そういう世界のほうがよっぽどシンプルだし、無駄がない。


なーんか、今年は、自分もああいうことを書いて、生活費のために依頼を受けようとしはじめた訳ですよ。

と、同時に
色んな人から、patreonとか、ココナラとか、VALUとか、そういうのを勧められたときは、
なんか色々と理由をつけて渋っていたのですよ。 (こういう文章を書いたり)


でもそのくせ、この、pixivFANBOXというサービスが出たら、割りとあっさりとはじめてしまったのです。

これはこれで不誠実なんじゃないかとか後から思い始めたんですが、まぁどうなんだろう。

やはり、究極的には 登録の楽さ、日本語であること。
そもそも見知ったpixivの派生サービスであること、とか・・・そういうことが敷居の低さとして働いたんだと思う。


・・・という訳で、なんかこういうのをはじめてしまいましたよーと
そういうことなんです。


まぁ、自分としては、例の依頼だけで、年最低10万稼ぎたいとか。
そして、「年40万以上稼げるなら、今のバイトやめたい」とか、漠然と思ってるだけの
そういう皮算用だったわけです。

でも、まぁなんだかんだで、
そういうのを直接依頼してくれる人、というのは極めてレア、ということが見えてきました。
(今日ちょうどイラストの依頼が増えてて安心するやら、依頼のタイプに焦るやら)


やはりこういう、広く浅く、大勢の人から小銭をすこしづつ投げて貰って、
それで小遣いの足しにする、口に糊する、シノギにする

・・というスタイルの方が正しいのではないか、という気もするのです。


つまり、
ダイレクトな「依頼」というのは、個人への負担が大きい。

自分が生きていくために、個人の人から5000円、2万、5万の単位で貰っていく、というのは、
やはりなんだかんだでハードルが高かったのではないか?

自分としては、通常の基準からしても相当安く設定しているつもりでも、
やはりそういうのに乗ってくれる人というのは限られてくる。

そして、限られてくれば、あまりやれる機会も少なくなってくる。


自分は、今年自分がああやって「何でもやります」という依頼ページを用意したことで、

「何らかの面白いことが起きるんじゃないか」
「自分の発想には無いような、面白い依頼、考えられないような無茶振りが発生するんじゃないか」
「それにより、自分は何らかの形で、もうちっと面白い人間になれるんじゃないか?」

・・・
みたいなことを思っていたのですが、
そもそもの依頼の数が少ないと、そういうことも起こりようがありません。


いざ発生する案件は、モデリングの依頼やら、そういう「型にはまったようなこと」ばかりになってきます。

自分が期待していたのは、「5000で何でも」「何でも」の部分です。

「ブログの削除依頼すら受け付ける」とか書きましたが、
そういうメチャクチャな何でもアリの中で、なにかハプニングが起こるのではないかと期待していた部分もあるのです。

メチャクチャな無茶振り、自分の脳味噌では起こりえない発想からの依頼がこないかなぁと思っていたのですが、
まぁ、結局みな真面目です。



・・・
まぁとにかくなんだろう。

自分は「直接」「個人対個人」の依頼(それもアマゾンギフトタイプ)というのがシンプルでいいだろうと思って
依頼受付を始めたのですが、
結局そういうのは、個人への直接的な負担が大きい


大きい故に、「依頼」というのは「真面目なモノ」に限られてくる、のかもしれない。
そしてそもそも絶対数が少ない。

そこんとこで、こういう「広く浅く大勢から支援してもらう」というのがなんだかんだで正しいのではないか
ということです。


てか、その両方でやってりゃいいんじゃないかと。
広く浅くも募るし、 オーダーメイドの依頼も募集する、と。

(わかりきったことをくどくどと・・・)


で、はじめてしまったと。

じゃあそういうサービス始めてそこで何をするのか?

今のところ、あんま特別なことは考えていません。 (プラン?なにそれ?)

自分としては、何も変わらないとも言えます。



自分は常に同時進行で何か複数のモノを作っています。

この10年、「何かを作ってなかった」という時など一時も無かったと思います。

(今は、「ぼくらの」ジアース敵性体全部作ろうとか考えてます)


自分にとって「なんか作ってる」というのは中毒になっていて、息を吸うように当たり前のことなので、
別にそれはいいんです。


だからまぁ、このpixivFANBOXは、完全に、
自分の生活費をカンパして貰うための受付みたいなもんだなぁ、
という感覚で置いとこうかと思ってるんですが、どうなんだろうか?



つまり、自分のこの辺の文章、「過去の文脈」をすべて読んでいて、
すべてを理解して、 
まぁ、月100円とかならこの乞食ニートに投げてやらんこともない。
という考えを示してくれる人、を募るだけの場所、ということです。


それともやっぱし、
pixivFANBOX専用のコンテンツとかをやっていくべきでしょうか?

この辺が悩ましい。


つまり自分としては二択

◆このpixivFANBOXは、完全に寄付の受付

ここ自体には特に何の投稿も増えない。
そこ自体は見てても何も面白くはない。

そのかわり、今やってる活動については、引き続きここのブログにダラダラ書く、という
相変わらずのスタイルを続ける。




◆もしくは、このpixivFANBOXで、
普通にそこ専用の活動をやっていく。

なんか面白そうなことをする。
こっちでなんか依頼とかも受ける。

そんでそっち用の、お金を払ってくれた人にしか読めないブログみたいなのも始める、という
ある種二面性のあるスタイル




(でもこういうことも結構考えるんだ)
(ある種の有料ブロマガスタイル)

(こないだ、パシリムアップライジングの感想文書いて、そのあとすぐに自己嫌悪で消してしまった)

(なぜ前作の良さが駄目になっているのか?みたいなことばかり書いてた)
(ああいう文章を読んだ人は腹を立てるんじゃないかと思って、自分で嫌になって、消した)
 (そのあとずーっと強力な自己嫌悪がつづいてるんです)


(でも逆に、自分の過激な駄文を、「あえてお金を払ってでももっと読みたいという人」がもしもいるのなら、
 そういう人専用になら、ああいう文書も置いておいていいんじゃないか?とも思ってしまうのだ)


つまり、奇妙な話だが、
普通に考えたら人を怒らせるような文書であっても、
有料にして限定的に公開するのなら、何故か、逆に自分も安心して公開できるような気がするんです。



有料ゆえに怒られない。
有料ゆえに、怒られてもいい。



(でも、それもヤバイ気がするんだよね)

(有料にして、限定にして、メチャクチャな文章を読んでもらう、もっとメチャクチャ書いていいってなったら、)
自分が書く文章というのは本当にヤバイことになると思う


(今まで自分は、色んな、通常の価値観を破壊するようなメチャクチャな文章を書いてきたと思うけど)
(あれはあれで全部セーブしています

(自分のヤバイ文章を有料でも読みたいという人にむけてリミッターを外したら)
(やはりなんだかんだで結局はドン引きされて、人が減るんじゃないかと思ってしまう)


(だからそういうのに甘えるのも難しいなぁと)



(そもそもpixivFANBOXを、そういう風に有料のブロマガコンテンツみたいに使うのもどうなんだと)
それなら最初から、ここのブログで有料コンテンツやれよという話になってくると思う)
(あんまり、やってるサービスを色んなところでばらけさせるべきではないと思うから)

(でもなぁ、ブログの有料化とか絶対やらないみたいなことどっかに書いたような気がするのに・・・)


どっちがいいのだろうか?

pixivFANBOX自体は、もう始めてしまったので、
例え誰もお金をくれなくても、まぁページは置いておくでしょう。
(恥を晒しただけ)


あそこで何をするかだなぁ。

[ 2018/04/27 19:17 ] このブログについて | TB(0) | CM(4)

四肢切断カムバック

 
最近頭のなかで「情けない」しか喋って無い気がする。
それしかつぶやいてない。


一応ようやくゲームづくりに戻ってきた感じなんだけど、
そんで今こんな感じ。




やったこと。
武器周りを多少やりました。


・武器拾い
・武器振り

・武器貯め、武器貯めながら歩き
・武器投げ

・武器弾き(地形にあたってのけぞり)

・全部位切断判定




ようやく首チョンパが出来るようになって、
アニマルメーカーらしくなってきたと思います。
そろそろ血のエフェクトをやるべきですね。



たったこんだけのことをここまで持ってくのに何でこんなにかかるんだよなぁと。
そんでもってショボいなぁと。

動きがおかしいなぁと。

(恐竜やカマキリの歩きはまだマシなのに、なんで人間の歩行が変なんだよ)
(普通逆だろう)



グダグダ説明してもいいんだけどもういいや、という気分でもある。


でもやっぱちょっと書く。

アニマルメーカーunity
[ 2018/04/20 18:00 ] 自作ゲーム開発 | TB(0) | CM(8)

ダークソウルリマスターについて


(やっぱ自分に下手にタブレットPCなんか持たせると、長文書きすぎて良くない マジで長文の垂れ流しが止まらない)


前前前回の記事では、ゲームのリマスター系にケチつけるような事を書いたけど、
結局 やってるハードでやりたいゲームが移植されたら、嬉しいは嬉しいのです。


「ダークソウルリマスター

というわけで、あと二ヶ月くらいで発売の
「ダークソウルリマスター」について、

・期待されること
・期待すること
・期待したいこと
・やりたいこと (これらは微妙に意味が違う)

そもそもダクソ1がPS4に来ることがどれだけ素晴らしいことか

・・・
みたいなことを、ひたすら延々と グダグダ語りたい。
(最終的に、延々とダクソ関連の話題を垂れ流しています)


(ダクソリマスターに関しては、
 多分、動画を見る限り、前回のような「悪くなってる移植」ということは、そんな無いと思う 思うんじゃないかな)
(大体、PS2時代のゲームをPS3とかPS4とかに移植するときに、しょぼくなるんだよね 半透明の処理とか)
(ダクソに関してはPS3がPS4に来るだけなので、まぁ大丈夫だろうと)

(追記:この文章を書いた後に出た、色んな比較動画を見てるうちに、なんか結局
色合いやコントラストが駄目になってるパターンな気がしてきました なぜじゃー)



買うのかどうかは分からない。
いや、買うべきなのかもしれない。

いや、この文章書いてるうちに、やっぱこれは買うわ、ということになりました。


ほんと、これほどのゲームは、無いからね。 (デモンズくらいだよ)
このブログ読んでてダークソウルやってない人とか、ありえんからね。 (威圧)

[ 2018/04/04 09:28 ] ゲームプレイ話 | TB(0) | CM(7)
月別カレンダー
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30